ごった日記

なんでもなごった煮の日記

医龍25巻&BLOOD ALONE7巻

医龍25巻/乃木坂太郎ついに完結。表紙の集合写真、犬の背後霊に取り付かれてる国立の息子に笑った。さて本編、鬼頭がいいね。朝田に対し、損得よりも情に傾く姿が、この男らしくなくて良かった。教授選はどう考えても鉄板だろうと思ってたけど、第204幕を読んだときは、ドキドキしたよ。んで、毎回毎回加藤ちゃんは可愛い。ついに晴れ晴れとした笑顔が見れた。最高!野口センセはマジで最後まで見事に、霧島の足を引っ張った…。凡人...

2011
28

英国王のスピーチ 5点

幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男がいる。内気な性格から人前に出ることが最も苦手なこの男が、国王になってしまった。“王冠を賭けた恋”のために王位を捨てた兄の代わりに、望まぬ座についたジョージ6世、現在の英国女王エリザベスの父だ。何人もの言語聴覚士の治療を受けても一向に改善しない夫を心配して、妻のエリザベスはスピーチ矯正の専門家ライオネルを訪ねる。固く閉ざされた心...

2011
27

ザ・タウン 4・5点

ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛と憎しみをこめて、その街を“タウン”と呼ぶ。ダグは強盗を親から子へと家業のように引き継ぐこの街から抜け出すつもりだった。しかし、気がつけば強盗グループのリーダーに収まり、狭い街角で家族のように育った3人の仲間たちと、カケラひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃するが、逃走するまでの間、予...

2011
23

バレッツ 3点

かつてマルセイユの街を支配するマフィアのボスだったシャルリ。現在は愛する家族と平穏な生活を送っていた。しかしその幸せは、何者からかの突然の銃撃で奪われてしまう。彼は全身に22発もの銃弾を撃ち込まれ、生死をさまようが奇跡的に一命を取り留める。引退後も彼を慕うカリムら3人の仲間たちが犯人を突き止めると、それは、「死んでも友達」と誓い合った古くからの友人ザッキアだった。カリムらは復讐しようとするが、「報...

2011
21

放課後はミステリーとともに/東川篤哉

放課後はミステリーとともに(2011/02/18)東川 篤哉商品詳細を見る謎解きはディナーのあとでが売れに売れまくってる東川篤哉の新作。つーか、いつの間にやら累計65万2000部。スゲー。デビュー当時から読んでて、いつかはブレイクしてほしいなーとは思ってたけど、ホントにブレイクするとは、まっっっったく思ってなかったりする。さて今作、妙に謎解き~と似てるタイトルだけど、今日梅田に映画見に行ったついでに紀伊国屋を覗いた...

2011
20

ノノノノ1⑬&屋上姫①&QED㊳

ノノノノ13巻/岡本倫うちきりっ!と言うわけで、中途半端な終わり方でございました。好きだったんだけどな~。思ったほど、人気は振るわなかったようで…。打ち切りのせいで、肝心のノノの活躍シーンが最終巻なのに全くないし、天津なんてインターハイ不参加だったから、出番そのものが無かったという悲惨な状況…。岸谷は漢を魅せたけど、ノノとの過去エピソードはとってつけた感が強いなあ。インフレしまくりだったけど、ライバル...

2011
18

100歳の少年と12通の手紙

余命宣告をされた10歳の少年オスカー。病院内で彼と偶然出会った口の悪い宅配ピザ屋の女主人ローズは、少年のたっての希望により、病院長とピザの宅配を条件に12日間、毎日彼の元を訪れる約束をする。腫れものに触るような周囲の大人たちの態度と対照的に、ごく普通にオスカーに接するローズ。そして彼女は、残された時間の少ないオスカーに、1日を10年間と考え日々を過ごすこと、また毎日神様に充てて手紙を書くことを教える。そ...

2011
16

あしたのジョー 3点

原作は好きだけど、読んだのはだいぶ前なので、記憶はおぼろげ。アニメの2はちょっと前に全部観たんだけど。何故観に行ったのかというと、以前、『話題作全然観てないね』と突っ込まれたのを思い出したので。結論から言うと、思ったよりはかなりマシ。もっと酷いのを想像してたけど、作り自体は真面目だった。ストーリーは、ドヤ街で喧嘩→刑務所→力石とボクシング→出所→プロデビュー→ウルフ戦→力石戦と、こんな感じ。理由は良く判...

2011
15

ヒョードル敗北!!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2011/2011021206/index.htmlhttp://www.youtube.com/watch?v=UtRceerNUrgストライクフォースヘビー級トーナメント1回戦。●ヒョードルvs○アントニオ・ペイザォン・シウバ復帰戦の相手としてはチト厳しいと思ってたけど、それでも勝つと予想してたんだけどなあ…orz向かい合っているシーン、想像以上に体格差があったな。スタンドで、ヒョードルのフックに合わせたペイザォンのストレ...

2011
13

RED 4点

ぬお、これもあらすじ見つからない。何故だ。元CIAエージェントのフランクは、今では引退して年金暮らし。唯一の楽しみは、年金課のサラとの電話でのおしゃべり。そんな折、複数の刺客がフランクを襲いかかる。それをあっさりと撃退したフランクは、電話の盗聴に気付き、サラを伴って、というか誘拐してその場を離れる。CIAの襲撃をかわしながらサラと和解し、ジョー・マーヴィン・ヴィクトリアと再びチームを組み、真相を追う。面...

2011
11

完全なる報復 4点

あらすじをコピペ出来るトコが見つからなかったので、省略。書き起こすのも面倒だし。目の前で強盗2人組に妻と娘を殺された主人公・クライド。不利な裁判を他人に譲ることで高い有罪率を誇る敏腕検事・ニック。ニックはクライドの懇願を無視し、警察のずさんな捜査を理由に、犯人と司法取引をする。主犯で実際に2人を殺害したダービーが共犯のエイムスに不利な証言をし、結果ダービーは数年禁固の小便刑、エイムスは死刑となる。10...

2011
11

アンストッパブル 4・5点

いつもと何ら変わらない朝を迎えたペンシルベニア州ブリュースターのミンゴ操車場で、ふたりの鉄道マンが対面した。勤続28年のベテラン機関士フランク・バーンズと、職務経験わずか4ヶ月の新米車掌ウィル・コルソン。この日初めてコンビを組む彼らに課せられた業務は、スタントンという町に停車中の貨物車両を別の町に運ぶこと。しかし会社から強制的な早期退職を宣告されたフランクと、鉄道一家出身ゆえに会社に優遇されていると...

2011
08

ST 沖ノ島伝説殺人ファイル/今野敏

ST 沖ノ島伝説殺人ファイル  警視庁科学特捜班 (講談社ノベルス)(2010/12/22)今野 敏商品詳細を見る警視庁科学特捜班の活躍を描く、STシリーズ最新作。伝説の旅シリーズとしては、3作目。語り手である百合根友久は、押しの弱い性格の、キャリアの警部。毎回、苦労しながら一癖も二癖もあるSTのメンバーを率いて、事件を解決する。赤城左門はSTのリーダーで、法医学担当。人望があり決断力に富むが、常に一匹狼でありたがる。黒...

2011
07

やっぱりいいねえ、BTTF

今年の第二回午前十時の映画祭の一発目、バック・トゥ・ザ・フューチャー観てきた。 2&3は映画館で観てるけど1はTVでしか観たことなかったんで、行ってきた。やっぱり、何っっっっっっっ回観ても面白い。展開丸分かりなのに、笑える所は笑え、クライマックスシーンは手に汗握る。未来へ戻る前にドクと抱き合うシーンは、今でもホロリと来る。で、ちゃっかり手紙を読んでるトコとかwまあ、1番のお気に入りはビフの『Hello, hello,...

2011
06

エリックを探して 4・5点

マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、10代の息子、ライアンとジェスと3人暮らし。2人とも、7年前に出て行った2度目の妻の連れ子だ。ある日、エリックはパニック障害の発作で車をぶつけてしまう。元気のないエリックを心配した郵便局の仲間たちは、なんとか元気づけようと話しかけるがあまり効果はない。その夜、自室でエリックはポスターのカントナに話しかける。「欠点だらけの天才。欠点だらけの郵便配達員。あん...

2011
01