FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

推しが武道館いってくれたら死ぬ③&熊西美術部らふすけ先輩①

変換 ~ 096

推しが武道館いってくれたら死ぬ③/平尾アウリ
えりぴよが1、2巻に比べると、ちょっとおとなしすぎたかな、そのせいで笑いに関してはややパワーダウン。
初詣で自分より舞菜の幸せを願うなんて初歩過ぎて1えりぴよってトコだし、
スリーショットで舞菜と舞菜を選ぶのも予想通りすぎて3えりぴよ程度よ。
川で流されたのはせいぜい5えりぴよ。

まあそうは言っても、えりぴよやくまささんの、推しメンに対する愛は相変わらず素晴らしいものがありましたが。
バレンタインイベントのれおとくまささんのやりとり見てると、
この2人が主役コンビと勘違いしてしまいそう
のほどの、マジ理想的な関係。
えりぴよや舞菜への気遣いといい、くまささん好きだわー。
これでルックスが初期のちょっと可愛さを感じさせる小太りキャラだったらよかったのに…
と思ったけど、今の露骨なおっさん顔だからこそ、れおとの関係が映えるようにも思える
しかし、なんだったんだろうなこの顔の変遷。

それに比べてえりぴよは、あえて就職しないダメ人間ぷりとか色々と酷くてどうしようもねえ…(褒めてます)。
スマホにセリフを吹き込む物販で、オタクとしてじゃなく1人の人間として吹き込んでと言いながら、
『えりさん積んで』は思いっきりオタクとしてじゃねえかでもこのわけのわからなさがイイ。
舞菜の初前列が見られなかったのは同情する

舞菜は舞菜で、えりぴよへの対応に思い悩んだりお友達になりたがってる姿が微笑ましい。
えりぴよの後ろ姿を見つめるシーンは良かったなー。
サンタコスも可愛かった。

今回で、あやがグッと好きになったな。
アイドルとしてガツガツしてる上昇志向と、それでいて気遣いが出来るところに好感持てる。
ガッついてるところは優佳にも言えるけど、優佳は出番が少ないのがね。

YES/NOチャートは真妃。何故だ…まあルックスは好きだけど。

「れおちゃんは、僕がれおちゃんに夢見たことを全て叶えてくれる。
出てほしかったお祭りに出てくれたりとか、センターにもなってくれた。
それから、人気投票で1位」
「そこにね、全部くまささんがいるね」
「えっ」
「くまささんに次の夢は?」
「れおちゃんが武道館にいってくれること」
「一緒に行こうね」

熊西美術部らふすけ先輩①/おにお
何故かすっごいサンデー臭する表紙やね。
以前、別マガ読む機会があって、その時にちょっと面白かったので購入。

ひょんな事から美術部1年の江田のモデルになってしまった2年の嵐恵(あらし・めぐみ)。
下心一切に無し、純粋に先輩を描きたくて描く、生真面目かつやや天然系の江田と、
江田の視線を意識しすぎて恥ずかしさとむずがゆさを感じつつ、モデルに励む先輩

その2人の日常を描くゆるゆるちょいエロフェティッシュまんが。
ちょいエロと言ってもあくまで体のラインとか太ももの描写であって、
モデルのシーンでは下着を全く見せないこだわりはいいですな。

パッと見勝気でクール系の先輩だけど、むしろそんな表情を見せるシーンの方が少なく、
大半が恥ずかしがってばっかりで可愛い。
気合入れてカラダを磨くツンデレぶりもいい。
露出はないのに滲み出るエロスもなかなかのもの。
天然ボケの江田とのやり取りも悪くはない。
…が、コミック購読するほどかというとちょっと悩むパンチの弱さ
後半に出てきた、視姦されて発情する変態部長はストーリーを牽引できそうなパワフルさを感じましたが。

とりあえず、2巻も出たら買うけど、そこでどうなるかだな。

「……こんなに濃くねーし……」
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!