ごった日記

Welcome to my blog

リクドウ⑮&エロスの種子①&ひねもすのたり日記①

変換 ~ 502

リクドウ⑮/松原利光
兵動の相手のチャイナは、美しい瞳が大好きでその瞳の最も美しい瞬間を堪能するため、
相手の瞳破壊しようと狙う変態野郎

サンデーパンチがフリッカーとか凄まじくどうでもいいくらい魅力皆無でしたね…。
わざとパンチをもらう兵動の性癖がモロに欠点となって現れたってくらいかな、チャイナの存在意義は。
キモいから兵動には半殺しにして欲しかったんだけど、ビビッて背を向けてレフェリーストップと言う、内容も決着も微妙。
あとは、すっかり綺麗になりすぎな椿さん、ライト級世界王者カーン登場、強すぎ所沢、苗ちゃんとデート
“パートナー”である苗ちゃんと向き合うようになったのはええことよ。
それにしても、苗ちゃんも美しくなったもんだな~。
『宝物って言ってたじゃん』の表情めっちゃ美形。
個人的には、化粧っけのない高校時代のオナニーしてた頃の方が好みではあるけど。
あ、松原先生の画力のせいで頭がデケえコマがちょいちょいあるのは言わないでおこう

「――けど今は違う。
“何かしたい”そう思っているのに…どうして…何も出来ないんだろう…」

エロスの種子/もんでんあきこ
“エロス”を主題としたオムニバス短編集。
各話毎回セックスシーンはあるけど、描写そのものはエロくない。
古手川唯が見たらパンツ見せながらハレンチな!とか言いそうだけど
掲載誌であるグランドジャンプの読者層からすれば全然大したことないです。
が、この方の描く女性の表情がすんばらしい
その上、作品全体から「淫靡」「官能」といったモノがビンビンに漂ってきてまさに大人のエロス。

第1話は、文字通り因果は巡るラストが秀逸な「因果」。
第2話「人形」は、戦時中ある夫婦に拾われた鞠子がその夫婦によってエロスを開花され、
ダッチワイフになってでも生きてやンぜ!と言ったお話。
第3話「ジゴロ」は、情の強(こわ)い母娘に囚われた男の話。凛ちゃんこえー。だがそれがいい
第4話「マリーゴールド」は1番好き。マリー可愛い。40代のマリーもイケます
昭和40年代、ストリッパーとなった踊り子マリーと劇場の支配人・林の愛の物語。
林の初めてストリップを見たときに感じた想いや、
マリーが「好きな男に抱かれる経験」が欲しくて林に懇願するシーンが良かった。

不定期連載っぽいので2巻が出るのがいつになるのかわからないのが残念

「知ってる?林さん。
マリーゴールドって[聖母マリアの黄金]って意味なんだって。
こんなステキな名前、捨てられるワケないじゃない」
「ああ、そうか…おまえは女神じゃなくて、マリア様だったか…」

ひねもすのたり日記①/ちばてつや
18年ぶりとなる新作単行本は、幼少からの半生を描く自伝と近況を描くオールカラーショートコミック。
絵柄と作風からくる温かみと読みやすさはまさにベテランの味
伏せ目でカリカリサラサラと書いてるシーンを目にすると、『ああ、ちばてつやの漫画を読んでるんだなー』と思ってしまう。

満州時代の日常から終戦、日本への逃避行と、このあたりは体験した者でなければ描けない“素”が感じられて、
それでいて必要以上に暗くならないところが上手いよねえ。
中国人とロシア人という敵だらけの中の逃亡を生活を、「家族旅行のようで楽しかった」と言う語りは、
子供らしいリアルさが伝わってきて面白い。
近況の方はコミカル成分高めで、水木しげる御大と違って自分はきまじめと言っておきながら、
どうしてどうして充分笑えます
よ。
時折出てくるベテラン漫画家勢を見てると、マジ凄いメンツで生き字引的存在ということを痛感しますな

体調に気をつけて、ゆっくりマイペースで描いて欲しいですね。

「担当は若い女性だって」
「……じゃあ…やるか」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!