A D M I N
topimage

2012-01

WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ 5点 - 2012.01.29 Sun

変換 ~ 021

この一週間、睡眠時間を通常の半分の3時間に削るまでハマッた・・・!
そりゃ本気出した時の春希の足元にも及ばないけどさあ。
で、でも私的には頑張ったんだからね!

いや~、ホント素晴らしかった。
ボロボロ泣くまでには至らないけど、何度もジーンと来たねえ。
恋愛の痛みや苦しみ、楽しさ(前者に比べて少ねえ・・・)、友情、家族愛が
これでもかと言うくらい盛り込まれてて、キャラ萌に走らない(萌えるけど)純粋な恋愛ものを
よくここまでに仕立て上げたと感心しましたわ。
何年もエロゲやってる割に、丸戸史明作品をプレイするのはこのWHITE ALBUM2が初めてで、
ちょっと他の作品にも興味が湧いてきた。
ミスリード誘う演出が多いのは、ちょっと気になった。
もっとも、これだけ長いと色々変化をつけないと平坦になってしまうから、
仕方のないことではある。

Hシーンは結構数があって驚いた。
Leafのくせに生意気だ。
・・・が、内容が重かったり重要なセリフがあったりするので、
エロさはあまり感じなかったなあ。
私はHシーンはプレイ中は飛ばして後で回想で見るので、
それだけにスキップできない内容になってるのは痛し痒し。
尺もやたらと長いし。
春希てめーセックスの時に余計なこと考えんじゃねえと何度思ったことか。
つか、よく萎えんな。

最終的な攻略順は
千晶→麻理→雪菜→かずさ→小春
お気に入り順は
かずさ>>>>>>>雪菜>>>千晶>麻理>>>小春
introductory chapterからぶっちぎりでかずさ派でございます。かずさかわいいよかずさ。

キャラ別感想(ここから激しくネタバレ)
かずさ
その一途さに胸が締め付けられ、忠犬ぶりにキモいくらいニヤニヤさせられた
外面は孤高を保った狼、クールビューティーなくせに、
春希の前では拗ねた子供というアンバランスさがとても魅力的で、
めちゃくちゃ保護欲をそそられるのよね~。

ノーマルエンドでは春希とは心が繋がった状態で自ら別れたからか、
私には精神的に強くなった印象が残った。
トゥルーエンドは至高
かずさ派以外はかなり好き嫌いが分かれるルートだと思うし、
作中でも周りをぶっ壊す一番最悪な決断だけど、それでも一番良かった。
雪菜トゥルーのかずさは、想いこそ報われなかったものの、
作中唯一かずさの世界が広がったエンドで、あれはあれで好き。
病人にリンゴの皮剥かすなw

Hシーンはマジで重いのばっかだった。
どう使えと(何に?)
最初に結ばれた時の、
『お前・・・ヘタクソじゃ、なくなっちゃったなぁ・・・っ』は本気で辛かったわ・・・。

「俺の嫁」ではなく「春希の嫁」と言ってやりたい。

雪菜
黒い天使・・・じゃあブラック・エンジェルズなるから、
堕天使とでも言おうか。主に春希絡み中心で。
「歌を忘れた偶像」の黒さとエロさには笑わせてもらいましたよ。いい意味で。
いや、いい娘なのよマジで。
かずさがとんでもなく魅力的なのが悪いだけで。
人の気持ちが読めすぎるのが、気の毒なくらいマイナスに働いてるんだよね。
性格そのものもややこしいよねえ。

closing chapterはとても幸せな気分にさせられた。
電話越しのギターはすっごい好きなシーン。
だからこそかずさ派の私でも、codaの展開は雪菜が可哀想すぎてキツい

トゥルーエンドは大団円と言っていいでしょう。
みんなを幸せにする力がパネェ
詳しい描写はなかったものの、春希と春希母の間を取り持つとか凄すぎ。
再びひとつになった三人のセッションは嬉しかったな~。
かずさノーマルの雪菜は菩薩としか言いようがない
アレはある意味、雪菜エンドとも言えるのでは。

「姫様が欲しいのは、王子様のキスではなく、大臣のお小言」って表現お気に入り。

Hシーンは、雪菜みたいな娘が乱れるギャップがエロスを助長させてGOOD.

千晶
とにかく、中の人の演技が上手すぎ
舞台の演じ分けは素晴らしいの一言。
シナリオ的にはあちこちに伏線が貼られてて面白かった。
途中の展開はキツかったけど。
そら春希も壊れるわ。

キャラ的には新規三人の中で一番好き。
色々な面を見せてくれるし、舞台のために春希に近づいていたのが
いつの間にか本気で惚れてしまったのは、萌えポイント。
『にゃあ、んにゃぁぁぁ・・・』『みぃ・・・みぃぃぃぃ・・・ふぇぇぇ・・・っ』は可愛かったなあ。
他ヒロインのルートで優しく春希を励ますシーンもめっちゃイイ。
三人をある意味で見守ってきた千晶だからこそのセリフだよな~。
“雪音”としての告白も、ちゃんと胸に手を当ててるのがウマイ。

下着つけてからのHは作中一番のエロさ

麻理
処女非処女にこだわりは全くない私ですが、この人は処女で良かったと思う。
麻理さんのシナリオは箸休めとしてよかった
修羅場Hからドロドロになるかと思いきや、
その後佐和子さん相手に子供っぽく泣きついていたので、ちょっと拍子抜け。
キャラクターとしては魅力的でも、シナリオに突き抜ける部分が無かったので、
総合的に千晶に譲った感じ。
ラストの展開は上手かった。
しかし、年齢の割に貫禄も立ち位置も不相応なくらいあったな。
あれで26はちょっと信じられんというか、無理あるなあ。
プレイヤー受けを狙って年齢低めに設定したのかもしれないけど、
30前後でよかったんじゃないかと個人的には思う。
ますます麻理さんが悩みそうだけど!

Hシーンは、歳上なのに初々しい麻理さんが可愛い。

小春
人の事情に口出しし過ぎな第一印象が悪く、それが後々まで尾を引いた。
で、最後に攻略したわけだけど、これが優勝決定後の消化試合並の気の抜け様。
しかも、個人タイトルも首位打者争いこそする選手はいれども、
敬遠合戦や欠場でどーにも力が入らないというか。
プレイしてみると、この娘のいい所もいっぱいあったんだけど、
coda後はやはり失敗したと言うしかない。
雪菜との別れのCGは、このルートのがもっとも切なかった。

春希
introductory chapterの時の方が、好感持てたな。
ルートによってはかなりイラつかせてくれたし。
でも、最低なことをやってても、状況を考えるとクズとも言えないんだよなあ。
春希が元凶なのは間違いなくても、嫌いにはなれない。


武也・依緒
武也いい奴すぎる。
春希のためなら依緒すら敵に回すのが、すげーイケメン。
かずさトゥルーで、二人が絶交するという時に
春希がホントにホントの親友と気付くシーンはグッときたな~。
アレは名シーンでしょう。
依緒はイマイチ印象に残らなかった。
雪菜の味方以上に春希の味方の武也に比べて、
依緒は一部を除いてほぼ雪菜の味方だったから、意外性がなかった。

曜子
大好き
かずさに対する深い愛情がとてもよく伝わってきた。
かずさとの掛け合いも楽しかった。
サブの中では、一番好きなキャラ。

小木曽家
いい人たちだからこそ、かずさトゥルーの婚約破棄は辛い。
あのシーンは、もう一度やろうとする気が起きないほど、痛い。

開桜社の面々
浜田さんは26に見えない
かずさトゥルーの送別会は泣きそうになった。畜生。


こんなキャラになるとは、予想外。
最初はイラつかせてくれるキャラだったのが、
雪菜にとってまさか(おそらくは)依緒以上の親友になるとはね。

友近
核が足りない
雪菜にオナネタを提供する役割なのは、泣ける。

イチャラブHがもっと見たかった
そこだけが残念。
スポンサーサイト

’11映画下半期&年間ベスト10 - 2012.01.28 Sat

遅れまくったので、もういっぺんにやってしまおうかと。

んで、下半期ベスト10
1位 宇宙人ポール                        
2位 ラブ・アゲイン
3位 ラビット・ホール
4位 海洋天堂
5位 あしたのパスタはアルデンテ
6位 黄色い星の子供たち
7位 127時間
8位 猿の惑星 創世記
9位 ミッション:8ミニッツ
10位 ハートブレイカー
次点 マネーボール
   モンスター上司

鑑賞77本
1・2・10位のコメディは、ホント大笑いしたな。
ポールは元々期待してたし、ラブ・アゲインも主演がスティーブ・カレルだったから
楽しみにしてたけど、ハートブレイカーは唐突に観に行ったのよね。
それがまさかの掘り出し物ですよ。
俳優自体は有名だから、そこまでダークホースってわけでもないんだろうけど。
3位も期待以上。加害者である高校生が一番印象深い。
4位は評判を聞いて行ったのよね。ジェット・リーが素晴らしい。
5位もびっくりな良作。笑えて泣けた。
6位はボロボロ泣いた。恥ずかしい・・・。
メラニー・ロランは何回見てもマジ美形。
7位はさすがのダニー・ボイル。よくこんな動きのない映画を作ったもんだ。
8位は全然期待してなかった。主演が7位と同じやね。
9位はヴェラ・ファーミガ最高。もちろんストーリーもいいよ。


年間ベスト10
1位 英国王のスピーチ
2位 アメイジング・グレイス
3位 宇宙人ポール                        
4位 ラブ・アゲイン
5位 ラビット・ホール
6位 海洋天堂
7位 あしたのパスタはアルデンテ
8位 孫文の義士団
9位 リトル・ランボーズ
10位 キッズ・オールライト

以下
11位 黄色い星の子供たち
12位 127時間
13位 キック・アス
14位 猿の惑星 創世記
15位 ミッション:8ミニッツ

鑑賞126本。観すぎや・・・。
ベスト10は、上半期下半期仲良く5本ずつか。
6位までは鉄板で、それ以下はあんまり差はない印象。

鉄板と言っておきながら、英国王のスピーチは、オスカー獲ったといっても、
1位はちょっと違和感無いこともない。
でも、それ以上の作品といってもな~・・・という感じ。
順位付けるの難しいね。
時間が経つと尚更。

今年は絶対本数減らす!

PCご帰還! - 2012.01.22 Sun

images.jpg
PC復活ッッPC復活ッッPC復活ッッPC復活ッッPC復活ッッPC復活ッッ

という訳で、約5週間ぶりにPCが帰ってまいりました。
さあ、これから溜まってたぶん、更新すんで~。
・・・と思ったけど、流石に多すぎて無理っぽい
特に小説は、ネットに繋ぐ時間が減った分、かなり読んだのでねえ。
何冊かは、感想書くつもりではいます。

WHITEALBUM2は、雪菜を狙いつつを狙いつつあっちこっちにいい顔してたら
雪菜ノーマルエンド?っぽいのに行った。
八方美人はダメね!

さて、それでは今更ながら年始の話題をば。

変換 ~ 001
変換 ~ 002
2日は、大倉集古館へ。
名前の通り、ホテルオークラの真向かいにある美術館。
鼻煙壺という、嗅ぎ煙草を入れる器の展示で、
容器の素材もデザインも多種多様、色とりどりで展示数も多く、
これは見応えありましたわ。
実家へ帰ったら、兄夫婦が来ていて、姪っ子初お目見え。か、可愛い(叔父馬鹿)。
抱かせてもらったけど、首座ってないから怖いw
抱き方うまいと言われたのは喜んでいいのかどうか。

変換 ~ 006
変換 ~ 014
3日は、大磯の六所神社へ。
参拝目的ではなく、この日だけ、素戔嗚尊と櫛稲田姫命の神像が公開されるということで。
変換 ~ 007
ボロボロな上、被ってるガラスが反射しまくってよく見えねえ・・・。
変換 ~ 012
変換 ~ 013
ので、垂れ幕の写真もご一緒に。
変換 ~ 018
帰り道に見たエコーズの落書きに笑ったw
晩は高校の同級生と約15年ぶりに再会
中々、マイナスな意味での波乱万丈な人生を歩んでて、
それでもタフな生き方には感心。
お互い(元)プロレスヲタクなので、その辺でも盛り上がって、楽しかったなあ。

変換 ~ 022
変換 ~ 019
3日は北京故宮博物院200選を見に東京国立博物館へ。
先着1500人に土偶ストラップと言ってて開館時間に行ったら、
目玉の清明上河図が既に200分待ち
当然、ストラップなんぞあるわけもなく。
ちなみに私は清明上河図は見ませんでした
3時間も待ってられっか!
それ以外も客が多くて中々動いてくれず、疲れた・・・。
変換 ~ 025
上野駅から見たスカイツリー

変換 ~ 0311
変換 ~ 0270
変換 ~ 0280
その後、横浜の菊名神社へは、これも参拝ではなく新調された天井絵が目的。
描いたのが29歳の女性というのにびっくり。
絵そのものは特別どうこうは感じなかったな。
ただ、1枚ごとの構図や全体の構図、十二支という題材が面白かったね。

変換 ~ 048
変換 ~ 033
変換 ~ 034
変換 ~ 036
変換 ~ 037
で、5日は江ノ島神社。
これまた参拝ではなく、近くに仕事場がある友人に会うため。
江ノ島は実家から電車で2、30分程度なのに、来たのは多分小学生の時以来かな・・・。
変換 ~ 044
変換 ~ 045
展望台とそこから見た富士山。
高所恐怖症なのでマジビビリしながら撮影。

と、珍しく非常に盛り沢山な正月でした。
色気皆無なのは何とかしたいな!

あけましておめでとうございます(えー - 2012.01.16 Mon

PCの復ッ活ッとともにあけましておめでとうとやりたかったんだけど、
未だにPC帰ってくる気配すらねえので、三度ネットカフェから更新。やれやれ。

そんなわけで既に年明けてから半月経ってますが、おめでとうございます。
もうしばらくこんな感じですが、ここ見てるという奇特な方は見捨てないでね♥

と、キモくハート出したところで年末年始の事を。
29日に帰ったんですが、早々にトラブル
新幹線に乗車中、コタツの電源消すの忘れたような気がして、
悩みに悩んだ末、自分の記憶は全く信用できないので、新横浜に着いて即京都へUターン
京都で駅員さんに話したら、切符をそのまま使えるようにしてくれたので、
余分なお金は使わずに済んだ…。
いや~、駅員さんマジ神
ちなみに、この時期下りはやっぱり満員。
上りは当日切符買っても余裕なんだけどね。
んで、家に着いたら電源切ってあったorz脱力&力のない笑いに包まれたわっ。
なぜ、こういう時だけ記憶は正しいんだ…。

そして再び、新横浜へ。
切符は再利用できても変更できないので、自由席がらがらのこだまで帰省。
こだまに乗るの何年ぶりだろ。
結局、貴重な連休初日はこれで終了。泣。

冬コミは行ったものの大して買わずにうろうろし、
2時間もしないうちに帰ってしまったので、特に書くことなし。
ああ、choco chipさんのばかでかい横長紙袋なんとかして!
毎回、普通の紙袋持って行くけど、折らなきゃ入らねえ…。
依然買った時はモノクロイラスト本だったけど、今回は漫画(エロ)だった!わーい!
はがない知らないけど

実家の近所のネットカフェではUFCレスナーvsアリスターを視聴。
予想ではレスナー、願望でアリスターだったこの一戦、
まさかのアリスター1RKO勝利にビビッた。
レスナーは病み上がりだったとはいえ、ちょっと酷かったな。
普通、あれだけミドル喰らうかあ?
レスナーよりボクテク上のドスサントスには、
さすがにアリスター勝てないと思うのですが如何。

…力尽きたので、年始はまた後日。

それでは今年もよろしくお願いしますm(__)m


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード