FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

SMBC日本シリーズ2017 第5戦 福岡ソフトバンクホークス4x―3横浜DeNAベイスターズ

終戦

最後の最後でミス連発でしたな。
8回の投ゴロでバックホームではなく1塁送球で1失点、延長11回宮﨑の悪送球でゲッツー取れず。
ラストの梶谷のバックホームはアンツーカーではねたっぽいので嶺井が捕れなかったのは仕方ないが。
この試合以外でも倉本や柴田、キャッチャートリオがミスしてたし、このあたり若いチームだねえ。
それにしても、今永は不憫すぎた…。
強力SB打線を相手に2試合とも好投して2試合とも落とすとかムゴイ
中継ぎが頼りないから、中5日なのに引っ張らざるを得なくて結果、交替時期がワンテンポ遅れてしまったのは痛かった。
信頼できるセットアッパーがいれば、7回終了で交代だっただろうに。
ロングができる井納をワンポイントで消費してしまったから、エスコバーも回跨ぎせざるを得なかったし。
ただ、この采配は責められんけどね。
最後打たれた三上は元々期待値が低かったから、別の意味で責めない

投手陣は、今永濱口の両先発はホントよくやってくれた。最高でした。
中継ぎはエスコバーが予想を超えて頑張った。
パットン砂田は防御率こそ0.00だけど、あまり安心感がなかったねえ。

野手は打つ方では中軸3人と倉本が仕事したが…結局、筒香が打たないと負けるって事よね。
今日はノーヒットだったし。
柴田はシリーズ序盤こそ内容のある打撃だったけど、結局ヒット2本止まり、非力なアンパイになってしまった。
守備でもミスがあり、この辺は来季の課題やね。

ラミレスは、マシンガン継投にはイラッと来ることもあったけど、
全般的には工藤よりよっぽど短期決戦にふさわしい采配を振るってたと思う。
今日にしても、DH白崎なんて誰も考えつかない事やって大当たりするし。
とことんチャンスでは打たないのがまたらしくて笑える。

終わってみれば、SBの強さを思い知った感じ。
攻守にわたるソツのなさ、野球偏差値の高さ、層の厚さはどれも横浜にはないもの。
まあ最後はサファテひとりにやられたみたないもんだったけど。
アレは存在自体が反則。

言いたいことはまだいろいろあるけど、
11月まで楽しませてくれた選手たちには感謝したい。
3連敗した時は終わったと思ってたから、そこからここまで粘ったのはホント素晴らしい。
試合内容も、初戦以外は好勝負でよくやってくれたわ。

来年こそはリーグ優勝、そして日本一を目指して頑張って欲しい。
お疲れ様でした!
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!