A D M I N
topimage

2013-12

フォーシーム②/さだやす圭 - 2013.12.28 Sat

変換 ~ 067

わずか十分の投球練習を、投手コーチネッガーシュミットとの交渉(?)の末、
時間延長を勝ち取った逢坂。
その後、シート打撃でルーキーでありながらチームNo.1の打撃力を持つ正捕手スタルカスを封じ、
その投球術を見たネッガーシュミットは、逢坂をクビにする気満々なチームGMロイ・ビーズに、
開幕まで無失点に抑えたら契約するという約束を取り付ける。

直球勝負が信条って言うのが、ますます昭和なキャラという印象だけど、
最大の武器が制球力なのと、捕手より投手が投げたい球を投げるメジャーならではの流儀にあった、
逢坂の性格を活かした心理的駆け引きによる配球は面白い。

ビリー・ビーンもどきのビーズは、日本人は現役バリバリでないと通用しないって言うけど、
投手に関してはそんなことないだろ。
リリーフなら上原や斎藤隆のような大成功例はもとより、
そこそこ活躍できてるのも結構いるし。
野手は現役バリバリでもコケまくってるけど。
バリバリの連中がマイナー暮らしとか泣けるから、頑張ってくれよ…。

しかし、開幕まで無失点なんてハードル設けると、
それを達成する流れになると分かりきってるから、
やらない方が良かったような気が。
まあその辺は作者の力量次第か。

それにしてもこの二巻、本屋三軒目でようやく見つけたとか、
どんだけ刷ってないんだか。
大人気で売り切れ続出だったらいいんだけど、まあないな

「小僧、お前には明日があるが、俺には、今日しかない。
ゼロかクビか、望むところじゃ!!」

フォーシーム 2 (ビッグコミックス)フォーシーム 2 (ビッグコミックス)
(2013/12/27)
さだやす 圭

商品詳細を見る
スポンサーサイト

エロゲ感想 あやめの町とお姫様 3点 - 2013.12.27 Fri

変換 ~ 066
自称!?戦国時代のお姫様と古き良き町を守るADV

わざわざ“自称!?”なんてつける意味あるのかってくらい、
そのまんま戦国時代のお姫様と古き良き町を守るADVなんですが

全体的に漂う無味無臭感は、
統一球で投手戦という名の貧打戦を見ているかのような盛り上がらなさ。
まあそのへんは予想できたことだけど。

不精の俺でも2日もかからずフルコンプと言うこの短さ。
ミドルプライスってこんなもんでしたかしら?
なにぶん、久しぶりのエロゲなもので…。

選択肢はわずか四つ
『少なっ』と思ったけど、こっちに比べればマシか…。
今季のコバフトと吉川のどっちがマシかってレベルだけど。

Hシーンは姫子のみ2、あとは3ずつ。
絵と塗りはとってもいい
原画家三人いるのに、全然違和感なし。
先輩の愛撫シーンは素晴らしい。
内容は主人公若干早漏気味なのであんまり期待しちゃダメ絶対。

タイトルとキャッチフレーズ通り、メインヒロイン・あやめのためのゲーム。
他のヒロインは、戦国時代のお姫様も古き良き町を守るも全く関係ない
フツーにヒロイン達の問題を解決するだけの、凡百の学園モノ。
ただ、無駄にキャラ萌え狙いじゃないのは評価したい。
告白から一気にHに行かず、デートとかワンクッション置いてから初キス→初Hの流れもいい。姫子以外

主人公の、東京から地元に帰ってきた理由も、ユリルート以外では全然消化しきれてないのは問題。

攻略順
蘭→ユリ→姫子→あやめ
お気に入り順
蘭>ユリ=あやめ=姫子
ただしシナリオ順だと
ユリ>>あやめ>>>蘭>>>>>姫子

キャラ別感想(ネタバレあり)

その優しく上品で丁寧な物腰、年上キャラお約束のいたずらっぽさは、
ど真ん中というほどではないものの、
インローに強烈に食い込んでくるくらいには好み
ただし一番チョロイン

巨乳がHシーンではただの飾りになってたのは泣いた。何故だ…。

ユリ
にぎやかし系は単なる騒がし系のウザイキャラになりやすいので、
嫌いなことが多いけど、ユリはそこらへんが上手くバランス取れてた良キャラだった。
シナリオは一番良かったんじゃないかな。
これから夢を叶えようとするユリと、夢破れて帰郷した主人公の対比は、
必ずしも上手くいったわけではないけど、恋仲になる流れは四人の中で最も合点がいった

あやめルートで主人公がユリの父に、
『小賀の再開発事業を阻止したらユリの女優への夢を認めてくれ』と条件を出すんだけど、
いくらなんでも無理ゲーすぎね?
巨乳美少女なら最悪Av女優くらいにはなれるけど、
一介の高校生が再開発事業阻止とか。

あやめ
メインヒロイン。
ゲーム好きが実は伏線だったけど、だからどうしたとしか。
ゲームクリアで事件解決って言われてもなあ。
過去に戻るための石碑探しも関係なく戻ったし。目が点。
別れのシーンとオチの切なさは結構好きだったのに。
ただしこの作品唯一のエピローグはダメだ
なんで最後に画面に映るのが針損先生なんだよ!
あやめとの別れの直後もコイツが出てきたし。余韻台無し。
針損先生ってコイツだぜ!?
ただでさえコイツのクソ寒いキャラが嫌いだったってのに、どんな嫌がらせだよ…。
と言うか、スタッフどんだけ好きやねん

姫子
シナリオ超短い
この手のぺったんこ娘の場合、Hシーンはいつもスキップで飛ばすんだけど、
飛ばしているうちに終わった
ありのまま今起こった事を話したくなる…。

私にしては珍しく、苦手な後輩&妹系キャラの割に可愛く感じられた。
それは多分、ツリ目のおかげ

キャラは良かったと言っても、物語を牽引するほどでもなく、
またシナリオの盛り上がらなさをカバーするほどでもない。
そんなわけで5点満点中の3点

あやめの町とお姫様あやめの町とお姫様
(2013/12/20)
Windows

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第12話「卒業」 - 2013.12.24 Tue

hhiohggf.pngmnjkh.png
ffddghj.png
かずさとの別れのあと、熱を出して寝込む春希に甲斐甲斐しく世話を焼く雪菜。
ホント、女神すぎる
ertjhgf.png
誕生日プレゼントの指輪を渡す事ができず、むせび泣く。
「あの頃のように」松本あすかVer.は神
mkhhg.pngtgnmvck.png
かずさは、雪菜にウイーンへ行くことを告げる。
『掛け替えのない、たった一人の友達だよ』
『雪菜みたいないい奴になる』
これがまたなあ…。
hgyutresd.pngethhh.png
POWDER SNOW」を弾く春希に、武也はかずさへの未練を見抜く。
『俺みたいになって、俺を失望させるなよ』
oplkkjj.pnghjgfdsee.png
tghgsqasfghj.pngrewqsdfghj.png
同時刻、屋上。
いつかのように、春希のギターに合わせて歌う雪菜。
あの頃のことを依緒に語る。
『気が付いたら、割り込んでた。そうだよ、無理やり割り込んだんだ。
あの二人の間に。こんなはずじゃなかった。こんなはずじゃ…』

5rtrtyyulhgc.pngqafghkl.png
huytrgh.png
雪菜の三十分超ショートVer.。泣。
雪菜は「自分に一番大切なこと」を選んでこうなったわけだけど、
これはこれで責められん。
と言うか、こう言うところが魅力的だし。
『今時男に振られて逃げるなんて、あまりにもイタすぎるだろ、本気すぎるだろ』に、
ちょっと笑った。そうなんだよイタいんだよ本気すぎるんだよ
trhgfjg.png
卒業式、親志の『冬馬に告白しようと思ってた』の台詞に思わず反応してしまう春希。
わかり易すぎだろ春希…。
yuhd.pngtdfgjh.png
cbvcx.pngfhbnvcx.png
かずさが学校に来てたと雪菜に教えられ、探そうとする春希と、
それを止めようとする武也。
雪菜の悲しそうな微笑みが辛い。
fghjyt.pngdgfhgj.png
走るアニメキタ━(゚∀゚)━!
gtjkhiuy.pnggjkjiu.png
hiuogf.png
精根尽き果て、家に戻っていたところで上総からの着信。
jiohgfd.pngoiutyd.png
『俺…冬馬が…』
『やめろ!』
『好きだ!!』
hiuogf.pngngf.png
雪でかずさの存在に気づく春希。
作品的に、原作のサイレンよりこっちの方が合ってていいな。
ghfdse.png
『見つけた』
bgfgf.pngsdaaaaaaa.png
fghtersa.pngdfytr.png
xdfew.png
『かずさって呼べよ。それがあたしだ』
『かずさ…』
『春希…』

もう言葉にならない。目から水が…。
しかもTwinkle Snowがくるとは。

そしてそんな感動的な場面で引きなのに、
Twinkle SnowとED映像が全然合ってなくて吹いたじゃねーか

うーむ、しかし今回は全然茶化せなかったな。
と言うかそれどころぢゃねえわ。
つまらなくてゴメンネ。
…え?いつもつまらない?
おいそこホントの事言うな

それはともかく、ホント春希は甲斐性なしのろくでなしだ。
クズとウスノロも足したい

春の魔法のおすそわけ/西澤保彦 - 2013.12.24 Tue

変換 ~ 074

西澤保彦作品読むのは、身代わり以来約三年ぶりか。
ノンシリーズだと、何年ぶりになることやら。
しかもこれ自体、文庫落ちしたの二年以上前か。

と言うわけで、その何年ぶりかのノンシリーズ作品。
小説家・鈴木小夜子(45)は、ある日酔いつぶれて気がつくと、
手元には二千万円の入ったバッグがあった。
色々あって、ヤケになり二千万使い切ってしまおうとしたところで、
不思議な美青年と出会い、彼を「買う」事になる。

スイーツチックな表題とは裏腹に、中年女性の中々に赤裸々な描写がいっぱい。
ゲロ吐くわ屁は放るわ下痢するわ腋毛ボーボーだわ化粧は崩れきって物体X状態だわ。うーむ。

地の文での小夜子のテンパりっぷりで笑い、独りになった時の切なさにしんみりし、
最後の謎解きで得心する。
序盤の無茶苦茶なノリや周囲への悪罵でどうなることかと思ったけど、
上手くオチがついた上、ほっこりさせられた。

美青年・優弥に変ななマダム口調で口説くと同時に、
内心でその口説き文句にツッコミを入れる小夜子が可笑しかった。

まあこう言う緩めの作品も、いいもんですな。

「初対面の相手だからって、かまととぶっちゃってー。
おとなを焦らすものじゃなくってよ、坊や」
でーっ。おい。

春の魔法のおすそわけ (中公文庫)春の魔法のおすそわけ (中公文庫)
(2011/03/23)
西澤 保彦

商品詳細を見る

ハンナ・アーレント 4・5点 - 2013.12.22 Sun

変換 ~ 072
誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。
彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、
アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。
1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、
逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、
ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。
「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、
アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。
歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、
半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。
(公式より)


思考することでアイヒマンを理解し、反ユダヤではないと結論付け、
なおかつ一部のユダヤ人指導者がナチに協力したことを暴露し
それをユダヤ人社会から非難されてもそれが辛くはあっても揺るがない。
ハンナのその勁さ、気骨、公正さに感嘆を禁じえない。
それと裏腹に夫とはラブラブと言うギャップがイイ。
あの甘えっぷりが、なんか可愛い。

要するに、ナチも「人間」って事で、アイヒマンは中間管理職のようなもので、
誰しもがアイヒマンになりうるんだよね。
そして、ユダヤ批判と取られかねない言動が反発を食らうのは、
未だに続いてると言う皮肉。

ハンナの、「ひとつの民族を愛したことはない。
私が愛するのは友人、それが唯一の愛情」
という台詞は素晴らしい。
民族として迫害を受けたユダヤ人だからこそ、尚更感銘を受ける。

ハンナを支える夫ハインリヒ、秘書ロッテ、親友のメアリーがまた良かった。
特にメアリーは、ハンナを擁護するため
ハンナを非難する連中に一歩も引かずに論戦を張るシーンがカッコイイ。
ハンナの記事を『とても読めない』と言って馬鹿にするおばはんに、
即座に『あんたには高級すぎる』とやり返したのは、スッとしたね。

ハンナは同胞であるユダヤ人にも敵であるナチのアイヒマンにも、
公正さを持って著述したけど、
この作品自体も、単純にハンナの側に立ってハンナを賞賛するだけじゃなく、
同胞であり友人のハンスや家族同然のクルトに絶交される等、
負の部分も公正に描いている。

ラスト、重そうなBGMで〆だったのが、なんだか気になった。

それにしても、ハンナをはじめどいつもこいつもタバコ吸いすぎ
こっちまで煙が漂ってきそうだったわ。

軍鶏㉛&EIGHTH⑫ - 2013.12.22 Sun

変換 ~ 071
表紙絵の差に吹く
しかしゴリラみてーなリョウだな…。

軍鶏㉛/たなか亜希夫
トーーーーーーキチイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ(ノД`)・゚・。 。゚

…って一ヶ月で退院かよ!
肩から胸にかけて仕込み刀でザックリいかれた上ドテッ腹串刺しにされたってのに。
サブタイトルの「藤吉公平」って、「これから死にます♡」的なフラグだろ…。

トーキチの手術した医者が、中々いい味出してた。
ナツミもすっかり回復したなあ。

バカ兄弟の魅力のなさはガチでキツい。
スガワラや斉天大聖の足元にも及ばないだろ。

今回は、武器調達のために行った黒道着衆二号こと寒河江(さがえ)さんとの話は、
ちょっと面白かった。
アレでお役御免はもったいない。
しかし、寒河江さんの家族は格闘技に興味なくても、
ご近所の皆さんや会社の同僚なんかは、誰かしら知ってもおかしくないと思うんだが。

いよいよ次巻で対決…だと思うけど、
この興味のそそられなさと言ったらもうね。

「ふん。感謝の仕方を知らんのも、無理はないか。
今までそんな気持ちを持つこともなく、育ってきたんだ」
「うるせえほっとけ」
「まったくだ。ほっときたいなあ。
命を粗末にするバカヤローどもでも…
オレたちは必死にその命を救わねばならん。やりきれねえなあ」

EIGHTH⑫/河内和泉
ips編終了
つか、表紙の美女誰よと思ったら…。
いくらなんでも態度軟化しすぎじゃないですかねえ。
りおとの会話とかさあ、なんかちょっとキャラ違いすぎ。
しかも宿泊代がわりとは言え、セックスOKって。
しかも添い寝で終了とか代われよチクショウ
これでナオヤハーレムにまた一人か。
あー、でもよく考えたらナオヤを好きなのはヒカルとりおくらいか。
女性キャラ率高いけど、案外見た目ほどハーレムじゃなかったな。

んで、次回で添い寝する二人を見つけてヒートアップするヒカルの姿が、
簡単に想像できる。

ヴァレリヤへの最後の説諭はミラさんに取られたけど、
そのミラさんとスチュアートに認められたのは、良かったね>ナオヤ
正直色々突っ走りすぎてどうかと思う部分もあるけど、
それはまあ一応、未熟なりに成長する熱血(ってほどでもないけど)主人公ってことで。

そしてそのスチュアートは、新キャラなのにほぼ見せ場なしだったと言う…。
完全にヴァレリヤに取られたなー。

りおは見てるだけで癒されるのう。
とりあえず治療が上手くいって良かった。

「…ならひとつ聞きましょう、ヴァレリヤ。
あなたの中にも、ナオヤと同じものがあるのかしら?」
「…………!?」
「『自分も恵まれていれば、ナオヤのように振るまえたのに』と――――
そう言うの?」

軍鶏(31) (イブニングKC)軍鶏(31) (イブニングKC)
(2013/12/20)
たなか 亜希夫

商品詳細を見る

EIGHTH (12) (ガンガンコミックスJOKER)EIGHTH (12) (ガンガンコミックスJOKER)
(2013/12/21)
河内 和泉

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第11話「雪が解け、そして雪が降るまで(後編)」 - 2013.12.20 Fri

edfghjkhj.pngnmhjioi.png
jkopkiuo.png
かずさへの感謝の気持ちを熱っぽく語る春希に恥ずかしがるかずさの図。
もっと褒めてあげて!しっぽぶんぶん振るから!
sasfhjklk.pnguyioi.png
poiouio.pngouippppoiu.png
そして、その感謝の気持ちを参考書と言う形にして贈る
「イヌでも解かる!」に吹く。忠犬用って事ね。
しかしここは、もうちょっと演出考えて欲しかったな。
サラリと本出すから、原作ほど笑えなかった。
tutjkkj.png
だからこう言うサービスシーンはいらないって。
キャプってガン見するけどいらないな。うん。
uytrdfg.pngjkghfdrt.png
weqwasf.pngyutrfghj.png
jgfdsrtyyt.png
春希からの大事な大事な大事な大事な大事な大事な大事な以下略プレゼントを無くしたことに気付き、
街をさまようかずさ。
色々省略しすぎて、初見の人ちゃんと理解できてるのかな…。
trcgh.pnggjhuioppppp.png
翌日、精も棍も尽き、朝から机に突っ伏すかずさ。
でも学校は休まない

雪解けのバッサリ感パネェ

rretrdfg.pngmjkhguy.png
そしてここで来たよ二周目回収
実は、雪菜が春希に告白する前にかずさがキスをしていたという…。
『あたしが、先だった……先だったんだ』
uioyiyghj.pngghgyutrteesdfgjh.png
“!?”
bgftrdfgfhjkld.pngqsdfghjkio.png
雪菜と付き合うことを報告する春希。
以前、なんでこのシーン入れねーんだよ!と不満だったけど、
入れたら入れたでキツすぎる
hggftty.png
温泉帰りの慟哭。死にそう。俺が

そして現在。
qqehjkgf.png
『やっと友達になれたな、北原。言いたかったこと全部言えたもんな。
なんでもわかってる間柄になったもんな。友達になった瞬間、絶交しちゃったけどな…』
fgdtr.pngdeesdgjkhl.png
opiiuu,mnnbvcbnmjk.png
拒絶しようとするかずさを、強く抱きしめ口づける。
なんで作画が生々しいんだよ。ちょっと笑っちゃったじゃねーか…。
iouhjhvg.png
『なんでそんなに慣れてんだよ!雪菜と何回キスしたんだよ!』
嫉妬心むき出しのかずさが雪菜…切ない。
台詞のあとの泣き声がホントいいんだよなあ…。

雪解けの扱いは色々言いたいことはあるけど、
二周目回収に関して評価したい

客観的に見ると確実にクソ野郎なんだけど、
『俺がこの立場なら…』と思うと、あんまり非難できんわ>春希
誰だってそーする。 おれもそーする。
現実に美少女二人に言い寄られるシチュエーションがどうとか言わない

極黒のブリュンヒルデ⑦&白衣のカノジョ④ - 2013.12.19 Thu

変換 ~ 069

極黒のブリュンヒルデ⑦/岡本倫
中身は真っ黒、でも外見は白い寧子的な最凶の魔女・ヴァルキュリアが天文台を急襲。
寧子以外は殺すと言うも、寧子の説得でとりあえずその場は収まる。

色々と人間関係が動いてきましたな。
新キャラとして、再生の魔法を持つ初菜が登場。
自分の能力を使って良太を信頼の置ける人間かを試して、結果惚れる
しかも他のキャラ出し抜いて良太のファーストキスを奪う金星まであげる始末。
それに触発されたカズミも良太の唇を奪い、寧子は佳奈に指摘されて自分の恋心を知る。
小鳥は…えーと…まあ相変わらずおっぱいおっぱい。

しかし初菜は面白いキャラだな。
他の連中にはない強かさが、新たないいアクセントになってる。

あーそれにしてもやっぱりカズミは可愛いのう。
でも、良太といちゃつけばいちゃつくほど負け犬臭が漂うこの感じ。
今回、これでもかと亡き幼馴染・クロネコへの思いの丈を良太に口にさせて、
その上でラストで寧子=クロネコである事を知るとか、
カズミ派としてはキツいっす。泣。

「ラララ…ラブホ行かんか!?」
「は?」
「これから!!今すぐに!!」
「……」
「あ~~~!!結局言うてもうた!!」
「おいおい…歌ってたんじゃなくて、ドモってただけかよ…。
やっぱり、おれにはお前のことがよくわからないよ」
「はぁ?当たり前や。私はそんな底の浅い女とちゃうで」
「だいたい、ラブホテル行く金なんてない」
「せやったら、そこの茂みでもええから!!」
「お前…ついさっきロマンチックのかけらもない場所で思い出を作りたくないとか、
言ったばかりだろ…」

白衣のカノジョ④/日坂水柯
4巻にして初めて感想書くけど、桑原(♂)と支倉(♀)の二人が、ひたすらいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃする中でちょっとした出来事があってお互いに対する心境が変化していく…という内容なので、なんか書きにくいのよね…。

身体のつながりから心がつながっていき、前巻ラストで正式に付き合い始めた…という所で、
付き合い始めてから手をつなぐ、キスをする、という部分に戸惑ったり恥じらったりする初々しさが、
なんかいいね。
セックスより、もっとこういうシーンが見たいな。

支倉は、眼鏡+ツリ目でクールっぽい見た目に反して、
桑原と二人きりだとスゴイ可愛らしいのがイイ。
男心をくすぐる台詞(ビミョーに天然)とか、最高すぎる。

「…男の人とつきあうと、こういうことも
打ち合わせするものなんでしょうか?」

極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/12/19)
岡本 倫

商品詳細を見る

白衣のカノジョ 4 (ヤングジャンプコミックス)白衣のカノジョ 4 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/12/19)
日坂 水柯

