FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

そしてボクは外道マンになる④&宇宙兄弟㉞&サトラレ①

変換 ~ 425

そしてボクは外道マンになる④/平松伸二
見事なまでの打ち切り
Tシャツの文字が「TSUZUKUKAMO」なのが哀愁を誘う。
あまりにもフィクションまみれな上、嫁とのエピソードは異様なまでに邪魔すぎたよ…。
間違いなく、ノイズにしかなってないもの。
まあ、かの名作まんが道ですら事実そのままではないし、編集者をヤクザのように描いたり
アシスタントへのムチャ振りと言った脚色なんかはいいんだけど、いくらなんでもムチャクチャすぎたな~。
この巻で言うと、通り魔との遭遇や松田さんのモデルになったおっさんとの出会いなんかは、もう無理ありすぎる。
読みたかったのは、ブラックエンジェルズ執筆当時のエピソードや、
それこそ平松先生なりの漫画家生活、まんが道だったのになあ。
「外道漫画家」と言う肩書き(?)を過剰に意識しすぎたというか、自分で勝手に振り回された感もある。

しかし、打ち切りに対して『自分の40年以上が否定された』って言ってるけど、
コレあくまでフィクションだらけのつまらなさを否定されただけな気が…。

宇宙兄弟㉞/小山宙哉
ベティの怪我まだ引っ張るの?
月の方もまたまたまたまたトラブルだし、この引き伸ばしっぷりはいい加減飽き飽きするわ。

と言うわけで他に書くことなし!

サトラレ 嘘つきたちの憂鬱①/佐藤マコト・伊鳴優子
サトラレ、正式名称・先天性R型脳梁変性症。
脳内の思考がダダ漏れになって周囲に知られてしまう特異体質。
サトラレはIQ160以上の天才で、国家の財産となるため、
サトラレを保護するサトラレ対策委員会に、陰から日向から常に守られている
JK・海崎千景は自覚していないサトラレで、思春期真っ只中の思考を撒き散らし、
性格的に内に溜め込むタイプなので、どうしても漏れる考えが攻撃的になりがち。
そんな千景が主人公であると同時に、サブタイにある「嘘つき」、
つまり千景を守るサトラレ対策委員会の4人の物語でもある


設定に関しては、いくらなんでも無理ありすぎる。
SNS全盛の時代で、イチ女子高生として生活する千景がサトラレであることを
本人に知られずに守られるとは到底思えん。

と言う、根本的な部分からあえて目を逸らせば、まあまあ面白い。
千景はひねくれてはいるしダダ漏れの内心では悪態つきまくり、たった2人の友達、
対策委員会のよっちんと香(こう)ちゃんにも中々本音は言えないけど、
よっちんの怪我を心配したり謝れない人間にはなりたくないとか言う、ちゃんとまっとうな部分はあったりする。
あと顔は可愛い。朝っぱらから教室で官能小説読む所も好き。
基本コメディだけど、よっちんたち対策委員会の、千景に近くなればなるほど千景に対し嘘が多くなる辛さ、
過酷さなんかをもっと描いてlくれるといいかも。

「まあいっか。よっちんが無事ならよかった」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!