ごった日記

Welcome to my blog

パニッシャー

punish.png

デアデビルシーズン2で登場した復讐のために戦うダークヒーロー・パニッシャー。
事件の裏にさらなる闇と黒幕の存在を知り、再び復讐のために立ち上がるフランク・キャッスルの物語。

ネタバレ有り。

マーベルのネトフリドラマの中では1番かもしれない

大事な人々を巻き込まないため、あえて他者を拒絶し孤独に生きるフランク。
そのくせ、情を捨てきれない不器用なやさしさがどうしようもなく魅力的。
第1話で助けた男も、無関係を装ってもよかったのに、自ら助けに入りハンマーでチンピラどもを撲殺したのはスカッとしたね。
やたらと傷を負うくせに回復が超早いのはもはやギャグ。

3話以降相棒となる、もうひとりの“死んだ男”マイクロとの掛け合いがまた、思いのほか面白い
最初は自分が主導権を握ろうとお互いを出し抜こうとし、やがて憎まれ口を叩きながら信頼関係を築いていく、
バディムービー的要素が予想外に良かった。
車の中での食事シーンはマジ笑ったよ。
前線のフランクと情報&後方支援のマイクロがそれぞれの得意分野で真相に近づいていく流れは、実に面白い。
最終的に、ホントいいコンビになりましたなあ。

観る前まではかなりのハードボイルドだと思っていたのが、このマイクロやマイクロの家族との交流のおかげで、
笑えるシーンやほっこりさせられるシーンがあるので、思ったよりも全体の雰囲気は重くなく、いい塩梅のハードさなのではないかと。
とは言え、戦闘シーンはやはり他作品よりかなり血みどろ
エージェント・オレンジの殺し方とビリーへのトドメはめっちゃエグかった…。

過去作からの再登場はカレン・ターク・ブレットあたりかな。
カレンはウザさが抜けてフランクを案じるヒロイン的立ち位置で、出番は少ないながらも良キャラになってましたな。
ウザイ云々で言えば、今回の女性キャラ陣はその手の不快さが全然なくてよかったね。
マイクロの妻のサラ、国土安全保証省のマダニの両レギュラーはどちらもいい。
サラは気丈に振る舞いながらも子供たちのことで悩んだり夫を失った寂しさからフランクに惹かれたりしながらも、
やはり家族を夫を愛する女性で、
マダニは陰謀によって相棒を立て続けに失い、心が折れかけながらもそれでも正義を執行すべく突き進む強い女性。
どちらも美人だし(重要)

タークは案の定どつかれたのは笑ったわ
何回痛い目に合えば気が済むんだコイツ。

これら以外で脇役で好きなキャラは、マダニの相棒のサムとフランクの戦友のカーティス。
ノリはいいけどアツさもあるサムの死はスゲー凹んだ…。
それだけに、カーティスがPTSDを患う若い帰還兵ルイスに襲われた時はビクビクものでしたわ。
ビリー・ルッソはもうちょっと内面に踏み込んでいれば、コットンマウスやフィスク並みの
ヴィランになれたんじゃないかなーと思うだけに、そこがやや残念

フランクに対する友情はそこかしこで散見されたんだけど、その屈折した感情描写がやや足りなかったように思う。
ルイス・ウィルソンが死んだあと、全く会話に登らなかったのもアレッと思った。
あのブン投げ方はルイスの父親が気の毒。

ラスト、ようやく安息を得たフランクに安堵。
と同時に、シリーズお約束の“倒したと思ったら次期シリーズでの復活を示唆”役としてビリーが

しかしまあ、見れば見るほどヒーローっぽくないはずなのにヒーーローに見えてしまう、
フランク・キャッスルを演じきったジョン・バーンサルはお見事

パニッシャーとしての狂気とフランクとしての朴訥さは、実に素晴らしい。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!