A D M I N
topimage

2012-12

天空高事件/椙本孝思 - 2012.12.27 Thu

変換 ~ 052

うむ、つまらなさとあざとさがパワーアップしてるぞよ。

今回の舞台は、主人公・白鷹黒彦が通う私立天空高校。
飛び降り自殺した女生徒の事件を調べるうち、
次々と殺人事件が起きていく。

黒彦を事件の調査に引きずり込む探偵部の面々が美少女3人というハーレム状態
抱きついたりほっぺにちゅーなんかも結構あっさりするので、
なんだか安っぽいです。トランスポーター3のヒロインの「安」を思い出すほどに。

果菜は印象薄かった。残念。
探偵部のひとり、長身でスタイル良しのメガネ美少女・紘美は
設定上は萌えた
まあ要するに、記号以上ではなかったな、と。

結局、前作同様犬神の独り舞台になるので、
黒彦はやっぱり犬神の前座で、探偵部に至ってはそのせいで存在の意味もなくなってる。

動機といいトリックといい、なんだかしょっぱかったな。
ああ、でもよく考えたらその部分は前作よりはマシか。
まあ、読みやすいのは読みやすいんだけどねー。

「どっかに、制服余ってなかったっけ?」
「い、嫌ですよ!」

天空高事件    放課後探偵とサツジン連鎖 (角川文庫)天空高事件 放課後探偵とサツジン連鎖 (角川文庫)
(2012/11/22)
椙本 孝思

商品詳細を見る
スポンサーサイト

オチケン探偵の事件簿/大倉崇裕 - 2012.12.26 Wed

変換 ~ 054

落語の知識0など素人でありながら、名前のせいで
大学の弱小落語研究会に所属することになってしまった主人公・越智健一通称オチケン。
このお人好しな主人公が、二人の先輩・岸と中村に振り回されたり
オチケン絡みのトラブルに巻き込まれたりしながら事件を解決していく、というシリーズ第3弾。

3年ぶりの新作な上、既刊を手放してしまったので、
登場人物がオチケントリオ以外思い出せない…。

落語バカで落語以外ほとんど役に立たない、のんびりとした超マイペース人間岸、
慇懃無礼で武道の達人、オチケンなのに落語をやらない
岸とはまた違ったマイペース人間の中村の二人、
あと岸の師匠はさすがに覚えてた。

大学のオチケンが舞台なので、愛川晶の落語シリーズより
さらにライトで軽妙な内容と語り口で、コメディとしてはこちらの方が面白い。
落語色がより強いのは、愛川晶の紅梅亭シリーズの方だけど。

我が道を行く強引な中村と、それに抗しきれないお人好しの越智の会話がとにかく笑える。
しかし、客観的に見たらどう考えても岸と中村による越智イジメだよなあ。
事あるごとに金払ってるのが1年生の越智で、先輩二人共返す気ないって酷過ぎ。

大倉崇裕作品だと、お人好し探偵として白戸修がいるけど、
ここまで振り回されはしないもんなあ。

大学側や他のサークルとの対立といった、大学ならではの事件があるのも、この作品の特徴。
うっすらと記憶する限りでは、シリーズで今回が1番面白かった。多分。

「立て替えた分、返してもらいますからね!」
「出世払いといきましょう」
「中村さん、いつ出世するんですか?」
「勘違いしてはいけません。出世するのは、あなたです」
「僕?」
「そう。出世して大金持ちになって、
取るに足らない酒代なんてどうでも良くなるのです」
「結局、踏み倒すんじゃないですか」
「人聞きの悪い。私が踏み倒すのは、人間だけです」

オチケン探偵の事件簿オチケン探偵の事件簿
(2012/11/21)
大倉 崇裕

商品詳細を見る



うまや怪談 神田紅梅亭寄席物帳/愛川晶 - 2012.12.25 Tue

変換 ~ 053

落語ミステリーシリーズ第3弾。
過去2作は読んだんだけど、感想書くの後回しにしてたら時期を逸してしまった…。

このシリーズはプロの落語の世界が舞台で、二つ目の寿笑亭福の助が芸の上での主人公で、
その嫁でワトスン役の亮子の視点で語られるので、ある意味で亮子が主役とも言え、
そして探偵役が福の助の師匠・山桜亭馬春、というのが各キャラクターの立ち位置。

今回も短編3本の内、最初の1本はいつもどおりの役どころだけど、
残りは趣向を変え福の助と亮子がそれぞれ探偵役を務める

この変化球は、マンネリ化を防ぐ意味でもよかったな。
特に3本目、「宮戸川四丁目」ではいつもとは逆に福の助が馬春師匠をやり込め
シリーズファンにはたまりませんわ。

話の面白さでは、「ねすみととらとねこ」かな。
真打ちを目指す福の助を陥れようとする兄弟子の策略と、
それを見抜いた馬春師匠の示唆、そして福の助の機転が上手く転がって楽しめた。

うまや怪談 (神田紅梅亭寄席物帳) (創元推理文庫)うまや怪談 (神田紅梅亭寄席物帳) (創元推理文庫)
(2012/10/30)
愛川 晶

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帳①&満ちても欠けても① - 2012.12.23 Sun

変換 ~ 056

ビブリア古書堂の事件手帳①/交田稜・三上延
角川版も以前買ったけど、
漫画としての面白さはこっちのほうが上に感じた。
テンポとストーリー構成がいい。
あっちはあんまり面白くなくて、売っちゃった。
栞子さんと文香の可愛いさは、あっちの方が上かな。特に文香。
あ、誤解なきように申し上げますと、こっちの栞子さんも十分すぎるほど可愛いよ?
おっぱいもすんごい強調されてるし。BIG!
恥ずかしがる表情と本を語るときのクールな顔のギャップがたまりません。
文香は小学生に見えた

絵も、こっちのほうが上手いな。
ちょくちょく頭でっかちになるのは、気を付けて欲しいところ。
志田なんて、頭でっかちで体が小さく四白眼で、
気色の悪いとっちゃん坊やに見えて不気味。

あと、大輔のおかんが姉にしか見えない
どうでもいいけど、説教のどさくさに紛れて『無職!』はヒデエ。
文香の「無職輔」も。

舞子伯母さんも、若い子にシワ描いただけみたいな。
年寄りはちゃんと描けるのに、中年は苦手なのかな。

ヤングお婆ちゃん美少女

次も買う。

え?帯?知らんなあ

「今、どんなお仕事をなさってますか?」
「…無職です」

満ちても欠けても①/水谷フーカ
本屋で平積みされてたのを見て、ビビッっときて購入。
ほんわかした絵柄がいいですな。

ラジオ局が舞台の、オムニバス形式のお仕事漫画。
…女性コミック誌って、少女漫画とどう違うんですかね。

主人公は女性パーソナリティー・天羽日向。
見た目は清楚なお姉さんっぽいけど、
実際は勝気で負けず嫌い(意味同じ?)で、仕事に関してはとにかくパワフル。
で、この“時貞”クン日向さんを中心に、
後輩アナウンサーやの悩みやミキサーの家庭事情、
リスナーの恋愛相談などが描かれる。

日向さん美人だけど、一番の萌えキャラはディレクターの伊庭さんだな。
普段が厳しいツンツンキャラなだけに、デレの破壊力は結構なもの。
照れる姿最高!
だけど

「天羽」
「はい」
「テレビとMNM、両立が無理だったらどうする?」
「愚問です!」

ビブリア古書堂の事件手帖(1) (アフタヌーンKC)ビブリア古書堂の事件手帖(1) (アフタヌーンKC)
(2012/12/21)
交田 稜

商品詳細を見る

満ちても欠けても(1) (KCデラックス)満ちても欠けても(1) (KCデラックス)
(2012/12/13)
水谷 フーカ

商品詳細を見る


シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ 4・5点 - 2012.12.23 Sun

変換 ~ 059
有名シェフのレシピを数多く記憶する天才的な舌を持ちながらも、
生意気な性格から周囲とトラブルばかり起こし、
レストランを次々とクビにされる若きシェフ、ジャッキー・ボノ。
妊娠した婚約者ベアトリスのため、安定した仕事を求めて老人ホームのペンキ塗りをはじめるが、
料理のことしか頭にない彼は、ホームの厨房に口を出し始める始末。
一方、パリ有数の超高級三ツ星フレンチレストラン“カルゴ・ラガルド”は、
空前のピンチに陥っていた。
20年間、家庭をかえりみず料理に人生を捧げ、店の“三ツ星”を守り続けてきた
ベテランシェフ、アレクサンドル・ラガルドがスランプに陥ってしまったのだ。
次の審査会で星を一つでも失えば店の運命は終わりなのに、
新メニューがどうしてもひらめかない!
レストランオーナーからはメニューが時代遅れだと批判され、
有能な助手たちにも見放されはじめていた…。
すっかり困り果てたアレクサンドルは友人でもある前オーナーに会いに老人ホームを訪れ、
そこで自らがかつて生み出したレシピを見事なまでに再現した一皿のスープに出会う。
それは、アレクサンドルを尊敬し、彼のレシピを完璧に暗記したジャッキーの手によるものだった。
腕を見込まれ、アレクサンドルにスカウトされたジャッキーは、
無給ながら彼の助手として働くことになる。もちろんベアトリスには内緒で。
アレクサンドルは、自分のレシピを勝手にアレンジするジャッキーに憤慨するが、次
第に彼の才能を認め心を開いていく。
だが、アレクサンドルとレストランオーナーとの対立はますます激しくなり、
遂には店の星が減ればクビだと通告されてしまう。
窮地に立たされたアレクサンドルは、ジャッキーに新メニューづくりの協力を求め、
ジャッキーが声を掛けた老人ホームのシェフたち―元メーキャップ師やトラック運転手、
タイル職人といった経歴をもつ、ほぼ素人の彼ら―もチームに加わり、
新しいメニューの開発に取り掛かり始める。
そんな中、ジャッキーが再び厨房で働いていることを知ったベアトリスが、
彼の嘘に激怒し家を出ていってしまう。
審査員が店を訪れる新メニュー発表会は、数日後に迫っていた―。
そうして迎えた審査会当日。
だが、この<寄せ集めシェフ>たちと過ごした日々を通して、
「人生には愛が必要」と気付いたアレクサンドルは、運命の日をジャッキーに任せ、
最愛の娘の論文審査に出掛けてしまう。
さらに、オーナーから「君はオリジナリティのない、モノマネシェフにすぎない」と罵倒され、
食材が店に届かないというハプニングにまで見舞われてしまったジャッキー。
果たして彼は由緒あるレストランの存続のため、愛する人を取り戻すため、
そして自分と仲間の誇りのため、
みんなを幸せにする奇跡の一皿を作ることができるのか―?
(公式より)

いやあ、こういうお話大好き
ベタだけど、気持ちよくなれるねえ。
笑いどころが多かったのもGOOD!

特にライバル店の偵察に行った時の変装には、場内爆笑。
だってジャン・レノが月代剃ったちょんまげ頭に着流し、
主人公が白粉塗りたくったキモい花魁姿

おまけに変な日本語を駆使してライバルシェフを煙に巻くのが、面白すぎる。
店を出るとき、料理を盗むために主人公が扇子使って舞うんだけど、
なぜかBGMが日本の歌になってるし。
どんだけ日本誤解されんねん!

分子料理のめちゃくちゃな描写も笑える。
ジャッキーが呼んだ分子料理のスペシャリストの作る料理がエキセントリックで、
失敗して爆発したり、窒素入れすぎて口から白い息が出たり、
大量の鴨肉を使ったのに、ちっちゃいゼリーみたいなものにエキスが入ってるだけとか。
ライバル店の分子料理も色々酷くて吹いた。
実際ググったら、さすがに本物はまともだった

ジャッキーとアレクサンドルが反発しながらも友情を深め、
かつお互いの私生活、
ジャッキーで言えば長年のパートナーでありながら、
中々結婚に踏み出せずにいた恋人のベアトリスとの関係、
アレクサンドルは仕事人間のため溝が出来てしまった、
娘のアマンディーヌとの仲を修復する物語があり、
こちらも楽しい。

欲を言えば、キッチンのスタッフとの確執と和解も描いて欲しかったな。
抜擢された素人のジャッキーを面白く思わないシーンは、あったんだけどねえ。

それにしても、そのへんで売ってた野菜を使った料理で三ツ星は、
さすがに現実的ではないのでは。

どうでもいいけど、オーナーは最初見た時、
人相の悪いジョセフ・ゴードン・レヴィットかと思った。
よく見たら似てなかったけど。

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 4点 - 2012.12.23 Sun

変換 ~ 058
中国語通訳のガイア宅に一本の電話がかかってきた。
今から緊急で通訳をして欲しいというのだ。
2時間で2,000ユーロという高給につられガイアは承諾するが、
迎えの男、イタリア秘密警察のキュルティは彼女に目隠しを強要、
辿りついた場所は厳重に閉鎖された真っ暗な地下室だった…。
男は、ガイアに闇の中で王と名乗る者の通訳をしろというのだ。
キュルティは「目的は!?何かを企んでいるのは判っているんだ!!なぜ中国語なんだ!」と
王を激しく攻め立てる。
それに対し、王の「地球で一番使われてる言語だし
たくさんの人とコミュニケーションがとれた方がいいと思って…。」
という不思議な発言を不審に思ったガイアは、表情が見えないと正しく通訳できないと
キュルティに掛け合い、遂に電気がつくことに。
と、机の向こう側にいたのは脚を縛られたイカにそっくりな宇宙人だった!
拷問を持さない構えのキュルティと、執拗な取調べにも寂しげな顔をしつつ
真摯に対応する王さんの間に入ったガイア。
王さんに同情する気持ちが沸いてきた彼女は、
王さんを世界最大の人権団体アムネスティに保護しようとここから、
脱出する計画を練るが…。
(公式より)

紹介サイトなんかにはキモカワイイなどと表現されてるけど、
どう考えてもキモいだけだろと。

題材といい内容といい、まあまあ楽しめた。
期待していたものとは別方向のベクトルで

皮肉やブラックユーモアを交えたコメディ寄りの笑いを期待してたのよね…。
それが、笑いなんて一切なしのシリアスものとは。

基本的にはほぼ取調室での尋問・拷問のみで進行していくお話。
80分ちょっとなので、中弛みもなく観れた。

拷問は色々取り揃えているのかと思ってたけど、
電気ショックのみだったのは、ちょっと拍子抜け。
王さんの後頭部がバサッと開く反応はキモかった。
ちなみに拷問役のおっさんの名前はファルコ。
金色に光りながら登場して名も無き修羅にやられそう

ラストに関しては予想通り。
まあ、あの終わり方じゃないと、それこそお話にならないわな。

ここから激しくネタバレ


王さんの最後の一言はキツい。
王さんの嘘に騙された主人公に対して、『お前バカだな』
結果として、地球がイカ野郎に総攻撃をかけられる原因となってしまった
ガイアにとって、あまりにもあんまりな皮肉。

なので、このセリフめっちゃ好き

WHITE ALBUM2 幸せの向こう側 - 2012.12.21 Fri

変換 ~ 054
買った!
PS3ないのに

いや、ライブの抽選券欲しくてつい…。
倍率相当高いだろうけど。

それにしてもこのパケ絵、ダメな方の村様ですネ。
ccのパケ絵は素晴らしい出来だったのに~。















変換 ~ 055






ありのまま今起こった事を話すぜおれはソフトだけ買ったと思ったらいつのまにか本体も購入していた何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった頭がどうにかなりそうだった催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ(棒



いや、“追加シナリオ”の文言に釣られてつい…。
かずさ愛相当高いんです。

今月、やたらと出費が激しく、ガチで金ないってのに…。
ゲーマーでない身にとって、確実にPS3はWA2専用機になる
確実!そう、金ないのにコミケ行ったら散財するっていうくらい確実じゃッ!

誰かこんな馬鹿褒めて!

バンク! コンプライアンス部内部犯罪調査室/高村透 - 2012.12.20 Thu

変換 ~ 変換 ~ 053

大手都銀・東協名和銀行の新入社員で、
社内の不正を調査するコンプライアンス部に配属された有村麻美の視点で描かれる、
銀行を舞台にしたお仕事系短編小説。
連作短編、かな。

これがなかなか面白い
未熟な新入社員が主人公なので、タイトルから想起されるほどの硬さやとっつきにくさはなく
所々コミカルさもあり、それでいて銀行の仕組みや権力闘争、隠蔽体質等、
ドロドロとした部分もしっかり描かれていて、結構幅広い年齢層が楽しめるのでは。
銀行内部の権力やその他人間関係もろもろが不正に密接するので、
必ずしもハッピーエンドというわけではない、と言うのもいい。

登場人物が、必要以上にラノベ的なキャラ付けをされていないのも、個人的には好印象。
八代は当落選上。ギリ許容。
その八代の、不正を未然に防ぐためにはどうすべきか、
という考え方が作品の根幹という感じ。
主人公は有村でも、八代の物語でもあるね。

作者が元銀行員なだけに説得力があり、
文章力もあるので単なる知識のひけらかしになっていない。

今後を匂わす終わり方だったので、是非とも続編を読みたいものですな。
ただ、有村と八代の関係はあんまり気にならないな。

「疑義者を捕まえて、手柄と思ったことは一度もありません。
犯罪は未然に防いでこそ、手柄です」


バンク!―コンプライアンス部内部犯罪調査室 (メディアワークス文庫)バンク!―コンプライアンス部内部犯罪調査室 (メディアワークス文庫)
(2012/10/25)
高村 透

商品詳細を見る

ジョジョの奇妙な冒険 第11話 - 2012.12.17 Mon

2.jpg
1.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
トンプソン機関銃
           ↓
空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)!
           ↓
『お前の次のセリフは「赤子を殺すより楽な作業よ」だ!』『ハッ!』
           ↓
顔面に波紋を流すジョセフ
           ↓
(ディオとは違う) 
           ↓
いつの間にか仕込んだ手榴弾

お互いに相手の裏を突こうとする一連のシーンが矢継ぎ早に展開されるのが、
メチャクチャいいねえ。
早すぎだろ!とツッコみたくなる部分もあるけど、
この早いテンポがいい流れになってる。
(ディオとは違う)がしっかりセリフのなってて、ちょっと笑った。
8.jpg
9.jpg
ここはちょっとどころか声出して笑った
こんなムダな所まで、よく再現するわw
7.jpg
「たった一つの策」が「逃げる」なのがまた、
トリッキーなジョセフらしくて面白い。
10.jpg
12.jpg
スト様にとっ捕まった美人記者。
女性キャラは総じて原作より美人ですな。
まあ、この頃はまだ原作も結構美人に描けてたけど。
13.jpg
美人記者の奥歯を引っこ抜いて『ストレイツォ容赦せん!』
15.jpg
キレたジョセフに向かって、三度(二度じゃあないぜジョセフ)スペースリパー・スティンギーアイズを放つ
スト様に対し、波紋グラスで跳ね返す!ぼんさくっ!
このポーズカッコよすぎ!
16.jpg
20.jpg
この辺なんかもイイ感じよね。
17.jpg
あーん!スト様が死んだ!(今度こそ)
18.jpg
ドラミングまで再現ッ!
19.jpg
22.jpg
我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ!
来たぜ来たぜシュトロハイム。
そして前回、死んだと思わてていたスピードワゴンの無事があっさり判明。
展開が早いから、余韻も何もないなw
23.jpg
このシーン、シュトロハイムの単純ならざる人物像が描かれてて好き。

次回、ついにジョセフの女装柱の男が目覚めるッ!

あ~、やっぱりジョセフ、おもしろかっこいいぜ!(古)
原作何度も読んでるのに、次週が待ち遠しくて仕方ない

新OP、曲も絵もいいけど、歌声がイマイチかな。
まあ、聞いていくうちに慣れるだろうと思いたい。
しかしまあ、すんごいネタバレの嵐だ…。

プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星 1・5点 - 2012.12.16 Sun

変換 ~ 052
2157年、深宇宙。自由調査団の宇宙船パイロット、マクシムは
宇宙飛行中に思わぬ隕石事故に巻き込まれ、謎の惑星に不時着する。
何とか脱出したものの、その直後に宇宙船は爆発。
住民によって捕虜にされた彼は、親衛隊のガイ・ガール伍長によって首都に連行されることに。
しかしその道中、輸送車両が“ニュータイプ”と呼ばれる種族の襲撃を受けてしまう。
マクシムは瀕死の重傷を負ったガイを救出し、脱走に成功。
この惑星“サラクシ”が、軍事独裁政権“匿名の父たち”によって支配されていることを知る。
潜伏先の街中で偶然出会ったガイの妹、ラダ・ガールと恋に落ちるマクシム。
彼女と一緒にいたところを何者かに襲われ、優れた戦闘能力を発揮した彼は、
ガイにその実力を認められて親衛隊候補になったものの、入隊を拒否したために処刑されてしまう。
ところが、特殊な治癒能力によって一命を取り留め、反政府組織のニュータイプに匿われる。
そこでマクシムは、政府が惑星のあらゆる場所に“防衛塔”とは名ばかりの発信基地を設置し、
そこから特殊光線を放射して民衆をマインド・コントロールしている事実を知る。
こうして、マクシムは命懸けの“匿名の父たち”転覆計画に参加することになるが……。


シーンがバンバン飛びまくって説明もロクに無しで進むものだから、
途中まで全っ然話に入って行けなくて悩みながら観てた。
それもそのはず、この映画、元は2部作でそれを1本に編集した“インターナショナル版”と言うオチ。
そらわけわからんわ。
冒頭、主人公がイカ型宇宙船(!)に乗っておかんと通信中に事故って不時着、
脱出後爆破まで大体3分程度
この時点で駄作臭満点
宇宙船の内装もB級っぽくチープだったし。

まあ、2部作そのまま公開したとしても、傑作だったかは疑問。
話そのものに面白くなるような要素が、あんまりなかったな~。
鬱陶しいほどのスローモーションの多用も、勘弁して欲しかった。

唯一良かったところは、主人公が洗脳装置を破壊した後、
ラスボスに向かって民衆が立ち上がると言って反論されたシーンかな。
『誰に向かって立ち上がる!』
『戦争が始まって形勢不利!』
『経済のことを何も考えてない!』
『やがて来る飢えにどう対処する!』等、
ラスボスの現実的な反論が良かったね。
『移動式の装置はどうする!』
『忘れてたあ!』
は笑った

『この星が僕の故郷!この星は僕が守る!僕の目の黒い内は!』
お前の目青いだろ!と言うツッコミは100人いたら200人がしただろう。
原語はどう言う意味だったのか、気になる。

ブン投げなのか続編ありきなのか、
黒幕の“匿名の父たち”は姿を消して、
主人公が力を借りようとしたミュータントは結局出てこなかった。
この辺も、なんだかな~と。

冴えない彼女の育てかた②/丸戸史明 - 2012.12.15 Sat

変換 ~ 059

1巻は単に主人公のダメっぷりが描写されてただけで、
その目的意識も共感できず、
おまけに文章がセリフばかりで掛け合い自体は楽しいけど、
理解しづらい箇所が多々あった。
ヒロインはイラストの力もあって魅力的ではあったけど、それだけ。
なので、2巻で上向きを感じられなかったら切ろうと思ってたのですよ。

面白くなってる

主人公・倫也のアウェーでの戦い方や加藤との付き合い。
倫也と訳ありな過去を持つ詩羽先輩とのギャルゲープロット制作。
それらがきちんと繋がって、倫也もヲタクな主人公らしい活躍(?)をし、
かなり面白く仕上がっていたね。

2巻のメインヒロインである詩羽先輩も、倫也との過去を含めて
きっちりキャラが掘り下げられていて、
1巻の時よりもさらにパワーアップした良ヒロインに化けた。
どう考えても倫也にベタ惚れっすよね先輩?
あと、最初の口絵の胸の谷間が超エロかったっす。
黒髪ロング巨乳クール小悪魔な先輩最高。

加藤のオチがスッゴク良くてひっくり返されたけど!
やっぱ加藤だわ。
上手いな~丸戸先生。

あ、忘れてた。
英梨々わかりやすいツンデレ

掛け合いは1巻に引き続いてパロ満載。
でもそれがわからなくても、テンポが良くてヒネリが効いてて楽しい。
地の文の描写も増えて読みやすくなったし、1巻の不満点がほぼ解消された。

これは今後も期待できそう。

それにしても、この時点で3誌同時コミカライズって、相当プッシュされてるなあ。


「あのときの私は、たったひとりのファンのために、血反吐を吐きながら書いてた」

「その、しつこくて、鬱陶しくて、迷惑なファンを見返したくて、何度も何度も推敲を重ねて、
編集とぶつかって…それでも、心折れることなく書き上げた」

「だからあなたにも、それを望むわ」

「…たとえ、それが他のひとのためだとしても、ね」

冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る

私立!三十三間堂学院⑫/佐藤ケイ - 2012.12.13 Thu

変換 ~ 052

学園群雄戦略ラブコメ第12弾は、学院恒例行事の大茶会がテーマの連作短編。
東西南北4校舎がそれぞれ趣向を凝らした茶会を催し、1番を競うと言うお話。

東校舎は花音がメイン。
やっぱり花音は、完璧主義者の当主モードの方が魅力的だな。
怜悧なオーラがたまりません。
とは言え、普段がどこにでもいる普通の女の子だからこそ、
当主モードを真の素顔と勘違いした周囲の反応がギャグになるから、
今のままが正解なんだろう。

北校舎は明日香。
お嬢様ばかりの三十三間堂学院で、友達のできない元不良の明日香が
同じ1年生のかるらと宇乃と茶会を回るうち、友情を築いていく。
ええ話や
人付き合いが苦手でその態度と風貌から周囲から浮いてしまう明日香に対し、
なんのてらいもなく自然に付き合うかるらと宇乃。
かるらは男前だし宇乃はおおらかで愛嬌たっぷり。
そしてそれを見守る樹葉さん。

明日香の髪を結い上げた姿は、ちゃんとしたイラストで見たかったな…。
何故デフォルメ絵…!

西校舎は南vs千秋。
普段千秋に言葉でやり込められる南が、
ここぞとばかりにいびり倒そうと企み、
それを察した千秋は一計を案じる。
まあ普通。

南校舎は旧四天王による歓談。
美沙の家の事情があっさり判明。えー。
飛行機事故ってことは、法行のあれか。
こんな所で繋がってくるかー。

ラストエピソードのお濃茶席では、
真奈がいつものように密かに策略を巡らす。
天敵のあやが不在で、上手くいったかと思いきや…。
佐藤先生、たまには真奈にいい目見させてやって!

美津子は、ここ何巻かで、すっかりキャラが立って出番が多くなったな。
法行とのラブロマンスが期待できるようなキャラじゃないけど、
サブキャラとしては使い勝手が良さそうで、中々魅力的。

相変わらずキャラ立てと構成の上手さは抜群で、読ませる作品。
1年ぶりな割には、少々薄くて残念ではあったけど。

「あと、お前らも…助かった…」

私立! 三十三間堂学院(12) (電撃文庫)私立! 三十三間堂学院(12) (電撃文庫)
(2012/12/08)
佐藤ケイ

商品詳細を見る

強奪最高や! - 2012.12.11 Tue

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121211-1058238.html
キタ━(゚∀゚)━!
以前から噂のあったブランコ獲得がようやく実現。
ついでにスターターのソトも獲得濃厚。
先発と大砲は補強ポイントに合致しているので、これはGJ。

ただ、個人的には他球団から取るより、新外国人の方がワクワク感あるんだけどね。
大物取った楽天が羨ましい。
もちろん、リスクは高いけど。

それにしても、これでノリさんますます居場所が…。
年齢に加えて膝の故障があるから計算しづらいとは言え、少々気の毒。

もひとつ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000018-dal-base
>DeNAの見直しは敵の出方を見てからの後出しジャンケン的な意味合いが強く、
>誠意と熱意は依然として虎が優位と見るのが自然な流れだ。
わかってねえなあデイリー。
誠意とは言葉でなく金額」の福留さんに、後出しも中出しも関係ありませんぜ。
いくら積むか、それが問題だ。
…とは言え、3年6億は高いと思うが。
2年2億+出来高くらいが妥当じゃないかねえ。

ゴリ押し最低や!なビブリアドラマネタ
http://www.sanspo.com/geino/news/20121210/joh12121005070000-n2.html
おとう…と…?
こうまでしてジャニーズ出したいのか。
しかも誰だよコレ…。
もう、原作レイプと言うより輪姦だな…。

http://www.sanspo.com/geino/news/20121211/oth12121105030007-n1.html
何をどう考えたらネバーエンディング・ストーリーが思い浮かぶんだ?
全然繋がらねえよ…。
もうこうなったら、ゴーリキがファルコンに乗って古書の世界を大冒険すりゃいいんじゃね

ジョジョの奇妙な冒険 第10話 - 2012.12.09 Sun

ジョジョで最も好きな第2部と言うことで、
気力が続く限り感想書いてみよう。
…翌週いきなりやめるかもしれないけど!

変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 4
というわけで第2部「戦闘潮流」。
個人的には、元々のサブタイトルのほうが好きだなあ。
「その青春」→「ファントムブラッド」
「その誇り高き血統」→「戦闘潮流」
「未来への遺産」→「スターダストクルセイダース」
この変更は残念だった…。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 3
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 2
悪徳警官に半殺しにされそうになった新キャラ・スモーキーを助けたジョセフ。
かっぱらわれた財布を『あげたもの』と言ってかばおうとしたところに、
ジョナサンそっくりと思わせておいて『このアメ公がッ!』(削除)と逆に半殺し。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 5
一方その頃、メキシコで柱の男を発見したスピードワゴンは、
スト様にその破壊を依頼するも、
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 7
自分が破壊される
あーん!スト様が殺した!
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 9
あーん!スト様が被った!
DIOの若さに密かに憧れていたスト様は、石仮面で吸血鬼となる。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 6
我々はこの漫画を知っている!
このタイトルと絵を知っている!

バルバルバルバル!
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 10
50年後のエリナおばあちゃん。
原作ではサングラスであんまり目が描かれなかったので、これはナイス。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 12
スモーキーをブタ呼ばわりするチンピラ。
お前の方がブタだろ!というツッコミが全国で多数。
と言うか、最初の警官といいチンピラといい、
黒人差別発言がばっさりカットされているので、
ちょっと分かりづらくないかこの辺。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 13
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 14
ムッカアアーッと腹を立てたジョセフと
友人を侮辱した落とし前をきっちりつけろと煽るエリナおばあちゃん。カックイー。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 15
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 16
そしてキタ━(゚∀゚)━!
ジョセフお得意の先読み戦法ッ!
『次にお前は「何でメリケンのことがわかったんだこの野郎!」という!』
『何でメリケンのことがわかったんだこの野郎!…ハッ!』
これ、めっちゃ好き。
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 18
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 19
変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 変換 ~ 21
ラストは若返ったスト様とのバトル開始でto be continued。
ED変わってなくてよかった~
石仮面が砕けて、エイジャの赤石で〆ってのがまたいいね。

面白いッ!
1部と変わらず面白さが維持されててイイヨイイヨ。
ジョセフの声も、思ったよりも悪くないし、
1部終盤から作画も安定してる。
欲を言えばもう少し動いて欲しいが。

しかし来週はもうシュトロハイムかw

キン肉マン㊶/ゆでたまご - 2012.12.07 Fri

変換 ~ 054

あーん!スト(ロング・ザ・武道)様が死んだ!

…とまあそんな感じでスト様一旦表向き退場。
代わって現れた完璧無量大数軍第二陣のリーダー格のネメシスが、
顔だけじゃなく言動までフェニックス並みに小物っぽいので、先行き不安…。
武道ー!早く帰ってきてくれー!

それにしても、武道は持ち技がシブすぎる。
正拳突き・ローキック・アイアンクロー・キチンシンク・ブレーンバスターときて、
最後に丸藤が使う時間差ロープワークからのココナッツクラッシュッ!
ヤシの実割りをここまで説得力ある必殺技に描写するとは、ゆで恐るべし。
〆のR.I.P.もカッコイイぜ。

7人の悪魔超人は超仲いいな。悪魔にだって友情はあるんだー!
カーメンの神のお告げはクソの役にも立たんな
相性最悪なクラッシュマン選ぶって…。


バスターズ・ドッキングカッケー!と思ったら次のページでまさかのスプリング・バズーカ!
さらにロビン・ウォーズマン・ラーメンマン・ブロッケンがついに登場と、興奮度MAX

そしてセカンドステージ7対7スタート!
1試合目はブロッケンvsクラッシュマン!

小ネタ
ジェロニモの本名は、インディアンギミックの
ワフー・マクダニエルとヤングブラッド兄弟をくっつけた安易な名前
バッファローマンのツンデレぶりに笑いが溢れる。
あと、後から来たくせに何で自分の分のマントがあると思ってたんだ。図々しいぞ。
旧作でも出てたドクターが再登場。懐かしい。
ポーラマンがキング落とし使ってた。

「現時刻をもってオレたちもこの闘いに参加する!」

キン肉マン 41 (ジャンプコミックス)キン肉マン 41 (ジャンプコミックス)
(2012/12/04)
ゆでたまご

商品詳細を見る

たいようのいえ⑦&ラストイニング㉟ - 2012.12.02 Sun

変換 ~ 057

たいようのいえ⑦/タアモ
ラジカルさんの過去話からスタート。
男に免疫がなくテンパるラジカルさん。
基に惹かれていく過程がカワイイ。
ホモォ…に吹いた。
わんこ攻め意味がわかんなくてググったら、そういう事ね。
てっきり四つん這いの相手を攻めるのかと思ったわアッー!

大樹は露骨に攻めてきたな~。
手つなぐとか顔おもいっきり近づけるとか抱きしめるとか

真魚も真魚なりに、家族と向き合おうと頑張ってる。
しかし、基は真魚の為を思って家族と一緒に暮らしたほうがいいと考え、
でも内心では真魚が離れていくことに素直に喜べずにいる。
真魚は真魚で基が好きなのに基たちの家に自分の居場所はないと考え、
大樹だけがストレートに真魚にいてほしいと考えている。

>色々と想いがすれ違ってて悲しい…。

本編最後の基の顔がキモい

「(この人に幸せになってほしいなあ)」

ラストイニング㉟/中原裕
お互いにエースを温存しての3回戦、彩学vs帝大一は彩学有利で進むも、
ジワジワと帝大一が追い上げていく。

いいねえいいねえ赤羽監督
日高の状態を考えての事とはいえ、ここまでポッポが判断を狂わせた事がなかっただけに、
赤羽監督の策士ぶりがステキ。
とは言え、スティーブごときに7回途中まで放らせたのはいただけないが。
甲子園編から監督力もクローズアップされているので、
対戦相手の監督はこれくらい頑張って欲しいねえ。

それにしても、『ウス』こと竹ノ塚くんに出番があるとは思わなかったわ。
代わりにスコアラーらしき人物が『ウス』を言ったのはクソ笑った

聖母明石以上なんていうキャラが、こんな中途半端な使われ方されるのは不満。
ビハインドの中継ぎじゃあなあ…。
これ以上のP出るのかねえ。

「(しつけェ…!!
ホント勘弁してくんねェかな…。
俺より数段性格悪いぜ、赤羽サン…)」

たいようのいえ(7) (KC デザート)たいようのいえ(7) (KC デザート)
(2012/11/13)
タアモ

商品詳細を見る

ラストイニング 35 (ビッグ コミックス)ラストイニング 35 (ビッグ コミックス)
(2012/10/30)
神尾 龍

商品詳細を見る

ドリームハウス 4・5点 - 2012.12.02 Sun

変換 ~ 052
購入したばかりのマイホームで小説を書きながら、
美しい妻と二人の娘たちとともに人生を過ごすことを決意したウィル・エイテンテン。
しかし、会社を辞め、平穏で幸せな生活を築いていこうとした矢先、一家に不幸が訪れる。
娘が幽霊らしきものを見たとおびえたり、謎の男が自宅を覗きこんでいたり、
自宅の地下に侵入した少年少女たちが怪しげなミサを行っていたり……。
違和感をおぼえる奇怪な出来事が相次ぐのだった。
そしてその原因は、5年前に起きた殺人事件にあることが判明。
なんと、かつてこの家では、一家四人が虐殺されるという凄惨事件が起きていたのだ。
しかも、犯人の容疑をかけられたのは殺され家族の父親で、事件後精神を病み、
逮捕に至っていないのだという。
家族を守るために地元警察に相談するも、まったく相手にされないウィルは、
独自に事件の捜査を開始。
5年前の事件の真相を知る隣人のアンに協力を求め、
なんとか謎に包まれたパズルのピースを埋めようとする。
しかし、パズルのピースがひとつずつ埋まっていく度に、
自身の哀しみが増えていくのだった――。
(公式より)

事前情報をほとんど入れずに観に行ったので、
ホラーかと思ったら悲哀の物語でした。びっくり。
主人公の周囲で起こるスリラー的な謎が中盤で解けたのは、意外だったわ。
でも逆に、こっちの方が自分好みでしんみりしたいい話だった。

ダニエル・クレイグの映画はほとんど観た事がなくて、
直近のカウボーイ&エイリアンのイメージが強かったので、
冒頭の爽やか中年ぶりにもびっくり。
家族への愛情と哀切さを感じさせる表情が、めっちゃ良かった。

レイチェル・ワイズとナオミ・ワッツの美熟女ぶりも眼福。
ダニエルとレイチェルはリアル夫婦なので、
なんとなくそっち方面を想像してしまった…w

ここからネタバレ

真犯人はボーン・スプレマシーでボーンに自宅で殺されたおっさん。
あからさますぎて速攻で気づく人多数。
ただ、動機がよく分からなかったのよね~。
って、家間違えたとか分かるかボケ
隣人のおっさんが嫁を殺そうとして殺人を委託したら家間違えたでござるとか…。

ウィルが真実に気づくまでのウィルとアンの会話は、
どこが現実でどこが妄想か、ちょっと分かりづらい部分があったな。

犯人の間抜けっぷりを除けば、中々の良作だった。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード