FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

MEG ザ・モンスター 2・5点

変換 ~ 412

大陸から200キロ離れた海洋研究施設から、潜水した探査船が未知の海溝を発見。
しかし、喜びもつかの間、船は未知の海域で消息を絶った。
潜水レスキューのプロ、ジョナス・テイラーは、救助に向かった先で、
生物学の常識を超えた“モンスター”=MEGと遭遇。
しかし、その恐怖は単なる始まりに過ぎなかった。
船を破壊し、研究施設を壊滅させたMEGは、陽光まばゆいビーチをも恐怖に陥れようとしている。
ジョナス率いる海洋エキスパート・チームは、この危機をどう乗り切るのか?
人類は、果たしてこの脅威から逃げ切ることができるのか⁉
(公式より)

ネタバレ有り。

声を大にして言いたい。
もっとド派手に食い散らかさんかい!

序盤は研究所のメンバー数人が相手のせいで、イマイチそのドデカイ図体がイマイチ活かせず、
後半、と言うか終盤にようやくビーチの海水浴客相手の踊り食いが楽しめるかと思いきや、
血しぶきがこれっぽっちも出ないので悲しいくらい地味

巨体すぎるから、ある程度は丸呑みするのはわかるけど、もっとがっついてくれんと。
大きなビーチボールみたいなやつの中に入って遊んでる兄ちゃんが、まるっと食われるんだろうなーと言う
誰でも思いつく予想は当たったけどわりとどうでもいい。
栓がポンッと飛び出たのはちょっと面白かった。

結局のところ、レーティングを気にしたせいでサメ映画にクセにグロが全然ないと言う致命的欠点
CGも途中で予算が尽きたのか、ステイサムが乗る潜水艇の背景がB級映画丸出しの安っぽい合成で、
せっかくの対決が午後ローみたいで笑えてしまった

鮫狩りメンバーのキャラの微妙さも残念。
ドクターとは速攻で和解、面白黒人枠のやつはギャグが寒い、イレズミ女は役に立ったっけ?な感じで、
ステイサムと中国ヒロイン以外はスゴイどうでもいい扱いだし、
所々で入るお涙頂戴シーンはウザすぎる。
ヒロインの親父が死ぬシーンで、唐突に『辛く当たってすまなかった』とか語りだしたのは吹いたわ。
そのセリフ言う場合は、現在進行形で仲が上手くいってないシーンを作るべきなのに、
思いっきり普通に接してたから適当もいい所。
適当といえば、メガロドンに付けたGPSが外れたけど何の意味もなかったな…。

ラスト、メガロドンの死体を無数のサメがやってきて食うんだけど、海水浴場であの数はイヤすぎる。
まあ、それを言ったらそもそもメガロドンのデカさで海水浴場で暴れられるのがおかしいんだけどw
どんでけ深くて危険なんだ中国の海水浴場。

ステイサム自体は悪くなかったけど、正直もっと肉弾戦を期待していたから、
そう言う意味でもやや残念。
と言うか、ステイサムが肉弾戦を挑むバカ映画でよかったんだよ!
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!