A D M I N
topimage

2013-10

11月予定色々 - 2013.10.30 Wed

11月参加予定イベント
WHITE ALBUM2 CONCERT

昼夜通し券買ってしまいましたわ。
帰りどうしよう。
新幹線だと、たぶん最終ギリギリになりそうだし、
夜行バスだと翌朝帰ってそのまま仕事はかなりキツい…。
翌日休めれば最高なんだがなー。

それにしても、いつのまにか前売り完売してたのな。びっくり。

あと、二連休だから前日のベイスターズのファンフェスも行けるんだよなあ。
ただ、行きたい気持ちはあっても、おっさん一人でこの手のイベント参加は中々厳しいものがある。
こっちもどうしよ。

11月鑑賞予定映画
恋するリベラーチェ
42 ~世界を変えた男~
2ガンズ
スティーブ・ジョブズ
飛べ!ダコタ
もうひとりの息子
セブン・サイコパス
サカサマのパテマ
四十九日のレシピ
僕が星になるまえに
サプライズ
悪の法則
マラヴィータ
ミッドナイト・ガイズ
天使の処刑人 バイオレット&デイジー
キャプテン・フィリップス
グリフィン家のウエディングノート
REDリターンズ
ハンナ・アーレント

19本。
実際の月の鑑賞本数はともかく、予定本数としては最大か?
多分、いくつかは観ないとは思うけど。
特に観たいのは42、セブン・サイコパス、サプライズ、マラヴィータ、
ミッドナイト・ガイズあたりかな。
サプライズは、どういうオチが待っているのやら。
サカサマのパテマは、ヒロインパテマのキャラデザがちょっと好みと言う、とりあえずそれだけ

11月購入予定コミック
バーサスアース⑥
岸辺露伴は動かない
絶園のテンペスト⑩
黄昏乙女×アムネジア⑩

絶園とアムネジアは完結。
絶園は本編完結してるし、アムネジアは途中から少々惰性気味に読んでたので、
どっちも然程気にならないのよね。

11月購入予定小説
シュークリーム・パニック ―Wクリーム― /倉知淳
丑三つ時から夜明けまで/大倉崇裕
冴えない彼女の育てかた⑤/丸戸史明
神様の値段:戦力外捜査官②/似鳥鷄

ぶっちゃけ、どれも特別楽しみってのはないなあ。
強いて挙げれば、冴えカノ5巻の表紙の詩羽先輩が非常にエロいってことくらい。
スポンサーサイト

WHITE ALBUM2 第4話「SOUND OF DESTINY」 - 2013.10.29 Tue

dw.png
いきなり崩れ気味の作画にビビる俺
俺のかずさは原作からアニメまで、不安定すぎて泣ける。
mtree.png
正式に軽音楽同好会に加入したかずさ。
黒髪をサラリと梳くシーンがいい。
と言うかこの作画はいい。
hhjgfd.pngnbloii.png
虐げられる武也(笑)
jhbnmkj.png
『雪菜でいいよ』を無視されてムッとする雪菜。
後々の、名前を言わせるシーンがいいんだよなあ。
uuyhgfdbhmkj.png
kkjmnhg.pngewsfgjhk.png
春希に自宅での個人レッスンを受けさせるため、
強引に駅のホームに引きずり下ろすかずさ。
一瞬、顔にあててんのよしたのかと思った。
uuyhjh.png
fgtrr.pnghnbytt.png
かずさは終電の時間に気付くも、それに気付かずやる気満々の春希に言い出せず、
むしろちょっと楽しそうな表情すら浮かべる
iuytree.pngkjhgfff.png
kjjhhgf.pngkjhytioo.png
湯気が邪魔とか言いませんよ?
かずさの裸は安くないのです。
まあでも、表情は色っぽくていいよね。
uuytrr.pngazxdd.png
eewqqqa.png
お約束
『貧乏くじ引きまくりじゃないか』
『その貧乏くじは俺の宝くじと相殺だ』
この丸戸節的言い回しは笑ったw
tgbhh.png
特訓で徹夜明けの春希に過度のスキンシップを取る雪菜。
『ごほうびにコロッケあげよう』がなかった
アレ好きなのに~。
おかげで、周囲の男子からの嫉視もないのが残念だ。
toksa.pngrfgbb.png
しっかし、一話からず~~っと尻や乳を狙ったアングルが多いよなあ。

冬馬邸での合宿が始まり、1曲目のWHITE ALBUMは完成。
そして2曲目に選んだのが、難解なギターソロがあるSOUND OF DESTINY。

uytjff.png
届かない恋キタ━(゚∀゚)━!
武也が渡すシーンは、原作ではなかったよね。
fjmkk.png
湯気邪魔!
qqqqas.png
アップにした髪型可愛いな。

ytghbvfdd.png
『できるよ、北原なら』
『お前の事、かっこいい男にしてやる』
何という殺し文句
そら惚れるわ。

春希のトラベルセットが雪菜に見つかって続く。

今回は、作画が所々気になった…。
崩壊ってほどではなかったけど、今後が不安。

かずさは、柔らかい表情が多すぎな気が
この時点で柔和なかずさを出すのは、ちょっと早すぎではなかろうか。
とは言え、かずさの出番が増えるのはええ事よ。

貴族探偵/麻耶雄嵩 - 2013.10.27 Sun

変換 ~ 069

また一風変わった探偵登場。
主人公は本名不詳の自称「貴族探偵」
貴族と名乗るだけあって、止事無い身分なのは確からしい。
殺人事件に遭遇すると、当人は捜査を使用人らに任せて
自身は美女と歓談したりティータイムに興じたりするだけ。
なので、証拠を揃えるのは使用人、それらを下に推理するのが探偵と、
アームチェアディテクティブかと思わせておいて推理も使用人任せ
本人はガチで事件解決に貢献せず。
まあ貴族探偵に言わせれば、貴族は雑事なんかしない、という事らしい。

五つの短編のうち、一話が執事の山本、二、三話がメイドの田中、四話が運転手の佐藤が推理し、
三つの事件が同時に起きるラストの五話は、三人がそれぞれの事件を担当する。
そして毎回、なーんにもしない貴族探偵は周囲に『コイツ大丈夫か』的な不信の目で見られるのが笑える。
貴族探偵本人は、そういう目を一切意に介さない図太いと言うか無神経というかそんな性格で、
それがより笑いを誘う。

ミステリーとしても、麻耶雄嵩らしいトリッキーさが十分に楽しめるのでは。
色々と伏線が張られ、ラストのヒネリがいい第三話「こうもり」が、個人的には面白かった。

貴族探偵が有能なのか無能なのか、それが一番のミステリー

続編にも期待したい。
あ、美少女メイドの田中さんの出番を増やしてください

「それで、あなたの万人の信頼に足る頭脳はいつ発揮されるのですか。
使用人たちの素晴らしさはよく解りましたが」
「私の頭脳は既に発揮されましたよ。
解りませんか?私の頭脳はそこにいる三人ですよ。
彼らは私の所有物である以上、推理などといった下らないことは、
彼らにやらせておけばいいのです」
「なるほど。確かに貴族探偵ですわね」

貴族探偵 (集英社文庫)貴族探偵 (集英社文庫)
(2013/10/18)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る

宇宙兄弟㉒ - 2013.10.25 Fri

変換 ~ 073

ついに月面天文台建設ミッションCES‐66に任命されたムッタらジョーカーズ。
長かったなあ…。

しかし、実際宇宙に行くのはいつになることやら。
まだヒビトもいるしねえ…。

ゲイツまでいい人化はどうよと思ったけど、
リスクを犯さない、ミスを嫌う、そう言う人物になった理由は納得できるものだったし、
かつての自分を取り戻すエピソードも悪くはなかったから、
ちょっと都合よすぎと思わなくもないけどまあいいか。

ISS存続の最終手段に福田さんの会社が協力、
宇宙服開発の教授の娘、そして久々登場のやっさんと、
まさにジグソーのピースが埋まってくるこの感じ
ラストのやっさんには、ちょっと泣きそうになったわ。

ジョン・アーチャーの『ヤバァイ』に吹いた。
日本語しゃべれるでなんで『ヤバァイ』なんだよ!
この手の些細な笑いが好き。

「面接の時の彼の目が、私には他の誰よりも輝いて見えたので」

宇宙兄弟(22) (モーニングKC)宇宙兄弟(22) (モーニングKC)
(2013/10/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第3話「軽音楽同好会、再結成」  - 2013.10.24 Thu

ggggg.pnghh.png
雪解け!…と思ったけど、
本編でも回想であったっけ。
雪解け自体はアニメではあるのだろうか…。

lkj.pngoiuaa.png
第二音楽室の主が冬馬かずさと知った春希は、かずさを説教同好会に勧誘する。

ygfv.png
かずさの事を雪菜に熱く語る春希
雪菜にかずさの事を熱く語るシーンがなかったな…。

lkh.pnglhf.png
ファーストコンタクト!
雪菜が自分とかざすを見比べるシーンは、「彼の神様、あいつの救世主」にありましたな。
あっちの場合はお互いが、あくまで内心で、だけど。

kiu.png
砂糖入れすぎィ!甘党かずさキター。


eewhh.pngwwsd.png
ytgg.pngllkkj.png
小木曽家訪問。
小木曽母、原作より可愛らしさが増してない
おまけに、ついに名前(秋菜)が付いたw
雪菜の料理ができない見栄っ張り、ほのぼの一家成分、大したことでもないのに家族会議等、
小木曽家の特徴は抑えてる。
何気に、北原家の断絶状態も

写真の、顔が隠れてない子が唯一、中立を守った子か。

しかし展開が急だなあ。
この流れで小木曽家訪問って、なんか意味不明…。

swww.png
『超現実主義者・事前準備・リスク回避・安定志向・非競争主義・いつも静かに笑ってる』
すっごい詳しいですね。いつも寝てるのに。

ghjj.png
『あたしを口説くのは五年早い』
『不倶戴天の敵か生涯の大親友』

来ましたね~、この二つのセリフ。

EDは新曲「さよならのこと」。

それにしても、同好会再結成話なのに、
武也のハブられっぷりに笑う

う~む、やっぱり展開が早いなあ。
原作をカット&再構成は、頑張ってるとは思うんだけど圧縮してるな~と感じてしまう。

かずさの春希に対する好意は、意図的に隠してるみたいね。
ただそのせいで、雪菜の二人に対する意地悪さや茶目っ気がなくなってるのは残念。
あの部分は、結構笑えて好きなんだけど。

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から/似鳥鷄 - 2013.10.22 Tue

変換 ~ 067

喫茶店を経営する兄と元キャリア刑事でパティシエの弟が主人公の、
ミステリー短編集。

ちょっと主人公兄弟が気持ち悪かったな…。
タイトルからして女性向けを意識したっぽいし、
いい歳した男の兄弟愛描写は、正直キモかったわ。
まあ、逆にオタクを意識しただろう葉山くんシリーズの恋愛描写なんかを
女性が読むと、キモイんだろうけど。

あと直ちゃんがウザイ
キャラ立てなのか、『~っス」』って語尾にはイラつかされる。

語り手である兄が捜査する理由もあまり必然性が感じられず、なんだかなあ。

一、二話はう~ん、三話はまあまあ、四話は俺でも真相読めたわ(ドヤ顔)。
話としては四話は悪くなかったけど。

似鳥作品でここまで入り込めなかったのは、デビュー作以来。
まあそれでも、理由あって~は柳瀬さんや伊神さんには魅力があったけど、
この作品はとにかくキャラが好きになれないので、続きが出ても多分買わない

晴れた日は図書館へいこう/緑川聖司 - 2013.10.20 Sun

変換 ~ 068

やわらかい、温かみのある表紙絵に惹かれて購入。
…って、イラストtoi8やん。
気付かなかった…。

本が大好き図書館が大好きな小学五年生の茅野しおりちゃんが主人公の、
図書館を舞台にした日常ミステリー短編集。
児童書でも大人が楽しめる作品も多々あり、本作も十分な出来。

…と言いつつ、物足りなさはあったな。
ひとつひとつの話が短く、ミステリー要素があっさりめなのは、
子供向けということを考えれば当然であって、文句を言う筋合いはないんだけどね。
でも、しおりちゃんの図書館好きや
図書館司書の美弥子さんの図書館に対する思いは上手く伝わったね。
そう、読み終えて思ったのは、重視しているのはミステリーよりもしろその点にあるっぽいと言う事。
話によっては、全然ミステリーしてないし。

謎解き役がしおりちゃんだったりお母さんだったり美弥子さんだったり安川くんだったりと、
コロコロ変わるのは意外でいい。

作中で登場する本のタイトルの略(?)が、
私のようなヲタクにはエロゲやラノベを連想させられて、ちょっと笑ってしまった。

主人公のしおりちゃんは、図書館が好きと言っても文学少女っぽさはなく、
明るく快活で能動的な好感の持てるキャラクター。
可愛いけどあくまで見守りたいと思っただけなので、断じて私はロリコンぢゃない

正直、それなりに楽しめたとは言え好みからはビミョーに外れた作品なので、
続きは買わないかも。
2巻の表紙もいいんだけどね。美弥子さん美人だなあ。

「言葉はわたしたちの、剣であり、盾であり、食事であり、恋人である。
言葉は時に、剣を防ぎ、盾を壊し、食事を隠し、恋人を奪う。
あなたが言葉の海に漕ぎ出すときには、言葉は船にもなるだろう。
あなたが言葉の空に飛び出す時には、言葉は羽にもなるだろう。
そして、いつかあなたが新しい世界に旅立つなら、
言葉の川を言葉の橋で渡り、
言葉でつくられた扉を、言葉の鍵で開けるだろう」

晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)
(2013/07/05)
緑川聖司

商品詳細を見る

オールラウンダー廻⑫&極黒のブリュンヒルデ⑥ - 2013.10.17 Thu

変換 ~ 050

オールラウンダー廻⑫/遠藤浩輝
被災地ボランティア&温泉&現地でのグラップリング大会。

被災地エピソード描く人って、実際にボランティアやってたり
そこまではいかずとも取材はしてるのかねえ?
ちょっと気になった。

メグルがイクからイク(ボランティアにね!)とか、温泉回お約束のばったりとか
徐々にデレてくるマキちゃんが可愛いですな。
しかしながら、ライバル(?)の巨乳さんも、マキちゃんにはない女性らしさがいいよね。
それにしても、温泉なのにしっかり隠してやがるな~。
EDENの時は、しっかり描いてたような気がするんだけど。
何気にマキちゃんも巨乳さんも、背筋が結構ゴツイのはさすが。
あと、まりあさんのイジリっぷり好き(笑)。

グラップリングは、メグル・タカシ・マキちゃん。
ストライカーのタカシはレスラー相手に一本勝ち、
メグルはアマ修斗東北代表相手に引き分け。
マキちゃんは西アフリカの留学生を相手に、初の一本勝ち。
マキちゃんの試合が一番面白かった。

グラップリングの試合ってあんまり見たことないんだけど、
実際あんなに動き回るもんなのかな
エキシビションなんかだと、動き回るけど。

「ちょ、ちょっとマキちゃん?どうしたの?
そんな急に諦めモードになったらダメ!!
私がつまらないじゃない!?」
「……てめーは人をネタにしすぎなんだよ」

極黒のブリュンヒルデ⑥/岡本倫
予知合戦はややこしい…。
と言うか、未来に干渉できる時点で本来無敵だよな。
まあややこしい理屈は置いといて、カズミが可愛いってことでいいか(いいんかい)。
いじらしすぎるわカズミ。
ミスリードのために、わざとダークサイドっぽく描かれた時はどうなることかと。

海でのナンパ男への態度に吹いた
今回のような海の話は、魔女たちに救いになっていいな。

九の部下の茶髪(名前あったっけ?)、作戦失敗の責任で処刑。いい奴だったのになー。
わざわざ車の中で殺す意味がわからんが。

そしてついに最強のヴァルキュリア急襲。
防御・制圧系のA及びAAの魔女七人をゴミのよーに殺害
山一つを吹っ飛ばすとんでもない能力の持ち主。
性格も、自己中心的でエキセントリック。


このタイミングでアニメ化って、
放映はいつになるか知らんけど、
めっちゃ中途半端になりそう…。

「私は村上のことが好きや。
あんたがハッキリせぇへんのやったら、
これから遠慮せんとガンガン行くで」
「聞きましたか!?
すごいです!!恋の宣戦布告です!!憧れます!!
絵日記に書かなきゃ!!」
「………」

オールラウンダー廻(12) (イブニングKC)オールラウンダー廻(12) (イブニングKC)
(2013/09/20)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る

極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/09/19)
岡本 倫

商品詳細を見る

私たちが少女と呼ばれていた頃/石持浅海 - 2013.10.17 Thu

変換 ~ 047

石持浅海の小説読むのは、久しぶりだな。
その久しぶりの石持作品は、碓井優佳シリーズの前日譚とも言うべき、
優佳の高校時代の話。
過去三作は犯人視点で語られる長編の倒叙式ミステリーだったのが、
本作は優佳の「親友」の小春が語り手の、日常の謎の短編集。
表紙絵も、劇画調から可愛らしい漫画チックな絵柄で、
各短編の扉絵にもイラストがついている。

高校入学から卒業までの七つの短編で、
全部30P程の短さの割に、日常描写から謎解きまで、上手くまとまっている。

いずれも小春が優佳を、如何に明敏か如何に友達思いか、
友人知人に絡んだ謎を解くその姿を褒め称え、
そして最後に優佳の本性を見抜いてしまう、と言う内容。
なので、過去作ほど優佳の歪んだ性格や犯人から見た優佳の不気味さが
見られないのは、ちと物足りず。

しかし、私から見ると優佳はちゃんと恋してるんじゃないかと思うんですが。
コレと一作目だけだと、演じているとか表情を選んでいるとか言われると、
ちょっと可哀想な気が。
他人の恋愛に関しては敏感だし。

小春の考える「友情」と「エチケット」の区別は、妄想じゃねーのと思ったけど、
「出来ることをしなかった」事からの推測なんだろうね。
しかし小春は、「そういう人間」である優佳を、
諭す気は全然ないのが地味にひどくないっすか。
三年も付き合ったのに…。

あ、ビジュアル的にはサッサとひなさまが好きです。
ツリ目気味でちょっと小悪魔っぽい表情のサッサと、
三つ編みメガネクールビューティー文学少女のひなさまは、甲乙つけがたし。

わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)
(2013/05/16)
石持 浅海

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2 第2話「隣り合わせのピアノとギター」 - 2013.10.15 Tue

OPの「届かない恋’13」は、曲名がダサいな…。
原曲に比べると、このロック調はイマイチだな~。
アニメVer.なんだろうけど、イントロが短いのが非常に残念。

屋上で雪菜の歌を聴き同好会に勧誘するも、
loi.png
『ごめんなさい』されてしまう春希。

jhgg.pngiiuu.png
こちらは徹底して顔出しNGですな~。
rrr.pnguuuu.png
BIG!

だがしかし、雪菜のバイト先へ押しかけ、「弱み」につけこもうとする。
fff.pngbnv.png
sds.pngjjjj.png
レンズが曇ってると、確かに気づかんなw
しかしメガネ&三つ編みバージョンも可愛い。
ズリ下がってるのはちょっと萌え。

そして雪菜は、自分の境遇を話し、
本当の自分を知ってもらおうと春希をとある場所へ誘う。
jjl.pngeew.png
サービスシーン的な思惑は確かにあるんだろうけど、
純粋に「男の子を意識しておめかしする」シーンでもあるので、
エロさは全く感じなかったな。
と言うか、アニメだと(アニメあんまり見ないけど)意外と珍しいんじゃないかな。
ここは原作にはないけど、女の子らしいいいシーンだね。
下着まで替えたらどうしようと思った
むしろ、
uuuh.pngjyt.png
やたらと多いローアングルの方がエロい。

誘った先はカラオケ。
ffg.pngrty.png
フリ付きだったのかYO!ノリノリじゃないですか雪菜さん。
bbg.pngoiu.png
ドンちょっとだけ引く春希。

小ネタ色々。
hyy.pngser.png
キスシーン目撃とか飛行機を見送るとか…。
おまけに歌った歌が「悪女」w
キャプチャhds.png
緒方理奈特集とか。
oug.pngpp.png
「WHITE ALBUM」の画面が原作のオープニング画面
『あなたに知られてしまったから…』はやっぱ(・∀・)イイ!

雪菜の勧誘に成功し、ちょっとだけ光明が見えたけいおん!楽同好会。
そしてついに、窓から侵入と言うわけわからんやり方で第二音楽室の主とのご対面。
uuu.pngssf.png
closingかよ!!
これは意表つかれたわ…。
だから公式ではいつまでたってもED曲公表してなかったのか。

一話以上にスピーディーだったな。
「間」があんまりないのと春希のモノローグがカットされてるからか、
心理描写の面でイマイチ雑に感じるのよね。
まあでも許容範囲ではある。

やっぱり雪菜に比べて、かずさのキャラデザは…う~む…。

今回も、いい所もあれば悪い所もある。
悪い所も然程気にはならないので、この調子で頑張ってくださいませ。
この水準を維持できるなら、BDお布施に購入しますぜ。

実は私は③&3月のライオン⑨ - 2013.10.14 Mon

変換 ~ 053

実は私は③/増田英二
みかんプッシュかと思いきや委員長爆age巻だったでござる。
ラストの委員長可愛すぎやないかい!

表紙が獅穂なこともあり、獅穂の出番多かったね。
痴女設定と主人公とのフラグが立たないコメディ担当という事もあって、
ギャグ方面で話を盛り上げるには最適。
堅物委員長とのやり取りは面白い。
しかし痴女の割にエロスは感じない。チャンピオンはガードカテェわ…。
獅狼との主導権の握り合いで、ミギーかと思いきや股間が喋って笑った
あんな寄生生物はいなかったなあ。

みかんはメガネがない方が可愛いよなー。
性格の方も可愛くなってるし。
朝陽にもらったメガネとか、クソッ、萌えるじゃねーか…!
一巻の外道クイーンは、失敗だったんじゃなかろうか…。
ルックスも性格もアレは魅力皆無だったもんなあ。

そして委員長はやっぱり最高である
福の神見習いのフクちゃんよくやった!GJ!(GJ?ではない!)

女性型の外部ユニットを使う委員長兄は、その状態でセックスしたらどうなるんだろうとふと思った。

あ、白神さんも可愛かったよ?
プールのシーンにはニヤニヤしてしまった。
後ろ姿で恥ずかしがってるトコなんか、いいよねー。
朝陽と白神さんの組み合わせだと、しっかり青春になるよね。

「んー…そうだ藍澤サン」
「む?」
「ほら、サッカーとかで試合終わったらユニフォーム交換するでしょ?」
「ふむ」
「それを参考にさ、アタシたちも友情の証に」
「ほほう!!」
「……パンツ交換しよっか!!」
「何を言っとるんだキサマは」

3月のライオン⑨/羽海野チカ
とりあえず、いじめ問題は今回で終了かね。
あんまり好きじゃなかったから、ホント長く感じたわ。

いつもながら全編にわたって綴られる心理描写は、ホント上手い。
そしていつもながらストーリー的には感想書きづらい
内面描写が多くて、一話一話ストーリーが完成されて、
それでいて繋がってるからムズイのよね…。

宗谷vs土橋の名人戦で、松永さん再登場に吹いた
再登場あるとは思わんかったわ。

土橋所見では引きこもりというかコミュ障っぽい不気味さを感じ、
両親の思いがそれに拍車をかけたけど、
名人戦後の意外な明朗さにはやられた。
いい奴じゃないの。
名人位よりお嫁さん探しの方が困難なラストには笑った。

死神のエピソードは、なんか意味不明というかなんかよくわからんタイミングで語られて、
ぶっちゃけどうでもよかったな。

ひなの頑張りや高橋君とのお別れには、ちょっとジーンときた。
ボブカットは吹いたけど。

しかし零どんだけ人畜無害やねん。

「前回の続きができるかもな。零」
「はい。お父さん」

実は私は(3) (少年チャンピオン・コミックス)実は私は(3) (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/10/08)
増田 英二

商品詳細を見る

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)
(2013/09/27)
羽海野チカ

商品詳細を見る

シュークリーム・パニック 生チョコレート/倉知淳 - 2013.10.14 Mon

変換 ~ 047

あま~~~~~~い!!(スピードワゴン井戸田風に)

冷蔵庫が空になるまで仕事をしない」倉知淳の新作は、三話収録の短編集。
全体的にミステリーとしては弱かったものの、
内容そのものは楽しめた。

第一話現金強奪作戦!(但し現地集合)
借金を重ね追い詰められた青年・佐藤(仮)は、
競馬場で怪しげな風貌の男・桜田と出会い、現地集合の銀行強盗を持ちかけられ――
と言うサスペンスチックなお話。
さりげない伏線、最後のどんでん返しとループっぽいオチがいい。

第二話強運の男
とあるバーでグラスを傾けていた「私」が、
紳士然とした男にギャンブルを持ちかけられ、
軽い気持ちで承諾する。
運不運の要素しかないギャンブルで、「私」は連戦連勝を重ねていく。
世にも奇妙な物語にありそうだな~
あの後が気になって仕方ない。

第三話夏の終わりと僕らの影と
’80年前後と思しき時代、8ミリによる自主制作映画を撮影する高校生の主人公・夏彦。
そのラストシーンを撮り終えた直後、ヒロイン役の百合川京子が消失してしまう。
ラストの爽やかさと甘酸っぱさが心地良い、青春恋愛ミステリー。
オチにケーキを持ってきた所がまた甘い。
積み重ねた論理(ロジック)…ではなく、
夏彦の想いが引掛けにかからなかったと言うのが良かったね。

なんか、今更ながらに表紙のせいで買うのが恥ずかしかった(笑)。
表紙の女の子って誰なんだろ?
8ミリ持ってるからには夏の終わりと~の三人の内の誰かなんだろうけど、
百合川は黒髪ロング、新田香澄は巨乳、乾深雪はメガネっ娘と、
誰とも被ってないと言う。う~む。

しかし、「ほっこり」って最近流行ってるのかねえ。

面白かったとは言え、840円という値段は費用対効果を考えると微妙かも。
ファンでも少々物足りなく感じる。

シュークリーム・パニック ―生チョコレート― (講談社ノベルス)シュークリーム・パニック ―生チョコレート― (講談社ノベルス)
(2013/10/08)
倉知 淳

商品詳細を見る

キーパーズ 碧山動物園日誌/美奈川護 - 2013.10.13 Sun

変換 ~ 052

前作ドラフィル!がとても気に入った作品だったので、
新作も期待してたんだけど、ちょっと期待値上げすぎたかな…。

ドラフィルシリーズ同様、主人公たちに関わる人々の苦悩を解決していきながら、
自分たち自身に立ちふさがる悩みに正面から見据えていくパターン。
面白くはあったけど、主人公・晴樹の想いやヒロイン・理央の苦しみが、
上手く伝わってこなかったのよね。特に後者。
あ、あと春樹だけ「ハル」と言うニックネームが付いてたのは、ちょっと気持ち悪かったな…。
この辺、ラノベっぽくてダメだわ。

飼育員の日常や動物の生態、動物園の役割といった部分は、
コミカルにしつつも中々興味深く読めた。
お仕事モノはディテールが大事だから、このあたり美奈川護の力量は安定してるね。

動物の言葉がわかる不思議ちゃんこと理央の、
その能力が飼育員たちの問題解決に直接役に立つわけじゃないと言う
構成は良かったと思う。
漫画的な能力だからこそ、それでお悩み解決じゃお話として軽すぎるからねえ。

↑で晴樹の想いが上手く伝わってこなかったと書いたけど、
自分が彼女を想い続けた意味は確かにあったのだ」の一文にはグッときた。

ラストのタイガの描写は、叙情的でとても美しかった

「俺は信じるよ…。
君はユキノファルコンの声も、マーヤーやジョージの声も聞いた。
君は彼らのことを、確かに愛していた。それで十分だ」

キーパーズ 碧山動物園日誌 (メディアワークス文庫)キーパーズ 碧山動物園日誌 (メディアワークス文庫)
(2013/08/24)
美奈川護

商品詳細を見る

ライオンの棲む街/東川篤哉 - 2013.10.13 Sun

変換 ~ 049

東川作品で 一 番 つ ま ら な か っ た 。
デビュー当時からのファンで、既刊全部購読してたけど、
ここまでつまらなかったのは初めてですよ…。

女探偵コンビに全く魅力がないのが辛い。
『辛いです…』と新井さんが言いたくなるくらい辛い(作者の好きなカープネタ)。
人を選ぶ東川ギャグが大好きな私でも、とにかく薄ら寒くて仕方ない。
キャラ同士の掛け合いが、まるで面白くないのよね…。

語り手でボケ役の美伽のボケがあまりにも弱い。弱すぎる。
エルザの男勝りのキャラも、ライオンと称す程のパワフルさは感じられない。
ぶっちゃけ、女コンビと言う必然性がこれと言ってなくね?
これなら烏賊川市シリーズでいいじゃん。

ミステリー色が薄いのは、この人の短編ではもうデフォなので、
そこは期待してなかったからまあこんなもんかと。

やっぱりギャグとミステリーがうまく噛み合ってないと、この作者は面白くないね。

いい加減、短編ばっかり書き散らしてないで、
本腰入れて長編書いてくれ…。
最後の長編が09年の「ここに死体を捨てないでください!」じゃねーか。
翌年の「謎解きはディナーのあとで」でブレイク以降、微妙な短編ばっかりで、
流石にウンザリ気味な今日この頃。
ブレイクしたおかげでいつ消えるかの心配をしないでよくなったのは
ファンとしては嬉しいけど、つまらなくなったら結局ファンを辞める事になるので、
大して状況は変わらんという…。

あ、コレ「1」って表記されてるけど、続編買わねえ

ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~ (平塚おんな探偵の事件簿 1)ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~ (平塚おんな探偵の事件簿 1)
(2013/08/09)
東川篤哉

商品詳細を見る

たいようのいえ⑨&ちはやふる㉒ - 2013.10.13 Sun

変換 ~ 047

たいようのいえ⑨/タアモ
大樹ついに参戦!

大樹もいい奴なんだが、このまんがでドロドロはあんまり見たくね~
キスまでしておいて、もう一歩を踏み出さない基も悪いんだけどね。
基には基なりの考えがあるとは言え。

一方杉本さん不憫
少女漫画のフラレた娘の描写には、いっつも切なさを感じてしまうわ。

あー、それにしても真魚は可愛いのう。
基の一挙手一投足にいちいち顔を赤らめる姿には、ガチで萌える。
徐々に実家との距離も縮まりつつあるし、報われて欲しいもんだ。

こんなに早くちーちゃんと織田君がくっついたのは、ちょっと意外。
でも、脇役同士でムダの話を広げなかったのはいいと思う。
この二人も、ホントいい子だわ。
私の汚れた心が洗われるよう

陽菜も、ようやく本音が出たか。
う~む、これは読めん。

「どんな時でも中村さんを探してしまって、
忘れる日がくるなんて想像できません」
「………」
「だって、いつも一緒にいるんです。
会社に行けば毎日毎日、中村さんはいつもの場所にいるんです」

ちはやふる㉒/末次由紀
ここ数巻テンションが下がってたけど、今回は面白かった。
新派だけど原田先生を応援してしまう。
それくらい、新vs原田先生がアツイ!
ベテランならではの駆け引きやセコい盤外戦術がスゲーいいのよ。
これでこそ原田先生。
二戦目を棄権で捨てたり既に祝杯のことを考えたりとか最高ですよ。
若き日をイケメン化させたのは最低だけどな。
いいじゃないのフツメンでもさ~。

しかし周防名人本気か
まあそっち方面では千早の眼中にないだろうが…。

たいようのいえ(9) (デザートコミックス)たいようのいえ(9) (デザートコミックス)
(2013/09/13)
タアモ

商品詳細を見る

ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)
(2013/09/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

WHITE ALBUM2  第1話『WHITE ALBUM 』 - 2013.10.09 Wed

さあWHITE ALBUM2の時間がやってまいりましたよ

変換 ~ hgd
変換 ~ dvg変換 ~ hnju
プロローグは学園祭ライブ。
『静まれよ、俺の心臓…!』とさっそくポエムを宣う春希さん
『三人が本当に三人でいられた最後の瞬間』に(泣)。

変換 ~ hhh
千晶!
他にも、曜子さんや朋や雪菜母&孝宏がちらほら。

アバンが回想で、Aパートは朋のサークルクラッシュ~雪菜のミスコン勧誘&春希の(ウザイ)お説教の流れ。

変換 ~ kyt変換 ~ frt
vf.png変換 ~ nm
雪菜めっちゃ可愛いんですけど。
かずさのキャラデザはどうもイマイチなのよね…。
変換 ~ ,kj
狸寝入りする忠犬
泣ける…。
変換 ~ lkh
依緒可愛いな。
変換 ~ bhff
親志モミアゲ剃れ
変換 ~ gfd
Bパートで雪菜との交流。(見えそうな画像を選んだのは特に意味はありません)
変換 ~ aqw
ゴミはゴミ箱へ。
変換 ~ ffh
〆はサブタイトル通り雪菜の「WHITE ALBUM」。
一人ライブは一人ビールかけよりはマシ

流れはそのものはほぼ原作通りで、微妙に改変してる。
雪菜がミスコン辞退をあっさり翻意する所を、
アニメでは答えを少し引き伸ばしてるけど、
こっちのほうがいいな。
その分、春希のウザさがパワーアップしてる印象があるので、
初見の人のイメージが心配…。

かずさの姿をあえて見せないのは上手い

流石に原作ライターの丸戸さんが脚本を手がけているので、
シナリオは原作に沿った丁寧な作りで、話そのものは期待できそう。
作画も、現時点では文句なし。
これは毎週楽しみだわ。

来週は『あなたに全部知られてしまったから…』が聞ける…かな?
かずさ派だけど、この頃の雪菜可愛くて好きやで。

小ネタ
変換 ~ fre
丸戸さんアンタ何してはるの

キン肉マン㊹&十 忍法魔界転生③ - 2013.10.05 Sat

変換 ~ 051

キン肉マン㊹/ゆでたまご
無量大数軍で1、2を争うくらい気に入っていたグリムリパーだけど、
パッとしなかったな~。
思ったほど曲者っぽさがなくて、拍子抜け。
サンダーサーベルは『おっ』って反応した。
アレ秘奥義かよ。

バッファローマンはせっかく角伸ばしたんだから、デビルシャークやれや。

ようやく登場ウォーズマン!
ウォーズマンvsポーラマン開戦!
かと思ったらロビンvsネメシス!
なんでやねん!

セカンドステージはやや盛り上がりに欠ける中、
この試合は間違いなくベストバウト
お互い多彩な技の持ち主で、一進一退の攻防を繰り広げる。
そんな中でネメシスとわかり合おうとするロビンが熱すぎる
スグルとの因縁のくだりや友情パワー、涙するスグルが泣ける。
所々ロビンの体が光るのは大渦パワー

ネメシスドライバーは、正面から見ると間抜けな技だ。
相手の顎に全体重がかかるから、普通に考えればキン肉ダライバーより殺傷力は上だよね。
見た目は人喰い義生のキャノンドライバーの方がいいけど。
バトルシップ・シンクは、逆さ押さえ込み風パワーボムな感じ。
角度がエグいから、説得力十分。
ネックパンプアップはシュールもいいとこ
あと、スカルクラッシュみたいな技出してた。
ビッグベンエッジの原型技を出すのはいいけど、
わざわざ「暫定」って付ける必要あるんかい。アホっぽいぞ。

「カッコイイのう、ロビンってやつは!」
「王子!」
「私がデビューしてからずっと憧れてきたロビンマスクが、
あんな血まみれの殴り合いを、
しかも私みたいなブ男になりかわりたいなどと…似合わぬことを言いおって!」
「ハイ、最高にカッコイイです!」

十 忍法魔界転生③/せがわまさき
紀州大納言を取り込む宗意軒。
しかしながらその目的は徳川に仇なす事。
そして宗意軒は、柳生十兵衛を仲間にすべく、
フランチェスカお蝶を送り込む。

本格開戦はまだだけど、今のところY十Mのような間延び感はなく、
徐々に面白くなってきていい感じ。
主人公もようやく登場したことだし
十兵衛の、飄々とした性格は好きだわ。
茶目っ気があるのもいいよね。

新キャラ三人娘がまた私好み
十兵衛にラブラブで可愛いじゃないの。
三人とも、キリッとした目つきがイイ。
特にポニーテールで太めの眉のお雛は俺の嫁。
あんなボケジジイの慰み者になったら泣くよぼかぁ。

面白くなってきたとは言ったものの、
あんまり話進んでないよね…。

如雲斎の転生もまだだし、
4巻でも開戦しないかな。

「これはやっぱり、おれに気があったのだな!
女忍者とて、惚れっ気はあろうが!!」
「…………」

キン肉マン 44 (ジャンプコミックス)キン肉マン 44 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
ゆでたまご

商品詳細を見る

十 ~忍法魔界転生~(3) (ヤングマガジンコミックス)十 ~忍法魔界転生~(3) (ヤングマガジンコミックス)
(2013/10/04)
せがわ まさき

商品詳細を見る

地獄でなぜ悪い 4・5点 - 2013.10.03 Thu

変換 ~ 049
ヤクザの組長・武藤は獄中にいる妻・しずえの夢を叶えるために、
本業そっちのけで娘・ミツコを主演にした映画の製作を画策している。
面会の度にしずえに対して、撮影は順調に進んでいると場を取り繕う武藤。
しかし、肝心のミツコは男と逃亡中、そして、しずえの出所まではあと9日しかない。
金に糸目をつけず、片っ端から撮影機材のレンタルをしながら、
なんとか娘の身柄を確保した武藤は、ミツコから(実はすべて嘘なのだが)
映画監督と紹介された駆け落ち男・公次を監督に抜擢し、本格的に撮影準備を始める。
映画監督として騙しながら映画を撮影しないと殺される公次は、
右も左もわからぬまま、オールヤクザのスタッフの質問攻めに対応していくが、
限界に達しその場を逃げ出してしまう。
簡単に追っ手の組員に捕まってしまう公次であったが、そこに奇跡のような助っ人が現れる。
それは「いつか一世一代の映画を撮りたい」と、
少年期から映画監督を夢見る平田であった。
映画の神様は自分を見捨てていなかったと、満を持して撮影内容の段取りを始める平田は、
武藤と敵対するヤクザ組織の組長であり、
過去の衝撃的な出会いからミツコに異様な愛情を抱く池上に協力を要請する。
かくして、ホンモノのヤクザ抗争を舞台にした、
スタッフ・キャストすべて命懸けの映画が、電光石火のごとくクランクインしようとしていた…(公式より)

ネタバレ有り

園子温作品は初鑑賞

前半は、共感できるキャラが全然いなくて
イマイチ入り込めなかった。
特に平田のキチガイっぷりがヒドイ。

武藤が自分たちで映画を撮影すると言いだしてからの、
ハチャメチャで怒涛の展開はクソ笑った。
平田のキチガイさも、撮影が始まると逆に強烈な個性になって面白い。

いざ武藤組vs池上組の抗争&撮影が始まると、
首は飛ぶわ手足は飛ぶわ血の海だわで
めちゃくちゃ笑えた。
首や手足はモロ作り物感丸出しなので、
グロさもなくお子様にもオススメ(PG12)。

頭に日本刀串刺しの公次や、殺陣で見栄切りまくりのミツコ、
何故かマシンガン乱射しまくるカメラマンカップルもいい。
下っ端ヤクザの面々も、それぞれ個性があって面白かった。
殺し合いの真っ只中で、ちゃんと撮影班(ヤクザ)や録音班(ヤクザ)や照明班(ヤクザ)が
仕事する図
がシュールで笑う。

無表情に包丁を振りかざす友近が、一番良かったなあ。
それに次いで良かったのは、武藤役の國村隼。
流石に存在感では抜きん出ていた。

堤は顔芸しすぎだったかな。
園の嫁は噂通りの大根で吹いた

しかし、しずえのための映画作りなのに、
終盤どうでも良くなってたというか…(笑)。

子役の女の子が可愛かったな~。
…ロ、ロリコンなんかじゃないんだからねっ。


全力歯ギシリLet's Go~!

 - 2013.10.01 Tue

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131001-1198181.html

最☆下☆位☆脱☆出☆

ついでに中日も負けて、これで3連勝すれば4位あるで。
スパイス和田はもっと早く4番鳥谷を諦めておけば良かったものを。
それにしてもセカンド山崎には笑ったw
守備も見たかったw

しかし、10月まで順位争いできるなんて…。

そしてひっそりと戦力外通告第一弾。
http://www.baystars.co.jp/news/2013/10/1001_03.php
http://www.baystars.co.jp/news/2013/09/0930_02.php

小池は解雇とは思っていたけど、引退かあ。
モーガン加入多村出戻り井出まさかの覚醒(ほんの一時期松本も)等があって、
出番なかったよねえ。
牛島時代のホームラン20本&最多犠打がキャリアハイか。
移籍して現役続行かと思ったけど、あっさり引退で意外。

篠原は尾花が連れてきたときはさすがに終わった選手と思って期待してなかったけど、
去年一昨年はよく投げてくれたわ。
左が少ないだけに残念。

2人ともお疲れ様でした。

http://www.baystars.co.jp/news/2013/10/1001_04.php

高木のとっつぁんもかよ
2軍打撃コーチには他に今年から大村がいるし、
年齢が理由で退職orフロント入りってことなら納得だけど、
おかしなフロントの意向だったら最悪。

中根の兄貴も、横浜移籍後はこのチーム一筋なんだよなあ。
ひょっとして小池が後釜だったりするのかな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (301)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (207)
アニメ (105)
雑記 (162)
野球 (77)
ゲーム (25)
ドラマ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード