ごった日記

なんでもなごった煮の日記

3月予定いろいろ

3月鑑賞予定映画パリよ、永遠に愛して飲んで歌ってイミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密博士と彼女のセオリーフェラーリの運ぶ夢陽だまりハウスでマラソンを6本って、今までで最小か?なんということでしょう。佳作ぞろい(たぶん)なのでいいけど。んでそのかわり今年もやってまいりました未体験ゾーンの映画たち2015。この企画いつものことなんだけど、あらすじや予告は面白そうなのに、いざ観てみると大半がビミョ...

2015
28

完全・犯罪/小林泰三

以前読んだ大きな森の小さな密室と比べると、ミステリー色は薄く、ホラーや不条理系がメインの短編集。初小林泰三作品だった「大きな森の~」が面白かっただけに、こちらはちょっと期待しすぎたかな。自分より先にタイムトラベル理論を発表し物理学賞を受賞した水海月博士を殺害すべく、時空博士は自ら開発したタイムマシーンで完全犯罪を目論む表題作の「完全・犯罪」は、ゲラゲラ笑いながら読んだ。まず爆弾を五年前に送り込むも...

2015
25

軍鶏㉞&宇宙兄弟㉕

軍鶏㉞/たなか亜希夫賢者タイムのような表情のリョウが表紙の最終巻。まあリョウが死んで終わったんだけど、これがヒドイのなんの。バカ兄弟との闘いが終わってグダグダダラダラさまよい歩いて野垂れ死に。これだけ。内容が無いよう。結果としてバカ兄弟がラスボスと言うのは大いに不満があるけど、つまらんヤツと闘って野垂れ死に、と言うのはリョウにお似合いの最期と言えなくもないし、救われないだろうことも予想は出来たから...

2015
24

寄生獣 セイの格率 第19話

前回褒めたと思ったらまたヒドイ。浦上との「お見合い」。なんか異様に怯えてるのよねこの新一。原作は、浦上に気圧されながらもミギーが眠っているのを確認、って感じだったと思うんだけど。と言うか、ミギーが起きてたからって助けてもらえるシチュエーションじゃないだろ…。死姦・解体・人肉食はさすがにNGやね。しかし一話の浦上は完全に別人。山岸キターって誰こいつ。歴戦の証()とでも言いたげな傷に失笑。あと無精ひげの自...

2015
22

フォックスキャッチャー 4・5点

この世にも奇妙な実話は、1984年のロサンゼルス・オリンピックで金メダルに輝いたレスリング選手、マーク・シュルツに届いた突然のオファーから始まる。有名な大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポンが、自ら率いるレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”にマークを誘い、ソウル・オリンピックでの世界制覇をめざそうと持ちかけてきたのだ。その夢のような話に飛びついたマークは破格の年俸で契約を結び、デュポンがペンシ...

2015
21

寄生獣 セイの格率 第18話

やりゃあできるじゃあねえか不満点はあるものの、このスタッフの力量を考えれば今回は褒めてつかわす。…まあ最初っからやれよって話なんだが…。対話する二人の前に、平間ら刑事たちが現れ銃を向ける。ここの田中敦子の演技が実にいい。と言うか、他の寄生生物が極端に棒ばっかで酷いせいもあるけど。後ずさる新一に母親の姿で歩み寄る田村。赤ん坊を新一に委ねる時の、赤ん坊が田村の髪を握ってそれを田村が解くオリジナルシーンは...

2015
17

はじまりのうた 5点

ミュージシャンのデイヴと恋人のグレタは、二人で作った曲が映画主題歌に抜擢されてメジャーデビューが決定。初めて、ニューヨークにやってきた。今までとは違う、セレブのような生活。しかし、スターとして忙しくなるデイヴとすれ違いの日々が続くなか、彼の浮気が発覚。夢のような状況から一転、行き場の無い孤独へと突き落とされてしまったグレタは行くあてのないまま街をさまよい、旧友であり、売れないミュージシャンのスティ...

2015
15

きっと可愛い女の子だから/柳本光晴

ふとRenta!のバナーで見つけて、気になってRenta!ではなくamazoneで購入。クラスでボッチのオタク少女。行き遅れの女教師。クーデレクラスメイト。恋愛経験ゼロの文芸部部長。落第ギリギリの黒ギャル。一見可愛くなさそうな女の子の、最高に可愛い瞬間を切り取った恋愛オムニバス。(裏表紙梗概)と言う、脇役的な女の子がメインの短編集。地味ながら意外に含蓄のあるセリフなどもあり、丁寧に描かれています。ヒロイン五人中四人...

2015
13

聖刻群龍伝 龍睛の刻③/千葉暁

マジで次で終わんの?と疑問に思うくらい、キャラの整理が全然ついてない気が。ここに来て、ポッと出の傭兵隊長に尺を割くし。まあこの手の「死に場所を求める」とか「生き様を見せる」キャラを描くのは上手いし、好きなんだろうなーと言うのはわかるんだけど。もう少し他に人材いなかったのかねえ。とまあそんなわけで、イシュカーク軍300にエリダーヌの援軍を加えたディア側に対し、反乱軍は国軍に加えクレイトー商会が雇った傭...

2015
11

十 忍法魔界転生⑥&実は私は⑩

十 忍法魔界転生⑥/せがわまさき瞬殺いいね!いよいよ開戦、vs転生衆。初戦の田宮坊太郎はおひろが坊太郎に人質に取られるも、柳生十人衆の機転で坊太郎に隙ができ、そこを突いた十兵衛の一太刀で勝負アリ。前フリが長かっただけに、これくらいサクッと行ってくれるといい。インパクトも充分だし。それにしても、坊太郎って転生した意味なかったよな…。他の連中と違って、剣一筋、復讐一筋の人生を後悔しての転生だったはずなのに...

2015
10

寄生獣 セイの格率 第17話

『三人いれば勝てると思ったのか?』酷っ!タメのなさと言い凄みのなさといいワザとやってんのか。まあ凄みに関してはこんなのしかできないスタッフだからハナから諦めてたけどな!3対1から各個撃破するはずがなぜか全員揃ってて、その上ふたりは見物。どあほう。ビルの工事現場を利用した立体的なバトルは、ちょっとだけ『おっ!』と思ったんだけどなあ。衆人環視の中を「口だけ頭」の姿で逃げ回ることで草野の追撃をかわすはず...

2015
09

タイタニア⑤/田中芳樹

とりあえず完結したことを喜ぶべきか。これはこれでつまらなくはない。でも、読んでて一番感情移入したのがイドリスと言うのがね。いやホント、一番頑張ったよ。空回りしまくってたけど。愛する弟はアジュマーンに卑劣な殺人者にされた上ジュスランによって拘束、テオドーラにはチクチク嫌味を言われ嫌い抜き見下げ果てているはずのラドモーズにまで翻弄され、余裕を失っていきながらも踏ん張る姿には涙を誘う。翻って肝心のジュス...

2015
08

ドラフト・デイ 4・5点

アメリカン・フットボールのプロリーグ、NFLに所属するクリーブランド・ブラウンズのGM、サニー・ウィーバー・Jr.は、今まさに人生の崖っぷちに立たされていた。チームの運営と強化を一手に担う彼は、ここ2シーズンのふがいない成績に責任を感じ、3季目の今年こそは地元ファンの期待に応えたいと願っている。そのためには12時間後に迫ったドラフト会議で、超大物ルーキーを獲得することが必要不可欠だった。ところがライバル...

2015
03

寄生獣 セイの格率 第16話

おおう、すっかり忘れてた。忘れてても良かったような気もするが。今回もまあ展開早い早い。両腕を無数の触手にし、攻撃を仕掛ける三木に対し、防御で手一杯のミギー。人間部分である脚に狙いをつけるも脚も寄生体、その隙に新一が狙われるが触手同士の空中衝突のおかげで難を逃れる。詰め込みまくりなせいで、シーンに間やタメがないからどうにも味気ない戦闘シーン。「線」の動きから「点」の攻撃は割とよく出来てた。ただ、三木...

2015
03

激戦 ハート・オブ・ファイト 4・5点

かつてボクシング王者に輝いたファイだったが、八百長事件に関与し落ちぶれて借金取りに追われる香港を後にし、マカオのジムで下働きをする日々を送っている。クワンとシウタン親子の部屋を間借りして住むが、母親のクワンは息子を溺死させたという悲しい過去があった。一方、元大富豪の息子スーチーは、今は工事現場で働きながら破産した父親の面倒を見ている。人生をやり直すため総合格闘技で賞金を稼ごうとジムに来たスーチーは...

2015
01

神楽坂謎ばなし/愛川晶

祖母と二人暮らし、中堅出版社で働く武上希美子(31)がある日、ひょんな事から幼い時に母と別れた父親の代わりに寄席の席亭代理を務めることに。しかし、落語の世界に無知な希美子は右往左往。しかしあまり面白くない。ふたつの中編で、最初が希美子が席亭代理になるまで、二話目が余命わずかの鶴丸師匠に、竹馬師匠がある落語を薦めるその真意をめぐる話。お仕事ミステリーということだけど、ミステリー色は薄い。どちらかというと...

2015
01