ごった日記

Welcome to my blog

レディ・ガイ 2点

maingggg.jpg

男の名はフランク・キッチン。
裏社会からの依頼を受け、邪魔者をこの世から消し去る凄腕の殺し屋だ。
ある日、フランクの隠れ家にマフィアのボス、オネスト・ジョンが手下を連れてやってくる。
ジョンはフランクに数々の殺しを依頼している上顧客。
1週間後にラスベガスから来る一人の男を暗殺する仕事も請負い中だ。
だが、ジョンの様子はいつもと違っていた。「お前は敵を作りすぎた」ジョンがそう言った瞬間、
彼の手下が銃を取り出した。
必死に応戦するも、銃撃戦の果てに被弾したフランクは意識を失ってしまう。
目覚めると、フランクは見知らぬ安ホテルのベッドで全身を包帯で巻かれた状態で寝ていた。
包帯を取って鏡の前に立った彼は変わり果てた自分の姿に驚愕する。
そこにいたのは、まぎれもない女だった。
フランクは意識を失っている間に性転換手術を施されていたのだ。
ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、見知らぬ女の声が流れ始めた。
その声によると、自分は手術をした医者で、それはフランクへの復讐を意味しているという。
怒りに打ち震えるフランクは、大切な《もの》を奪った女医を見つけ出して落とし前をつけるため、
女アサシンとなって復讐に立ち上がる―。
(公式より)

ネタバレ有り。

新年早々クソ映画を観た


予告ではわざとぼかしてたのか性転換前の姿がちゃんと映ってなかったけど、
髭面のミシェル・ロドリゲスが出てきた瞬間、『ふふっ』ってなった
こういう設定なら、いっそ整形前をロン・パールマンあたりにしてバカ映画に振り切れてくれたほうがよっぽどいいのに、
なぜ無駄にシリアスにするかねえウォルター・ヒル。

シャワーシーンでメイクでおっぱい隠した姿を晒すんだけど、
胸は不自然だわ腰細いわでどう見ても男に見えず、わざわざ全裸見せる必要全くない
終盤、金髪のウィッグ被って変装して敵のアジトに行くシーンでは、そっちの方がよっぽどオカマに見えると言う…。
整形後のおっぱいや下のジャングルをしっかり見せたのは評価したい
ヒロイン(?)のジョニーのおっぱいもあり。
とは言え、女の武器を使って…とかそういうシーンがあるわけでもなく、ホント出オチ設定。
まあ、ミシェル・ロドリゲスに誘惑されても嬉しくないけど

ストーリーも、黒幕であるシガニー・ウィーバー演じる整形マニアの医者やフランクの過去が何度も挿入されるせいで、
流れがブツ切りになってしまって集中しづらい。
フランクの復讐劇がクソ地味なのも辛いんだこれが
派手なアクションもなくパンパン拳銃を撃つだけで、凄腕の殺し屋感がまるでない。
手術したばかりな上、女の体のせいで動かしづらいと言う無駄すぎる設定入れたせいかもしれないけど、
そうだとすればまさに誰得。

そんなわけで、18年1本目は見所皆無の駄作でございました
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!