A D M I N
topimage

2011-05

乱飛乱外⑨&オールラウンダー廻⑥ - 2011.05.31 Tue

変換 ~ 112

乱飛乱外⑨/田中ほさな
最終巻。
せっかくなので、過去のカラーイラストを収録した特装版を買ってみた。
私がこの漫画を読むきっかけになった、シリウスの表紙も当然収録されてて、
懐かしかったわ~。
単行本派なので、「告知忍者みずち」の収録も、何気に嬉しい。
1番嬉しかったのは、くのいちトリオと雷蔵の添い寝シーンだな。
乱飛を初めて読んだのが、この回。
でも、9巻の表紙は通常版の雷蔵かがり2ショットの方が良かった…。

さて本編、まあ大団円と言っていいんじゃないかと。
ただ、終盤はかなり駆け足だったなあ。
百花忍び軍なんて、十把ひとからげの扱いで泣けた。
探女(さぐめ)だけは、いい役どころもらってたけど。
しかしいーなー雷蔵。
百花忍び軍まるごとお抱えかよ。

星眼と幽香(かすか)のエピソードも、全然消化できてなかったな。
元々ヘタレっぽいラスボスとは言え、星眼自体もアッサリ死亡て。

大団円とは言ったけど、姫様たちの出番が前巻で終了だったのは、大いに不満。
最後も出てきて欲しかったよ…。
如火と姫丸の陰の薄さもなあ。
途中から、ホントいてもいなくても変わらんくらいの扱い。
それ以上に、みずちとは何だったのかだけど。
みずちこそ、マジで存在意義が不明だったな…。
代わりに十兵衛が美味しすぎた。

中盤停滞気味というかあまり面白くなかったけど、
終盤でやや盛り返した感じ。
一応最後まで楽しめたのは、良かったよ。

次回作も期待。

「オレはかがりどののとのだ!!
オレのことをすっかり忘れてようが石になってようが、
この子を傷つける奴はオレが許さん!!!」

オールラウンダー廻⑥/遠藤浩輝
おいおい、進撃の巨人の作者の方が格上みたいなオビだな…。

アマ修斗関東選手権準決勝、メグルvs加賀谷。
いつもながら、細かい技術の攻防が面白い。
人間ドラマ部分もいいね。
しかし、この時点でもホントオールラウンダーだな、メグル。
さすが主人公というべきか。
ただ、普通ここまで攻守が目まぐるしく入れ替わるもんかね。
もちろん、リアルと同じように膠着しまくりじゃ漫画にならんけど。

マキちゃん、ツンデレか

「古屋さん俺…もっと練習したら…
強くなれますか?」
「…ああ。
でもなメグル。
格闘技が強くても、それだけじゃ偉くもなんともねーぞ」

乱飛乱外(9)特装版 (プレミアムKC)乱飛乱外(9)特装版 (プレミアムKC)
(2011/05/09)
田中 ほさな

商品詳細を見る

オールラウンダー廻(6) (イブニングKC)オールラウンダー廻(6) (イブニングKC)
(2011/05/23)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る

スポンサーサイト

スティール・ボール・ラン㉓&だぶるじぇい④EIGHTH⑤ - 2011.05.29 Sun

変換 ~ 114

スティール・ボール・ラン㉓/荒木飛呂彦
薄っ!
何このページ数。

それはともかく、まさかのザ・ワールド!!

大統領のスタンドに全く魅力を感じなかっただけに、
このラスボス交代劇は素直に嬉しい。
何でもありすぎな気がしなくもないが。
大統領は、初期の丸っこい風貌のほうが好きだったなー。
アレだと、風格も何もあったもんじゃないけど。

それにしても、ジョニィの理解力には恐れ入る
花京院はワナ張って死を賭して、ようやくワールドの能力を知ったって言うのに。

ジャイロは、ホントに死んじゃったんだな…。

ジョニィの父親のシーンは、泣けた。

「すまない…すまなかった…。
信じたかった。本当に…大統領を信じたかった。
さようならジャイロ。
さようなら」


だぶるじぇい④/亜桜まる・野中英次
アニメ化決定だそうな。
が、切ろうか切るまいか微妙なラインになってきたな。
面白さがどんどん減っていってるのがなー。

1番好きな相良くんの回も、今回はイマイチ。
そのかわり、イタコ職人は笑った。
いかにものなー的というか。
真田さんのラブ話も、別の意味でよかった。
真田さん可愛いよ真田さん。

「シュワルツェネッガーは外人なのに、
何で日本語を喋ってるんですか?」
「それは…
シュワルツェネッガーの映画を吹き替えでしか見たことがないから」

EIGHTH⑤/河内和泉
3ページしか出てない新キャラが表紙かよ。
トリニティ涙目だろ。

ウィルス編はヒカルのエピソードとか前巻のトリニティとか、
個々では良いシーンあったんだけど、全体的にはどうもかったるかった
なんつーか間延びした印象。

オビに真里ぱい無双なんて書いてあったから、
ものすごく期待してたらたった1話分かい!
ぬか喜びもいいとこだわ。
まあ、1話分だけでも破壊力はかなりのものだったがね。
ちくしょー可愛いぜ真理さん。
ナオヤの妄想真理さんの、胸のきわどいところにトーンが貼ってあるのは、
作者狙ってるのかと。
でも、最も可愛かったのはスネる真理さん
あ、駄々こねるアンジェラ博士も可愛かった
ツリ目+メガネ最高や!
なんでもいいんじゃねえかと言わない。

ルカは萌えキャラ化或いはネタキャラ化しそう

まりぱい一揆ワラタ。

「それに私が異動になったって、
だれもとめてくれないかもなんて
思っちゃってそれで
ナオヤくんならって…

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 23 (ジャンプコミックス)STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 23 (ジャンプコミックス)
(2011/05/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

だぶるじぇい(4) (少年マガジンコミックス)だぶるじぇい(4) (少年マガジンコミックス)
(2011/05/17)
亜桜 まる

商品詳細を見る

EIGHTH(5) (ガンガンコミックスJOKER)EIGHTH(5) (ガンガンコミックスJOKER)
(2011/05/21)
河内 和泉

商品詳細を見る

アンノウン 4点 - 2011.05.29 Sun

変換 ~ 115
植物学者のマーティン・ハリス博士は、学会に出席するために、
妻とベルリンへ旅立つ。
ホテルに着いた途端、忘れ物に気付いたマーティンは、
タクシーで空港へと引き返すが、途中で交通事故に遭ってしまう。
気がつけば、病院のベッドの上。ホテルへ急ぎ、妻の姿を見てホッとするが、
なんと彼女は自分を「知らない人」だと言う。
そればかりか、見ず知らずの男が自分に成りすましていた──。
そこは海外。パスポートも身分証明書も紛失──
警察も誰も信じてくれない!
マーティンの所持品は、携帯電話と一冊の本だけ。
一方のマーティンを名乗る男は、パスポートはもちろん、
妻との新婚旅行の写真まで持っている。
警察はマーティンの訴えに耳を貸そうとしない。
マーティンは自らの正気を疑い始めるが、何者かに命を狙われ、
陰謀の存在を確信する。
マーティンはタクシー運転手と元秘密警察の男の協力を得て、
謎に立ち向かうのだが──。
(公式より)

それなりに面白かったけど、
期待ほどの緊迫感や爽快感はなかったなあ。


書きにくいのでいきなりネタバレすると、
主人公は暗殺チームの一員で、学会に出席するどこぞの王子の暗殺を隠れ蓑に、
同じく出席するブレスラー教授を暗殺してその発明を奪うのが目的。
で、もうひとりのマーティンは予備の人材なわけ。

ニセの設定は覚えてて暗殺者という本物の自分を忘れるという、
なんとも都合のいい記憶喪失には、ちょっとツッコみたくなった。
でも、フィクションでは大抵はジェイソン・ボーンみたいに
“記憶は失っていても体は覚えてる”ものなのに、
本作では完全に暗殺者としての動きも忘れてたのは、意外と新鮮だった。
もっとも、50代のおっさんが妙に軽快な動きをしてしまったら、
あっという間にネタバレになってしまうけど。

ラストの、記憶を取り戻しての無双状態が、もっと見たかった。
やりすぎると『96時間』の主人公になるけど…(笑)。

序盤は惹きこまれたんだけどねー。
記憶を失ったマーティンを始末しようとする殺し屋の存在が、
マーティン妄想説を早々に否定してしまったのが残念。
しかもヘボ過ぎだし。
最初なんて、ヘッタクソな尾行を気づかれて電車で逃げられる始末
どんだけー(古)。
つーか、すぐもうひとりのマーティンを用意できるなら、
サッサと最初のマーティンを殺せるはずだろー。
元シュタージで探偵のユルゲンが、
「コイツラに狙われたら逃げられない」って言ってたけど、
どう考えても脇が甘いわ。

笑いどころは、2人のマーティンがブレスラー教授に
自分が本物だと信じてもらうため、
自分が知る限りのブレスラー教授との会話を教授本人に話すシーン。
思い切りハモッて笑った。
ホテルに仕掛けた爆弾の解除もシュールでフイタ。
解除失敗で偽嫁死亡って。

タクシードライバー・ジーナ役のダイアン・クルーガーは、
今回みたいな薄化粧のほうが好みだなあ。
不法移民という役柄のせいで、ミスリードされたね。
事故直後すぐに姿を消したので、てっきり、コイツもグルなのかと思ったよ。

偽嫁エリザベスも、美人だった。
結局、この人はあくまで任務第一てことでいいのかな。
元ドイツ秘密警察シュタージのユルゲンがまた良かった。
暗殺チームのリーダー・ロドニーとのやりとりはシブイ。

もう一声!って感じ

マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン/小路幸也 - 2011.05.26 Thu

マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン) (集英社文庫 し)マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン) (集英社文庫 し)
(2011/04/20)
小路 幸也

商品詳細を見る


東京バンドワゴンシリーズ第4弾は、終戦直後を舞台にした番外編で、
過去作同様、サチおばあちゃんが語り手なんだけど、
今回は若かりし姿の五条辻咲智子としての一人称で語られる。

華族の娘である咲智子が、父からある秘密の文書を託され、
追ってに囚われそうになったところをこちらも若かりし頃の勘一に助けられ、
古本屋“東京バンドワゴン”を営む堀田家に匿われることになる。

いつもながらいい人ばかりでほっこりさせられる、安心の一作。
ただ、今回はミステリー要素は薄いね。
もっとも、この作品を好きな人にとっては、それほど気にならないとは思うが。

若き日の勘一は、なんとも男前
男気があり腕っ節も強く情にもろい。
そら咲智子も惚れるわ。
面白かったのが、勘一の英会話。
べらんめえ口調の日本語に対し、英語は正統派キングズ・イングリッシュ
英語のほうだとですます調になるので、めっさ笑える。
ヒロイン・咲智子は、いい意味で従来のシリーズと変わらないねえ。
これまで同様、優しい人柄が良く出てる。
このシリーズに相応しい語り手だよね。

勘一の父・草平はインテリで懐深い、聡明な人物。
出番は少ないけど、母・美稲も、一歩下がっているようで
言うべきことは言う、しっかりとした勁いお母さん。

咲智子を守るため東京バンドワゴンに居候することになる、
ジョー・十郎・マリアもまた、それぞれ良いキャラクター。
勘一とは事あるごとにやり合いながら、実はお互いに認め合ってるジョー、
かつて軍の暗部に従事しながら、
それを感じさせないおっとりとした好人物然とした十郎、
華やかな美女だが同時に家族の問題を抱えていて、
それでも明るく陽気に生きる姉御肌のマリア。
全員、甲乙付けがたいくらい気に入ってしまったよ。
マリアと幸子、勘一とジョーの母のくだりは泣けたわー。
皆いろいろな問題を抱えながら、それを乗り越えていく。
我南人の口調は、十郎に影響されたのね。

“TOKYO BANDWAGON”のシーンは、もう少し見たかったかな。

「いつか、いつの日か帰ってこられるように、この世界を守りたいとですねぇ」

横浜、中村ノリ獲得… - 2011.05.23 Mon

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000060-dal-base
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20110523-00000087-kyodo_sp-spo.html

同情してる余裕なんてないけど、敵ながら気の毒という外ないな…。
コメントが既に、悟りの境地だし。
往年の三浦を超えてるだろコレw
防御率1.875 WHIP0.77で2勝5敗とか、凄まじいな。

横浜としては、ハミルトンGJ!
糸井ありがとうw
つーか、再び最下位脱出じゃあないですか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000042-jij-spo
ノリ獲得って…。
いらんだろー。
だいたい、どこ守らせるんだぁ?
右の代打いないけど、ノリ自身に代打実績ないしなあ。
中日時代の白ノリならともかく、黒ノリだけは勘弁してください。

べしゃり暮らし⑫&ジゼル・アラン②&GUNSLINGER GIRL⑬ - 2011.05.23 Mon

変換 ~ 113

べしゃり暮らし⑫/森田まさのり
YCA学費免除バトル。
一時期、つまらなくなってたけど、またちょっと面白くなってきた。
ただ、ニップレスのエピソードは少ししつこかったかな。
しかし上原ひでえな。
はるかの勘違いっぷりも中々なもんだが
あんなんで彼氏って。

森田まさのりって、友情話好きだよなー。
「友達」ならともかく、あれだけ親友親友連呼されると、
読んでて小っ恥ずかしいものがある
それだけに内川と岩隈の、親友だの何だの言わないベタベタしない関係が良かった。

「やっぱりめんどくさいのォ。相方て」

ジゼル・アラン②/笠井スイ
最初のエピソードでアラン家の執事・モネが、
そしてジゼルの過去話で父と姉ジョゼットが登場。
ジゼルがアパートの大家になった経緯が明かされる。
…まさか、こんなにあっさり家庭事情が判明するとは思ってもみなかった。
お姉ちゃんは、おとなしやかで典型的なお嬢様って感じ。
親父はちょっと病んでるっぽかったけど、
ジゼルがひきこもった時の凹んだ反応を見ると、そうでもなさそう。

後半はもうひとりの何でも屋・ギーが登場。

なんか、1巻ほどにはノレなかったなあ。
早くも飽きたか?
真っ直ぐ系ヒロインって、読んでて疲れることがあるんだよねえ。

「そんなの、ジゼルさんに決まってるじゃないですか」

GUNSLINGER GIRL⑬/相田裕
トリエラああああああああ!!!!

…判っちゃいたけど、やっぱキツいなあ。
夢のシーンはよかったのに、初っぱなのラシェルの顔が男前で吹いたじゃねーか。
ヒルシャーとロベルタ、いつのまにくっついてたんだYO!

ジャンの、クラエスへの謝罪はなあ…。
ラバロの件で直接手を下したのは、ジャンだったのかな。
表向き冷酷なジャンの方が、ジョゼよりもまともだったな。
ジョゼの壊れ方は、酷いもんだわ。
顔がしょっちゅう変わるのも含めて
安定しなさすぎ。

改めて、公社って最初から詰んでる組織だよなーと思った。

「…いいところだったのに…何しに来たんですか?」
「君を助けに…」
「ばかな人。
でもうれしい」


べしゃり暮らし 12 (ヤングジャンプコミックス)べしゃり暮らし 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/05/19)
森田 まさのり

商品詳細を見る

ジゼル・アラン(2)ジゼル・アラン(2)
(2011/05/14)
笠井 スイ

商品詳細を見る

GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
(2011/04/27)
相田 裕

商品詳細を見る

香菜里屋を知ってますか/北森鴻 - 2011.05.22 Sun

香菜里屋を知っていますか香菜里屋を知っていますか
(2007/11/29)
北森 鴻

商品詳細を見る


香菜里屋シリーズ完結編。
それに加え、未完となった双獣記も収録。
何故か文庫版の画像がないので、単行本の画像。


これまでに登場した常連客のその後と、
マスター工藤の過去が明らかになる。
「ラストマティーニ」の真相は面白かったなあ。
香月のオチも含めて、この作品で1番良かった
「終幕の風景」のラストシーンも、ジーンと来て同じくらいイイ。
ラストエピソード「香菜里屋を知ってますか」は、
う~ん、ちょっともやもやする終わり方だなあ。
ハッピーエンドだと思いたい。
最終話は雅蘭堂・越名、冬狐堂・宇佐見陶子、そして孤高の民俗学者・蓮丈那智といった、
北森作品のシリーズキャラクターが一同に集まるので
ファンとしてはその部分が楽しく読めた。
安積は相変わらずウザイが
でもこれを読むと、余計に急逝が残念でならなくなる。
上記3シリーズ、もっともっと読みたかった…。

双獣記ってこれ、伝奇アクション?ファンタジー?みたいな?
蘇我蝦夷・厩戸皇子・鞍作止利といった、歴史上の人物が登場、
それらが異能力を駆使して戦うといった作風。
北森作品は全部読んだわけじゃないけど、
少なくとも読んだ中ではスッゴイ異質
ちょっとエロもあり。
最初は微妙だったけど、読み進めるうちだんだん面白くなってきたんだよな~。
蝦夷の軽めの関西弁キャラが、その生涯とのギャップで面白い。
腹黒聖徳太子との対決が見たかったなあ。


「悪しき心根を持ったものがそこにたどり着くと」
「不幸と破滅の源泉となるに違いない」
「たぶんそこはどこかの町の路地裏で」
「ぽってりとした等身大の提灯があって」
なぜだか乾杯したい気分になった。

香菜里屋を知ってますか。






片思いレシピ/樋口有介 - 2011.05.20 Fri

片思いレシピ片思いレシピ
(2011/04/21)
樋口 有介

商品詳細を見る


柚木草平シリーズの新作は、柚木の別居中の娘で
小学6年生の加奈子が主人公の番外編。

塾のアルバイト講師が何者かに殺害され、
加奈子は親友の妻沼柚子の兄・翔児に引きずられるような形で事件を調べる。
…が、事件を解決するのは、翔児らのお祖父ちゃんだったりする。
正確には、柚木が調べた事件の経緯を自分の推理のように開陳しただけだが。

いつもながら、キャラも立ってて会話も楽しくてサクサク読めた。
加奈子は、第三者が見ても端正な顔立ちなんだということが判った。
妻沼家はみんな、変わり者ばかりで面白かった。
この一家の共通点は、とにかくマイペース。
特に柚子は、おっとりとした天然系で、いつもお姫様のような格好をして、
その時の気分で学校を休んだり早退したりする、自由すぎるキャラ

今回柚木は、電話でのみ登場。
いつもは妻の知子が電話でのみ登場なので、その逆ですな。
ちなみに知子は、中国へ出張中で不在。
柚木のみならずベテラン刑事に山川までもが知子を恐れてるのには笑った。
しっかし、毎度ながら柚木は知子や加奈子には弱いな。
必ず言い負かされるのは、吹く。

加奈子の恋模様は、もうちょっと欲しかったなあ。
翔児も妹に負けず劣らず自由すぎるから、
ちょっとふたりの絡みが物足りなく感じた。
片想いだから、仕方ないといえば仕方ないが。

基本、加奈子の一人称スタイルの文体なんだけど、
小学6年生として読むと地の文にかなりの違和感が
小学生っぽくないんだよね。
そこがちょっと気になった。

妻沼家はおそらく、今回限りの出演だろと思うと、残念でならないなあ。
それくらい、気に入ってしまったよ。
加奈子と翔児くんには、うまくいって欲しいもんだ。

「わたしはね、誰くんが好きとか誰くんが恰好いいとか、そういうことに興味はないの」
「急ぐ必要はないさ。
地獄を見たり天国を見たり、おまえもそのうち、いやでもトラブルに巻き込まれる」
「パパがママをトラブルに巻き込んで、私が生まれたわけだものね」
「それは加奈子、いわゆる、考え方の問題で、
トラブルにもいいトラブルと、悪いトラブルがある」
「詭弁みたい」
「男と女の問題は白とか黒とか、単純には割り切れないってことだ」

出張in北海道 - 2011.05.19 Thu

北海道は砂川へ行ってまいりまして、
昨日の夜9時半頃に帰宅。
先週の月曜から、なんと9泊10日ですよ。
これまでで最長の出張期間でしたわ。

10日間中、半分は冬並みの寒さで往生した。
もう半分は、春のようなポカポカ陽気だったけど。

ぶっちゃけ、ド田舎でなんもなし
コンビニ・スーパー・100均などがあったので、
生活する分には困らなかったけど、非常に退屈な土地(スイマセン…)。
まあ、仕事しに行ったので、文句は言えないけど。
観光地でもないしね~。
でも、なんとか探してみた。
変換 ~ 108
変換 ~ 109

094.jpg
095.jpg
096.jpg
097.jpg
098.jpg
099.jpg
ビューティフル

…一番下のはよく判らんが。
巣箱かと思ったら、スピーカーだったし。
雪山と木々のロケーションが素晴らしかった。

そして石狩川
104.jpg
105.jpg
107.jpg
こっちはイマイチ。

とまあ、自然はそれなりにあったね。
で、せっかくここまで来たんだからと、仕事が終わってから旭川へ足を伸ばしてみた。
変換 ~ 102
変換 ~ 103
…が、夜7時半頃に着いたら、どこにも行くところなんてなかった…。
てくてく歩いてたら山頭火を発見したので食べてみた。
変換 ~ 101
美味しかったけど、よく考えたら京都にもあるんだよな
馬鹿すぎる…。
片道2300円(特急料金含む。つーか特急しかない…)かけてやったことは、
京都にもあるラーメン食っただけ
もっとよく考えたら、コンビニでも売ってるラーメンを食っただけ
ふう…。

いやあ、それにしても疲れた。
今日は、15日の日曜日の分の代休がもらえて助かったわあ。
もっとも、おとなしくせずに大阪行ってエロ同人誌売ってきたりしたけど。
6000円になったよ!
数冊、汚れで買取拒否されたけど、ぶっかけたわけじゃないので念のため。
けど、それでまた疲れて、観にいくはずだった映画は断念。
今日観ないと、もう観る機会ないのに~。
ここ最近、そんな感じで4本ほど観逃したなあ。
残念すぎる。

あ、ちなみに行きの飛行機。
変換 ~ 092
俺がガンダムだ(意味なし)。




変換 ~ 110

どうでもいいけど謎すぎる
店の名前もだけど、ハーブティースナックてなんやねん

3タテ最高や! - 2011.05.08 Sun

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20110508-OHT1T00154.htm

約2年ぶりの同一カード3連勝だそうですよ。
このままいくと、番長の後継ぎは加賀じゃなく高崎になりそうな
どちらにしろ、若手投手受難というところですネ。

今日に関して言えば、高崎は中四日だし打順が回ってきたから
7回で降板なのは仕方ない。
が、それにしたって8回のマシンガン継投はちょっと酷い
江尻真田あたりをセットアッパーに据えられないもんかね。
こんな適当な使い方してたら、マジで中継ぎがもたんわ。
しかし、加賀はヤバいな。
調整させたほうがいいんじゃないか。
出る度に打たれてるような。


明日から北の大地に1週間ほど出張。
こっちと全然気温が違うから、服のチョイスが難しい。
こっちは今週は大体、平均して25度前後。
それに対して札幌(札幌じゃないけど)は15度前後
上着も持っていかないと、駄目だろうな…。

地図見ると、ネットカフェ関係が全然ないから、情報遮断されそう。
私のヘッポコ携帯だと、ネットは使い辛いのよね。

なんとか時間作って、札幌ドーム行こうかなーと考えてたんだけど、
こんな時に限って試合なしとか。

明日は朝早いから、さっさと寝よ。

ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜/三上延 - 2011.05.07 Sat

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


なんとなーくタイトルに惹かれて買ってみた。
ので、表紙絵ロクに見てなかったりする
んで、読み終わってブックカバー外して今ようやく見たら、
中々いい感じじゃあないの。
栞子さん、ちゃんと本文中通り巨乳だし

舞台は北鎌倉。
主人公の五浦大輔は、幼少時のトラウマから本を読みたくても読めない体質となってしまった、
就職浪人中の23歳。
祖母の遺品である「漱石全集」を巡る謎をきっかけに、
古本屋・ビブリア古書堂でアルバイトをすることになる。

ヒロインで探偵役の篠川栞子はビブリア古書堂の店主で、五浦よりやや年上の女性。
本来はとんでもないくらい内向的な性格なのに、
本のこととなると別人のように饒舌になり、
その知識と洞察力で、古書に関わる謎を解いていく。

これは当たりでした

本+謎+美女(美少女)というと「文学少女」を思い出す。
でも、ブッ飛んだないようのあっちと違って、
こちらは地に足の着いた作風。
まあ、その分地味~な感じでもあるけど。

4話の短編+プロローグ&エピローグという構成で、
1話1話独立したストーリーだけど、最後の4話目でそれまでの登場人物が総登場し、
いくつもの謎が氷解する連作短編チックな作り。

栞子さん、可愛いけど怖いよね。
本人に悪意がないのが、逆にタチが悪いよなあ。
五浦に惹かれる描写が全然なかったのは、ちょっとマイナス。
一応、それらしい理由はあるけどね。

内容的に良かったのは、第3話。
ほのぼのするというか、なんかちょっと癒された
ミステリー的には第4話か。
ハッピーエンド大好き人間だけど、
エピローグなしで終わっても良かったんじゃないかと思った私は、
いつの間にか米澤穂信に毒されてるんじゃなかろうか

ネタバレすると、エピローグであっさり和解しちゃうのよね。
あまりにも簡単に仲直りしてしまったので、ちょっとそう思った次第。

この作者さんの作品は初めてなので、既刊も読んでみようかな。
でも、巻末の著作リストを見ると、
目眩がしてきそうなほどの典型的ラノベ風タイトル
ビブリアと違って惹かれないタイトルだなあ。

さて、どうするか…。

「あたしはバカじゃないんでしょ。
だからね、ずっと前から分かってたの…あ、これも三段論法?」
「ああ、そうだな…その通りだ」

コミック1&東京国立博物館 - 2011.05.03 Tue

4月の29・30は野球、
で、5月1日はコミック1へ行ってまいりました。
半分はどの程度のイベントなのかという興味と、
もう半分はこのブログのネタのためw

8時40分くらいに現地に到着。
待機列が短くていいw
コミケ同様、開場まで小説読んで時間つぶし。
PSP持ていったのに、人前でやるのにどうも抵抗があって、結局やらずじまい。
帰りの新幹線でひたすらスパロボやったので、もう大丈夫だけど。

10時30分開場後、10分か15分くらいでホール内に到着。
あとはもう、のんびりと回ってました。

戦利品
変換 ~ 207

いわゆる大手は、CARNELIANさん鈴平ひろさんのみ。
しかも前者は、グッズなし新刊のみのおかげらしく、列なし
さっくり買えた。
なので、実質並んだのはHEART-WORKのみ。
ここは途中でグッズ完売で新刊(&ポスター)のみになったけど、
密かに喜んだ
興味なくとも、残ってたら絶対買ってたからなあ。
つーか、完売で喜んでたのは恐らく俺だけだろうて。

今回の発見は、上段左から2番目のフランス人が描いた同人誌と、
中段左のまりもやさん

フランス人のはフルカラー健全イラスト本で、かなり上手い
いわゆる萌え系ではないけど、充分日本人にも受ける画風。
すべて見開きで、イラストごとに仏語英語日本語のポエムっぽい文章つき。
仏語の勉強にもなりますよって言われたけど、発音がわからねえんスけど。
この人、いつ頃から活動してるんだろ。
聞いておけばよかったなあ。

まりもやさんのは、なぜか今時Quartett!本
原作が好きで絵も良かったので購入。
ただ、シャルはキャラ的には好きだけど、ぺったんこなのでエロは別に嬉しくない
スウファなら良かったのに~。

上段左は、家で読んでてすめらぎ琥珀さんだと気付いた…。
現地でパラ見してても全然気付かなかった。
こんな絵だったっけ。
中断真ん中はかみやまねきさんの初同人誌。
好きな絵師さんだけど、残念なことにミク・まどマギ・東方と、
私の全く興味のないジャンルという仕様に泣けた。

1時頃に開場を後にし、次に上野の東京国立博物館へ。
手塚治虫のブッダ展
変換 ~ 113
写楽を観に。
変換 ~ 114

ブッダ展は、ブッダの誕生から入滅までを、
漫画「ブッダ」の直筆原稿と石像木造を組み合わせる形で展示。
苦行でやせ衰えた姿の釈迦立像なんてあったのね。
展覧会自体は然程の規模でもなく、特別いいわけでもなかったな。
でも、手塚治虫の生原稿が見れたのは良かったよ。

ちなみに、音声ガイドは水樹奈々さん
音声ガイドなんて1回も利用したことないけど、
コレ目的で来る人もいるのだろうか…。

写楽の方は人が凄かった…。
最初のほうなんて、全然進んでくれないんだもんな~。
先に進むに連れて、人も減って見やすくなったけど。

写楽140数点中、5点以外は全公開ということで、
初めて目にするものも多くて見応えあった。
5点のうち1点は震災の影響で公開できず、
1点はボストン美術館展に貸出中、
1点はパリのどこぞに寄贈された後公開禁止だとかで、
残り2点は紛失。

写楽以外の浮世絵師の作品も多く展示されていて、
かなーり面白かった。
久々に図録も買った。
…が、実家に忘れてきてしまい、
おかげでイマイチ中身のない感想になってしまった…。
中身がないのはいつもだろという優しくないツッコミ禁止

4/29・30横浜ー巨人戦 - 2011.05.02 Mon

今季初の横浜ー巨人戦の2試合を観に行ってきました。
横浜7ー6巨人
横浜2ー8巨人

まず初戦。
外野席で観てきた・
変換 ~ 103
ホッシー君
変換 ~ 104
客席からのコールに応える渡辺。
変換 ~ 105
グラウンド風景。
変換 ~ 106
変換 ~ 107
逆転タイムリーを放って、ヒーローインタビューの漢村田。

マジ燃えた
午前中、映画観に行ってて遅れて行ったら
ちょうど武山がパスボールかましやがった所だったという、
最悪の展開に恐れおののいた。
先発の田中健二朗がピリっとせず、中継ぎも失点、
こりゃもうダメかなーとヤケ酒飲んでたら、なんとなんとの大逆転
外野席大盛り上がりで、滅茶苦茶面白かった~。

…が、これが続かないのが横浜
一転、ボロ負け。
変換 ~ 108
2戦目は、兄と2人で1塁側内野席で観戦。
変換 ~ 109
内野だと、ビジョンが見やすいねえ。
…ビジョンが見にくい内野席なんて、あるわけないけどさ。
変換 ~ 110
試合前のスピードガンコンテストの時に、
何故かファースト近辺で素振りするスレッジ。
変換 ~ 111
“がんばろう日本”の応援幕。
変換 ~ 112
始球式は、ソフトボールの上野投手。
本人の希望で坂本とガチで勝負
そして、空気読まずに打ちやがった

試合は、投打にわたって見るところなく完敗。
巨人投手陣は、みんな球威のある連中ばかりで、
横浜打線はかなり差し込まれてたなあ。
逆に、横浜投手陣は140出るかどうかなPばかりで、
簡単に合わせられてた感じ。
とりあえず、加賀の使い方が滅茶苦茶だな尾花
そんなに加賀を潰したいか…。
去年は牛田を連投させまくっておかしくしたし、
こう言う使い方はがっかりだな。

3戦目は行かなかったんだけど、ミルキィホームズのアレだったんだな
んで、こんなん見つけた。
wwwdotuporg1589370.jpg
…色々と凄かったようでw
観に行けばよかったかなw
OP覚えちゃったよ
さすがに、現地で歌う度胸はないけどさ。

あとから、ウチのもう一人の兄貴が観に行ったって聞いたんだけど、
まさかこれが目当てじゃねェよな
もともと、プロアマ問わずの野球好きだしね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード