FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

パレス・メイヂ⑦&プレイボール2①&リクドウ⑬&そしてボクは外道マンになる①

変換 ~ 103

パレス・メイヂ⑦/久世番子
ごく最近読み始めたばっかりなので、ついに完結!という程の感慨はないのが実に残念。
おまけに、
変換 ~ 117
パレスの思ひ出目当てに自身生涯2度目の少女漫画雑誌購入を果たしてしまったため、
一足先に3話分すっ飛ばして最終話を読んでしまった
と言う…。
まあ、美麗なイラストに加え、4Pのショート漫画の陛下がすんばらしかったので問題ないアルよ
俺も陛下に息吹きかけられてえ。

さて最終巻の内容ですが、前巻ラストであんな凛々しい姿で登場したくせに、
いつもとおんなじだった御園にホッとしたようなガッカリしたような。
しかし、東宮様とのコンビもいいねえ。

陛下は最後まで陛下らしくて良かったわあ。
それでいて、御園の病床に駆けつけたり御園を下の名前で読んだりと、
御園との関係が特別と読者に示してくれたのは最高でした。
186Pの2人のちゅーは雑誌では抱擁のままだったような気が(雑誌はとっくに処分済みなので確認できず…)。
単行本で変更してくれたなら、これに勝る喜びは無し。
一連のモノローグが御園の陛下へのラブレター(?)だったと言うオチもよきかな。
あとがきの2人の未来を感じさせるイラストもいいなあ。

鹿王院宮も最後に男らしいところ見せたし(陛下の漢気には及ばんけど!)、いい最終巻でしたな。
ま、アスター夫人とくっついたのは唐突に思えたのと、
律が赤ん坊抱えてたのは衝撃だったけど。誰だ相手はああああああ!

「陛下のぬくもりを賜りとうございます」

プレイボール2①/コージィ城倉
絵は頑張って似せてるなー。
ピッチングフォームやダイブからのゴロゴロはニヤリとしてしまう。
一方、話はすっごく理屈っぽい
硬式と軟式の違いや金属バットの導入とか、ここまでやる必要あるのかね、と感じてしまう。
ボールの違いはオリジナルでは当たると痛いとか打つとしびれるとかで、
投手視点ではボールの違いは言及してなかったし、今作でも一々取り上げるほどのこともないと思う。
金属の導入もスルーしたっていいし、この続編でシレっと使っててもいいと思うんだけどなあ。
練習内容にしろ井口と丸井の勝負にしろ、なんか全体的にクドくてたるい
このあたりの話作りは作者のカラーが出てしまうから仕方のないことではあるけどね。
現状では井口中心のストーリーになってるから、脇役の出番が少なく名前すらろくに出てないのも不満。
名前が出たのは谷口丸井井口イガラシ松川倉橋くらいだもんなあ。
まあ、そのへんはおいおい解決されるだろうけど、今のところコレジャナイ感が強いのも事実。
そんな中、丸井のキャラは安定してていいね。
口も(下への)態度も悪いけど、憎まれ口を叩きながら井口の面倒を見るところなんかは良かったよ。

「おれはなー、オマエと打席で勝負して…身をもってオマエの才能を実感した!」
「え?」
「この夏…“左”のオマエのチカラが必要になる場面がおれはあると思う!

リクドウ⑬/松原利光
まさかの苗ちゃんナズナのキマシ!かと思いきや、リクと苗ちゃんの同衾とは。
ついに始まった神代との試合もそうだけど、人とのつながりをリクが意識するようになり、
つながりがリクに強さを与えてると言う、リクの成長が描かれている。
兵動はそんなリクを見て「味」が薄れたと評しているけど、さてどうでるか。

ガーベラが神代のかませにさせられてて泣ける。
神代は神代でシスコンこじらせてて笑える。
しかし、ホントムカつくクソガキだなー。
三原ニキは相変わらずカッコイイぜ。

「ボクのコト気にくわないなら、世界一を目指すキミの“拳”で叩き潰せばいい。
そうはさせないけど」

そしてボクは外道マンになる①/平松伸二
編集がどいつもこいつもヤクザみたいなド外道な連中ばかりで、そんなに編集に恨みがあるのか
けだもの~と言いたくなるやつばっか。
ここまでキャラを脚色してしまうと、どこまでが本当なのか疑わしく見てしまうので、
できればやめて欲しかったなあ。
ヤクザにボコられたとかムショに面会とか、どこまでマジなんだか。
でも、こうやって濃いキャラ出さなかったら割りと普通だから仕方ない気もするな…。
締切のエピソードも、小林まことの青春少年マガジンに比べるとインパクト薄いし。
でも本宮ひろ志はなんか好き

「権藤よオ!どうして少年ジャンプは『ジャンプ』なんだよ~~!?
『マガジン(雑誌)』や『サンデー(日曜日)の名前はどうでもいい。
『チャンピオン』と『キング』は王者や王様になった時が限界だ!
だけどなア、ホップステップジャンプのジャンプには…限界がねえんだ~~!!
平松には自分で自分の限界を作るなと言っとけエエ~~ッ!!」

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!