ごった日記

Welcome to my blog

鮫島、最後の十五日⑮&AIの遺電子⑧

変換 ~ 318

鮫島、最後の十五日⑮/佐藤タカヒロ
なんと言っても田上改め稲虎十両っしょ。
関取になれてよかったなあ(泣)。
腐りきっていた虎城部屋も、緊張感と向上心に溢れた部屋に変貌。
王虎の大物感ある描写は、今までで一番かもしれんと思える程の威圧感と静謐さがあるな。
猛虎は全然セリフねえな…。

今巻のメインは、天雷vs白鯨力。
白鯨力はちょっと色モノすぎな感はあるものの、度を越した愚直さはいいね。
そしてその力自慢の白鯨力を更に力でねじ伏せる天雷が凄まじい
白鯨力戦最後の4Pは迫力満点。

次巻はいよいよ鯉太郎vs天雷。

「今の俺は…強いぞ…鮫島…」

AIの遺電子⑧/山田胡瓜
とりあえず今回で最終巻
母のコピー人格を探す旅に出るため、病院を人手に渡しリサと別れる須堂。
リサにちゅーくらいしてやんなさい

79話はありがちといえばありがちだけど笑った。
サバちゃん的には笑い事じゃないんだろうけど。

毎話1話完結で安定した面白さはあったけど、同時にどうしても物足りなさもあったのよね。
結局、主人公であるはずの須堂が狂言回し的な立ち位置の回が多かったせいなんだろうな。
1巻の帯には近未来版BJと書かれてたけど、BJと違って快刀乱麻な活躍が全然なかったからねえ。
そう言う意味では、長編となる新章では期待できそうかな?

「どんなお母さんと会っても、先生は先生でいてください」
「努力するよ」
「努力ばっかり!」
「わかった。約束する。
こんどはしてくれるよな」
「あ…あの!私…先生が元気に帰るのを待ってますから!
先生には私、他人みたいですけど!私にとっ…」
「他人なんて言って悪かった。元気で…体に気をつけてな…」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!