FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

棲月 隠蔽捜査7/今野敏

変換 ~ 495

今回は、私鉄と銀行のシステムダウンを端緒にしたサイバーテロ。
毎度のごとく管轄外の捜査であることからから方面本部と揉め、その上管内で殺人事件が発生。
その2つの事件と竜崎の異動、そして息子の留学話と言う、おなじみの竜崎の公私両面が描かれる。

ようやく竜崎異動決定
個人的には、シリーズの売りでもある階級と役職の逆転関係の面白さはほぼ無くなっていたので、
もっと早く異動になってもよかったくらい。
事件に関しては、今回がシリーズで1番面白くなかった
ネットのカリスマ“ルナリアン”や半グレのガキどもが相手というのは、なんかコレジャナイ感と言うか、
竜崎が相手する犯罪者としてはふさわしい感じがしないのよね。
「ハッキングでなんでもできるルナリアン」自体が噴飯モノ
フィクションにおけるハッカーが万能なのは置いておくにしても、もう少し地に足をつけた犯人であってほしかった。

マンネリ感はあれども、方面本部長や生安部長にも一歩も下がらず、むしろ正論でガンガン前進する竜崎の姿は
やはり魅力はあるし、家族会議で竜崎をよく知る奥さんのツッコミは楽しい。
すっかり牙が抜かれて中間管理職に成り下がった野間崎は笑えるし
息子との、「夢と現実」の話でも原理原則を貫く竜崎の言葉は、中々頷けるものがあった。
まあ肝心の本筋がつまらないので全体の出来としては肯定できませんな。

でもラストの、らしくない感傷に浸った竜崎には、ちょっとグッときた
これで完結でなければ、次回からは神奈川県警刑事部長として指揮を取る竜崎。
やはりこれまで同様、周囲を正論と本音で周囲を振り回すのだろうかw

「おまえほど現場に顔を出したがる部長はいないだろうな」
「お互い変わり者同士だ」
「おまえは変わっているかもしれないが、俺はごくまともだ」
「本気で言ってるのか?」
「もちろんだ」
「誰もそうは思ってないぞ。じゃあな」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!