A D M I N
topimage

2017-09

パッセンジャー 2・5点 - 2017.04.01 Sat

変換 ~ 043

20xx年、新たなる居住地を目指し、
5000人の乗客を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。
目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、
なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。
90年も早く―。エンジニアのジムと作家のオーロラは
絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。
なんとか生きる術を見つけようとするが、
予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。
(公式より)

ネタバレ有り。

終盤までは、『う~ん、まあこんなもんか3・5点ってとこやな』
終盤の展開から、『お、男死ぬのか4点やってもええな』
『なんや助かるんかい!2・5点や!』
『お、やっぱ死ぬか3・5点やったろ』
『…と思ったら予想通り生き返ったな2点やな』
『ほう、1人だけ冬眠できて男は贖罪として1人で生き、
女は未来で男との物語を書くんやな。大甘やけど4点やってもええな』
『結局2人で生きる道を選ぶんかい!クソ!2・5点!』

…と、評価がコロコロ変わるラストの展開でございました。
好意的に見ればどんでん返しに次ぐどんでん返しなんだけど、
この流れで甘ったるいラストは胸焼けしますわ。

公開されてる予告やあらすじではジムとオーロラが同時に目覚めるように誘導してるけど、
実はポッドの故障から目覚めたのはジムだけで、
1人で1年を過ごし孤独と絶望から救いを求め、眠れる美女オーロラを目覚めさせてしまうのですよ。
そしてお約束のように愛し合い、真実が露見し、破局する。
この辺は可もなく不可もなくな感じ。
ジムの絶望を考えればやったことはクズとは言え行動は理解できるし、
オーロラが真相を知って嘆き怒り狂うのもわかる

そして3人目の男、甲板士官のガスことローレンス・フィッシュバーンが目覚め、事態は急加速。
宇宙船に多くの故障が判明し、ガスは故障ポッドの影響で臓器がやられ死亡。
2人で危機を回避すべく、前述の展開へ向かう。

ストーリーはともかくとして、設定に突っ込みどころ満載
居住先にコロニーに行くのに120年かかる。
地球は人口過密だけどよくある破滅を避けての脱出という訳ではなく、
移民事業はホームステッド社の巨大ビジネス。
ジムが目覚めた出発から30年の地点から地球へメールを送るのに19年かかり、
そこから返信が返ってくるのに50年以上かかる。
これじゃ地球から120年先のコロニーに着いたかどうかの安否の確認なんて出来っこねーのに、
どうやって事業として成立させてんだ

オーロラが船に乗った動機が、作家としての体験を得るためで1年だけコロニーに滞在して地球へ帰ると言うのも、
普通のようでブッ飛んでる。
そんな旅行気分で250年後の未来を選ぶとか無茶すぎやろ。
200人以上いる乗組員の存在もよくわからんかったな。
コロニー到着4ヶ月前まで目覚めないんなら、そんなにいらんだろうに。
と言うか、そういうトラブルも見越して数人ずつ交代で目覚めさせりゃいいのに。
起きたら二度と冬眠できませんて、酷すぎでしょ。

コンセプトは良かったんだよねえ。
色々ともったいなかった作品。

あ、さんざんラストに文句を言いつつ、ジムが望んだ家が建てられてたのはちょっと感心
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jansans.blog113.fc2.com/tb.php/1586-f3935264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フォーシーム⑪&ヒストリエ⑩&KEYMAN⑬ «  | BLOG TOP |  » 4月予定いろいろ

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード