ごった日記

Welcome to my blog

SMBC日本シリーズ第2戦 福岡ソフトバンクホークス4―3横浜DeNAベイスターズ

倉本○んでどうぞ

柴田が好捕したってのに、よりによって1番ヘイトが集中する奴がここ1番でクソみたいなエラーとか…。
何が嫌って、元々ネット上でブッ叩かれてる倉本がエラーしたせいで、更なる倉本叩きが待っているって事よね。

試合の方は、今永が昨日のリプレイを見るかのような初回の失点の仕方のおかげで戦々恐々としたもんでしたわ。
4回まで先頭あるいはツーアウトからのランナーを出す苦しい展開をしのぎ、
5、6回は三者凡退に仕留め、粘りにピッチングを見せ6回1失点でまとめる。
ランナーを置いたところで柳田三振はクッソかっこよかったわ
打線は前日に引き続いて冷えっ冷え、4回に筒香のツーベースまでロクな当たりが出ず今永を見殺しする勢い。
SB先発の東浜は、ストレートも変化球もキレキレ、特にシンカーとアウトコースの出し入れが凄い。
この東浜相手に、柴田が前日に続いて内容ある打席を見せたのは好材料だった。
その東浜を攻略したのは6回、全く期待してないところで飛び出すわけのわからん梶谷の同点ソロ
そして代わった森から当たりのなかった宮﨑の内角を綺麗にさばいた勝ち越しツーランで逆転と、大☆興☆奮の展開

が、信頼のできるのがギリギリパットンのみと言う恐ろしい陣容を誇る我が横浜DeNA中継ぎ陣
案の定、三上も砂田もまっっっっっっっったく仕事ができず、パットン前倒し。
砂田はCSからこっちロクに仕事できてないけど、パで通用しなかったエスコバーとの二択と考えればわからんこともない。
でも、三上偏重はさすがになあ…。
て言うか、エスコ通用してんじゃん!(下位打線だけど)
まあ前述したように、中継ぎに陣容を思えば誰が出ても変わらないといえばその通りではあるんだけど、
三上を異様なまでに信頼してるのはちょっと理解不能。
マシンガンに酔いすぎだわラミレス。

あー、この回の失点は思い出したくもない
今永が不憫すぎますよ…。

とりあえず、SB打線は凶悪とは言え先発が粘ってくれれば勝負にはなるとわかったので、
ハマスタに戻ってなんとか踏ん張って欲しい。

大和いらねーと思ったけどやっぱいるわ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!