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第10話「雪が解け、そして雪が降るまで(前編)」 - 2013.12.17 Tue

lkuiytty.pnghgtyrgfgd.png
ihjfdf.pnghgupokj.png
oipouinm.png
『そんなのは親友の彼氏に言われるセリフじゃないんだよ!』
『手が届かないくせにずっと近くにいろなんて、そんな拷問思いついたのもお前だろ…』
『毎日毎日、目の前で心えぐられて…それが全部あたしのせいなのかよ…ひどいよ…』


もーこの辺全部好き。キッツイけど
そして『俺なんかに分かるわけないだろ!』
『冬馬みたいなやつが振り向くはずがない、つまんない男なんだよ!』と逆ギレする春希さんある意味素敵。

『あたしがつまらない男を好きになって何が悪い!』
畜生泣ける。

しかしAfter All’13は許せん
原曲はWA2の中で一番好きなだけに、これはオリジナル流して欲しかった…。

ttggvbgopiu.png
一方雪菜は…おお、もう…。

Bパートで雪解け来たか
trwwqsdf.pngfgger.png
ファーストコンタクト!
rqefsdf.png
『触るな!』
触ってねえ!
trwerhku.png
この困惑顔ちょっと可愛い。
dfew.png
わずか一ヶ月で春希と仲良くなった親志に嫉妬心むき出しの武也。アッー!
frth.pngtyherr.png
tuioplk.png
『お前の言うことを素直に聞いてやるのは、これが最後だ』
『俺も素直に引き下がるのは、これが最後にするよ』
このやりとりのあと、扉を閉めて微笑むかずさ。
解けてきたね~。
gehjhjrwe.pnggdhew.png
夏の日のギターキター

春希視点じゃなくかずさ視点だからか、
だいぶ表情豊かだよね。
これなら、もっとかずさの内面まで踏み込んで、
春希観察日記やってほしかったわ。

絶園のテンペスト⑩&BLOOD ALONE⑩&黄昏乙女×アムネジア⑩ - 2013.12.17 Tue

変換 ~ 077

絶園のテンペスト⑩/城平京・左有秀・彩崎廉
本編の後日譚がメインの特別編。
六篇の中で特に面白かったのは「ファミレスの『りべさん』」。
ファミレスのバイトを始めた葉風のほのぼの短編かと思ったら、
この作者らしい中々にエグいミステリー
仮説で終わらせる所とか、なんとなく猫丸先輩ちっく。

左門は完全にネタキャラだな。
無駄に生活スキルが高いのとフロイライン山本の方が格上なのが笑える。

最終話は閉幕らしくオールスターキャスト。
吉野と葉風のその後を色々と期待させてくれる〆
良かった良かった。

全体的に「おまけ」のような緩めなお話で、
これはこれで最終巻としてはふさわしかったね。

「手を、つなぎましょうか」
「うん?」
「夜道ではぐれるといけませんから」
「…お互いそんな子供ではあるまい」
「僕はまだ、真広程しっかり歩いてる気がしないんですよ。
だからこの先、万に一つも迷わないようにつないでもらえると、
ありがたいんですが」
「…しようのないやつだ」
「ええ。本当に」

BLOOD ALONE⑩/高野真之
クロエ=渋川剛気
『こいや小僧ッ!』とかいつ言い出すかと思ったわ。

それにしても、これまでで一番「中二」な巻でしたな。
アーサー王だの円卓の騎士だのランスロットだのガウェインだのと。
しかしようやく、「真紅の剣」の目的がわかったな。
巻末のキャラ説明も、わかりやすくてありがたい。
覚えづらい名前ばっかで参ってたし。

しかしこれだけゾロゾロ敵キャラが出てくると、
当分完結は先か…。

俺のサイノメの出番がどんどん減ってきそうだぜ。

「おかえり、お姫様…」

黄昏乙女×アムネジア⑩/めいびい
ホントコレおまけ漫画でツッコミ入れてないと、
貞一死んでるとしか思えない
よな。

ぶっちゃけ途中から惰性で読んでる感があったので、
あんまり話の筋理解できてない(爆)けど、とりあえずハッピーエンドで良かった。
夕子さんは貞一にだけは実体化していて学校からも出られるようになったから、
貞一やりたい放題だな!

あと、最後まで霧江さんのパンツ安売りだったなあ。
パンチラしすぎ!嬉しいからいいけど!

「夕子さんみたいな素敵なひとに取り憑かれて、
嫌だと思うひとなんてきっといないと思いますよ。
誰だってそうです。…僕じゃなくても」
「…わたしはっ貞一くんじゃなきゃ嫌っ!」
「僕もそうです。僕も…初めてできた好きな人が、
夕子さんでよかったって思います」
「ありがとう貞一くんっ。
一緒に成仏しようね!」

絶園のテンペスト (10)(完) (ガンガンコミックス)絶園のテンペスト (10)(完) (ガンガンコミックス)
(2013/11/22)
城平 京、彩崎 廉 他

商品詳細を見る

BLOOD ALONE(10) (イブニングKC)BLOOD ALONE(10) (イブニングKC)
(2013/11/22)
高野 真之

商品詳細を見る

黄昏乙女×アムネジア (10)(完) (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア (10)(完) (ガンガンコミックスJOKER)
(2013/11/22)
めいびい

商品詳細を見る

キャプテン・フィリップス 4・5点 - 2013.12.16 Mon

変換 ~ 067
2009年4月。アメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号は
、援助物資5000トン以上の食糧を積んでケニアに向かうべくインド洋を航行していた。
リチャード・フィリップス船長と20人の乗組員にとっていつもと変わらない旅だった。
だが、ソマリア沖に入った時、事態は思わぬ方向へ暗転する。
アラバマ号が海賊に襲われ、占拠されてしまったのだ。
フィリップス船長は乗組員を救う為、身代わりとなり、
海賊の人質になるという勇気ある決断をする。
ソマリア海賊たちとの命がけの息詰まる駆け引きが続く中、
アメリカも国家の威信を賭けた闘いに直面する。
海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させた作戦は、人質救出か?
それとも海賊共々殲滅か?
生死を懸けた緊迫の4日間、彼を支えるものは
「生きて、愛する家族のもとへ還る-」という願いだけだった-。
(公式より)

正直、予告編の段階ではあんまり面白くなさそうと思ってた。
主人公が知恵と勇気で活躍&家族愛アピールと言うイメージが出来上がってたものでして。

蓋を開けたらとても地味。
ストーリーそのものには特別なものはなく、至ってシンプル。
あらすじにある「自ら人質になる」なんてねえし。コレ書いたやつアホ。
一応、それとなくチームワークを駆使して海賊を船から追い払うこと自体は成功するけど、
英雄的な活躍とは程遠いし、特別何かしたってわけでもないのよね。
ただ、市井の一般人だからこそのリアリティがあった。

脱出艇にフィリップが連れ去られて以降は、
その内部でのやりとりと、海軍の行動がメイン。
途中からSEALが指揮をとり、フィリップ奪還に動く。
なので、基本的にはこの事件そのものを描く作品って感じ。
その中で、フィリップ視点が多いと言う。
SEALの淡々さは、プロフェッショナル。
本物の元SEAL隊員を使ってるのも頷ける。

ソマリア海賊たちの背景を描いたのも、単なるアメリカ礼讃にならず
作品に深みが出たと思う。
ロクな産業もなく、漁をしようにも大国にかっさらわれてしまい、
生きるためにギャングの手足になって海賊にならざるを得ないムセたち。
『ギリシャの船を襲って600万ドル手に入れたぜ』と得意げになって言うと、
フィリップに『お前らにはいくら残ったんだ』と問われると沈黙してしまう所なんか、良かったね。
上の締め付けにあって、大金を収めないとならないと言う問題が彼らにもあるのよね。
犯罪ではあるけど、彼らなりの理由があると。
海賊行為を「ビジネス」と割り切ってるのも、印象的。

金を貯めてアメリカに行きたいと夢を語るムセ。
一番下っ端の十代で、フィリップに怪我の手当をしてもらって態度が柔らかくなるビラル。
一番凶暴で疑り深いナジェ。
影薄いエルミ。
四人とも見た目も演技も素晴らしく、リーダー・ムセ役の俳優は特によかった。
なんと今回が初の演技でありながら、トム・ハンクスと共にゴールデン・グローブ賞ノミネートですよ。

トム・ハンクスはここ数年では最高の演技だったのでは>。
ラストシーンの、感情が溢れ出す演技派さすがだよな。
ムセとの一連の会話も好き。

グリーングラスは前作グリーン・ゾーンがつまらなかったので、
危惧してたけど、これは良作。

ライアー×ライアー⑤&ちはやふる㉓ - 2013.12.16 Mon

変換 ~ 066

ライアー×ライアー⑤/金田一蓮十郎
アカン、塚口先輩いい人過ぎて応援したくなった
200%カマセにすらならないのは確実だけど。
でも一番不憫なのは烏丸くん
フラレ済み&諸々の事情知ってるのに、
湊との行動多いわ湊は透をサークルに入れるわで泣ける。
表紙の爽やかな笑顔が目にしみる

こう考えてしまうのは、透みなのカップリングが然程好きってわけじゃないからなんだろうな。
ガチで透湊になったら、その時は応援します。

ギャグは相変わらず冴えまくってますな。
特に塚口先輩絡みは毎回笑う
何気に周先輩も好きよ。

「…高槻さん!わたしの頬を強く叩いて…!」
「ええ?」
「一刻も早く正気にならないとヤバイです!」
「えーと…歯を食いしばって!?」
( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン「かっこいい~♡」

ちはやふる㉓/末次由紀
原田先生勝ってよかった
こういう場合は、ベテランを応援してしまうね。

そしてついに新が千早に告白
珍しくラブ描写が…!
でも、ちゃんと千早が向き合えてないのがなー。
そこをギャグに落としたら駄目でしょーよ。

名人周防は色々と気持ち悪いな。
あんなかるたイヤ過ぎだろ。
そらフツー心折れるわ。

22巻は原田先生のおかげで久々に燃えたけど、
終わりがまるで見えないのは、しんどいなあ。
そういう漫画はコレだけじゃないんだけど、ちょっと飽きてくる。
ライバルキャラも、エキセントリックになっていくし。
そう言う意味でも、初期からのレギュラーたる原田先生の安定感パネェ

「試合で曲がらなかったやつを、言葉で曲げないでくれ」

ライアー×ライアー(5) (デザートコミックス)ライアー×ライアー(5) (デザートコミックス)
(2013/12/13)
金田一 蓮十郎

商品詳細を見る

ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)
(2013/12/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

オーバードライヴ 4・5点 - 2013.12.12 Thu

変換 ~ 066


二人目の妻と幸福な家庭を築いた運送会社社長ジョンは、驚くべき報せを受け取る。
別れた妻に引き取られた息子ジェイソンが麻薬密売容疑で逮捕されたのだ。
ジェイソンは友人が無理矢理送りつけてきた麻薬を受け取ったに過ぎなかったが、
その瞬間に現行犯逮捕されていた。
麻薬密売容疑を受けた友人が量刑を決める法を利用し、減刑のためにジェイソンをハメたことは明白。
しかし、このままではジェイソンは最低10年の刑務所暮らしをおくるハメになる。
ジェイソンが助かるには、同様に仲間を売るしかないが、
本物の売人も知らない彼は無実の友人に罪を着せることを断固として拒絶していた。
ジョンは愛する息子を救いたい一心で女性連邦検事キーガンと交渉し、
粘り強い説得の結果、約束を取り付ける。
それは自分が、ジェイソンに代わって麻薬犯罪者の逮捕に協力するというもの。
薬取引で逮捕された過去を捨て、マジメに働いている従業員ダニエルを必死に説き伏せたジョンは、
売人の元締めマリークを紹介してもらい、運び屋を装って接触。
運んできたドラッグを受け渡した瞬間、キーガンの部下である麻薬捜査官クーパーに
マリークを現行犯逮捕させるという段取りを取り付けた。
しかし、マリーク以上の大物を逮捕できると踏んだクーパーは、
現場の判断でマリーク逮捕を取りやめる。
ところが、ジョンの奔走によって浮かび上がった大物はメキシコの麻薬カルテルを牛耳る男、
通称“エル・トポ”。ジョンが逮捕協力するには手に余る大物だった。
それでも政界進出を企てるキーガンは手柄に執着し、ジョンの背中を押す。
もはや後戻りはできない。息子のために、ジョンは危険極まりない囮捜査へと身を投じてゆく……。
(公式より)

rrrrtt.png

ロック主演て事でB級かと思ったら、中々の良作。

ロックが腕力のない、犯罪に縁のない単なるド素人の市井の一般人役なので、
息子のために危険な麻薬組織相手の囮捜査をする、その緊張感がよく伝わってきたね~。
相棒に引っ張り込んだダニエルも、前科があるためもう一度捕まれば終身刑、
ジョンの真意を知ったあとは組織に裏切り者として殺されるから、
こちらも緊張感がビンビン伝わってくる。

強いて言えば、一般人なんだから役作りで体を細くしたほうがよかったんじゃね
…と思ったものの、シュワもスタもそんな逆肉体改造ほとんどしてない(多分)から
別にいいのか。

つーか、カッコよさではダニエルの方が目立ったな。
もちろんそれは、前科者で荒事に慣れてるからだけど、
マリーク一味との交渉の時の表情や銃撃戦は様になってた。

一方ジョンは、刑務所での息子との会話が一番印象的。
でもどちらかと言うと息子の芯の強さがより印象深かったけど。
…となると、ジョンはどこが良かったんだろ。うーむ。

スーザン・サランドンは、いつもながら気が強い女が良く似合う
出世欲の強い連邦検事キーガン役は、ハマってる。
麻薬捜査官クーパー役のバリー・ペッパーは、ヒゲが何かいい

事件が終わったあと、クーパーに『彼女(キーガン)に投票する?』と聞かれて、
ジョンは無言だったのが面白かった。

実は私は④/増田英二 - 2013.12.10 Tue

変換 ~ 068

よし、委員長勝利確定…だったらいいな。

前回の引きから朝陽と委員長の夏祭りデート(白神さんの策による)。
ついに自分の気持ちに気づく委員長。
「なぜか」ショックを受ける白神さん。

次の回の委員長の、白神さんを思いやる態度はいいな。
そのせいで委員長ルート脈なし言う絶望感も得られたが。
つくづく、先手を打って朝陽の告白を粉砕してしまったのが惜しい…!

しかしまあ、とことん白神さんとはギャグにしかならんな>朝陽
せっかく、白神両親まで登場したというのに。
それにしても、白神さんの横からのアングルは凶悪すぎる(主に巨乳)。

ラストで登場は、50年後の未来から来た朝陽の孫・黄龍院凛。
あーこれは可愛いわ。近親相姦してもいいのよ?(ゲス顔)

痴女は太ももに挟んだだけでどうやって朝陽を隠したんだ。
俺も隠して。

うーむ、アンケート一位かあ。
いつの間にやら人気作品になってしまったもんだ。トム・クルーズ効果
今チャンピオンで特に好きな二作品の内の一つなだけに、これは嬉しい。

一方バーサスアースは巻末を彷徨っていた
…単なる入稿順と思いたい。


「そ…そら黒峰君いっつも一緒におってくれるけど、
黒峰君は誰にでも優しいと思うし…
とにかくそのっ、そういうんやないよ?」
「ギャハハハハハ何言っとるんだ!!こいつは。
下心なく女に優しくする男なんぞ、無い!!無い!!」

実は私は 4 (少年チャンピオン・コミックス)実は私は 4 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/12/06)
増田 英二

商品詳細を見る

ミッドナイト・ガイズ 4・5点 - 2013.12.10 Tue

変換 ~ 067
仲間の罪を被り、28年の刑期を終えて出所したギャング、ヴァルは、
唯一連絡を取り合っていたギャング仲間のドクと再会を果たす。
彼らは久しぶりの再会を喜びあい、出所のお祝いにと馴染みの娼婦館に顔を出したり、
バーで酒を飲んだり、ドクのお気に入りのアレックスが働くレストランでディナーを楽しんだりと、
特別な夜を過ごす。
しかし、ドクは二人のボスであるクラップハンドに、ある難題を押し付けられていた。
それは、“翌朝の10時までにヴァルを殺す”こと。
クラップハンドは、ヴァルが刑務所に入ることになった事件で息子を殺されており、
犯人はヴァルだと思っているのだ。
しかし、ヴァルを目の前にしたドクは彼を殺すことが出来ず、その事実を打ち明けてしまう。
そこで二人はスポーツカーを盗み、老人ホームに入れられている3人目の仲間、ハーシュを連れ出し、
3人でまたひと暴れしようと企む。
しかしそのスポーツカーのトランクにはある女が閉じ込められていた。
その女、シルヴィアは車の持ち主であるジャーゴニュー兄弟に暴力を振るわれ監禁されたと言い、
彼らはシルヴィアとともにそのアジトへ乗り込みに行く。
真夜中のロサンゼルス。人助けや警察とのカーチェイスを楽しむ彼らだったが、
約束の時間は刻々と迫っていた…。
(公式より)

ネタバレ有り

ヴァルが出所した日の翌朝10時までの短い間の物語。

老境に入った男たちの友情は、必要以上にウェットになることなくカラリとしていて、
それでいてお互いを思いやる優しさもあり、イケメンどもにないシブさがカッコよかった。
シルヴィアを監禁した連中のアジトに乗り込む時の、
散歩にでも行くかのようなリラックスした態度と飄々とした雰囲気は、
ベテランならではな感じで良かった。
あとから来たシルヴィアがバット持ってきて、ヴァルたちにとっ捕まったチンピラ連中の
股間を思い切りブッ叩くオチも付いてて笑う。

仲間の罪を被り28年も刑務所に入っていて、なおかつドクが自分を殺すよう命じられたと知ると、
命じたクラップハンドに怒り、ドクを思いやって恬然とそれを受け入れるヴァル。
軽い性格で怖いもの知らず、なんだかんだで一番友情に厚いんじゃないかな。

ヴァルを殺すことに苦しみ、孫娘に祖父であることを告げられず悩み、
三人の中では最も思いやりのあるドク。
枯れた風貌と穏やかな態度とは裏腹に、チンピラ相手の立ち回りは鮮やか。

病を患いながら、ヴァルたちに再会すると、スポーツカーをブッ飛ばし娼館で娼婦二人相手にハッスル、
出番が短かったのが残念なハーシュ。

ハーシュ『3Pやりたい』
女『今一人しかいない。あたしは金じゃ寝ない』
ハ『スゴイ経験させてやる』
女『…料金三倍よ』
ドク『二倍かと思った』
     ・
     ・
     ・
女×2『最高!もう他の男はイヤ!』
この流れ笑った

ハーシュ役のアラン・アーキンは、年齢のせいか出番の少ない役多いね。
早めの退場は残念だけど、その娘とヴァル&ドクによるお別れと弔辞がいいシーンだったので、
まあいいか。

全体的に、押し付けがましい泣かせるシーンはないけど、
ドクとアレックスの電話はちょっとクるものがあった。
『おじいちゃん』は泣くわ。

「明日に向って撃て!」的なラスト(ストップはしないけど)は、うーん…って感じ。

THE CALL ザ・コール 【緊急通報指令室】 3・5点 - 2013.12.08 Sun

変換 ~ 066
911緊急通報センターのベテラン・オペレーター、ジョーダンは、
命を救うため一般市民が抱える問題に電話越しに指示を出すという、
気が弱い人には到底務められない仕事に就いていた。
しかし、ある若い女性からの不法侵入者の通報が悲劇的な結末に終わり、ジョーダンは悲嘆に暮れる。
自分の人生を見直すため、ジョーダンは苦難に満ちた電話の対応を経験するのはもうやめようと思案する。
彼女の支えとなる、警察官の恋人も「一線を退いて、人生を楽しみ、
極度の緊張感にさらされる職務のノウハウを後進に教えるときだ」と彼女を諭す。
だが、彼女と、市民の命綱である緊急電話との関係は、まだ終わってはいなかった。
少女ケイシーが、シリアル・キラーに誘拐され、
殺人鬼が運転する車のトランクから命からがら911に電話をかけてきたのだ。
研修生のグループを連れて、巨大な緊急呼び出しセンターの内部を案内していたジョーダンは、
偶然キャシーからの電話が聞こえる距離にいた。
一見、とてもありふれた状況に思えたが、経験豊富な彼女には、
すぐにケイシーが緊迫した状況であることに気付く。
そして、事件を追うにつれて、その犯人の声に気味が悪いほど聞き覚えがあることに気づく。
――犯人は、あのときの非道な殺人鬼だったのだ―。
彼女にできることは、ただひとつ。
それは今まで経験したことがない手段で、責任を負い、ケイシーを助けること。
少女ケイシーからの1本の電話を頼りに、ジョーダンは、
これこそ自分が待ち望んでいた緊急電話であることを証明するべく、奔走する。
(公式より)

ネタバレ有り

あくまで電話一本でケイシーを助けるのかと思ったら、
ジョーダン本人が助けに行ったでござる

駄目だろ…。

犯人の隠れ家は、録音した音声を何度も聞き返したことで判明するわけだから、
オペレーターとしての技量も関係してると言えなくもないけど、
ベネットなら「口ばかり達者なトーシロ」と表現するであろうジョーダン一人で
助けに行くのは、いくらなんでも無理ありすぎィ!
まあ、ラストの放置プレーをやりたかったからなんだろうけどさ。
でもあのオチだと、ケイシーはともかく最初の犠牲者の家族が救われないんじゃね

中盤までは、犯人の間抜けさを考慮に入れなければ
中々のスリルと緊迫感があって楽しめた。
電波で追跡できないプリペイド式携帯で、パニックになりながら助けを求めるケイシー。
かつてのトラウマを抱えながらも、ケイシーを世間話で落ち着かせながら
閉じ込められたトランクの中にあるものでケイシーを救おうとするジョーダン。
そしてやたらとでかい声で喋る二人。声落とそうよ…。
ケイシーをクロロフォルムで眠らせてあとは縛りもせず
所持品もチェックせずトランクに突っ込み、
大音量のカーステレオで音楽を満喫する緊張感も警戒心もゼロな犯人

馬鹿野郎、七点リードでも油断するなって今年の横浜が教えただろ!

メイン三人は全員良かった。
ハル・ベリーは相変わらず美人やのう。
アビーの垢抜けた成長の仕方は残念だ。
「リトル・ミス・サンシャイン」の時は、美少女ではないんだけど、愛らしかったんだが。
犯人役のマイケル・エクランドは、「ディヴァイド」のイカレ野郎その一(その二だっけ?)か。
元々演技達者らしいけど、異常者役上手いよなー。

悪くはないけど、期待外れで残念。

八重樫惚れた! - 2013.12.07 Sat

いや~、八重樫カッコよかった!

ボクオタではないのでニワカらしく基本的に激しい打ち合いが好きだけど、
半端ないスピードのヒット&アウェイはとても面白かったよ。
上半身ガッチリ鍛えてたので逆にスタミナ保つのか心配だったけど、
最後まで落ちずにキレッキレで、強豪ソーサ相手に完勝は見事という他ない。
最終ラウンドできっちり打ち合ってファンの期待に応えたのも良かったねえ。

八重樫の試合は数試合しか観た事ないけど、
動きのキレなんかはミニマムよりいいよね。
ただ、パワーは流石に感じられなくなったけど。

村田は、印象に残ったのはKOシーンだけかなあ。
カマセ相手にディフェンスはデビュー戦同様、ひたすらガードを固めるだけ。
パンチのコンビネーションも全然見られなかったし、ちょっと残念。
とは言え、やはりパンチの迫力は軽量級とは段違い。

あ、相手の方がいい動きしてるな~と思ったw

井上は格下相手に圧勝。
まあ言うことなし。
井岡が金払ってロマゴンから逃げただけに、
ちゃんとしたマッチメークで進んで欲しいね。

全体的にいい試合だった。満足満足。
一方亀田はモレノから逃亡

知ってた

ここまで露骨だと、乾いた笑いしか出ない。
WBAのスーパーフライは、ソリスが先日の大毅戦で剥奪されて空位になったし、
いいタイミングだよね~。
またカマセを強引にランクインさせて王座決定戦か。
4階級制覇おめでとう!
スゲエ!デュランやロイ・ジョーンズに並ぶで!

ホリミヤ①~④/HERO&萩原ダイスケ - 2013.12.05 Thu

変換 ~ 078

最近知って読んだんですが、これがまた面白い!
キャッチコピーの“青春、超微炭酸系!!”はわかるようでよくわからんが
原作のWEB漫画は未読。

中学時代はいじめられっ子、高校でも根暗眼鏡で冴えない上、
性格も地味で天然草食系な主人公・宮村。
実はピアスだらけ&タトゥーだらけのイケメンなのは秘密。
ヒロイン・堀さんは明るく誰にでも優しい人気者の美少女。
家では家事と弟の創太の世話で忙しく、スッピンで地味な格好をしている事は秘密。

この二人がひょんなことからお互いのホントの姿を知って、
日常の出来事を通して徐々に距離を縮めていくラブコメ作品。

宮村は、草食系のおとなしい性格だけど、
空気読まずに発言する天然ぽさもあるので、ウジウジも難聴もなく好感持てる。
堀さんは言わずもがな
ただ、堀さんて宮村と違って絵的には学校と普段とであんまり変わんないよね。
スッピンと言っても絵は同じだし、髪も下ろしたほうが華やかだけど、
家でのひっつめも似合ってて可愛いし。

少女漫画っぽい少年漫画な印象を受ける。
無駄なお色気もなく(好きだけど)、
記号的なヲタ向けな萌えもなく(嫌いじゃないけど)、
フツーの日々の出来事の積み重ねと言う点がそう感じる(ぼく地球とか天使禁猟区とか好きだけど)。
まー、たくさんラブコメ読み込んでるわけじゃないので、
あくまで印象ですがね。

ファーストコンタクト以外は特にお互いを好きになる強烈なエピソードもなく、
それでも読んでるこっちがニヤニヤキモイ笑みを浮かべたくなるシーンがいっぱい。
キュン死にまではもう一息ってトコか。

絵柄が好みなのもプラス要素で、
最近の私の読んでるラブコメ作品同様、ギャグセンスがストライクゾーンど真ん中
主役二人のやり取りや堀さんに片想い中の石川君はもちろん、
四巻登場の堀父は最高に笑える

脇役のエピソードも、必要以上にでしゃばらない程度、
でも上手くバランスを取って描いている。
河野さん可愛いから頑張って!

あ、↑で徐々に距離を縮めていくって書いたけど、
第一話で付き合い始めても違和感ないわ。
それどころか少女漫画なら掲載誌によっては、
創太をお外で遊ばせてその隙に合体してるんじゃね(偏見)。

今二番目に続きが気になる漫画だわ。

と言うわけでとりあえず試し読みどうぞ。

ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)
(2012/03/27)
HERO、萩原 ダイスケ 他

商品詳細を見る

ホリミヤ(2) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(2) (Gファンタジーコミックス)
(2012/11/27)
HERO、萩原 ダイスケ 他

商品詳細を見る

ホリミヤ(3) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(3) (Gファンタジーコミックス)
(2013/04/27)
HERO、萩原 ダイスケ 他

商品詳細を見る

ホリミヤ (4) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ (4) (Gファンタジーコミックス)
(2013/10/26)
HERO、萩原 ダイスケ 他

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第9話「すれ違う心」 - 2013.12.04 Wed

よく考えたら、春希の五回オナニーがなかったな。残念。

キャプチャa
かずさのいない机を見つめる春希に、意味ありげな視線を送る親志。
アニメだと出番少ない割に意外とオイシイ場面あるよな。
キャプチャswedrffrrf.png
バカップルが!
公共の場で不謹慎な。
efrghtttr.pngedfgtrbggg.png
バカ(ry
つーか雪菜の声と春希の背中をまさぐる腕の動きがエロイ
rgthyyhn.pngrffvvvvvvvv.png
コンクールに出場するかずさを応援する二人。
嫌がらせにも程があるだろ!
かずさが不憫。
ssaxxxxxxcz.pngthnjjuuy.png
dfgttrree.pngqqqqqqaaaaasde.png
春希をじっと見つめるかずさ。
『相変わらず冴えない顔してるな。どれだけ見ても、何も感じない…』
この台詞はいいんだけど、
そのあとの『覚えた。もう…忘れない…』はスゲー無駄に感じた
ゲームならともかくアニメなんだから、表情と演出で十分こっちに伝わるのに。
この台詞は蛇足もいいとこ。
ooplpooi.pngrthuooo.png

雪菜の誕生日を二人で祝おうと提案する春希。
『ちゃんと確かめておきたいんだ。俺には雪菜だけだって』
この台詞もイラン!
せめてモノローグにしてくれよ。

結局、雪菜はみんなでパーティーしようと伝え、
にも関わらず呼ぶのはかずさだけ
『あなたが来ないと二人きりだよ』

誕生日当日、春希は冬馬邸に足を向けてしまう。
そこで見たものは…
rgyyyj.pngrujiii.png
結婚してくれ!
…じゃなくてかずさの母・冬馬曜子。
同じ若作り若々しさでも、やっぱり雪菜母より曜子さんだな。
曜子さんの『ギター君』はなんか好き。

来週は…アレか…
うっ、今から胃が痛くなりそう…。

WHITE ALBUM2 第8話「やがて冬が始まって」 - 2013.12.02 Mon

毎週感想書くのめんどくさい病を患いつつある今日この頃
皆様どうお過ごしでしょうか?

jjjjjjjjjhhhhhhhhhhggttttt.png
そんなわけで雪菜は春希と付き合うことをかずさに報告する。
…なんでだろう、ゲームでは感じなかった「茶番」の二文字が脳裏をよぎる
春希がかずさに報告するのがカットなのは納得いかん。
…と思ったけど、アレ入れるとかずさの気持ちを描写し過ぎになるか。

かずさはみんなとすっかり打ち解け、
親志は思わせぶりなセリフを吐く。
原作でも出番少ないくせに意外と鋭い親志。

tgbfrtgbfg.pngnjuyhgtngjg.png
同好会メンバー全員で温泉旅行。うん、全員よ全員。
どうでもいいけどグラサンかずさに笑った。
ついでにSPEEDに笑い、おまけにカラオケバージョンに吹いたw
『かずさってなんでもできちゃうんだね~』
…ああ、その気になればなんでもできたんだよ(過去形)。
gggggggghtr.png
部長はいなくていいの?
よく言ったかずさ。
原作では春希以外忘れてたのに。
kjhngfyyrfhghmj.pngyyyttttttggggfffff.png
『毎年やりたい』と言う雪菜に対し、
そんなことは約束できないというかずさ。
かずさの『もしもあたしに男ができたら…』のセリフに絶句する春希と、…な雪菜。
「三人」にこだわる雪菜の想いは尊いんだよなー、ホントに「三人」ならな。
すでに「二人」と「一人」になってしまってるわけで。主に雪菜の決断のせいで。
oopppppkjhhggg.pngiiiiiijjjjjjjjjjkkkkkkk.png
かずさにからかわれたお返しにくんずほぐれつ。
アニメではアルコール入ってないのよね。
ん?未成年?
uhnbgffffff.png
この膝枕いいよね。
rgfhgtuiiii.png
春希の感謝の言葉に憎まれ口を叩きつつも喜びを隠しきれてない…といった感じ。
雪解けでもあったけど、もっと春希が自分を賞賛する言葉を聞きたかったんだろうなあ。
『もっと…もっとホメてくれ…!』(@フクちゃん)みたいな。
qssxxxxxxxxxxxx.pngyyyyyujkklllllllll.png
雪菜に押されて無理やり春希のいる露天風呂に入れられるかずさ。
入浴体制バッチリだけど無理やりです。
まあアレだ、ダチョウ倶楽部みたいなもんだ。
erfgbvvvvvvvvvvvvvv.png
おっきした春希で引き(嘘…だったらある意味ヤだな)。

REDリターンズ 2・5点 - 2013.12.02 Mon

変換 ~ 066
諜報活動の一線から退き、穏やかな毎日を送っていた元CIAエージェント、
フランクと恋人のサラは、再び思いがけないトラブルに巻き込まれる。
すべてはフランクとかつての相棒マーヴィンが、CIA在籍中の32年前、
冷戦下のモスクワで手掛けた極秘プロジェクト、小型核爆弾製造に関わる極秘計画が原因だった。
あろうことか、核爆弾を奪ったテロリストとして国際指名手配を受けた2人に、
列強の諜報機関から次から次へと最強の刺客が放たれる。
フランクとマーヴィンは着せられた汚名を晴らし、
行方不明になった小型核爆弾の隠し場所を突きとめるため、サラと共にヨーロッパへと飛ぶ。
パリからロンドン、そしてモスクワへ。
一体誰が、何のためにフランクたちを罠に陥れたのか?
そして消えた小型核爆弾の行方は?
今、世界滅亡を阻むため、チームREDは最終決戦を仕掛ける!
(公式より)

ネタバレ有り。

前作より激しくパワーダウン

フランクの見せ場は序盤の手錠したままのアクションのみ、
マーヴィンは前作に比べてだいぶまともになってしまっててつまらん、
ヴィクトリアは前作同様カッコよかったけど、
妖艶さがなくなってたのが残念。
ハンはイ・ビョンホンなだけにアクションはキレてたけど、
作品のコンセプト的にベテラン俳優をキャスティングしたほうが良かったんじゃね。
カーチャあっさり死にすぎ
前作のモーガン・フリーマンと同じ死に役だけど、
こっちは扱いがぞんざいすぎ。

極めつけとしてサラが死ぬほどウザイ
タックルでテイクダウン奪ってマウント取ってパウンドでフルボッコして
チョークスリーパーで絞め落とす
、懐かしの黄金パターンで半殺しにしたくなった。
一々でしゃばりすぎなんだよな。
フランクに残れと言われてもついてきて、
そのくせ『パリといえば買い物』と抜かして危機感ゼロとか張り倒すぞテメー。

ストーリーも、話が飛び飛びでブツ切れ感酷くて楽しめなかった。

個人的には、ヘレン・ミレンとホプキンスのみ観る価値アリだった。

それにしても相変わらずハリウッドの核爆弾はショボイ
放射能とかどうでもいいんかい。

マラヴィータ 2・5点 - 2013.12.01 Sun

変換 ~ 067
フランス・ノルマンディー地方の片田舎に引っ越してきたブレイク一家は、
一見ごく普通のアメリカ人だが、実はとてつもない秘密を隠し持っていた。
主のフレッドは泣く子も黙る元マフィアのボスで、
家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、
偽名を名乗ってフランス各地の隠れ家を転々としてきたのだ。
そんなワケあり一家はノルマンディーのコミュニティーに溶け込もうとするが、
かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに昔の血が騒ぎ、
妻マギーとふたりの子供も買い物先や学校でトラブルを起こしてしまう。
やがてフレッドに積年の恨みを抱くマフィア一族のドンが、
ついに彼の居場所を突き止め、完全武装の暗殺者軍団をノルマンディーに派遣。
かくして“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られるのだった…!
(公式より)

ネタバレ有り。

予告が面白そうだった(若本規夫のナレはクソだが)ので期待はしたものの、
監督リュック・ベッソンに一抹の不安

そして不安は現実に

いや、家族それぞれの個性を紹介しながらストーリーが進んでいく序盤は、
面白かったのよ。
親父は気に入らない相手にキレまくり、
母は店員の態度の悪いスーパーを吹っ飛ばす、
処女だけど肉食系な娘はナンパしてきた連中をフルボッコ、
息子は情報収集能力と交渉術に長け、学校で悪巧みをする。

でもそれがどうにもダラダラとした印象で、
マフィアと戦うまでが長すぎる。

ようやくバトルが始まったと思ったらあっさり終了
しかも家族それぞれの個性を活かした戦い方を期待してたのに、
子供二人が奪った銃をぶっぱなすだけ
デ・ニーロとファイファーは、二人がかりでようやく一人を殺すだけだし、
それまでがバカ映画っぽいノリだったのに、vsマフィアは笑いどころがない
至ってシリアスとか。
息子のキャラが良かっただけに、ヒジョーにガッカリですよ。
つーかマフィア集団弱すぎィ!
リーダーはトミー・リー・ジョーンズのひき逃げアタックであっさり死亡とかやる気あんのか。

ラストのデ・ニーロの能天気なモノローグは笑うところなのか判断に困る。
あ、デ・ニーロがグッドフェローズを観て解説するシーンは笑った

題材は良かっただけに、もったいない作品。
原作の内容がわからんから何とも言えんけど、
個人的にはもっとバカなノリで行って欲しかった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード