A D M I N
topimage

2010-12

本年度最終更新ナリ - 2010.12.30 Thu

年賀状OK、サークルチェックOK、
大掃除3分の2でストップ
模様替えもしてたら、エロゲーと同人誌の隠し場所置き場所が
無くなってしまった…。
Oh…。
小説や漫画とか、本関係がとにかく多すぎる。
1部売ってきたけど、後から後から出てきやがる。
あ、KAGEROUは500円で売れたよ!

京都は明日から雪みたいね。
東京は明日は晴れるみたいで、よかったよかった。
逆だったら目も当てられない…。

今年の更新は、これにて終了。
気が向いたら、実家で更新するかも知れないけど、
基本的には次回更新は年明け4日。

わざわざ読んでいただいた方々、
ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

’10映画下半期ベスト10 - 2010.12.30 Thu

1位  小さな命が呼ぶとき
2位  瞳の奥の秘密
3位  プチ・ニコラ
4位  インセプション
5位  メッセージ そして、愛が残る
6位  エクスペリメント
7位  闇の列車、光の旅
8位  十三人の刺客
9位  ゾンビランド
10位 エクスペンダブルズ
次点 ナイト&デイ 
   シングルマン

鑑賞51本。
今年ちょうど100本

4位以下は、順位付けるの難しかったなあ。
1位2位は、鉄板のヒューマンドラマ。
3位は、下半期最も笑ったコメディ。
4位は、私が珍しく楽しめたハリウッド大作。
5位は、ファンタジー要素が入りながらも、
ご都合主義にいかなかったのが良かった。
6位は、最後の最後に来たサスペンス。緊張感がイイ。
7位は、少年少女の心の機微が素晴らしい。
8位は、邦画部門1位。
2本しか観てないけど
9位は、アクションとコメディどちらも面白かった。
10位は、頭空っぽにして観れたねえ。

上位5本は、期待以上だった。
ナイト&デイなんかも、アレだけ面白いとは思わなかった。
十三人の刺客も。
ランキング以外だと、ガンダムUCやデイブレイカー、ミックマック。
期待外れだったのは、ハングオーバー!、ソルト、ヤギと男と男と壁と、
ミレニアム、トラブル・イン・ハリウッド、パリ20区あたり。
ACACIAはまあ予想通り

さんかれあ2巻&ミライカナイ1巻&アクマのいけにえ1巻 - 2010.12.29 Wed

変換 ~ 110

さんかれあ2巻/はっとりみつる
ゾンビとなったれあ。
れあに嫉妬し、千紘の許嫁宣言するわんここと蘭子。
レアをゾンビにした責任を取り、れあと同居して観察し、
れあの腐敗を止める手立てを探る千紘。

この巻はそんな三角関係ではなく、レアの親父との対決がメイン。
2巻で早くも親父と決着がついたのはちょっと意外。
もっと色々と邪魔立てしてくるのかと思ったよ。
んで、その暴走妄想親父相手にタンカ切る千紘が、
しっかり主人公しててカッコ良かったよ。
やっぱり、“やるときはやる主人公”ってのは、いいね~。
母親は全く関わらないのが、逆に不気味。
親父の代わりにこっちが邪魔するのかねえ。

めっちゃ可憐なれあ。
巨乳で意外にいじらしいトコのあるわんこ。
オレはどっちを嫁にすりゃいいんだよ!

「短い間だけだとしても、
この町で降谷君と一緒にいられれば…
それだけで…」

ミライカナイ1巻/永緒ウカ
未来からやってきた巨乳美女のフェイと
同居することとなったヒロシの、ドタバタ萌え四コマ。

萌え四コマ漫画って、私の記憶が正しければ
読んだ記憶ないんだけど、なんか予想通りな感じ。
とにかくオチが弱いばかりか、オチになってないのもちらほら。
B型H系(これは萌え四コマじゃないよね?)あたりと比べても、
四コマであることの必然性がないのよね。
まあ、ベテランのあっちと比べたら可愛そうだけど。

フェイは未来人って設定だけど、この設定もあんま生きてないよねえ。
もっと、未来と現代のギャップをギャグにしたほうが良かったのでは。
ああ、フェイの露出の高い未来服は良かった。
アレか一度だけあった裸Yシャツをもっと見せろや―

ちょっとお調子者だけど、
結構可愛いところもあったりするフェイもいいけど、
クラスメイトでヒロシに片思いする因幡りおも可愛い。
貧乳なのが残念だが、
フェイと差別化図る為には仕方ないか。

絵はとても好みだし、別につまらないわけでもないので、
次も買ってみよう。

「ありがとう」
「バーカ」
「へっ」
「家族なんだろ、そんな事気にすんなよ」
「ヒロシ…大好き♪」
「抱きつくなっっ」

アクマのいけにえ1巻/橘あゆん
ひたすらラッキースケベの連発
おまけにマットプレイやら妄想とは言えセックスシーンもあって、
やり過ぎちゃうんかと思ったけど、よく見たらヤングエースか。
青年誌ならノー問題か。
関係ないけど、ノー問題って死語?

大天使の生まれ変わりである主人公・倉居基。
その力を奪うべく現れた巨乳悪魔サタンと、
そのもうひとつの人格である、貧乳悪魔ルシファー。
そこに、基と同居する双子姉妹、天然巨乳の姉・祈と、
ツンデレ貧乳の妹・叶が参戦するラブコメディ。

シリアスな部分もあるけど、
基本的にはエロばっかなのでエロ目的にはいい…かというと、
そうでもなかったり。
だって絵がヘtゲフンゲフン
とりあえず私は全っ然面白くなかった
全と然の間にもうひとつ『っ』を入れてもいいくらい。
キャラもテンプレ過ぎなのよねー。

ああ、最後の方の叶だけは可愛かった。
どんだけツンデレに弱いのかと。

「あ…や…やきそばとか…
色々ありがと」

さんかれあ(2) (少年マガジンコミックス)さんかれあ(2) (少年マガジンコミックス)
(2010/12/09)
はっとり みつる

商品詳細を見る

ミライカナイ(1) (まんがタイムコミックス)ミライカナイ(1) (まんがタイムコミックス)
(2010/12/07)
永緒 ウカ

商品詳細を見る

アクマのいけにえ (1) (角川コミックス・エース 306-1)アクマのいけにえ (1) (角川コミックス・エース 306-1)
(2010/12/04)
橘 あゆん

商品詳細を見る
けーぶ

ボーナスが出た…良かった… - 2010.12.28 Tue

職場の忘年会が終わって、ただ今帰宅。
うーん、飲み過ぎたあ…。

おとといの日曜日に大掃除をするつもりだったのに、
ウダウダしてて結局、夕方からやり始め、
M-1が始まったらそのまま放置…。
結果、今現在足の踏み場もない状態

明日こそ掃除して年賀状書いて冬コミのサークルチェックして、
できたらブログも更新しよう。
んで、全部終わって時間があれば実家へ帰る。


拍手レス
>浅生さん
結局、昨日ブログ書いた後に全部読んでしまったw
だいぶ駆け足だったので、年明けにもう1度読み返さねば。
千早はホントいいですな~。
強欲キャプテンとかほぼ男子部員とか、面白すぎるw
若宮詩暢は、スノー丸Tシャツ褒められたときが可愛かった。
この辺のギャップ萌えがイイ。
8巻は私も大ショックでしたよ。
貴重な京都人キャラが…(泣)
次巻の激ヤセ参戦に期待…!

エクスペリメント 4・5点 - 2010.12.28 Tue

変換 ~ 053
失業したばかりのトラヴィスは
反戦デモで若い女性ベイと出会い、恋におちた。
ベイは暴力を好まない穏やかなトラヴィスに惹かれ、
かねてから計画していたインド旅行に誘うが、
トラヴィスには先立つものがない。
そんな折り、一件の求人広告が目に留まる――
14日間の実験に参加して日給1000ドルの高額報酬。
説明会に行ってみると“きわめて安全な環境で行なわれ、危険はない。
ただし、人権を侵害する可能性がある”という。
志願したトラヴィスは選考を経て、晴れて被験者に抜擢される。
他には温厚で人当たりの良いバリス
、気が弱く冴えない感じのグラフィック・ノベル・ライターのベンジー、
女好きのチェイス、元受刑者という過去を隠して参加しているニックスら
24人の男たちが選ばれた。
実験は単純なものだった。
24人の被験者たちは看守役と囚人役に分けられ、
模擬刑務所で24時間それぞれの役割で振る舞う。
囚人役は名前ではなく番号で呼ばれる。
監視カメラだけが彼らの様子を観察し、
暴力行為があれば赤いランプが点灯して実験は即中止となり、
報酬は支払われない。トラヴィスは囚人役を割り振られる。
彼と親しくなった誠実そうな男バリスは看守側に回った。

かくして実験はスタートする。
始まりはただの役割に過ぎなかったが、
2日目には崩壊。常識者であるはずの被験者たちが変化し、
閉ざされた場所で極限状態に置かれていく。
そして次第にエスカレートするトラヴィスとバリスの対立。
多数の監視カメラが見守る中、理性の奥底にひそむ狂気が目覚め始め、
誰もが予想していなかった事件が起きる・・・。
(公式より)

記念すべき本年度鑑賞100本目

本来は14日間のはずが、わずか6日間で終了した、
実際にあった実験を元にした作品。

予想以上に面白かった
トラヴィス役のエイドリアン・ブロディと、
バリス役のフォレスト・ウィテカーの演技バトルは必見でしょう。

「暴力行為があった場合は赤ランプが点灯して即終了」が良く効いている。
みんな1万4千ドルが欲しくてたまらないから、
ルールに従わざるをえない。
「ルールを犯した囚人には、相応の罰を」のルールに沿って、
看守は軽い罪には軽い罰をと、最初は腕立て伏せ10回で済ませる。
ところがそれが徐々にエスカレートしていく。
「相応の」、というのがクセモノなのよね。
「暴力行為があった場合は赤ランプが点灯して~」ということは、
逆に言えば赤ランプが点かない限り何でも許されるというわけ。
そこに、普段母親から抑圧を受けていたバリスが、「他人を抑圧すること」に
快感を覚えてしまう。股間がスんゴいエレクトしてた。
囚人側のリーダーとみなしたトラヴィスに対し、
髪を丸刈りにするわ小便引っ掛けるわトイレに頭を突っ込むわ。
トイレ掃除をしろと命じるバリスに、あくまで逆らうトラヴィス。
この時の「ト~イレ♪」って言うバリスの歌うような口調がめっちゃ不気味

糖尿病で倒れた囚人側のベンジーに、
バリスは「荷物を持ち込んではいけない」というルールを破って
インシュリンを渡してやるんだけど、
オレは公平だと言って自らを罰して頭を丸刈りにするシーンは、
余計にバリスの不気味さを感じたねえ。
 
客観的に見れば正しいのはトラヴィス、
間違ってるのはバリスだけど、
ルール的にはバリスが正しくてトラヴィスが間違ってるのが面白い。

トラヴィスは、間違ってるものは間違ってると言えるタイプの人間。
元囚人のニックスが、受け流せと言っても聞かないんだよね。
それが、どんどん精神的に傷めつけられ折れかける。
この辺もとても良かった。

けど、誰もこの実験は14日間だけと言わなかったのが不思議。
暗に『実験終わったら仕返ししてやる』てなことを言えば、
抑止力が働いたんじゃないかなあ。

ラストはちょっと物足りなかった。
研究者の側は結局、暴力行為が起きても止めなかったんだけど、
その説明がなされなかったのは何故か。
バリスも罪にはならなかったのかなあ。

M-1とかボクシングとか - 2010.12.27 Mon

毎年半分は面白くないよなー>M-1
今回笑えたのは、ナイツ・パンクブーブー・スリムクラブ・ハライチ。
ナイツは相変わらずの安定感。
安心して見られるけど、その分爆発力もないんだよねえ。
M-1にはちょっと向かない感じ。
パンクブーブーは去年よりもずっと面白かった。1本目はな
何故2本目も同じネタを…orz
1本目の実の兄貴はめっちゃ笑ったんだけどな~。
スリムクラブは、
エンタのフランチェンみたいなゴミコントしか見たことなかったんで、
全く期待してなかったんだけど、いい意味で裏切られた
あの見つめ合う間は最高だった。
ハライチは面白かったけど、ひたすら同じネタじゃあ
無理だろうなあとは思った。
それ以外は、銀シャリがまあまあ。
あとは全く笑えなかった。
笑い飯は毎年マジでクスリとも来ない
なんであんなにウケるんだ…。

ボクシングはM-1の合間にちょこちょこ観てただけ。
大毅のは判定のシーンを見てたら、ジャッジにエライ差があって笑った。
1人が8ポイント差で挑戦者で、
後の2人が4ポイントと2ポイントで王者。
結構問題視されてるみたいだけど、
地元判定ならこんなもんなのかも。
いや、観てないからあんまり言えないけどね。

興毅の試合はM-1が終わってから観てたけど、
ムニョスのあまりのスピードと力感の無さに絶望して、
ほとんど画面を観てなかった…。
ホント、相手を見つけるのが上手いよなあ。
誰にも賞賛されない3階級制覇って、なんなんだろうね。
まあ、1番悪いのは、グダグダな運営をするWBAなんだろうけど。
WBAがまともなら、こんなマッチメイクはなかっただろうし。

拍手レス
>浅生さん
早速オススメありがとうございます。
が、ちはやふるは以前から知ってはいたんですよね。
面白いとは聞いていたし、興味もあったんだけど、
例のパクリのイメージがあって、ちょっとねえ。








変換 ~ 055

はいはい大馬鹿野郎大馬鹿野郎
た、試しに1巻読んだら面白くて仕方なく一気買いしただけなんだからね!

…いや、一気に買ったのは2巻から11巻なので、
正確には一気買いとは変わらねえよ

ま、それはさておき面白すぎる!
まだ7巻までだけど、競技かるたでここまで面白く出来るなんて…。
キャラも立っててシリアスとギャグのバランスが絶妙。
このスポ根っぷりは、おまけ四コマにあるように、
マジで少年漫画のよう
無駄美人(笑)の千早が可愛くてかっこよくて凛々しくてアホっぽくて
超好き
新も太一もかなちゃんも机くんも肉まんくんもめっちゃいいわー。
うおー、早く全部読みて―!

手に取るきっかけ作っていただき、
誠にありがとうございます m(__)m

オールラウンダー廻5巻&太陽の黙示録建国編8巻&のだめカンタービレ25巻 - 2010.12.25 Sat

変換 ~ 055

オールラウンダー廻5巻/遠藤浩輝
アマ修斗関東大会2回戦メグルvs小笠原。
柔術家の小笠原の戦略にハメられ、ガス欠に陥るメグル。
が、追い詰められながらも小笠原の攻撃をしのいでいき、
逆に小笠原を精神的に追い詰めていく。

小笠原にしろ1回戦の相手の大前田にしろ、
「戦う理由」が描写されてるせいか、
なんか相手の方に感情移入してしまうねえ。
試合自体は面白かったけど、
極めるシーンは1回戦のほうがカッコ良かったな。
マキちゃんオトコマエじゃのう

タカシvs勇大は、古流空手をベースにしたスタイルのタカシが、
満身創痍の勇大を圧倒する。
タカシのスタイルは漫画的オリジナルな感じで、
異種格闘技戦っぽくて面白い。
勇大カッコイイ。惚れそう

メグルの次の対戦相手、
自分以外高校生のガキばっかと言っておきながら、
てめえが一番大人げない発言してるんですが。
負けフラグビンビンだけど、さてどんなもんだろ。

「お前は何で格闘技やってんだ?
アマ修斗なんて、マイナー競技に血道をあげて…
強くなった先に何があるってんだ?
…俺も同じか…」

太陽の黙示録建国編8/かわぐちかいじ
しゅ、周ううううううううう!!

…と言うわけでなんかいつの間にか周真瑜死んでた
周瑜の扱い酷くて泣ける…。
久々登場の孫市は、なんかちっちゃいおっさんになってた。

再生特区侵攻開始した南日本を潰し、
特区を手に入れるべく手を組んだ北・米・中の連合軍。
特区が戦場になろうかというその時、
宗方は夏木を前線に使者として送る。
そして、夏木の声明によって戦闘は停止、
一週間後に札幌で会議を行うことが決定する。

どうあっても歩み寄らない、舷一郎と宗方のブレない関係は好き。
ふたりを補佐するユイと夏木の対決もアツくて良かった
ただ、元刑事で警務担当のユイと、
あくまで文官の夏木の腕力が互角なのは、激しく納得いかねー

まあそれはいいんだけど、やっぱり主人公が悟り過ぎてると、
どうものめり込めないねえ。
舷一郎は、特区が出来る前のほうがよかったよ。
メインキャラがあんまり活躍しなくなったのも、物足りない。
タイチ・シゲル・リョウは、イマイチ魅力が感じられないのよ。

「そして私がその宗方を受け入れることも、
未来永劫ありえない」

のだめカンタービレ25巻/二ノ宮知子
最終巻。
でも特に語ることはない
このエピソード自体は悪くないんだけど、
これで〆だと、さすがに物足りないわ~。

あ、96ページはクソ笑った。

以上!

「のだめさんはすごいな。
本当に」


よく考えたら、これで今読んでる少女漫画って
うさぎドロップとホスト部だけか。
そのホスト部も連載は終わったし、残るはうさぎだけか…。
久し振りに、少女漫画の新規開拓でもしてみるかなあ。


オールラウンダー廻(5) (イブニングKC)オールラウンダー廻(5) (イブニングKC)
(2010/12/22)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る

太陽の黙示録 建国編 8 脱北レジスタンス (ビッグコミックス)太陽の黙示録 建国編 8 脱北レジスタンス (ビッグコミックス)
(2010/12/25)
かわぐち かいじ

商品詳細を見る

のだめカンタービレ(25) <完> (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ(25) <完> (講談社コミックスキス)
(2010/12/13)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

ゲーマー 2・5点 - 2010.12.22 Wed

変換 ~ 055
2034年、世界中の人々はある【ゲーム】に熱狂していた。
「脳を操られた囚人による究極のバトル」
――天才クリエイターが開発したオンライン・ゲーム「スレイヤーズ」では、
脳細胞手術を受けた生身の人間がプレイヤーに遠隔操作され、
今日も激しい戦闘を繰り広げている。
無実の罪で投獄されたケーブルは
「30回勝ち抜けば釈放」という条件にあと1回と迫り、
世界中で熱い注目を集めていた。
プレイヤーはなんと17歳の高校生。
だがケーブルは愛する妻と娘に再会するため、
【ゲーム】の世界から自分一人の力で抜け出し、
最後の戦いに挑んでゆく。
(公式より)

これはひどい
ホントつまらなかったよ。

「死刑囚に釈放と引換に死のゲームを強制する」という設定で、
シュワルツェネッガーのバトルランナーを思い出したけど、
あっちと違ってゲームは前半で終了
後半は嫁さん探してゲームの黒幕退治すして終わり。
家族愛なんてバッサリ切って、プレイヤーのサイモンと
キャラクターのケーブルのバディムービーの方が良かったな。
無実の罪で死刑囚となったケーブルと、それを知ったサイモンが
協力してゲームを脱出、最期に黒幕を倒す…
その方が、ゲーム設定を活かせたんじゃないか。

そもそも、そのゲーム設定が曖昧。
ルールも詳しく語られてないし、ケーブルに操られてる感が
全然ない
んだよね~。
プレイヤーの命令とキャラの動きに、一瞬ズレが生じるらしいけど、
観ててそれも感じ無かった。
“セーブポイントまであと〇〇メートル”って表示も、
そこにたどり着くシーンがないから、無意味としか思えない。
ゲームシーンも、手ブレやノイズやエフェクトで
見にくいことこの上ない
客に嫌がらせしてどうする。

ゲームらしさは、サイモンが武器を購入して、
「アップデート」と言ってケーブルが試し打ちするとこくらい?
でもそれゲーム中じゃないしなあ。
一応、NPCがいるのも、それらしいか。
NPCは一般囚で、死刑囚と違って1回生き残れば釈放なんだけど、
銃弾や爆弾が飛び交う中で、ただ歩いてるだけとか掃除してるとか、
バイク乗ってたり座ってたりで、生き残れるわけもなく

一般人をキャラクターとして操作するゲーム
“ソサエティ”もあるんだけど、
こっちはこんなのにハマる奴いんのか?っていうくらい、
一周回ってシュールな世界観。
色使いがケバ過ぎ。
ケーブルの嫁もスッピンは美人なのに、ソサエティではヒドい。
四つん這いになった時の尻はエロかったけどね!
ケーブル邪魔すんなボケー。
ケーブルの嫁さんを操作してるのが超デブのネカマなのは笑った。

ケーブルを倒す主催者側の刺客・ハックマンがこれまた酷い。
コイツはプレイヤーが存在しない特別性で、
プレイヤーとの反応にズレがないから無敵とか言っておいて、
現れるたびに連戦連敗
すげえ弱かったぞ…。

素材は良かったんだけどねえ。
それだけに、色々と残念すぎた。
この手のアクションゲーム好きの人なら、もっと突っ込めると思う。

Fate/Zero アニメ化! - 2010.12.21 Tue

http://www.fate-zero.jp/

キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!!

TVアニメなのか劇場版なのかOVAなのかは不明だけど…。
セイバーの扱いが悲惨極まりない事もあってか酷評も聞くけど、
私は大好きなのでこれは超嬉しい。
ライダーコンビがお気に入りだけど、
ランサーのキャラと報われなさもすごい好き。
…しかし、良く考えてみると、Fate/stay nightのアニメは
途中で観るの辞めたんだよな~。
同じスタッフだったら、不安だ…。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20101221-00000015-spnavi-fight.html
古木…。
かつては村田との左右の大砲として、期待してたよ…。
横浜時代、いつ頃からだったか
見るたびに打撃フォームが変わってたなあ。
Numberの“ナンバーノンフィクション”だったかな?
高木由一コーチが村田は良くも悪くも頑固、
対して古木は人の意見を聞きすぎて、
そのせいで二軍で一緒になってフォームを固めて
「絶対いじるな」と言っても、
一軍に上がると他のコーチの言う事を聞いて、
しばらくするとフォームがぐちゃぐちゃになって二軍に戻ってくる
って言ってたのをよく覚えている。
守備は最後まで残念だったけど、
この性格が治っていれば、打者としては開花できたのかな…。

Dynamite!!は実力より知名度だから色モノカードもアリだけど、
古木って知名度あるのか?
伝説の22本37打点はネットでは有名だけど、
一般的知名度はないに等しいと思うんだけどなあ。
それにしても、こっちの守備力は大丈夫かな

年齢的には厳しいだろうけど、頑張れ。

隠された日記/ノーウェアボーイ ほか - 2010.12.20 Mon

また溜まっってしまった…。
こう微妙な作品が連続して続くと、中々書く気が起きないのよね。

もうまとめて更新や!(なげやり)

変換 ~ 052

隠された日記 母たち、娘たち 3点
母娘3代の、相克を描く作品。
幼い子供たちを置いて出て行った祖母、
そんな祖母を憎み「母と娘」の関係が判らず、
自身の娘と上手くいかない母、
母と上手くいかず、恋人でもない男性の子供を妊娠した娘。
昔と今の女性の立場の違いと母娘の関係を絡めてるんだけど、
大元のお祖母ちゃんの失踪の真相がなー。
…しっそうのしんそう。なんちゃって(齋藤先生リスペクツ)。

…それはともかく、消えた原因がアレじゃあ
テーマと全く関係なくね
ヒューマンドラマかと思ったら
サスペンスorミステリーだったでござる
の巻。
アレを「男性からの抑圧」と観ても、そんな男はお祖父ちゃんだけだったし。
つまらなくはなかったけど、なんか煮え切らない作品でしたな。

変換 ~ 053
ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ 3・5点
ジョン・レノンの少年時代を、彼と実母・伯母との絆を軸に描いた作品。
ジョンのことを大して知らない私でも、特に問題なく観れた。
しかしながら、ジョンがかなりわがままなクソガキとして
描かれていたので、全然感情移入できなかった…。
自分を捨てた奔放な母ジュリア、育ててくれた厳格な伯母ミミ。
その複雑な関係や10代という年齢を考えると、ああなるのは理解できる。
単なるわがままとも言えない部分もあるしね。
それでも、どうにもイライラして仕方なかった。
私の記憶が正しければ、
最後まで伯母さんにごめんなさいを言わなかったような…。
その部分が気にならなければ、普通に楽しめると思う。

時代なんだろうけど、最初から最後まで
どいつもこいつもタバコ吸いまくりで胸焼けしそうになったわ。

変換 ~ 056
アメリア 永遠の翼 3点
実在した女性飛行士アメリア・イアハートの伝記的作品。
ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーと、
錚々たるキャストと反比例するほどかったるかった映画。
飛行シーンより、アメリアと夫のジョージ、
浮気相手のジーンとの三角関係が多かったのががっかり。
その三角関係も、ジョージとジーンのキャラ描写が薄かったので、
全然面白くなかった。
アメリアとジョージなんて、もっと面白く出来たと思うんだけどなあ。
というか、ジーンがいらないんだよ。
アメリア自身はそれなりに掘り下げられてたし、
“空への想い”も描かれてたんだけど。
その分、期待してた飛行シーンが少なくて、
その困難さが伝わってこなかった。

ヒラリー・スワンクのアメリアは、よく似てたなあ。
これ観ると、ナイト・ミュージアム2でアメリア役やった
エイミー・アダムスが、如何に無理があるかよく解った。
最期のフライトでナビを務めたフランク。
彼は燃料補給地である極小の無人島の発見を、
『俺なら余裕( ´Д`)y─┛~』とばかり抜かしといて、
クソの役にも立たなかったんですけど!

変換 ~ 054
トラブル・イン・ハリウッド 3・5点
ハリウッドの業界ネタ映画。
「映画業界の裏側、暴露します」がキャッチコピーだけど、
え?どこが?と思った。
監督と俳優がゴネてるだけやん。
エージェントの自殺とか枕営業とか、
ブラックさを匂わせる部分はあるけど、誰でも知ってることでしょ。

ショーン・ペン主演映画でラストに犬が殺され、大ブーイング。
映画会社の社長がラストを変えるように言い、監督は大反対。
で、主人公のプロデューサー・ベンは板挟み。
この監督とメタボヒゲのブルース・ウィリスの
ブチキレっぷりは面白かったよ。
ブタ呼ばわりされてたのは笑った。

ベンの離婚問題なんかは正直どうでもいいから、
もっと映画製作に纏わる話が観たかったなあ。
ん~残念。

東川先生おめでとうございます - 2010.12.19 Sun

難波まで行って、アラビアのロレンス観てきた。
休憩有りとは言え、4時間はキツかった…。
さすがジョセフ・ジョースターが
「わしゃ あのクソ長い映画「アラビアのロレンス」を
3回も観たんじゃぞッ!2回は半分ねちまったが」

と言うだけのことはある。
ちなみにラクダ乗り方は、特に言及されてなかったよ。
適当コイてたんだなジョセフw

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20101218-714925.html
石井vsバンナ…

>なぜ同じ体重の選手と戦わないのか」との批判も浴びていた。
で、なんで総合ルールでK-1ファイターのバンナなんだよ
意味不明すぎる。
石井にキャリア考えれば、別に強豪とやれとは言わない、
同じ階級の中堅クラスあたりとやれば批判もなかろうに。
石井がヘタレてるのか、主催者が過保護なのか。

http://www.youtube.com/watch?v=LH7oRb5Knjc&feature=channel
WECのベン・ヘンダーソンVSアンソニー・ペティス戦。
漫画みたいな三角蹴りで笑ったw
金網を蹴った足で更に相手を蹴るってのがスゴイ。

http://sankei.jp.msn.com/culture/books/101216/bks1012161326002-n1.htm
書店買切りって聞いたけど、それでもこれだけ増刷されてるって事は、
私みたいな「読んでみないことには…」って人が多そう。
ああ、そう言えば難波行ったついでにとらのあななんば店に行ったら、
KAGEROUが置いてあって吹きそうになったw
ラノベ扱いって事か?
あと同人誌売り場にも行ったけど、
やっぱり何も買わなかった…。
でも冬コミには行って大量に買うんだろうなあ。不思議。

まあ、私としてはこっちの方が驚き。
http://twitter.com/quilala04
30万部とは…。
デビュー当時から読んでるだけに、感慨深いなあ。
ミステリーとしては中々のものなのに、
東川ギャグのせいでかなり取っ付きにくいから、
その内消えるんじゃないかと心配してたくらい。
「謎解きはディナーのあとで」が売れた要因は、
中村佑介のイラストが大きそう。
内容で言えば、“お嬢様と執事”という設定と、
いつものギャグが控えめな所か。
個人的には、東川作品の中では
フツーの出来栄えだと思うんですがね~。
http://www.shogakukan.co.jp/pr/nazotoki/
こんなのが作られてるってことは、かなり期待されてるのか。
いずれアニメ化でもしそう

KAGEROU/齋藤智裕  - 2010.12.16 Thu

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤智裕

商品詳細を見る


「著者・齋藤智裕が、人生を賭してまで
伝えたかったメッセージとはなにか?
そのすべてがこの一冊に凝縮されている」
(オビより)

医学の発展サイコー!ってとこ?
にしてもねえよあの人工心臓わ
映画化したら、アレは確実に笑える。

とりあえず、読んでみないことには何も言えないと思い、購入。
何も言う必要ないだろ!と心の内でツッコミを入れながら。

まあ、『思っていたよりは』小説になってたな。
ゆとり仕様なのか、大きめの文字で38字×14行、
セリフ多めなので割と読みやすい。
ちなみに、手元にある児童書の「痛快 世界の冒険文学」を調べると、
42字×15行と、1ページあたりは児童書のほうが文字数多い
児童書より読みやすいZE!

ストーリーは、借金抱えた40歳のおっさんが
自殺しようとしたところを黒服の青年に止められ、
「どうせ死ぬなら」と、青年の所属する組織に臓器の提供を決める。
その途中、自分の心臓が移植されるであろう美少女と出会って…。
とかまあそんな感じ。

主人公のヤスオが40歳の借金背負ったくたびれた中年に見えない
どっかのバカ大学生みたい。
「なんちゃって」とか、ドラゴンボールでセルが言ったのを聞いて以来、
久々に聞くわ。
くだらない親父ギャグを連発してるところはおっさんに見えなくもないけど、
主人公が親父ギャグ好きと匂わせる文がないので、
水嶋ヒロ本人の本気のセンスなのかと誤解してしまう。
誤解と思うこと自体が誤解かもしれないけどね。

もうひとりの主人公というべきキョウヤは、
終盤でこれこれこう言う設定って出てくるんだけど、
ふ~んって感じ。

ヒロインは本気で印象にない。
それを言ったら、この本自体陽炎のように印象にないけど。
はっ!だからタイトルKAGEROUか。
なんちゃって。

真面目な話、世にも奇妙な物語やY氏の隣人にありそうな話で、
目新しさは特にないなあ。
黒服を死神とか超常的な存在じゃなく、
実在しそうな組織にしたのは悪くないと思う。
とは言え、その設定が生きたかと言うと…ねえ。
文章は読みやすいとは言ったけど、
カタカナと~ようなの多用が鬱陶しい。
特に後者は陳腐な比喩が
これでもかというくらいに連発
されているので、
マジでウザいっす。

二人を乗せたクルマは、温めたフライパンの上を滑るバターのように
静かにゆっくりと走り出した。
(本文より引用)
これなんて、比喩自体いらないだろ

これ、全体的にギャグ調で攻めたほうが良かったんじゃないか。
真面目に真面目な話を書いて滑ってるってのは、かなりイタイ。
あるいは、真面目な話なら、キョウヤを主人公にした連作短編とか。
あと、うさんくさいポプラ大賞なんて獲らず、
タレント本の一種として出版したほうが絶対良かった。
結局、読む側に余計なフィルターかかるだけで、誰も得しないよ。
私も、他の作家ならここまで突っ込まないと思う。
売れれば何でもいいと開き直ってるなら、
新たなビジネス形態を構築したと言えなくもない。

おそらく映画化されるだろうけど、
その時はぜひ原作レイプしてもらいたい
そのほうが面白くなりそう。
ん?その場合、レイプじゃなくて和姦になるのか?

駄作とは言わないけど、凡作、と言ったところかな。
ブックオフか文庫落ちを待ちましょう。
次回作を買うことはない


…よく考えたら、ヤスオめちゃくちゃ勝ち組じゃねえか
地位と若さと美少女手に入れてるんだぜ…。


小説色々とまとめてみたりなんか - 2010.12.15 Wed

ちょっと気になって、
今年読んだけど感想書いてない小説と、
今年買ったけど読んでない小説を調べてみた。

変換 ~ 111
読んだけど感想書いてない。
福井晴敏 機動戦士ガンダムUC 1~7
西尾維新 零崎人識の人間関係 完結編4作
北森鴻  冬狐堂シリーズ4作
      佐月恭壱シリーズ2作
      冥府神の産声
      メイン・ディッシュ
      支那そば館の謎
愛川晶  道具屋殺人事件
秋梨惟喬 もろこし銀侠伝
山本弘  MM9
黒崎視音 KEEP OUT
芦辺拓  裁判法廷
米澤穂信 折れた竜骨

忘れてなければこんなもん。
支那そば館は忘れてた…。
26冊か。
よねぽは読んだばかりなので、書くと思う。
もろこしと道具屋も、そんな前じゃないので、書きたいなあ。
小説は、映画と違って手元にあるし、
いつでも読みなおして書けると思って後回しにしてたら、
テンション下がって書けなくなると言う…。
古い作品は、まあ書かなくてもいいかな、とは思うんだけど。

変換 ~ 112
今年買った未読本。
深水黎一郎 五声のリチェルカーレ
小前亮   李世民
萩原浩   サニーサイドエッグ
       神様からひと言
       僕たちの戦争
秋梨惟喬  もろこし紅游録
化野燐   蠱猫
桐谷正   魏延
土橋真二郎 生贄のジレンマ(上)
丸山天寿  琅邪の鬼
千葉暁   聖刻1092 神樹編1

途中で読むの辞めた本。
吉野匠   レイン1巻
坂木司   青空の卵
鯨統一郎  ファンタジスタはどこにいる?
初野晴   退出ゲーム
  
もろこしと琅邪は買ったばかりなので、読んで感想書きたい。
李世民は、今年じゃなかったかも。
荻原浩は去年辺りから今さらながらにハマッた作家。
レインは、セリフ回しが全く受け付けなかった
青空はなんかちょっとキモイ
鯨は、当たり外れが多い…。
退出ゲームは多分読む。

あと、以前からの積ん読本が7,8冊。
累卵の朱という、9年もののやつもあるな。
さぞかし、熟成されてることだろうて。

小説と言えば、水嶋ヒロのデビュー作が出ましたなあ。
色々とうさんくさかったり、
必要以上にポプラ社がべた褒めするし、、
こんなもん、どんな層が買うのやら。
こんなの買うなんて、踊らされてるみたいで馬鹿馬鹿しいわね。





変換 ~ 113

あ…ありのまま(ry



…頑張って読も。

デイブレイカー 4・5点 - 2010.12.14 Tue

変換 ~ 052
ある日突然、人類は歴史上最も恐ろしい厄災に見舞われた。
未知のウイルスによる疫病が世界中に蔓延し、
またたく間にごく普通の市民を
ヴァンパイアへと変貌させてしまったのだ。
こうして旧来の人間に成り代わって
社会活動をスタートさせたヴァンパイアは、
昼夜逆転の新たなライフ・サイクルを構築。
第二種に身をやつした人間はことごとく軍隊に捕獲され、
ヴァンパイアへの血液供給源として飼育されるようになった。
こうして世界は奇妙な平静を取り戻していった。
しかし西暦2019年、ヴァンパイアが支配する社会には、
さまざまな問題が噴出していた。
地球上の全人口のうち人間が占める割合は5%まで低下し、
慢性的な血液不足に陥ってしまったのだ。
テレビのコメンテーターは“食糧危機”の早期解決の必要性を訴え、
街には血の施しを求めるホームレスがうろついている。
さらに深刻なのは、血が欠乏したヴァンパイアが
サブサイダーと呼ばれる狂暴なモンスターに変異し、
度重なる殺傷事件を引き起こしていることだった。
(公式より)

この映画の公開を知って、前売りを買うくらい期待してたんだけど、
期待に違わぬ面白さでした。

大抵の作品ではマイノリティであるヴァンパイアを、
この作品ではマジョリティに逆転させたと言う、
その発想の転換に感心
そしてヴァンパイアの食料が人血だからこそ起こる、
深刻な食糧危機と言った設定も秀逸。
視点をちょっと変えただけで、これだけ面白いものが出来るんだねえ。
ただ、意外とグロい

主人公のエドワードは、人間に同情的で
人血を飲むことに抵抗を覚えるヴァンパイアで、
不足する人血に変わる代用血液の開発を進めている。
ある時、人間の女性オードリーを助け、
その手引きで元ヴァンパイアでコーマックと出会う。

とまあ、そんな感じで進んでいくんだけど、
それぞれの人間(ヴァンパイア?)関係もいい。
エドワードには弟がいるんだけど、
その弟ダルトンは人間狩りをする軍人で、
エドワードをヴァンパイアにした張本人
そのこともあって、お互い複雑な感情を抱えている。
一方、エドワードの勤める巨大製薬会社の社長ブロムリーは、
大半のヴァンパイア同様、人間を消耗品としか考えていない。
ヴァンパイアになることを拒否して
行方不明となった娘アリソンとの確執を引きずっている。
この4者が血を吸ったり吸われたりして、
悲劇へと繋がっていくのよね。
一方は分かり合えたけどもう一方は分かり合えずと言うのも、
エドワードとブロムリーのキャラの違いもあって面白い。

コーマックは最初から最後までカッコ良かった
自称プレスリーでウィットに富んでるいいキャラだったねえ。
コイツが人間に戻った方法がなんか意外すぎて笑った
なんか、パッと見簡単なのよ。
いや、実際には全然簡単じゃないし、
ヴァンパイアは絶対試さないだろけど。

オードリーはノーブラ乳首が気になって仕方なかった
一応ヒロインだけど、あんまり見せ場なかったね。
ラブシーンがなかったのは、個人的には良。

視覚的にも、とても楽しめた。
2019年のヴァンパイア世界は、
夜に世界なだけに陰鬱だけどクールでスタイリッシュ
逆に、昼は暖かみがあって、その対比もいい。

ヴァンパイアの世界はもっと見たかった。
スタバみたいなコーヒーショップ
血液入りのコーヒーが飲めたりとか、
あの社会が詳しく知りたかった。
製薬会社から出資者が人間を引き上げたりする所なんかは、
扱っているモノは違えど普通に人間社会でもあることだよねー。
そういや、コーヒーショップで暴動が起きたとき、
敗れた血液パックを店員がちゃっかり舐めてたのは、
予想はついたけど笑ってしまった。

とりあえず、ヴァンパイアが多数派になったら
確実に滅びる
のはよく解った。

ラストはご想像にお任せしますだね。
救いはあるのかないのか…。

UFC124 他 - 2010.12.13 Mon

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2010/2010121102/index.html

磐石すぎるよGSP
攻撃の大半が左ジャブだったけど、
スピードが半端なかったな~。
1Rでもうコスチェックの右目が塞がれてたし、
スタンドはほぼやりたい放題。
危なげ全く無く完勝。
欲を言えば、決めに行って欲しかったけど。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20101213-00000019-spnavi-fight.html

また酷いカード持ってきたな
MIXルールの青木vs自演乙とか、誰が観たがるんだka.
桜庭も、この間メイヘムに負けたのに、タイトルマッチって…。

しかしまあ、自演乙は、なんだって女装コスばっかなんだろ。
男キャラのコスは1,2回しか見たことないぞ。
件の条例とコスプレは全然関係ないだろ!と言いたいトコだけど、
自演乙の女装は条例で規制してもいいかもしんない。

拍手レス
>浅生大和さん
シュルトの不人気さは鉄板ですw
でも、アレだけ規格外だと、相手と噛み合う試合なんて
中々出来ませんからね~。
本人のせいばかりでない所が、また涙を誘う…。

森本ラーメンマン - 2010.12.12 Sun

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20101211-00000027-dal-base.html
森本クオリティ高すぎw
森本は根が真面目なのが透けて見えるから、
どうしてもパフォーマンスは寒く感じるんだよね。
無理してるって言うか。
でも、楽しませようと言う姿勢は感心するし、
プレーともども頑張って欲しいね。

http://www.youtube.com/watch?v=5egiPit1-vw
横浜への移籍が決まった渡辺直人。
愛されてるんだな~って言うのが凄く伝わってくる
プレーはちょっとしか観たことないけど、守備は悪く無いみたいだし、
打撃も打率は低くとも出塁率は高いので、
石川にはいい刺激になるんじゃないかな。
石川は遊撃やらせるには守備力低いし、
渡辺とは逆に出塁率低いからねえ。
センターラインが強化されるのは、いいことだね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000339-oric-ent
ま、いいんでないの。
近年は面白くなくなってたし。
毎年やってたら、そらー人材も枯渇するわ。
2,3年に1回くらいの割合でやればよかったのにね。
笑い飯優勝とかベタな幕切れはカンベン

変換 ~ 053
冬コミカタログ買ってきた。
今年はどうしようかな~と迷ってるけど、
結局行くんだろうと思う。

K-1WG 2010 FINAL - 2010.12.11 Sat

準々決勝
◯ピーター・アーツvs●マイティ・モー
アーツこれで40かよ
てか、アーツもステ使用?
23歳時の映像に笑ったw
細かったんだよな~。
モーは酷いな。
突っ込んでブン回すだけじゃ勝てんわ。
◯セーム・シュルトvs●京太郎
京太郎はよく頑張ったと思う。
戦い方は巧かった。
でも、パンチが届かねえ…。
逆にシュルトは、京太郎程度に判定は駄目だろ。
シュルトが勝っても、会場冷め切ってるなあw
◯グーカン・サキvs●ダニエル・ギタ
この二人がここで潰しあうのは、勿体なさ過ぎるわー。
スピードとコンビネーションのサキと、パワーのギタって感じ。
1R目はどっちもアグレッシブでスゴイ良かった。
さすがに延長ではヘロヘロだったけど。
◯アリスター・オーフレイムvs●タイロン・スポーン
スポーン、途中まで良かったんだけどなあ。
1発の重さが…。
準決勝
●シュルトvs○アーツ
アーツよくやった!
最高にカッコ良かった!
…でも、判定はドローが妥当な気が
シュルトは気の毒ですらある。
第3Rのやる気の無さはヒデ―。
スタミナ切れなのかも知れないけど、全然手が出てなかったね。
◯アリスターvs●サキ
サキは前の試合でかなり消耗してたのに、いい動きしてたな~。
打撃結構効かせてたし。
脱臼(?)は不運。
ギタにさんざん蹴られてたのも、影響あったのかな。
観たかったのがシュルトvsアリスターだったので、
シュルトが負けたらアリスターもどうでも良くなった
だからサキに勝って欲しかったな~。
決勝
●アーツvs◯アリスター
相変わらず止めるの遅えよ角田
アホかコイツ。
ダメージの蓄積具合が露骨に出たな。
1日3試合は、ホントやめてほしいわ。
アリスターはシュルト並に人気無いな

面白かったのは、サキvsギタとシュルトvsアーツ。
サキギタスポーンは、来年に期待。
同じ不人気でもアリスターは主催者にプッシュされてたけど、
シュルトは誰にも期待されたないよなあ。悲惨。
アリスターは来年はMMA頑張って。
ストライクフォースでヒョードルやジョシュとの試合が観たい。

リバーズエッジ2巻&牙の旅商人1巻 - 2010.12.10 Fri

056.jpg

リバーズエッジ 大川端探偵社2巻/たなか亜希夫・ひじかた憂峰
1巻があんまり面白くなかったんで、
買うのどうしようかと思ってたんだけど、
面白くなってて良かった

探偵社に次々と舞い込む変わった依頼を、
あらゆる情報網を持つ所長と部下の村木が解決する、
一話完結形式の漫画。
前回は所長ばっか解決してたけど、今回は村木もちょっと活躍。
村木は時折ある大げさな独白が笑える。

人情・恋愛・サスペンス・ミステリーと、毎回変わった内容なのが面白い。
今回、一番笑ったのは、ある女性を探すイケメンの話「夢幻の恋」。
三次より二次なんて話が、この作品で読めるとは思わなんだわー。
エピソードとしてよかったのは、「純愛」「依頼者は所長」「ある結婚」。
特に、デリヘル嬢が依頼人の「ある結婚」は実にイイ。

関係ないけど、たなか亜希夫って、デフォルメキャラ描けるんだね。
ウサ耳が可愛かった。

「男と女が劣等感を交換(シェア)して結ばれた。
フツーの夫婦よりうまくゆくぜえ…多分」

牙の旅商人1巻/梟(Night Owl)・七月鏡一
家族を殺され唯一生き残った少年ソーナと、
そのソーナを拾った旅の女武器商人ガラミィが主人公。
クールで強いおねーさんと南の能も持たないショタの組み合わせは、
よく見るような気がする
まあ、女が強くて男が弱いなんて設定は、
ここ数年掃いて捨てるほどあるけど。
作品の雰囲気は、それとは関係ない新暗行御史に似てるな。
銃火器と魔物が混在する世界観とか、
弱者に決して甘くない主人公(ガラミィ)とか。

ガラミィは武器を売るのに対価を要求するんだけど、
それは決して金銭ばかりではなく、
ソーナの場合は母の形見だったりするし、
ある老人は生命だったりする。
そうやって二人は旅していき、
四話からは奴隷売買がさかんなユガの街が舞台。
この話に出てくるツンツンお姫様が、
次巻でソーナにデレるのに1800万ペリカ


ガラミィのおっぱいはとても綺麗だけど、
個人的にはソーナを狙撃からかばうシーンに萌えた

「覚えておけ。
男が何か言う時は、自分に出来ないことを口にするな」

リバースエッジ大川端探偵社 2巻 (ニチブンコミックス)リバースエッジ大川端探偵社 2巻 (ニチブンコミックス)
(2010/11/27)
ひじかた 憂峰

商品詳細を見る

牙の旅商人 1 (ヤングガンガンコミックス)牙の旅商人 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2010/11/25)
七月 鏡一

商品詳細を見る

3月のライオン5巻&イエスタデイをうたって7巻&青春ポップ!2巻 - 2010.12.09 Thu

054.jpg

3月のライオン5巻/羽海野チカ
獅子王戦の後日譚と言うべき山形での人間将棋。
零の学生生活。
宗谷vs隈倉の名人戦。
ひなの学校でのイジメ等々。

島田はいいキャラだねえ。
島田に惹かれる零も、イイ感じ。
二年になった零は、一年の時の担任の林田先生に背中を押され、
将棋部を作ることに。
将棋と全く関係の無い連中と話す零もいいね。
しかしまあ、ホント孤独なんだな~
オジサンお兄さんもらい泣きしそうよ。
後藤と香子が仲がいいのはムカツクが、
棋士としての後藤は結構好きだな。
いつぞやのスミスとの対局とか、
今回の島田に嫌味を言う連中にカマしたりとか。
「新人王は楽勝」と言う、
自分でも気付かなかった内面を二海堂に指摘されて赤面する零に萌え。
可愛いじゃねーかちくしょーめ
周りのベテランと思しき棋士たちが可愛いと思うのも、無理はない。

ひなのイジメの話は辛いなあ。
そして、ひなの心根の勁さに感心
…しかしなんだこれ。
どう見ても告白です、本当にry

「棋士なら他人(ヒト)のアタマの心配より、
タイトル戦に出れずに終わるかもしんない、
自分の人生の心配でもしてろよ」

イエスタデイをうたって7巻/冬目景
なんか、リクオとシナコがくっついた感じ
んで、ハルには雨宮が近づいてる。

ハル派の私としては、キツイです
でも、逆説的にハルエンドの前フリと思いたい。
そうでなければ、オレのハルが不憫で不憫で…。
昔はシナコ派だったんだけどね。
1巻のシナコは切れ長の眼で長髪と言う、
ストラーイクな風貌だったもので。
性格もキリっとした感じだったし(確か)、
美形だったな~。
それが今じゃ、眼も顔もまん丸になっちゃってまあ…。
性格も、ウジウジしっぱなしだし。

仮に、このままシナコエンドだったとしても、
ハルの相手が雨宮なのはカンベン
こんなポッと出とくっつくくらいなら、湊に帰ってきてほしいわ。

「重いのは解ってるよ。
でも何もしないでじっと待ってるより、
こうしてる方が楽しいんだよ」

青春ポップ!2巻/北河トウタ
ひたすら彩乃のターン

徐々に距離を縮める朔太と彩乃。
一方、詩織はメジャーデビューの話が舞い込むものの、
どちらかと言えばヴォーカルのイヴ(詩織)がメインの契約内容。
そのため、バンド内に軋轢が生じる。

いちいち出てくる歌詞が、
オサレ感覚で読んでてちっと恥ずかしい気分。
背景が写真ばっかで手抜きすぎなのが気になる…。
おっぱいネタばかりで、あんまり内容がないよう。
ダブルヒロインでも、詩織の内面描写が全然ないので、
今の所、詩織に全く魅力を感じないんだよねー。
つーか、主人公にも魅力を感じないんだけど。
彩乃しか光ってねえ…。

「わっわっわっ忘れられたらっ、
もう一回っしちゃうもん!」

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/19)
冬目 景

商品詳細を見る

青春ポップ! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)青春ポップ! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/10/20)
北河 トウタ

商品詳細を見る

リアル10巻&べしゃり暮らし11巻 - 2010.12.08 Wed

053.jpg

リアル10巻/井上雄彦
ついに車椅子バスケに出会う高橋。
戸川は病院の検査をクリア。
野宮は大学生の試合に混じって自信を深める。

めちゃくちゃ好きってわけじゃないけど、
それなりに好きなので、買ってる。
バスケシーンが多いほうが面白いけど、
この掲載間隔だと試合メインにしたら話が進まないからなあ。
ただ、バガボンドと違ってこっちは
イノタケギャグが絶好調なので、買う価値はあるか。
大学の監督の耄碌ジジイはフイタ。
病院の体育の原先生も、いいキャラだ。

メイン三人の中では、野宮が一番好きだな。
ストレートに感情を表すキャラだから、こっちも感情移入しやすい。
プロテスト頑張って欲しいものだが、果たして…。

「厳しい闘いだろう、野宮。
だけどよ――
ひとりじゃねーぞ」

べしゃり暮らし11巻/森田まさのり
トリオの“べしゃり暮らし”として始動する上妻たち。
が、子安はふたりの持ち味であるべしゃりについていけず、
トリオを抜けることに。
問題だらけの“見切り発車”が上手く行くようになった一方、
上妻と辻本、“ニップレス”の静代とはるかが仲違い。

子安視点ってかったるいなあ。
あと、喧嘩ばっかなのも正直ウンザリ。
ぶつかり合いながら成長していくってのはわかるんだけど、
もうちょっとなんとかしてほしい。
作者曰く「ここからが本編」と言う割に、
YCAに入学してからのほうが面白くないんだよなあ。

「実はずっと考えないようにしてきたけど、やっぱりダメだ。
二人の持ち味は、僕が一番わかってる。
二人のべしゃりこそが、このドライブ感を生むと言う事を。
べしゃり暮らしは、僕が名付けたんだもの」

REAL 10 (ヤングジャンプコミックス)REAL 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/26)
井上 雄彦

商品詳細を見る

べしゃり暮らし 11 (ヤングジャンプコミックス)べしゃり暮らし 11 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/19)
森田 まさのり

商品詳細を見る

寺原トレード - 2010.12.06 Mon

http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/baseball/npb/news/20101206-OHO1T00057.htm?from=related

寺原…orz
びっくりしたけど、この2年間戦力になってなかったから、仕方ないのかな。
交換相手の山本省吾は一応、この3年間ローテ張ってた事を考えれば、
寺原より格上なんだろうけど、成績見ると明らかに下り坂…。
年齢も、テラ27歳山本32歳だし。う~む…。
左腕でセから4勝ってのは、期待していいのだろうか。
しかしまあ、とことん若返らない投手陣だな
もっとも、そもそも若手が出てこないんだから、
いくらトレードしても若返るわけがないわなー。
 
にしても残念。
横浜で花開いてくれることを期待してただけに。
オリで頑張ってくれ。

ハマの水差し野郎こと高宮は、ほんの一時期、いい珠投げてたんだけどな~。
それ以上に、水差しの輝きが強すぎたな…。
けど、「左がいない!」とか言っておきながら、左出すのか。
別に惜しくはないけど、代わりが喜田剛とかいらねえだろ
ここはよく判らんな…。

去る人来る人 - 2010.12.02 Thu

今年も残す所一ヶ月か…。
あっという間だな~と毎年言ってるような気が
23日の祝日を出勤にして年末休みを増やすと言われたけど、
29日から休みって、いつもとおんなじじゃん
30から休みの年もあるから、
それに比べれば早くなってると言う理屈も成り立つけどさあ。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20101201088.html
去る人内川。
戦力的には痛いけど、
一連の発言にうんざりしてすっかり冷めてしまったので、
正直どうでもいい
横浜を出たいってのはよくわかるし、
強いチーム、条件の良いチームに行きたいのもわかる。
だからって、「オレは悪くない!」とばかりにいらん事言いすぎ
どうしてここまで自分を正当化させたがるのかねえ。
まあ頑張ってね。横浜戦以外で

http://www.sanspo.com/baseball/news/101201/bse1012011635001-n1.htm
来る人森本。
こっちはこっちで、日ハムに残っててもレギュラーは厳しそうだからね。
条件も横浜のほうが良さそうだし、いいんじゃにかな。
森本がセンターに入れば、外野守備は安定するなあ。
打撃も今年は復調気味みたいだし、小技が出来るのは嬉しい。
もっとも、森本クラスに過度の期待は禁物だけど。
しかし、外野はほんの数年前までは多村金城小池と、鉄壁だったのになあ…。
どうしてこうなった。



http://tokoro-dino.at.webry.info/201011/article_5.html
!?
“懐”かしいじゃねーかよゥ…。
ケド、“今時”“ウケ”ンのか…!?
“龍神”って事ぁ、“天羽(アモー)”クン“主役”かぁ…!?

…ホントウザいな、「!?」と「“”」w

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード