A D M I N
topimage

2014-06

早く帰りてえPARTⅡ - 2014.06.22 Sun

北九州からこんばんは。
今月中はやっぱり帰れなさそう。はぁ…(ため息)。

仕事先で缶ビールここまで二十本以上もらってるんですが、
私を含めてウチの会社の人間はほとんど飲まないので、
私ひとりで頑張ってほぼ毎日飲んでます。
おかげで翌朝がいつもシンドイ
疲れるために飲むっておかしいよね!

ちなみに、ホテルに泊まれたのは四日間だけで、
あとは六畳一間のマンションに先輩と押し込まれる生活
TVがないのはまあいいんだけど、プライベート一切なしはやっぱりキツイ
自腹切って数日ホテル泊まろうかと考えている所存。

今日は一日中大雨と聞いていたので、最寄の映画館にこもってました。
そっちでもソレかい!と大いにツッコんでください。
まあ結局は降らなかったんですが。
…観光に行けばよかった…。

映画はラストミッション 4点
    サードパーソン 3・5点
    メトロ42      2・5点の三本。 

ラストミッションは結構コミカルで楽しめた。
久々に主演ケビン・コスナーを観た。
やっぱりベッソンは監督やらないほうがいいよね。
まあ代わりがマックGじゃ悪くなってるだろ!と言われそうですが。
とりあえずウォッカは持ち歩きましょう

サードパーソンは…妄想オチ?
ちょっと分かりづらかったな、俺には。

メトロ42は人間ドラマ部分がつまんなかった
娘ほっといて喧嘩すんなタコ。
二時間ドラマって感じだったなあ。

それにしてもこっちは雑誌やコミックの入荷が遅い遅い。
Numberのワールドカップ速報号が三日遅れで入荷とかどうなってんねん。
通常の雑誌は普通っぽいけど、雑誌の増刊号とかコミックは遅いみたいね。


ではまたー。
スポンサーサイト

あー、早く帰りてえ - 2014.06.15 Sun

出張先からこんばんは。

行ってきましたよ初ヤフオクドーム
前日の負け試合を仕事中にラジオで聞いてて、『よし、これで運気は明日に行った!』
ビミョーに喜ぶ(ごめんね番長)。

先発がきっちり投げ、野手は援護し、横浜的にはヒジョーに楽しめた一戦となりました。
山口はすっかりエースの貫録
まさかここまで先発として活躍するとわ。
リリーフの時には叩きまくってたけど、掌返しますわ
あとはセリーグの試合に戻っても同じ投球ができるか。

野手は援護したとはいえ、上位がお寒かったのがねえ。
一番金城を聞いた時には、耳を疑ったわ。
スタメン自体厳しいのに、よりによって一番に据えるかー、と。
初の生グリエルも、守備での送球は凄かったけど、打つ方はノーヒットで残念。

珍しくスクイズが見れたのも良かったねえ。

それにしても、ヤフオクはよくお客さん入るね~。うらやましいわ。
久しぶりの外野席は疲れた。

これで今季生観戦一勝一敗のタイ
次は八月の甲子園・・・かな。たぶん。

そしてこの勝利の余勢をかって中洲で気持ちいい事してきてこれ書いてます。
ではまた。

 - 2014.06.09 Mon

さて、明日から行きたくもない長期出張修羅の国へ。

約一ヶ月間で、どこかで漫喫でも見つけない限りは更新お休みかなー、と。
スマホでちまちま書くのは面倒だし。

幸いなことに、諦めていたヤフオクドームのソフトバンク―横浜戦が観に行けそう
ローテ通りだとこっちは山口か。
ソフトバンクはよくわからん。
生グリエルが楽しみでございます。

てか思いっきりW杯日本戦の日やないかい。

ではまた。

ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース第10話「皇帝と吊られた男」 - 2014.06.08 Sun

インドへたどり着き、様々なカルチャーギャップを経験するジョースター一行。
変換 ~ fvhyt8変換 ~ thy6575
「突き」には笑った。
コイツの豹変演出には原作知ってるのに『新手か!?』と一瞬思ったわ。
変換 ~ gtr632変換 ~ yju78
そしてついにポルナレフの前に現れるハングドマン。
鏡に写り鏡を割っただけではノーダメージのスタンド。
変換 ~ g34w3qe変換 ~ uyi8
ハングドマンの本体J・ガイルを追うため、
単独行動を選ぶポルナレフとそれを諌めるアブドゥル。
変換 ~ fggtyh3変換 ~ yjukyi67re
変換 ~ hfgty4
場面変わってエンペラーのホル・ホース登場。
カッコイイなホル・ホースのくせに
まあ『ヒヒ…』とかいやらしく笑ってるけど。
声はDTBの黒かー。全然わからんかった…。
変換 ~ oiuytr65変換 ~ p08965
そしてこの茶番を盗み聞きする両右手の男J・ガイル。
近すぎて二人の会話女に聞かれるだろ!
変換 ~ io876t変換 ~ uiyutfd
変換 ~ piugyrt変換 ~ uityyrm
変換 ~ dffgdt
この蛇を殺す一連のシーンスゲエカッコイイ。
特にエンペラー発現シーンはイイわ。
『メギャン』はジョジョの擬音でも一番好きかも。
他の漫画でも使われてて、ラブひなで見たときには笑ったな。
原作では確か手のひらに浮かび上がるシーンでメギャンだったかと。
変換 ~ opiuhggvgh
歩いていくんかい!
変換 ~ n,mhuyu変換 ~ mkloiv
変換 ~ klnbf変換 ~ hggueas
西部劇的BGMがまたいいな~。
しかし軍人将棋だのおハジキだのこいつらどんだけ日本文化に精通しとんねん。
変換 ~ fvbvnt変換 ~ hjtu65
変換 ~ fgeew変換 ~ nhgi76
変換 ~ re32変換 ~ r565
相手を舐めきったためスタンドの銃弾の軌道の変化を予測できなかったポルナレフ。
動きまくり&スローの緩急つけた演出GJ!
甲冑脱ぎ捨てるチャリオッツはこれで最後か…。
変換 ~ 74532変換 ~ nbtrt
変換 ~ liouy変換 ~ jktyr
絶体絶命のポルナレフを間一髪の所で救うアブドゥル。
銃弾を炎で焼き尽くそうとするその背後、
水たまりに映る無防備なその背中を刺すハングドマン。
そして銃弾が頭部に…。
変換 ~ ku987変換 ~ po67
変換 ~ i9087変換 ~ 45wds
アカン。原作さんざん読んでるのにちょっと泣けた

予告からすると、次回で決着か。

ホリミヤ⑤&鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~① - 2014.06.04 Wed

変換 ~ 299

ホリミヤ⑤/萩原ダイスケ・HERO
宮村のイメチェン大した騒ぎにもならずで拍子抜け。う~む。
堀さん、自分以外に宮村の本当の姿見られたくないって言ってたのに、
その辺りの描写もなく。
女子に騒がれてる宮村にキレ気味になってたくらい。
もっとこう、ジェラシ~~~~な感じな堀さんが見たかったのよね。

宮村家での二人きりのシーンの空気感は、相変わらず好き。
二人の会話の間とかコマ割りがとてもいい。

新キャラの沢田は個人的にはいらんなー、と。

しかしアレだ、この巻読んでると
恋愛ものでありがちな「付き合うまでが面白い」になりそう…。
一巻から四巻まで一気に読んでテンション上がった状態だっただけに、
ガクッと急降下。
堀さんの可愛さは鉄板なんだが。

「おかえりなさい…」
「えっ…あ、た、ただいま!!」

鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~①/草凪とんぼ
電撃からヴァルキリーに移籍して電撃版の一巻に一話プラスしての一巻。
以前の一巻の感想はこっち

背景はラフだった部分に書き込みを入れて電撃版に比べてややマシにはなっているものの、
基本はやっぱりスカスカ
もっと手を入れる時間はあったと思うんだけど。
女の子は柔らかそうな絵で魅力あるだけに、
背景が白いからどこで何やってるかわからんみたいな状況になるのがもったいない。

表紙の頭のデカさはツッコミ禁止


ホリミヤ(5) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(5) (Gファンタジーコミックス)
(2014/04/26)
HERO、萩原ダイスケ 他

商品詳細を見る


鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~ 1 (ヴァルキリーコミックス)鏡野町のカグヤ~約束の祭姫~ 1 (ヴァルキリーコミックス)
(2014/05/01)
草凪とんぼ

商品詳細を見る

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース第9話「黄の節制」 - 2014.06.02 Mon

ハイエロファントグリーンに続く次なる刺客は…あれ?違ったっけ?
まあいいや。
変換 ~ gyuiyu
ハンサム顔なイエローテンパランスのラバーソール。
変換 ~ ihfdy変換 ~ tte
変換 ~ rehf変換 ~ huou
とりあえず変身するならその人物になりきれと。
思いっきり怪しまれてるやないかい!
外見以外似せる気ないなら変身する意味ねえ。
つーかケーブルカー乗り場でガチで落としに行けば、『勝ったッ!第3部完!』になったのに…。
スタンド自体は強力なのに本体がアホなせいで敗北って、結構あるよな~。
にしても、レロレロレロレロレロレロレロレロはクソ笑ったw
声付きだとまた趣があっていい。
舌使いに妙なエロスを感じたのは秘密
変換 ~ huyy6変換 ~ ilup9865
変換 ~ utuyti変換 ~ 6465
『耳クソをストローでスコスコ吸い取ってよーく聞きな。
俺のスタンドイエローテンパランスに弱点はないッ!』とドヤ顔のラバーソールに対し、
ジョセフ直伝の『逃げる』!
逃げた先は水中、息を吸うためスタンドを解除したラバーソールをどつき倒す。
変換 ~ yurer
変換 ~ ew3hgf変換 ~ hjy74
ソッコーで戦意喪失のヘタレラバーソールに、
今後襲ってくるスタンドの情報を聞き出そうとする承太郎。
『仲間のことをチクるわけにはいかねえ…ぜ』
『なるほどご立派だな』『思い出した』
ここは原作同様、承太郎が拳を振り上げた所で
カットを変えずに『思い出した』のセリフを入れて欲しかった
な。
間をおかないほうがより一層、ラバーソールの情けなさが際立って笑えるのに。
変換 ~ giuyuitff変換 ~ ghjtty
マイク・タイソン(規制)以上にラッキーだったのは気のせいだったラバーソール。
結局オラオラで再起不能(リタイア)。
しかし、コイツの変わり身の早さは好きだわ。
下品なセリフの数ではNo.1か?

変換 ~ ftui65変換 ~ fytuyk
お前もやるんかい!

デンジャラス・バディ 4・5点 - 2014.06.01 Sun

変換 ~ 301

FBI捜査官のアッシュバーンは、有能だが生真面目で融通が利かず、
しかも傲慢なために同僚から疎ましく思われていた。
ある日、そんな彼女にボストンの麻薬組織を捜査するよう命令が下る。
早速ボストンへと向かうアッシュバーンだったが、そこで彼女を待っていたのは、
地元の市警察の女刑事マリンズだった。
自分とは正反対の、粗野で野蛮なマリンズと事ある毎に衝突するアッシュバーンだったが、
捜査を進めるうちに次第に打ち解けていき、ついには麻薬組織の大物を追い詰めるのだった。
(wikiより)

笑った笑った
正反対の二人が反発し合いながらも徐々に認め合っていくと言う、
バディムービーとしてはベッタベタだけど、女性コンビならではお色気や、
女性だからこそ笑えるギャグが面白かった。

アッシュバーンの堅物なスーツ姿を盛り場では不似合いと、
マリンズが袖やズボンを短く切ってセクシーさを出そうとするも、
『ビキニを着てもクソ銀行員に見える』と言ったり、
その姿でアッシュバーンが捜査対象に迫ると、
『40代にそそられたのは初めてだ』と言われたり“女”が笑いになってるのがいいよね。

マリンズが上司の根性無しをなじるのに、わざとらしくあちこちを探しながら大声で
『警部のタマ見なかった?ボールベアリング並みの!
女より小さい!女にはないけど!』
とか、
犯罪者を脅すのにタマにロシアンルーレットしたりと、マリンズの下ネタも最高。

アッシュバーンを演じるサンドラも、
あれだけの実績のある女優なのに平気でヨゴレをやる所に感心させられる

マリンズが隠し持っていた武器で、
確実に使うと思ってたロケットランチャーを使わなかったのが残念。

ラストのマリンズのメッセージに不覚にも泣かされ
その後の猫を盗んでアッシュバーンに渡すシーンに笑わされた。
この辺の緩急も良かったねえ。

映画の日だったせいか結構客入ってて、笑いの反応も多くていい雰囲気だった。
やっぱコメディは周りが笑ってるといいわ。

くろアゲハ①&+α(プラスアルファ)の立ち位置① - 2014.06.01 Sun

変換 ~ 294

くろアゲハ①/加瀬あつし
週マガで連続打ち切りくらった加瀬あつしが、
月マガにてカメレオンの続編を上梓。

主人公は姉の命令でスナックで女装をし、“エイラ”として働く高一の英太。
ヘタレだけどバイクの腕はピカイチ。
密かに恋するクラスメートの都姫(みやび)はOZ初代メンバーの相沢からOZの旗を渡され、
望まぬままに二代目に就任。
頼れる相手を探していた都姫に英太はエイラの姿で出会ってしまい、
信頼されてしまう。
昼はエータとして都姫にどつかれ、
夜は“頼れるお姉さま”エイラとしてバイクのコーチをする事になる。

やっぱ加瀬あつしのノリ好きだわ
ギャグ分は期待してたよりちょっと弱かったけど。

エータはハッタリ野郎だけど、バイクテクと言う取り柄があるし、
ヤザワと違って嘘をつくことに罪悪感を感じたりする(欲望に負けるけど)ので、好感は持てる。

ツン(エータに)デレ(エイラに)都姫も可愛くていいわ。
作風に似合わず可愛いキャラが描けるのが加瀬あつしのいい所。

しかし、OZの旗に三バカがいなくなってて泣ける
椎名の結婚写真にはベンツキラー兄弟とウエケンいないし。
ラストの見開きにはOZのメンバー三人だけw

それにしても、この漫画が平積みされてて驚いたわ。
近年は新刊出ても棚差しだったのに。
これもカメレオンの威光か。
できればこの調子を続けて欲しいものだわ。

「都姫からオトコの匂い」
「へ?」
「わはははそりゃねーワ!この夢見る処女に!
なんつったってケータイの待ち受けシャア大佐にしてるよーな女だからな!」
「いいだろ別に!シャアは最高じゃねーか!妹にやさしーしよ!

+αの立ち位置①/月煮ゆう
パッと見絵が好みだったので買ってみた。

異世界に“神娘(みこ)として召喚された美少女がイケメンにモテモテと言う、
乙女ゲーの世界観が舞台で、一緒に巻き込まれて来た地味な脇役気質な女の子が主人公

神娘として選ばれた可愛くて性格もいい美少女・転道花華(てんどうはるか)。
でも実際に神娘の力があるのはこの漫画の主人公でこの世界ではモブの枋間識希(ほうまさとき)。
「可愛いは正義。ヒロインは可愛いこと」それがみんなの幸せと考える識希は、
腹黒神官クシャにバレると殺される危険性もあって、
神娘の力をひた隠して陰で花華をサポートしていく。

色んなイケメンが花華に言い寄るシーンを見ては妄想にふけり、
自分が本当の神娘であることが王宮魔術士長ミーヴァに露見すると、
病んだ目つきで説得する。
そんなクセのありすぎる識希は、正直好みが分かれそう。
でも、花華に辛い役目を押し付ける事に悩んだり、
皆に自分が賞賛される姿を思い描いて揺らいだりするのはいいね。
乙女ゲーの世界を客観的に見るのも中々に面白いので、次も買お。

「…あのねオブディマさん、誰もが『主役』になりたい訳じゃないんですよ」


くろアゲハ(1) (月刊マガジンコミックス)くろアゲハ(1) (月刊マガジンコミックス)
(2014/05/16)
加瀬 あつし

商品詳細を見る


+αの立ち位置 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)+αの立ち位置 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2014/04/25)
月煮 ゆう

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (301)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (207)
アニメ (105)
雑記 (162)
野球 (77)
ゲーム (25)
ドラマ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード