FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

昭和天皇物語①②&将来的に死んでくれ①~③

変換 ~ 553

昭和天皇物語①②/能條純一
1巻出たら買おうと思ってたらいつの間にか2巻が出てた…。
近代史よく知らないんですが、だからこそ読んでみようかと言うことで。
能條純一も嫌いではないので。

これがなかなか面白い。
養育係の足立タカの就任から始まり、学習院院長・乃木希典、御学問所総裁・東郷平八郎、
御学問所の倫理・帝王学担当・杉原重剛、そしてもちろん、両親である大正天皇と貞明皇后

これら、のちの昭和天皇・裕仁を巡る周囲の人々がとにかく魅力的。
特に、この時代の軍人にありがちな、歴史と伝統を重視する一徹さを持ちながら、
裕仁が世界のどこへ出ても恥ずかしくないに高い教養を身につけさせるという、
御学問所の目的を徐々に理解していく柔軟さも持ち合わせる所や、
キャラに似合わず意外と表情豊かな東郷平八郎がいいですな。
開明的な雰囲気を漂わせ、漢らしい骨太さを感じさせる貞明皇后も好き

昭和天皇は、現時点では可も不可もなく、と言った所。
16歳になった裕仁の后候補に母が薩摩の出の久邇宮良子(くにのみやながこ)が上がり、
そこから長州の山県有朋を筆頭とした薩長の対立が鮮明になっていき、
ここから時代が動いていく感が伝わってくる流れがめっちゃ楽しみ。

「東郷…元帥、あなたは『覇道』と『王道』の違いをご存じか…?
『覇道』は武力による統治。『王道』は仁による統治。
日本の天皇は、この『王道』を征かねばならぬ。
高徳の君主は王道の必須」

将来的に死んでくれ①~③/長門知大
JK菱川俊が同じくJK刑部小槙に惚れてひたすら攻めまくるものれんに腕押し、
それでもめげずに小槙ちゃんに愛をアピールする日々を描く百合漫画

まあ百合とは言っても、基本ギャグ漫画であらゆる手練手管とシチュエーションを駆使して
小槙を攻略しようとして空回る俊、というのが毎回のスートーリーで小槙自体はそっちの気はないので、
百合らしい色っぽさは皆無。

好みで言えば、黒髪セミロングなクールビューティ小槙なんだけど、
この作品の魅力は間違いなく俊にあるのよね。
私は万札使って小槙を堕とそうとする手口にやられましたわ。
他にも、ホテルに誘うわヤらせてと迫るわ、更には小槙の弟の槙介(10歳)を篭絡するのに、
好きなだけおっぱい触ってとか言ったりと、結構ストレートな攻め方が笑える。
それでいて、小槙にたしなめられると素直に従うところもいいよね。
暴走しそうでしないギリギリのラインで止まるのが、ウザさを感じなくていい。

と言うわけで、以後も期待。
万札オチまたやってほしい…。

「おこがましいッ!!!」
「なに?おこがましい…?」
「プレゼントってのは喜んでもらうもの…。
つまり『プレゼントは私♡』とは、『私=喜び』ということ…。
『小槙ちゃんの喜び』なんて尊いものを得られるほど私は――私の魂は徳を積んでいない!!」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!