FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

ガーディアンズ 2・5点

変換 ~ 515
冷戦下のソヴィエト。違法な遺伝子操作により特殊能力を持つ兵士を生み出す“パトリオット計画”が進行し、
超人部隊が生み出されようとしていた。
だが、名声を我がものとしようとする組織の科学者クラトフの裏切りにより、研究所は爆破され、
超人達も姿を消してしまう。
50年後、自らも強大な力を持つ超人となったクラトフがロシアを崩壊させようとした時、
パトリオットは世を捨てて生きるかつての超人達を見つけ出し、国家の危機を防ごうとする。
集められたのは獣化能力を持つ科学者アルスス、念動力を操る賢者レア、
超音速の剣の達人ハン、擬態化する美女クセニア。
4人の超人は、失ったアイデンティティを取り戻すため、クラトフを倒すことを決意する。
チームの名は“ガーディアンズ”。
(公式より)

ネタバレ有り。

変換 ~ hhfh変換 ~ truiu


王者・X-MEN 4R1分38秒KO 挑戦者同級12位・ガーディアンズ

ま、下位ランカーにしてはよくやったネって感じ。
もっとも、X-MENとひとくちに言っても作品ごとにピンキリだけど。
フューチャーパストならタイソン、ファーストジェネレーションはホリフィールド、
ファイナルデシジョンならジョン・ルイスってとこか。

こう見ると、なんだかんだ言って近年のハリウッド製ヒーロー映画ってよくできてるんだなー。

冒頭で敵が大暴れ、次にガーディアンズ結成と、展開が早いのはいいんだけど、
い換えるとその分雑なのよね。
メンバー集めがすぐ済んじゃうし、各キャラの背景が全然描写されないから感情移入のしようがない。
そうかと思えば唐突な自分語りとかホント唐突過ぎて笑っちゃう
レアは突然娘のことを話しだすし、ハンの兄殺しと言い、ちょっとくらい回想使えよと。
予算ケチるところが違うわ。
アルススは、熊になるたびに自分の中の獣が大きくなっていって怖いとか言って危惧してたのに、
それが伏線として生かされる事がなかったという。
そのへん全部相談役にされた少佐からすれば、『それ私に言うてどうすんねん』てなもんだろう

チームの華のなさなんかいかにもロシアと言うか。
ハンはイケメン、クセニアも結構可愛いのよ。
それなのに、肝心のコスチュームが全員黒だから地味なのなんの
能力まで地味だしねえ。
レアの岩を操る能力は、途中からムチ使いになっちゃうし、
インビジブルウーマンなクセニアは能力がクソの役にも立たねえ
バリアを破る大戦果をあげるけど、アレ能力関係なかったよね?
予告で話題をさらったアルススは、熊のCGがしょっぱくて泣けた
唯一、高速移動と曲刀みたいな武器を使うハンだけはカッコよかった。
敵の本拠地に行くのに1人だけジェット機を使っておきながら1番遅く到着して、
その上もっと下がらなきゃ降りらんねーよとまごついてたのは笑いどころ。

終盤、なぜレアだけが殺されたのか(死ななかったけど)、
それは4人が力を合わせるとすんごいパワーのエネルギー砲とやらが命の危険と引換えに発射できるから
と言う理由が判明。
その説明を聞いただけでやり方も知らないはずなのにエネルギー砲発射して勝利したテキトーな流れはマジ笑った
今時、子供向け戦隊モノでももう少し過程を描くのではなかろうか。

生意気にも続編ありきの終わり方だった
クソ映画には違いないんだけど、クソ映画とバッサリ切っておしまいというにはなんか惜しいので甘く見て2・5点
続編は仮に作られても、DVDスルーの可能性大。
おそらくその場合、私が目にすることは生涯ないだろうて。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!