A D M I N
topimage

2012-08

同人ゲー リア充+ Ver.小松崎かなめ 2・5点 - 2012.08.31 Fri

変換 ~ 109

幼なじみの小松崎かなめと、小・中・高を過ごすADV。

高校で裸眼でノリのいいかなめと、メガネで大人しく距離のあるかなめの2ルートに大きく分岐。
裸眼ルートは、同じ高校で腐れ縁の延長から恋人同士に…といった内容で、
メガネルートは、違う高校で久しぶりに再会、そこから距離が徐々に縮まって…といった感じ。

ストーリーはこれといったものはなく、
ほぼひたすら日常会話で進んでいく。
主人公がゲーオタアニオタなので、基本その手の会話が多い。
それが許容できないと、ダメかも。
性格もダメ人間…というほどではないにしろ、そっち系ではあるので、
あまり感情移入はできなかったな。

かなめはルックスも性格もOK。
きさくなかなめもおとなしいかなめも、どっちも好き。
ただ、声が棒気味でツライ
小学校時代ならたどたどしさもアリだけど、
成長してもそのままなのは、ちょっと…。
変身したらパワーアップしろよ

Hシーンは非常に短くて泣ける。
大体、挿入から数えて10~15クリックでイク早漏ぶり
“レジェンド”ハクオロさんには及ばないにしても、これは早漏といっていいですよね?
かなめの演技っぽいあえぎ声のせいで、実写AVかと思ったわ。

CG自体はとてもいいだけに、残念極まりない。
同人ゲーはあまりやらないので相場は分からないが、
1300円(確か…)という値段を考えると、相応の質とボリュームなのかなあ。
「かなめの成長はあなた次第」と言っても、それほどバリエーションはないし、
何といっても期待してたイチャラブが全然ねえのは激しく抗議したい。
もっとこう、イチャイチャが見たかったのですよ。

ヒロインひとりで、選択次第で主人公に良くも悪くも影響される
というコンセプトは良かったんだよなあ。
あと、付き合うのが高校からで固定されてたけど、
中学から付き合うルートがあってもよかったな。

5点満点で2・5点。
スポンサーサイト

軍鶏㉘&オールラウンダー廻⑨ - 2012.08.31 Fri

変換 ~ 104

軍鶏㉘/たなか亜希夫
グランドクロス決着。

つまらなかった
トーマ、試合に勝ってもブッ壊れて終わりとか。
予測はしていたとは言え、1番つまらん終わり方だったな…。
ジンがリョウの子供の頃の絵を見てさっぱりわからんと言ってたけど、
お前以前見て泣いてたじゃねーかと。作者ど忘れか?

試合中の黒川の死を皮切りに、次々とキャラ死にまくってます
ヤブ医者、望月、金明勲、おまけに烈心まで『永くない』。
まとめに入ってるのか?とも思うが、それにしては新キャラ謎の二人組が出てるしなあ。

それにしても、烈心はもっとリョウに絡んでくると思ったんだけどね。
結局、薙刀ババア紹介した時だけって…。
黒道着衆vsチームトーマって、ホント意味なかったな。

黒川の死体を目の当たりにしたリョウと、ラストのロケット花火のシーンは良かったよ。
色々劣化してるとはいえ、この手の叙情的なシーンはまだまだ上手い。

「金明勲!!」

オールラウンダー廻⑨/遠藤浩輝
アマ修斗関西選手権。
廻の対戦相手は元ヤクザと元レスリングエリート。
レスラー三ツ矢は、性格といいファイトスタイルといい、山本KIDを想像させる
言動や表情がわかり易すぎるくらいイヤな奴なのが笑える。
試合中、延々とニヤついているのは、漫画的すぎてちょっとダメだなあ。
試合自体は面白いけど、アマとは言え今時ジャブ使わない奴っているのか。
今のMMAでフックとアッパーだけって。
漫画ということを考えると、個性的というかキャラは立ってると言えるけど。

エスパーマキちゃん&まりあさん吹いた

「あの人、実はいい人かも!」
「それ幻想だから。格闘技マジックだから」

軍鶏(28) (イブニングKC)軍鶏(28) (イブニングKC)
(2012/08/23)
たなか 亜希夫

商品詳細を見る

オールラウンダー廻(9) (イブニングKC)オールラウンダー廻(9) (イブニングKC)
(2012/08/23)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る

アベンジャーズ 4・5点 - 2012.08.26 Sun

変換 ~ 105
長官ニック・フューリー率いる国際平和維持組織シールドの基地では、ある研究が行われていた。
それは、世界を破壊する力をもった四次元キューブを極秘で調査するプロジェクトだ。
だが、突如として制御不能に陥ったキューブは、
遠く離れた別世界につながる禁断のワームホールへの扉を開いてしまう。
そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む邪悪な神ロキだった。
アスガルドの尊大な王子ソーの弟であるロキは、
セルヴィグ博士やシールド最強のエージェント、クリント・バートンをコズミック・スピアによってあやつり、
キューブの強奪に成功する。
地球侵略へのカウントダウンが開始された時、ニック・フューリーは、
周囲の反対を押し切ってある決断をおこなう。
それは、“最強”の力を持つ7人のヒーローたちによる“アベンジャーズ”を結成することだった。
彼は、魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフやベテラン・エージェントのフィル・コールソンと共に、
アベンジャーズ結成というミッションに挑んでいく。
とうとうシールド本部に勢揃いした“アベンジャーズ”。
その名は“アベンジャーズ計画”。特別な能力を持った者たちを集めてより大きな力を得る」
しかし、そう宣言するフューリーに対し、意思に反して集結させられた彼らは、
それぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。
やがてロキは、地球外の何者かと共謀しながら、地球侵略への最終計画を着々と進めていく。
パワーを増大させたキューブの力によって、
マンハッタン上空に次々と召喚される地球外からの強力な軍勢。
果たして、この人類史上最大の危機を前に、アベンジャーズは再び集結し、
地球を救うことができるのだろうか?
それとも…?
(公式より)

ネタバレ全開

この映画のキャッチコピーに文句言ってる人がいるようだが、
このスケール感こそまさに「これが映画だ」だろう。

2時間半、ダレる事無くスピーディーに展開していき、
各ヒーロー全てにきちんと見せ場を作り、それでいて活躍に中途半端さはなく、
皆がかっこよかった。

アイアンマン…社長カッケー。
社長室で生身の体でロキ相手に啖呵を切るのが、カッコよすぎ。
アイアンマンの映画はあんまり面白くなかったけど、
この映画では好きになった。
キャプテン・アメリカ…戦闘力では4人の中で1番落ちるけど、
リーダーらしさを発揮しまくり
仲違いしてた連中に次々に指示を出し、自身は一般市民を助けに行ったりと、
“らしさ”がよかったね。
ソー…ソー本編と比べると、ちょっと弱くなった印象。
神なだけに強さではNo.1だと思ってたので、少々残念。
とは言え、ムジョルニアの雷は、やはりチート。
ロキには甘さを見せるところは好き。
ハルク…強すぎて笑う
ロキ相手の“ドレス”は『範馬勇一郎かッッ』とツッコミたくなった。
『実はいつも怒ってる』は良かったね。
ホークアイ…弓アクションいいねえ。
こんなに活躍するとは思わなかった。
ジェレミー・レナーのシブい風貌がマッチしてるわ~。
ブラック・ウィドウ…アクションもいいけど、
スパイらしい言動や口の割らせ方が面白い。
ロキを出し抜くシーン最高

この他で印象に残ったのは、シールドエージェント・コールソン。
アイアンマンやソーでもいい味出してたけど、
この映画ではさらにいいキャラクターになってた
キャップにサインねだって笑いをとったかと思うと、
ロキに立ち向かったり自分の死をアベンジャーズを一つにまとめるきっかけにしたりと、
ひょっとすると1番カッコよかったかもしれない。
ここで退場は残念でならない。

惜しむらくは敵に魅力がなかったということ。
ロキの幻惑はソーを檻に閉じ込める時とコールソンを倒す時くらいで、
あとは結構やられてばっかという印象
ソーとの複雑な関係は好きなんだけどね。

チタウリはザコ戦闘員とデカイ魚みたいなやつで、
単なる数で力押しなだけだからなあ。
あまり絶望感がなかったよ。
もっと強いヴィランが出て欲しかったところ。

エンドロール後のおまけは吹いたw
レストラン?ファストフード?みたいな所で
がっついてるソー以外はみんな不味そうに食ってるのが、シュールすぎ。
キャップなんて、肩肘ついてほとんど食べてなかったような。

続編も期待大!

ハーフ・デイズ 2・5点 - 2012.08.26 Sun

変換 ~ 102
7月4日独立記念日。

恋人同士のボビ―とケイトは、ブルックリン・ブリッジの中間に立っていた。
人生の岐路に立つふたりがコインを投げた瞬間、ふたつの1日(ハーフ・デイズ)が走りだす―!

◆マンハッタンでのスリリングな1日
タクシーの中で拾った携帯電話を返そうと、落とし主との待ち合わせ場所へ行くと、
突然目の前で男が射殺された。
状況を飲み込めないままにその場から走り出すボビーとケイト。
そこから大金と犯罪組織に絡む、逃走劇が始まった!

◆ブルックリンでのスイートな1日
ケイトの家族とのホーム・パーティにボビーとケイトは出席。
穏やかで幸せそうな雰囲気でパーティの準備が始まるが、次第に家族の問題が浮かび上がる。
母親との確執。兄が亡くなった過去。
外国人であるボビーへの不安。そしてまたふたりも家族へ秘密を抱えていた。

そして、ふたつ運命が再び出会うとき、ふたりの決断は―!?
(公式より)

ネタバレ全開

ブレイク寸前のジョセフ・ゴードン=レヴィット主演。
マンハッタンの“イエローバージョン”ではサスペンス、
ブルックリンの“グリーンバージョン”ではヒューマンドラマと、
二つの物語が同時進行する、一風変わった構成。

最初聞いたときは、片方の物語が終わってからもう片方が始まる、
という構成だと思っていたので、ワクワクした。最初は
ぶっちゃけ、面白くなかったね。

イエローバージョンは一般人が欲を出して犯罪者から金を脅し取ろうとするも、
ド素人なのでグダグダ
グリーンバージョンは自分たちの人生や家族との関わりが描かれるも、
どうしようもなくダラダラ
もっと、サクサクスラスラいけないものか。
グーッと、ガーッとパワーで持っていって、ピシッとみたいな!

イエローは大金が絡んでるのに、追っ手が一人
そら逃げられるわ。
グリーンはパンフで繊細なドラマと言われてるけど、
私の苦手なシリアス系フランス映画のように分かりづらかった…。

そもそも、冒頭でコインを投げて裏が出たらこう、表が出たらこう、
という選択肢が言及されたなかったのが、よく分からなかったな。
コインを投げたら、それぞれ別方向にダッシュで、正直『?』。
選択肢によって微妙に変わる人生ではなく、全く違う人生だから、
同じ人物が演じる必然性があまりなかったような気が

トータル・リコール 2点 - 2012.08.26 Sun

変換 ~ 101
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、
人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。
彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。
コロニーに住む工場労働者のクエイドもその一人。
工場で働く毎日にふと嫌気が差し人工記憶センター、リコー社を訪れる。
だが、彼が記憶を植えつけようとしたそのとき、突然、ブリテン連邦のロボット警官隊の襲撃を受ける。
そこを自分も知らなかった戦闘能力を発揮し逃げ切るクエイド。
混乱の中、帰宅したクエイドは、今度は彼の妻ローリーに襲われる。
「記憶を消され、新しい記憶を植えつけられただけ。
ダグラス・クエイドなんて人間は、この世に存在しない」と話すローリーを振り切り逃げるクエイドは、
その先で数々の謎のメッセージと共に、メリーナという女に出会う。
メリーナは信用できるのか?友は信用できるのか?
自分の記憶は、どこからが本物なのか?自分は誰なのか?
ここは現実なのか?
全てを疑ったまま、クエイドは二つの地域の運命を握る戦いへと巻き込まれていく―。
(公式より)

ネタバレ全開。オリジナル含めて。

オリジナルに全く及んでない
VFX技術は段違いでも、スタイリッシュになりすぎて
バーホーベン版ならではのケレン味やシュール感が失せてしまっている
ブレード・ランナー風の近未来世界は悪くないけど、
地球と火星ではなく地球の裏と表だったり、
ミュータント設定がなくなったりと、残念な改変だった。

マイケル・アイアンサイドとシャロン・ストーンの役割を、
ケイト・ベッキンセールひとりの振ってしまったのも失敗だろう。
おかげで主人公クエイドがラストで一騎打ちするのがコーヘイゲンて
なんで政治家のトップがスゴ腕諜報員と互角に戦えるんだよ!
いくらベッキンセールが監督の嫁だからってさあ…。

最初に訪れたリコール社で、トリップする前に襲撃されたのも、なんだかなあ。
これじゃあ、リコール関係ないじゃん!

オリジナルの名シーン、変装バレもがっかり。
主人公の前を歩いてるおばはん、この人オリジナルで出てた人なんだよね。
でも、予告で変装がばれるシーンが流れてるから、ミスリードにもなりゃしねえ
これは予告を作った人間が悪いけど、変装する機械自体もしょぼくてねえ。

オリジナルは実は(記憶をなくす前の)主人公が黒幕というのがインパクトあったのに、
そういった意外な展開やどんでん返しがなかったのも、物足りなかった。

このリメイク版だけ観た人だと、また違う感想かもしれないけど、
オリジナルと比べると、確実に駄作。
オリジナルも然程優れた映画というわけではない。
で、オリジナルの良さをことごとく削ってしまうのは、最悪としか言い様がない。

お盆休みその6 - 2012.08.25 Sat

4日目は前日のリベンジで再び渋谷へ。
…ちょっと風邪が悪化してたけど。
この日はまず、シアターN渋谷で映画「ハーフ・デイズ」を鑑賞。
関西では上映してない映画だったので、楽しみにしてた。
内容は…うん、まあ、その、なんだ…かったるかった

次に根津美術館へ。
変換 ~ 102
変換 ~ 103
変換 ~ 106
“和”な感じの外観は好み。

ようやく観れた~と思ってたのも束の間、
目当ての屏風絵はわずか11点…。
残りは興味のない青銅器や茶道具ばかりという。
100点近くあってこれかよ!
泣ける。

…と、がっかりしながら次にカイジ展へ。
変換 ~ 108
変換 ~ 107

着いたのは夕方5時頃で、昨日とはうって変わって私一人
感想としてはま、こんなもんかな、と。
まー、生原稿云々って人じゃないからね。
単行本でモノクロだったシーンがカラーで見れたのは良かったかな?くらい。

賭博黙示録時代のくせに、Eカードの原稿がなかったのはいかかがなものか。
鉄骨までじゃあ片手落ちだろうよ。
ミニギャラリーだから、スペースを考えると仕方ないのかねえ。
もらったコーヒーチケットは、体調不良ということもあり、使わなかった。
残念。

正直、カイジが好きで好きでたまらないという人か、
福本絵を前からいいと思ってたとかI NEED YOUとかそういう人以外は、
見なくていい気ががががが。

リベンジ成功の割に、なんとも不完全燃焼の1日でしたとさ。

翌日は午前中実家でゴロゴロ、午後に新幹線で京都へ…だったので、
特に書く事無し。

前半は充実、後半は生煮え、そんな連休でございました。

お盆休みその5 - 2012.08.23 Thu

さて盆休み3日目、朝起きると妙に喉が痛いわ体がだるいわで、
夏コミの疲れからか風邪をひいた模様。
しかし、家でくすぶってるような俺じゃあない。
筋さえ通りゃ…な特攻野郎ではなく、単に休みがもったいないだけ。

そんな体調不良で渋谷の表参道にある根津美術館へ。
ちょうど職場で藤花図をやっていてコレクション展の内容がどストライクということもあり、
期待を込めて見に行ってきた。

で、表参道駅を降りた所ではたと気づく。
…そう、今日が月曜日ということに。Oh…
美術館や博物館へよく行く人は知ってるだろうけど、
月曜日は休館日なのよね。
連休中はつい曜日の感覚がなくなる…(泣)

ここまで来ておいて何もせずに帰るのも業腹なので、
今度は駅の反対側でやってるカイジの原画展へ。
夏コミで浅生さんに教えられたものの、『福本伸行の原画見てもなー』と見に行く気全然なかった。
だんだんしんどくなりながらもギャラリーに到着すると、
空調のない階段に列が形成。Oh…
この日が初日に加えて、9月に行われるサイン会のチケット入手のため並んでた様子。
さすがにこの状況で並ぶ気力はなく、すごすご退散。

実家へ戻ると兄夫婦が去年生まれた娘を連れてきていたので、
この傷心を姪っ子に癒してもらうか…と抱こうとしたら私の顔見て泣きやがります。Oh…
何度試みても必ず泣くのには参った…。
若い頃から面食いだと苦労するぞ!
でも、兄の『顔見なきゃ大丈夫じゃね?』ということで肩車したら確かに泣かなかった。わーい。
…なんか釈然としねえ。

夜は友人と飲みに…の予定が、突然『ラーメン屋へ行こう!』と言い出す。
お互い(元)プロレスヲタなので、その一言でオチは見えた
変換 ~ 101
プロレスラー川田利明の「麺ジャラスK
横浜で持ち合わせて車で成城学園前という、アホみたいな移動のせいで、1時間半かかった…。

『おお、生川田や~』と感動しつつ、券売機で購入。
友人は麺ジャラス、私は麺ジャラスつけ麺&唐揚げ6個を注文。
結論を申しますと、意外と旨かった
名前からしてラーメン屋のくせにウチは居酒屋と言い張り
ステーキまで出す手の広げ方に不安を覚えたものでねえ。

カレー味噌ラーメンて初めてだったけど、結構イケルね。
具がもやしじゃなく玉ねぎで、その旨みとシャキシャキ感がカレー味噌によく合った。
唐揚げもごつくて食いでがあった。
味もいいけど、これは値段を高いと見るか妥当と見るか。

あ、ちなみに内装は安っぽかった
内装工事の仕事をしてる友人がダメ出ししてたw

そんな感じの3日目でした。

お盆休みその4 夏コミ3日目後編 - 2012.08.22 Wed

ひと通り買い物を済ませ、静流さんの代わりにちょうどやってきたはに。さんと
いっしょに店番をすることに。
私が店番をやっている間に、6、7人買いに来てくれて、
同人誌を売る楽しみをちょっと味わったw

静流さんのTwitterを見たら100円引きの“Twitter割”で買いに来た人も。
さすがに“山雅割”の人はいなかったなあw

14時撤収だったのを浅生さんの提言で30分伸ばすと、
あれよあれよと売れていき、もう少しで完売というところまで。

帰りは、りんかい線ではなく、空いているゆりかもめで。
私はC78でかめのこおらさんに教えてもらって以来、毎回こっちで座って帰ってます。
そして、C78同様、ぐっすりと

私、浅生さん、静流さん、はに。さんの4人で、新橋の個室のある居酒屋へ。
めっちゃ早い時間でも、開いてるもんだね。
ここで戦利品を公開…って俺がぶっちぎりで1番買っててちょっと恥ずかしい
一際目を引いたのは、静流さんの関谷あさみさん本。
やたらと分厚いガチな漫画で、軽くめくっただけでも面白そうに思えた

前日同様、エロゲやラノベなどのヲタトークで盛り上がる。
何度何度も書くけど、同好の士との会話は楽しいですなあ。

居酒屋の後、はに。さんが帰り、浅生さんがバスの時間まで中途半端ということもあり、
喫茶店へ。
ここではオリンピックやら野球やらサッカーやら、スポーツ中心の話。
中日岩田の話になり、静流さんに動画を見せてもらう。
なんぞこれ
ピンポン玉やないかい!
今まで見た中で1番インパクトがあった変化球は、伊藤智仁のスライダーだったけど、
それを上回る変化だな…。
谷繁が捕れないとかキモすぎる。

ガンバが絶賛絶不調の浅生さんは、ベイスターズがdisられる気持ちがよくわかった発言。
そうだ!こっちはいつも見下さてるんだ!
まったく、負け慣れてないチームのファンはこれだから…。
横浜ファンはよっぽどタフか達観してないと生き残れないんだぜ…?

楽しい時間は過ぎていき、タイムリミット。
皆さん、お疲れさまでした~!


あ、そういえば今回は地ビール祭りで買ったTシャツを着ていった。
カオスな場であるコミケなら、堂々と着られるw

お盆休みその3 夏コミ3日目前編 - 2012.08.20 Mon

さて夏コミ3日目、静流さんからサークルチケットをいただき悠々入場…
かと思いきや、私が待ち合わせに15分遅刻
えー、実家の最寄駅に着いたところで宝の地図を忘れるという大失態に気づきましてね…。
いやあ、わりいわりい(軽)。
しかし、ビッグサイトでケータイが繋がらなかったのは、ちょっとビビった。

2日目同様、ほぼ同じ時間に大崎でりんかい線に乗ったんですが、
2日目は余裕で座れたのに、3日目は大崎に着くまでに既に満員という状況。
ここまで違うんだなあ。エロパワーパネェっす。

お買い物タイムは、まず真っ先にT2 ART WORKSへ。
この時に、となりの翡翠亭ダッシュで向かう人が後を絶たず。
スタッフが走らないで!と両手を前へ出して叫んでいるにもかかわらず、
問答無用で走る人多かったな~。ちょっと笑ってしまったよ。
15分ほどで購入し、その後は自分のお目当てのモノと並行して静流さんの頼まれものを購入。
11時頃にCHOCO BOXにたどり着くと、外に傘をさしている人が数人。
周りの会話で少し前に大雨が降っていたことを知る。
全っ然気付かなかった…。
そして、毎回持っていってるレインコートは、今回も無用の長物!たまには使わせろ!
購入には、30分ほどかかったな。
最終的に、12時すぎくらいまで買い物。

変換 ~ 112
T2 ART WORKS新刊&グッズセット。
バスタオルもあったけど、6000円だったので、さすがに購入せず。
久しぶりのTOnyさんの絵は、やはり美麗。
でも、モノクロはあんまり惹かれないのよね…。
変換 ~ 113
CHOCO BOX新刊&CHOCOセット。
絵柄変わったなあ。

変換 ~ 114
戦利品その1
エロゲで知った丸新さんの新刊や、S.S.Lさんのライダー本が買えたのは、嬉しかったね。
特にS.S.Lさんは、毎回タイミングが悪かったり不参加だったりで買えなくて、
今回ようやく初購入。
丸新さんはスペース行くとヒゲをはやしたなかなか貫禄ある人物が売り子をしていたので、
思わず『ご本人ですか?』と聞いてしまいましたよ。
アレで21か。うーむ。
変換 ~ 115
その2。
助手本や氷菓本のいいのが買えました。
スミヤさんのブラックなえるの誘い受け本がめっちゃイイ感じ。
変換 ~ 116
その3上部は1度静流さんのスペースでひと休みしたあとで、
散歩がてらに購入したもの。
下部は静流さんに頂いた新刊と、頼まれもののお相伴で買ったもの。
WA2の小春本がかなりイイ。今後も要チェックやわ。
日本酒の本は、思わず手にとってしまいたくなる装幀。
内容も、読み物としてとても面白かった。

今回は、今まで以上に好きなジャンルをメインに購入してみたけど、
結構粒ぞろいで、満足いきましたね。
作品知らずに買ったのは、4冊くらいかな。

お盆休みその2 夏コミ2日目後編 - 2012.08.19 Sun

メンバー6人(私、浅生さん、静流さんユキさん、堕落人さん、カズさん)全員無事合流し、ファミレス→居酒屋へ。

初顔合わせのカズさんの若さに嫉妬
そしてそのオリジナリティあふれる経歴にびっくり。
お世辞でも私のブログが面白いと言ってくれた、とってもいい人。
でも、面と向かって褒められると恥ずかしいよね。
まあ、だからといってMっ気はないので面と向かって罵倒はしないでね♥

ファミレス&居酒屋では、いつもの如くヲタトーク全開
あー、やっぱり同好の士との会話は、めっちゃ楽しい!
ここでは若手の堕落人は、相変わらず1番濃いw

本来の趣旨である、ユキさんの初同人に関しては、
100部が瞬殺ということで、めでたいながらもなぜもっと刷らなかったのかとのツッコミ多数。
弱気すぎでしょ~!もったいない!
1部入れ忘れてた修正を突貫作業で行ったという裏話には、大いに笑わせていただきました。
よく見ると、そのページだけ他のページと修正が違うのよねw

それ以外にも、ここでは書けないお話を色々聞かせていただきましたよ。
変換 ~ 112
頂いた同人誌&ペーパー。
やはり、と言っていいものかわからないけど、
ゲーム原画より魅力的だわ。
あ、ページを進めるにしたがって、
徐々に力が尽きていってる気がするのは気のせいでしょーか。

話は尽きねどユキさんの帰りの電車も近づいているので、早めにお開き。
私も、翌日に備えて英気を養うのであった。

皆さん、お疲れさまでした~!

お盆休みその1 夏コミ2日目前編 - 2012.08.19 Sun

初めて2日目に参加してきましたよ。>コミケ

ゆっくり行く予定だったのが、
色々ぐぐってみたところleafは長蛇で牛歩と知り、9時前に現地入り。
いつもどおり小説を読みながら開場を待ち、中へ入ることができたのは10時40分頃だったか。
西で2ヶ所買い物をし、11時頃に本丸leafへ。
いざ行ってみると並んでいるのは10人ほどで拍子抜け。
10分もかからずあっさり買い物終了。なんぞそれ。
浅生さんらとの待ち合わせが14時なので、時間余りまくりというハメに

購入の品。
変換 ~ 110
本日の大本命、WA2サントラ第3弾setuna&夏コミ特典MCディスク
ジャケ絵は裏も表も相変わらずの村様クオリティ
つーか、第2弾の小春と同じ構図やないかい!
…ま、まあ中身はとてもいいのでそこはスルーしておこう。
作中で使われた曲はもちろん、投票で決まった曲もとてもいいです。
劇中歌で好きなのは届かない恋Valentine Live、投票曲では夢想歌がお気に入り。
夢想歌は原曲はそれほどでもなかったんだけどね。
雪菜の歌声がめっちゃイイ。
中の人GJ! GJ?ではない!
MCディスク、ボーナストラックはどう考えても雪菜トゥルー後じゃないですか。
コレ、雪菜ファンは絶対持つべきだと思うよミーは。

変換 ~ 109
こちらは紙袋セット。
もともとグッズには興味がないので買う気はなかったのに、
灯火に惹かれる蛾のごとくWA2グッズを手にしてしまう自分がいる。もーいや。

変換 ~ 111
同人ゲー2本。
リア充+オフライン少女体験版

とりあえず東へ行って買い物もせずベンチで一休み
まったりしながら浅生さんにメールを送ると、何故か『駐車場で並んでる』との返信が。
その後のやり取りでufotableで並んでいると判明。なるほどね。

十分休養を取ったあと、再び西へ赴きざっと見て回り、
再度leafのブースへ行ってみる(この時点で13時頃)と、CD以外のグッズはほぼ売り切れ。
この時間帯に買えばよかった…!
グッズが売り切れてたほうが嬉しいとか、買えなかった人にはホント申し訳ないけどっ。

早めに浅生さんと合流を果たすと、
始発で並んだにもかかわらずFate/zeroグッズが買えなかったとか。
それを聞いて驚くと同時に爆笑
見事なオチに美味しいネタと、うらやましいなあ(棒)。
いやあ、イチロー並みに“持ってる”ね!

範馬刃牙最終回 - 2012.08.16 Thu

変換 ~ 109

最終回なので、一応買ってきた。

言うまでもなくゴミ
あ、チャンピオンがじゃなくてバキがね。
前回の引きを考えれば、わかっちゃいたけど。

エア味噌汁のしょっぱさを指摘されて、汗だくの勇次郎。
バキの「勇次郎にメシを作らせる」という我が儘を通らされ、
なぜか敗北を認める
てゆーかさあ、バキが作らせたんじゃなくて
勇次郎が自分からお情けで作っただけにしか見えないんですけど。
そもそも、イメージのカマキリを実在の子犬にも劣ると、超正論をカマしておいて、
イメージの味噌汁の味をどうのこうのとかバカすぎだろ。
作者的にリアルシャドウは使い勝手がいいのかもしれないけど、
コレのせいでなんでもあり化が進んでしまった印象。

最後はお互いに勝利を譲り合って終了とかもうね。
おまけに、御老公の病気まで治るし。なんぞそれ。

最初から最後まで、全くと言っていいほど面白いところがなかったなあ。
作者が“親子喧嘩”にこだわるせいで、死闘という感じがこれっぽっちもなく
お互い鬼の背中がつなぎ技にまで堕ちる体たらく。
バキはゴキダッシュやトリケラ拳、虎王がほぼ役たたず、
これまで積み重ねてきた戦いはなんだったのかと。
勇次郎は勇次郎で、「勇次郎だから強い」のではなく「範馬の血だから強い」という、勇次郎の価値を貶める駄エピソード
ドレスとかホント無意味。
行き当たりばったりで描きなぐった結果がこれだよ。
私のような立ち読み派ですらこれなんだから、コミック買ってる人はご愁傷様という他ない。
ちなみに私は、妄想カマキリで買うのやめた。

板垣先生お疲れさまでした(棒)
なおシリーズは継続する模様。アホか


おまけ
dss.png
梢は描けば描くほどブサイクになる一方
最後の出番だっつーのにヒデエ。

すぽコン! 3点 - 2012.08.08 Wed

変換 ~ 085

絵に惹かれて購入したわけですが…うーむ…。
ホント絵だけ
シナリオはハナから期待した人はいないだろうけど、
まさか肝心のエロが残念とわ
というか、無駄に真面目なんだよな…>シナリオ

公式でウリはなんといっても様々なスポーツ系コスチュームを纏った女の子たちです!
テニスウェアから、レオタード、競泳水着。さらには和風袴の弓道娘までいたりと、
さまざまなユニフォーム姿でのHを楽しんでいただけます!
スポーツ万能な主人公をめぐって、ヒロインたちが争奪戦を繰り広げます!
争奪戦といっても、まっとうにスポーツで勝負……というわけではなく、
なんとその方法とはエッチな手段を用いた「勧誘」という名の誘惑で……!?
時と場合を選ばない、気の休まる暇もない女の子たちからの勧誘合戦の中、
あなたはどの女の子を選びますか?

とあるのに、争奪戦はさして長くもない共通だけ、
おまけにハーレムがない上、キャラを攻略するために
そのキャラばかりを選択肢で選ぶとなると、
当然争奪戦、誘惑合戦といったものもなくなってしまうのが、なんとも。
しかもユーワクというよりキョーハクになってたりするし。

Sportswear-Complex!と謳っておきながら、コスチュームに対するフェチが全っ然ないのは、
断固として抗議したい。
ロンドンオリンピックの体操男子団体並みに抗議したい。ちょっと時事ネタ。
ほぼ着衣エッチなのは、評価したいんだけどね~。
1キャラ10~11回とHシーンが多いだけで、
尺は長いけど内容は純愛系と大差ない和姦H

絵はいいとは言っても、立ち絵に比べて1枚絵はややキャラの顔立ちが幼くなってるのも、
激しく抗議したい。
ロンドンオリンピックのボクシングバンタム級清水選手並みに抗議したい。ちょっと時(ry
特に大和撫子和風美人の円はヒドイ。
香津美あたりはまだマシ。

攻略順
香津美→円→兎→アンナ→ゆかり
お気に入り順
円>>兎>>香津美>>>>アンナ>>>>ゆかり

キャラ別感想

前の学園から主人公を慕ってやってきたという設定のヒロインだけに、
他のルートで振るのが申し訳なくなる
おとなしやかで黒髪ロングがよく似合う和風美人ながら、
この学園の変な制服が一番似合わないキャラ。
なんだって、こんなヘンテコな制服にするのやら…。


テニスルックでスコートひらひらお尻ふりふり、
さらに生尻披露と、誘惑が一番エロかった
恥ずかしがりながらやるのが、たまりませんな。

香津美
クールに誘ってくる姿は、中々にエロい。
しかし、大好物のクールビューティーなわりに、イマイチ惹かれるものがなかった。
なんでだろ。

アンナ
ネアカでハイテンションという、テンプレ的エロゲ金髪娘
ダサい制服の着こなしがいい感じ。
みんなこんな着方でいいのに。
アンナは声がダメでした。
草柳順子さんは、この手の騒がしいキャラよりおとなしいキャラの方がいいわ。

ゆかり
私の苦手なオドオドオロオロ気弱ヒロイン
かんにんしてえ。

めちゃ久しぶりの抜きゲーでしたが、ヒジョーに残念な結果。
こういうのを望んでたんだよ…。

コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」 4点 - 2012.08.05 Sun

変換 ~ 084
日向アキトは最悪の戦場にいた。
ブリタニア軍に包囲されたユーロピア共和国連合(E.U.)
132連隊を救うためのナルヴァ撤退作戦。
ナイトメアフレーム・アレクサンダに取付けられた自爆装置と、
カミカゼをあてにする無能なwZERO部隊隊長によって死んでいく仲間。
アキトは、その逆境の戦場で終わるあてのない戦いを繰り広げる。
そして誰もが部隊の全滅を予想した時、wZERO部隊参謀レイラが動く・・・。
ブリタニアに占領され“エリア11”となった祖国日本。
その余波を受け、E.U.領内の多くの日本人は収容所に収容された。
アキトに残されたのは、E.U.の地でイレヴンと蔑まれながら生きるための戦いを続ける道だけ。
アキトは己を一つのナイフのようにとぎすませることで、その日々を生き抜いている。
だが、牙を失わず、生きるための戦いを続ける若きイレヴンは彼だけではなかった。
佐山リョウ率いるグループは、自由を勝ち取るためある計画を仕掛ける。
様々な思惑が渦巻く中、アキトはこのE.U.で生き抜くことが出来るのか?
(公式より)

初日の最終回に行ったらパンフ売り切れorz
部数絞ってるのか?

内容的には、ホント第一話って感じ。
舞台説明とキャラ紹介、だね。
まあ続きを観たいと思える程には面白かった
ただ、観て思ったことはやっぱりギアスはルルーシュありきって事ね。
今の所、主人公アキトにはイマイチ惹かれる部分がない。
最も、アキトはルルと違って前線で戦う兵士なので、
立ち位置も違うから単純に比較はできないけど。
あと、眼の光り方から言ってギアス使いではなくギアスにかけられてる方らしい。

今回の戦術家はヒロインのレイラ。
太ももが眩しい。ご飯三杯はいける。
どちらかというとクール系かな。
すました感じはなく、好感の持てるキャラだと思う。

EU兵を何人も殺したリョウ達をWZERO部隊に加えるのは、どうかと思った。
「イレブン」の「テロリスト」が殺してるんだから、
普通に考えれば厳罰どころか死刑モノだろ。
リョウ達もあっさり部隊に入るなや。

女性キャラは、相変わらずみんな可愛い。
キムタカデザインは大好物ですよ。

男キャラは細面のイケメンタイプが多い中、豪快な武人タイプのマンフレディは
貴重な非イケメン枠だったのに、ギアスであっさり瞬殺。おお…。

戦闘は冒頭のアレクサンダの動きがキモカッコイイ
四足歩行から二足、二足から四足へとめまぐるしく変形するスピード感がたまらない。
やっぱり地上戦はいいねえ。
空中戦や威力のありすぎる兵器は萎えるので、このまま行ってほしいものなんだが。

音楽は、あまり印象に残らなかった。
Previous Noticeくらいは使って欲しかったなあ。
やっぱ、ギアスといえばアレでしょう。

次回予告でスザクとC.C登場
そして続編は来春公開予定…。
遅すぎだろ!正味一時間もねーのに!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (291)
映画 (347)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (202)
アニメ (103)
雑記 (158)
野球 (68)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード