A D M I N
topimage

2013-08

やさしいセカイのつくりかた④/竹葉久美子 - 2013.08.28 Wed

変換 ~ 047

表紙が最終巻ぽくってビビッた

朝永と百合音ちゃんガチでヤってたんかい
そしてそれをきっかけに百合音ちゃん脱落。早ぇよ。
まあ三角関係とかでグダグダになるよりはいいか。
しかし、髪切った百合音ちゃんとハルカそっくりね。
描き訳ができてないとか言っちゃダメ!(カナ@バーサスアース風)

居場所のない冬子は、恋心を抱く小野田先生の家に強引に転がり込む。
小野田先生、ちゃんと先生として大人として冬子に接しててホッとする。
今後の展開はどうなるかわからないけど、現状ではこの距離感がいいわ。

香代が初恋して失恋した
うーん、切ないねえ。
相手がロリコン侍っつーのがなんとも。
いや、まあTシャツ関係なくいい奴だけど。
しかし、純粋な表情の香代は可愛いわ。
ウィッグ付けた香代って、葵そっくりね。
描き訳が(ry

葵と言えば、『本当は大好きなんだぞ♡』が似合わなくて笑う
作中では、一番可愛らしいタイプなのに…。
ううむ、しかしこの誤解は…。
それにしても、冬子といいハルカといい、自分の問題といい、
一番大変な立ち位置だよね。

そして、ハルカの出番が少なくて泣く

次巻はいつよ。
今回は掲載誌移籍とかあったから、遅かったようだが。
ここ最近読み出した漫画の中でもかなり好きな作品なので、
刊行ペース早めてね。

「あたし、レオンのことが好きみたいっ!!」

やさしいセカイのつくりかた (4) (電撃コミックス)やさしいセカイのつくりかた (4) (電撃コミックス)
(2013/08/27)
竹葉久美子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ホワイトハウス・ダウン 4・5点 - 2013.08.28 Wed

変換 ~ 054

議会警察官のジョン・ケイルは、ジェームズ・ソイヤー大統領の
シークレットサービスの面接で不採用となる。
幼い娘をがっかりさせたくないと、娘と共にホワイトハウスの見学ツアーに参加したが、
謎の武装集団がホワイトハウスを占拠する。
今や合衆国政府は大混乱状態に陥り、時間切れ寸前。
大統領と自分の娘、そしてアメリカ合衆国の運命はケイルに託された!
(公式より)

ネタバレ上等。

同時期公開のホワイトハウス襲撃モノなだけにどうしても比べてしまうけど、
作風的には、エンド・オブ・ホワイトハウスよりこっちのほうが好き
エンド・オブ~の方がシリアスな分緊張感があり、戦闘シーンの迫力もあって面白かったけど、
こっちのコメディタッチなノリはより私好み

エンド・オブ~の大統領役のアーロン・エッカートに比べると、
ジェイミー・フォックスは全然大統領っぽく見えなかった(笑。
でも、主人公ジョンの娘エミリーが人質の取られて脅された時、
毅然とした態度で突っぱね、『何百万の命がかかってる。わかるね?』と
エミリーを諭したシーン
がめっちゃよかった。
大抵、ああいうシーンは脅しに屈するのが相場なだけに、
あこがれの大統領の言葉に頷くエミリーの姿と共に、印象深い。

それと、大統領を必要以上に無茶させなかったのも、まあまあ現実的でよかった。
バディムービーだからと言って、大統領をアクションで活躍させすぎるのは流石にねえ。
いや、まあロケットランチャーぶっぱなしたりとか、やることやってるけど。

チャニング・テイタムは、やっぱり動きがいいね。
そしてそれと同時に、初期のダイ・ハードっぽく、
ボロボロになりながら戦うのがいい。
主人公無双も悪くないんだけど、
こっちは主人公の経歴からして無双したらおかしいし、
上手くバランスが取れてたんじゃないかな。

エミリーちょっと動きすぎじゃね?と思ったけど、
彼女の活躍が大きかったからまあアリか。
ただ、エミリーのアップした動画をTV流すマスコミが、
エミリーの名前まで流すとか酷過ぎ

エミリーの冒頭の「旗振り」が、まさか伏線だったとわ。

ツアーガイドはオイシイ役どころ
最初、どこで死ぬのかと思った。
最後は銃持ってて笑った。

ジェームズ・ウッズすごい久々に見た
すっかりおじいちゃんだなあ。

エメリッヒの大作映画の割に、CGがショボくてガッカリ
色んなシーンでCG丸分かりだった…。

犯人グループの動機がバラバラだったのも、意外性があって面白かった。
金が目的、意趣返し、息子のため、軍産複合体等。

風景を見る犬/樋口有介 - 2013.08.25 Sun

変換 ~ 050

近年、作者が移住した沖縄が舞台の、作者お得意の青春ミステリー。
妙に大人びたと言うか老成したと言うか達観したと言うか、
そんな感じの高校生が主人公と言う、いつもの樋口作品
そしてこれまたいつもの様に、キャラ同士のノリのいい掛け合いが楽しい。
特に、知的なようで天然ぽさもあり、いろんな意味で無頓着な柑奈とのやりとりがいい。

旧赤線街の売春宿を経営する母親を持つ、主人公・香太郎。
それまでのんびりと暮らしてきた香太郎だが、
他の売春宿の女主人とアルバイト仲間の朋実が殺され、
前後して店に新たな売春婦の美女柑奈と、
朋実の妹のメガネっ娘がやって来て、
幼馴染の美少女は海兵とトラブって沖縄を出ようとする等、色々な出来事が相次ぎ、
それでもやっぱりマイペースに過ごしていくと言う、なんともつかみどころのない話。

だからつまらないかと言うと、そうでもない。
いつもと違うのは主人公とヒロインが探偵ごっこをするわけじゃないって事。
街の顔役で詮索好きな母親と考察好きな柑奈、
そして刑事の反町さんらとディスカッションが推理パート。
帯の本文抜粋部分が伏線なんだよな…。

ヒロインは柑奈と幼馴染の彩南のどちらだろうと思ったら、
中盤から登場したメガネっ娘にかっさらわれたでござる。
青春ミステリーとしての前作、窓の外は向日葵の畑に続いてのメガネっ娘ヒロイン。
ちょっと気の強い後輩メガネっ娘って、結構好物で俺得

とりあえず、安定した面白さで、ファンなら問題なく楽しめるのでは。
それにしても、沖縄のディスり具合に笑う

「呉屋さん、今の人、だれですか」
「おまえの姪」
「う、う、う」
「分かった、冗談だ」
「奇麗な人」
「おまえだって遠くから見れば、似たようなもんさ」
「う、う」
「分かった、分かった。サングラス、買うか。
もうすぐ誕生日だから、プレゼントしてやる」
「メガネの上からサングラスはできません」
「重ね掛けするとユニークだぞ」
「どうして、どうして、いつもいつも、わたしをからかうんですか」
「おれが子供のせいかな」
「はい?」
「子供ってさ、好きな女子はからかって、気持ちを伝えようとするじゃないか」

風景を見る犬風景を見る犬
(2013/08/05)
樋口 有介

商品詳細を見る

修羅の門第弐門⑩&ヒストリエ⑧ - 2013.08.24 Sat

変換 ~ 052

修羅の門第弐門⑩/川原正敏
何かもう買わなくていいかな

心理描写の少なさが闘いのアツさを削いでいるとしか。
どいつもこいつも余裕ぶっこいた表情ばっかりってのも、ワンパターン。
まあそれはいつもの川原作品か。

vs現代MMAとしては、宮本戦よりはさすがに悪くなかったけど、
結局今更なマウントの攻防だしなあ。
まあ、この漫画で現実に沿わせる必要はないから、この批判は的外れかも。

神威の中途半端な使い方にも、萎えた。
不破の秘技なんだから、ホントにここぞという時に出して欲しかった。

それにしても、ボルトageの為に皇帝sageが酷すぎて笑う
皇帝とはなんだったのか。

ヒストリエ⑧/岩明均
何年ぶりの新刊よ
奥付見たら、去年は半分しか掲載されてねえ。
ディアドコイどころか、フィリッポスが死ぬのすら数年後になるなこりゃ。
でも、面白いから腹が立つ。く、くやしい…でも(ry

ビザンティオン&ペリントス攻略戦のさなか、
マケドニア艦隊敗北の報が伝わる。
アテネ艦隊の司令官は弁論家・政治家・軍人として令名高いフォーキオン。
物静かな学者といった風情の、齢60になる老将の姿がまた渋い

海戦では、機動力を活かしてマケドニア艦隊を翻弄、制海権を握り、
またペルシアを動かし陸地にもギリシア人傭兵部隊を投入させ、
マケドニアに完勝。
ちなみに、ギリシア人部隊の指揮官は懐かしのメムノン
フィリッポスの口ぶりだと、相当優秀そう。
見開きの登場シーンはカッコよかった

その後のスキタイ遠征の帰途、
財宝目当てのトリバロイ人の急襲を受ける。
ここでエウメネスようやく活躍。越権行為だけど

エウメネスとエウリュディケ、いつの間に…。

次巻は何年後?

「スキタイの宝は『頑健な身体』と『勇気』、
そして『良質な馬』だそうだ。
ならば致し方あるまい。

それらを貰って帰るとしよう」

修羅の門 第弐門(10) (月刊マガジンコミックス)修羅の門 第弐門(10) (月刊マガジンコミックス)
(2013/08/16)
川原 正敏

商品詳細を見る

ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
(2013/08/23)
岩明 均

商品詳細を見る

実は私は②&HEROIZM③ - 2013.08.22 Thu

変換 ~ 049

実は私は②/増田英二
あかん、表紙の委員長が可愛すぎる
本編でも、恋愛面ではだいぶ優遇されてませんかねえ。
外部ユニットが朝陽に抱きかかえられてドキドキ、
朝陽の胸ポケットに入って、朝陽の心音にドキドキとか、萌え萌えすぎですわ。

白神さんは、アホの子っぽさが魅力的なんだけど、
ちょっとアホの子すぎると言うか
くーるびゅーてぃー(笑)に期待した俺が馬鹿だった…。

あー、でも白神さんの笑顔はスゲエいい。
おっぱいむにーもすっごくいい

2巻では、白神さんは日光に当たると日焼け(翌日には治る)、
にんにく見ると目がしぱしぱする、と言う弱点(?)が判明。

外道クイーン朱美みかんは、
眼鏡取ると意外といい感じなのよね。
本人の本音も、いろいろ垣間見れたし。
ただ、1巻ではあまりにもクズ過ぎたのが…。
あのマイナスからは早々プラスにはならんて。

新キャラは狼男(痴女)&悪魔っ娘ロリババア
獅穂さんみたいな痴女は、増田先生の漫画だとイマイチ生きないような…。
でも、あててんのよ的なのは羨ましい
セクシー講座は笑った。

ロリババアは言うほどロリではないな。
ギャグキャラとしてはかなりの上物。
つまり、アホの子ってことですが。

岡田桜田嶋田の出番が少なくなっていってるのが哀しい…。

「修理代は、校長の給与から天引きさせていただきますので」

HEROIZM③/壱村仁
ゆるゆるヒーロー戦隊コメディ、あっさり完結
1巻表紙がレッドの鉄、2巻がブルーの剣之介なので、
最低でも人数分は続くのかと思ったら…。

最終巻だけど、あんまり書くことないなあ。
主人公のテツが、特に活躍してないのが。
どちらかと言うと、ブラックサレナの百合野さんがメインと言う…。

テツと百合野さんが最後まで単なるクラスメイトだったのも、
物語のゆるさに拍車をかけた(笑)。

ツンデレベリアルは笑った。
出番が少なかったのが残念。

エルも最後まで正体不明だったな…。

前作codeほどではないにしろ、
まあほどほど楽しかったしこの作者のノリは好きなので、次回作も一応期待。

「なんとなく、土日が多い気がするな…。そして平日は夜。
なんか俺のシフトとかぶってる気がすんだけど。
あいつ実は学生かな?」
「(す…鋭い)」

実は私は 2 (少年チャンピオン・コミックス)実は私は 2 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/08/08)
増田 英二

商品詳細を見る


HEROIZM(3)(完) (アヴァルスコミックス) (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)HEROIZM(3)(完) (アヴァルスコミックス) (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
(2013/08/12)
壱村 仁

商品詳細を見る

プロ野球観戦 8・13巨人vsDeNA&8・16DeNAvs広島 - 2013.08.19 Mon

8・13巨人vsDeNA
変換 ~ 049
東京ドーム観戦は、5、6年ぶりくらいかな。
外野での観戦となると、それこそ10年ぶりくらいか。
ついでに今年初の外野観戦でもあります。
ちなみにチケット買ってから悪夢の9連敗
しかもよく考えたら東京ドームでの巨人戦て、相性最悪やないかいと後悔先に立たず。


試合はいきなり井出の怪我-阿部の2ランと言う最悪のコンボで幕開けという、暗雲立ち込める立ち上がり。
しかしその後は粘りのピッチングで6回まで追加点を許さず。
打線は内海をノックアウト、3番手の高木京を晒し投げしてくれたおかげで10得点。
更に途中で諦めたのか、原は野手をどんどん交代。
このおかげでエラーは出るわ攻撃力は落ちるわで、のちのち大助かり。
アホよのう、と思ってたらこちらの中畑&デニーもそれに伍するアホっぷりを披露

とっくに100球超えてる三浦を7回も続投。
6回に結構捉えられてた打球が多かったとは言え、
中継ぎの脆弱さを考えればここはまあ理解できなくもない。
でも8回も続投はねえわ
真夏に40歳に130球超えてて前の回に3失点してるのに続投って…。
案の定、花火師の番長はここでもホームラン2本喰らって結局交代。遅いわ!
これは三浦は責められん。

最終回は3点差もあるのに怖くて仕方なかった。
この日は劇場版ソーサで、ハラハラドキドキ。
あ、2番手の山口がコールされた時は、私の周りでは悲鳴が起こってたw

しかしまあ、巨人相手に馬鹿試合は心臓に悪いわ。

変換 ~ 055
ヒロインは8試合連続マルチの石川。
打つほうが好調なのはいいことだ。
ショートよりはマシとは言え、セカンドの糞守備はもう少し何とかしろや。

おまけ
変換 ~ 050
モーガン。ちっちゃいけど。

もひとつおまけ
変換 ~ 061
人生で初めてゲットしたホームランボール
よりによって村田のだけどな!

前の人たちが立ち上がって取ろうとして、
何回か弾いた所で座ってる私の足元に落ちてきたという、
完全なる棚ボタでござる。
嬉しくね~って言ったら、周りの人にウケてたw

いや、ホント複雑ですよ。
別に村田が嫌いなわけじゃないけど、
巨人に移籍した奴のホームランボールはなあ。

8・16DeNAvs広島
カメラ忘れた。以上!

…いや、負けた上に見所が梶谷モーガンのホームランだけだし…。
三嶋は相変わらずグダグダピッチ(中4日だから仕方ない部分もあるけど、毎回だからなあ)、
打線はチャンスをほぼ作れず、トドメに菊地が炎上。

しかし、ハマスタBAYビアガーデンは羨ましいな。
近かったら絶対行ってるわ。

コミックマーケット84 - 2013.08.18 Sun

ようやく京都に戻ってきましたので、
今更ながら夏コミネタを。

まあとにかく朝から暑かった。
にも関わらず、行きの電車で扇子を家に忘れてきたのに気づき、大ショック。
ま、まあどこかで無料配布してるだろう…と気を取り直して国際展示場前に到着した所で、
まさに駅前で無料配布
変換 ~ 111
ありがとうタマ姉!と裏のいいんちょ。 冗談でも何でもなく、マジで助かった…。

8時半頃に待機列に並び、そこから入場までの約2時間、
あまりの暑さに途中本気で帰りたくなった
途中で買った冷凍のペットボトルが、駅に着いた時にはまで凍ってたのに、
この2時間で完全に溶けるとか。

買い物も、事前のチェックに入れていた大手も今回は完全にスルー
島中も極力減らした上、イラスト系の新規開拓なんかも、ほとんどせず。
それくらい消耗が激しかった。

なんとか気力を振り絞ってWHITE ALUBUM2のPV観たさにLeafのブースに行ったら、
嫌がらせのようにティアーズ・トゥ・ティアラIIのPVがエンドレスで流れてやがった

買い物を終えてユキさんのスペースでひと休みさせてもらうと、
もう待ち合わせ時間まで動かず。無理無理。
ユキさんには色々絵の話を聞かせてもらって、面白かった。
そのユキさんも、座ってるだけで消耗していた様子。
でも、汗っかきの私からすれば、汗をかかないのは羨ましい…。
ジーパンの股間部分がお漏らししたみたいに濡れて、ヒドイのなんの。

帰りのゆりかもめでは、いつもの如くガチで熟睡
弱冷房で暑くて仕方なかったのに…。

その後、1次会はカラオケボックスで、2次会は居酒屋でなでしこやまとさんの常連メンバーでの打ち上げ。

あれだけ消耗してても息を吹き返したかのように、まあ喋る喋るw
私自身隠れヲタで、周囲に話せる人間がいないので、実にありがたい、貴重な機会ですわ。

戦利品
変換 ~ 063
変換 ~ 062
戦利品の見せ合いでいつも思うのは、みんな個性あるなあ、と。
俺スゲー普通なんスけど…。
まあ、堕落人さんは個性的すぎるので殿堂入りということで比較対象外
超わかりやすく例えれば、リンゼイ・グーリン位の個性派

カズさんは私の漫画レビューを参考にしてると言ってくれる超いい人
野球にも詳しく、私の振る野球ネタにも快く反応してくれる。
阪神ファンなのがタマに傷

浅生さんは珍しくあんまり横浜をディスらなかった。と思う。確か。

あー、そう言えば、久しぶりにカラオケで歌ったな~。
1曲目にAfter Allを歌ったら、アゴストさんに『女性シンガーしか歌ってへんのとちゃうか?』(※アゴストさんは関東人です)と
ツッコミがあったのでそれを明確に否定。
ただし内心では男の曲を歌った記憶が全くなかったので、
口から心臓が飛び出そうなほど胸がドキドキ(ちょっぴり誇張)。
ちなみに調べたらやっぱり歌ってた。やったね!
記憶は正しかった!記憶になかったけど!

その後の2曲は男性シンガーの曲を歌ったけど、もはや声が出ず
ザワさんは聞きしに勝る腕前で、特にFIRE BOMBERの曲なんて、まんま熱気バサラでビビる。
上手すぎて逆に笑みがこぼれますわ。なにこのひと。

今回は5時間くらい話す時間があったかな?
おかげで参加した皆さんとよく話せたな~。
やっぱり、歌う時間よりトークですなw

しかし、エロゲーレビューサイトの常連の集まりなのに、
エロゲーの話が少ないよなあw


そんなわけで皆さん、どうもありがとうございました&お疲れ様でした!

冴えない彼女の育てかた④/丸戸史明 - 2013.08.07 Wed

変換 ~ 059

倫也の同人ゲーム制作は、詩羽先輩のシナリオ、英梨々の原画がそれぞれ順調に進み、
順風満帆かと思いきや、それ以外はなんにも進んでない状況に。
そんな時に、倫也の従姉妹・美智留が安芸家に転がり込んでくる。
女子高でバンドをやっている美智留のギターの音色に心惹かれた倫也は、
美智留を音楽担当としてサークル勧誘に動き出す。

いつものように、レギュラー間のパロネタを含めた調子のいい掛け合いや皮肉の応酬は楽しく、
そんな中でフラットでいつつ嫉妬にも似たあてこすりをするようになる我らが加藤も、
徐々にヒロインぽくなってきた。
倫也と同じイヤフォンで曲を聴くシーンは、既にカップルとしか見えない

消費系オタクで他に能のない倫也が、サークルやヒロインのために
奮闘したりするのも、いつものことですな。

詩羽先輩は、なんか一歩引いた感じ?
ヒロインとしては加藤押しだけど、
キャラクターとしては先輩が好きなので、このまま終わって欲しくないなあ。

英梨々はもう倫也に対して好意を隠す気0じゃね。
笑えるからいいけど、負け犬一直線な感じ。

新ヒロイン美智留はサバサバとした性格で、無防備に倫也と接する所が
他のヒロインにはないアドバンテージ。
倫也とは生まれた時からの付き合いという
距離感からくる親しさのせいで、「倫也の幼馴染」と言う矜持というか自負を持つ英梨々が
ポンコツになっていく
のが面白い。

出海ちゃんは何処へ

バンドのオチはクソ笑った
里伽子抄のあのセリフが…w

ただ、全体的にはちょっと飽きてきたかな、と。
面白いのは確かなんだけど、このノリを長々と続けて読むのはキツいかもしれん。

「美智留…お前の周りの世界は、お前が思うより、ちょっとだけオタクっぽいんだよ」
「全然ちょっとだけと違うわ!」

冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/07/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る

25年目の弦楽四重奏 4・5点 - 2013.08.06 Tue

変換 ~ 066
感謝を込めて乾杯したい。我々の25周年を祝して」。
チェリストのピーターの掲げたグラスに応える3人。
彼らは弦楽四重奏団“フーガ”のメンバー。
記念すべき演奏会の曲は「ベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番」。
この難曲と向き合うために、さっそく練習が開始された。
第1ヴァイオリンのダニエルは、冷酷なまでに精確な演奏で聴衆を魅了する。
人生のすべてを音楽に捧げた彼は未だに独身。
彼を引き立たせ、色彩と質感とリズムを与える第2ヴァイオリンのロバートと、
深い感情表現で聴く者の心を揺さぶるヴィオラのジュリエットは、私生活でもパートナーだ。
だが、思わぬ事態が4人に降りかかる。
ピーターの演奏に異変がおこる。練習は中止。
ピーターは、翌日、病院を訪れる。彼は、ある病を宣告され、今季限りの引退を決心する。
ピーターは3人のメンバーに後任者を提案するが、
ジュリエットは激しく動揺する。母親が早くに亡くなり、
ピーターと彼の亡き妻ミリアムが親代わりだった彼女にとって、彼なしの楽団は考えられない。
反対にロバートは、これを機会に交替で第1ヴァイオリンを弾きたいと言い出し、ダニエルに非難される。
ジュリエットとダニエルは密かに話し合い、ピーターを引きとめ、
ロバートを説得することで同意する。
しかし、ロバートは、自分の才能を認めないジュリエットの言葉に腹を立てる。
翌日、ロバートは怒りにまかせてある女性と関係をもってしまう。
勘の鋭いジュリエットにすぐに見抜かれたロバートは、必死に謝罪するが、
ジュリエットは家を出て行くようにと冷たく告げるのだった。
数日後、ヴァイオリンのオークション会場でジュリエットと顔をあわせたロバートは、
結婚当初からの不満をぶつける。愛しているのは自分だけで、
「いつも君の心はどこか遠くにあった」と。
実は、学生時代にダニエルと燃えるような恋に落ちたジュリエットは、
「自分の気持ちがわからない」と答えるしかなかった…。
(公式より)

まあとってもわかりやすくquartett!のキャラクターで例えるとですね、
quartett_character_004.jpg
楽団最年長のスーファが『パーキンソン病にかかった!引退すゆ!
代わりはジゼル!』と告白。
quartett_character_008.jpg
『よろしーく』(*出番は最後の最後のみです。本物は不細工で椅子から崩れ落ちそうになった…)
quartett_character_001.jpg
第2ヴァイオリンのフィルが『よっしゃ!いいタイミングだからこの際、
俺に第1ヴァイオリンやらせろ!』と空気を読まずに吠えると、
quartett_character_002.jpg
それを聞いた完璧主義者の第1ヴァイオリンのシャルは『あ?ふざけんなボケ。
てめーにゃそんな才能はねえんだYO!』
quartett_character_003.jpg
フィルの嫁でスーファを親のように慕うヴィオラ担当のユニも
てめえの血は何色だ!器を知りなさいよ!』とにべもない。

嫁にまでダメ出しされてショックを受けたフィルは
フラメンゴダンサーとひと夜の過ちを犯す。
quartett_character_009.jpg
フラメンゴダンサー(仮)
1回寝ただけで『あなたとの将来を考えて一睡もできなかった』と宣う怖いひと。
ちなみに翌日バレる。

更に、フィルとユニの娘がシャルに秋波を送る。
quartett_character_005.jpg
娘(仮)リーナ

最初は拒絶したシャルだが、フィルに
quartett_character_001.jpg
『お前の音楽ほ技術ばかりでつまらん!情熱を解き放て!』と言われると、
quartett_character_002.jpg
quartett_character_005.jpg
皮肉にもその情熱をリーナに向けてしまい、関係を持つ。
画像は女性同士ですが気にしないように。

そのことがユニに知られるとリーナは
quartett_character_005.jpg
『さんざんコンサートで人をほっぽっておいていまさら何抜かしてんねんクソ母親!』
quartett_character_003.jpg
『~~~~~~~ッッッ』

そしてリハーサルの場でフィルにまで知られ、大喧嘩となってしまう。
quartett_character_001.jpg
『ふざけんなゴルァ!
ユニ!てめーももっと早く言え!』
quartett_character_002.jpg
『ぐえ!』
quartett_character_003.jpg
『ごめん!忘れてた!』
quartett_character_004.jpg
『(せっかく薬が効いて良くなってきたってのに…!こいつら…!)全員出てけ!(泣)』

一体どうなってしまうのか!?(ガチンコ風)
というお話。
性別が全然違うのは勘弁
え?わかりにくかった?

まあそれはともかく、予想以上に良作でしたね。
4人の配役は見事にハマリ役だった。
スーファ…じゃなくてクリストファー・ウォーケンが特に良かった。
癖のある役が多い人なので、こういうキャラクターは新鮮。
娘アレクサンドラ役の娘がとっても可愛かった。
あ、quartett!も良作です。
FFDどこかやってくれねーかな。

…って、なんの感想だよ。
と言うか、今時quartett!ネタはないよね。
何年前の作品やねん。

31年目の夫婦げんか 3点 - 2013.08.05 Mon

変換 ~ 064

深呼吸をして、夫のアーノルドの寝室を“訪ねる”ケイ。
覚悟を決めて今夜は一緒に寝たいと伝えるが、「今日は気分が悪い」と拒絶されてしまう。
結婚31年目、毎日同じ朝食を食べ、同じ時間に帰宅し、
同じ会話を交わし、同じゴルフ番組を見るアーノルド。
子供たちは独立し、2人にはもはやけんかの種さえ見つからない。
夫婦の関係を見直したい、そう思い立ったケイは結婚生活のカウンセリング本を購入。
夢中で読み終えると、著者のバーナード・フェルド医師のホームページにアクセスする。
朝食の席でアーノルドに“カップル集中カウンセリング”を受けたいと告げるケイ。
1週間4000ドルという料金に目をむいたアーノルドがもっと驚いたのは、
定期預金を解約して既に申し込んだというケイの意外な行動だった。
「俺は行かない」と突っぱねたアーノルドだが、結局は渋々飛行機に乗る。
いよいよ、カウンセリング初日。
フェルドはケイにここに来た理由を尋ねる。「結婚したいんです。もう一度」。
ただ同じ家に住んでいるだけで、触れ合いも絆もないと訴えるケイに、
「まず長年の夫婦生活でできた傷痕を取り除くところから始めましょう」
と勿体ぶった口調で語るフェルド。
2日目。出逢い、プロポーズ、いつから寝室を別にしたか──聞かれるままに夫婦の歴史を語る2人。
だが、「最後のセックスは?」の質問に口を閉ざすアーノルド。
そんな2人に“最初の課題”が与えられる。「今晩しばらく抱き合ってください」。
「気に入らん。猿のしつけじゃあるまいし。バカバカしい!!」と食ってかかるアーノルドに、
ついにケイの感情が爆発、「ひどい」と泣きながら外へ飛び出してしまう。
いつも明るく穏やかで夫に従順なケイの涙に動揺したアーノルドは、
その夜遅くホテルに帰って来たケイと“課題”を実行する。
3日目。課題をクリアしたことを嬉しそうに報告する2人。
ところが、彼らを待ち受けていたのは、更にハードな課題だった――。
果たして2人は、この試練を乗り越える事ができるのか?
過激なセラピーに振り回されながらも、彼らが次第に語り始めた本心とは?
そして2人が選ぶこれから先の人生は――?
(公式より)

熟年夫婦のセックス問題を見せられても

いや、それだけじゃないんだけど、それでも二人の体の触れ合いがメインとなってくると、
中々に新井辛いものがある。
キャストや邦題からしてもっと軽いコメディタッチなノリかと思ってたら、
あんまり笑うところがなく、どちらかというとシリアス。
ケイにとってはこれ以上ないほど真剣な問題だから、当たり前なんだけど。
少なくとも、三十路独身男が観る映画じゃねえなあ。

メリルは好きじゃないけどスティーブ・カレルが好きなので観に行ったのよね…。
カレルは知的な役もよく似合うわ。なんとなく胡散臭い所もいい


もう何年もケイに触れようともしなかったアーノルドが、
セラピーの末、昂ぶってついにケイとセックスをしようとして、
ケイを見た瞬間萎えるって生々しすぎるわ。

映画館でのフェラも、ケイが上手くいかなくて辛くて泣いてしまい、
観てるこっちは笑うに笑えないシリアスなシーンだし。

映画そのものの出来は悪くないけど、これは確実に人を選びますわ

映画では(あくまで映画ね)美男美女の恋愛ものよりは大人の恋愛ものの方が好きだけど、
このテーマはちょっとキビしい。

ヒステリア 4・5点 - 2013.08.05 Mon

変換 ~ 067
1800年代、英国ヴィクトリア朝の最盛期。そこは、古い伝統を重んじるお堅い風潮一色の社会。
そんな中、革新的な病原菌説を論じたことで病院での職を失った若き医師、
モーティマー・グランビルは、女性医療ではロンドンの第一人者とされる医師、
ロバート・ダリンプルの下で働く事になる。
近頃、ロンドン中に蔓延していた女性特有の病「ヒステリー」のエキスパートである
ダリンプル医師のもとには、
1、すぐに泣く2、異常性、3、不感症、4、うつ病、5、心配症、
といった様々な症状に悩む多くの女性たちが毎日の様に押し寄せていた。
というのは、ダリンプル医師の特別な「マッサージ治療」が、
そんな彼女たちに驚くほどの効果をもたらしていたからだ。
そこに、若き美男医師グランビルの登場で、更に多くの婦人が診療所の前に列をなした。
やがてグランビルは、ダリンプル医師の末娘で美しく貞淑なエミリーと惹かれ合うようになる。
しかし、この成功には代償も伴った。
毎日「マッサージ治療」に明け暮れたグランビルの利き腕は腫れ上がり、
腱鞘炎になってしまい、再び職を失ってしまう。
更にダリンプル医師の長女で、次女エミリーとは真逆の先進的な思想を持つシャーロットから、
その「マッサージ治療」を厳しく非難されてしまう。
失意のドン底で彼が頼った先は、終生の友人である発明家エドモント・セント・ジョンスミスだった。
彼が構想中の「電動ホコリ払い機」に触れたグランビルに、
悩める女性たちを救う「マッサージ治療」の新たなアイディアがひらめくのだった…。
(公式より)

と言うわけで、19世紀末のイギリスを舞台とした、
おとなのおもちゃ=電動バイブ誕生秘話を絡めた小気味よいラブコメディ

最初にこの映画を知った時は、下ネタ好きにもかかわらず、
バイブの誕生秘話なんてなあ…と思ったんだけど、
予告を観て考えが変わり、鑑賞してきたわけですよ。

これがもう大当たり

ヒステリーが病気と思われていた時代に、
その治療方法が手マンて!
しかも、それを真面目にやるのがいいのよ。
もうそこからして笑わずにはいられない。

元娼婦でダリンプル家のメイドのペロペロモリーがまた笑える。
事あるごとにモーティマーを誘惑しようと、
その名のごとく舌を巧みに動かす仕草をするのが吹く。
しかも単なるバカキャラかと思いきや、恩人のシャーロットの裁判では彼女の心配をする姿を見せたり、
おまけにバイブの初の被験者という重要な役を賜る。

主人公モーティマーは、成功を夢見る野心的な部分と医師としての誠実さを併せ持つ好青年。
彼の生真面目さがこの作品に笑いを生む
やっぱり、真面目に馬鹿をやるっていいよね。

ヒロイン・シャーロットは女性の権利を声高に叫び、
弱者を救済するために東奔西走する開明的な女性。
ソリの合わないモーティマーに対してしょっちゅう言い合いになるも、
最終的にお互い惹かれあう。

バイブレーターにまつわる話なのに、
あくまでも治療の一環としての使用だったため、
下品になりすぎない上質なロマンティック・コメディに仕上がっているのが驚き。

しかし、日立がアメリカで電動バイブの雄として有名だったとは…。

EIGHTH⑪ - 2013.08.02 Fri

変換 ~ 060

11巻にしてようやく表紙がエロス
いいねーミラさん。予想外な事に本編では活躍ないけど
しかしアレね、
変換 ~ 061
胸の差に泣ける
おっぱい小さいのって、ヒカルとナオミさんくらいじゃないですかねえ。

そのナオミさんが久々の登場(チョイ役)。
電話の対応任せろと言ってモジュラージャック引っこ抜く性格が素敵
ナオヤと電話で話しながらパンツを脱ぐ真理さんもいいですね。

さて本編、敵スパイ・ヴァレリヤの誘いに乗って拉致られたナオヤ。
FDAの治験絡みの汚職・不正、ナオヤとミラ、ヴァレリヤとミラの関係等が、
ちょっとずつ語られていく。

ロシアで今日明日にでも正規の治療がなされるようにするためには、
手段を問わず「近道」を取るヴァレリヤ。
少しでも今日明日に近づけるよう、懸命に研究するりおを
傷つけたヴァレリヤに対して怒りを見せ、
そしてなおかつヴァレリヤの鉄面皮を剥がしにかかるナオヤ。

う~ん、カッコイイねえナオヤ。
方法は全く違えど、セルシアと言う「近道」を使おうとしたという意味では、
ナオヤも同じなんだなあ。
そこからきちんと成長したわ。

ルカは万能な便利屋だな。
ギャグにシリアスに、使い勝手良すぎ。

前巻からの新キャラ・スチュアートは影薄い

治験の話がガチなら、現実はえげつねえなあ。
.
この漫画は(と言うかこの作者は)シリアスな話だと説教臭くなりがちだけど、
今回はそれほどでもなく、安定の面白さ。

「研究が戻っても貴様が戻らなければ、
りおはこの先立ち直ることはないぞ」
「!」
「二度とない。
貴様はまだ研究の邪魔をするつもりなのか。
さっさと立て」

EIGHTH (11) (ガンガンコミックスJOKER)EIGHTH (11) (ガンガンコミックスJOKER)
(2013/07/22)
河内 和泉

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (301)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (207)
アニメ (105)
雑記 (162)
野球 (77)
ゲーム (25)
ドラマ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード