A D M I N
topimage

2010-09

UFC119 - 2010.09.30 Thu

ミルコ・クロコップvsフランク・ミア
塩過ぎ
ミルコは、すっかり覇気が感じられなくなったな…。
今回はノゲイラ兄の代役で準備期間も短かったみたいだから、
それを考慮するにしてもダメダメだった。
下がってばっかで、ほとんど蹴りが出なかったし、
動きそのものにもキレが感じられなかったね。
3R目にようやく前の出るようになったけど、
首相撲からの膝蹴りであっさり終了
見るべきところはなかったなあ。
勝ったミアも、パンチちょこちょこ出して金網に押し付けるだけ。
レスナーには確実に負けるな

あと、何気にマーク・ハントがUFC参戦
1分で負けたけど
今時、下からのアームロックで負けるか…。
まあ、もとから負けるときはアームロックばっかだけどさあ。
要するに、
        iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人


スポンサーサイト

ボストン美術館 浮世絵名品展 - 2010.09.26 Sun

変換 ~ 101
変換 ~ 100

神戸市立博物館で開催中の、浮世絵展に行ってきた。
…と言っても、行ってきたのはだいぶ前…。
ラインナップ全然知らずに行ったんだけど、
東洲斎写楽がたくさんあったのは、嬉しかったね。
私がこれまで観に行った浮世絵の展示会では、
写楽の作品はあんまりなかったんで。
個人的に役者絵が好きってのもあるけど、
それに加えて写楽の個性際立った絵が好み。

あと、全体的に三枚続や五枚続の絵が多かった。
この手の作品を多く見るのも、今回が初めてかも。
これは、歌麿の『煤掃き』が一番印象深い。
紫を多く使ってて、モノクロっぽさを感じさせる。

中々見応えあって、わざわざ神戸まで行って良かった。

EIGHTH 3巻/河内和泉 - 2010.09.26 Sun

変換 ~ 113
アニメイト天王寺店のサイン会行ってきた
どうも私の好きな作家さんのサイン会やイベントって
土曜日にやることが多くて、土曜仕事の身としてはいつも臍を噛む思い
だったわけですが、今回このサイン会が日曜に行われることを知り、参加。

しかし、アニメイトって女の子多いね…。
アニメイトは生涯で回くらいしか行ったことがないので、
馴れてないおっさんにはちょっとビビッた。
サイン会参加のの経験は殆ど無いので、流れ作業的にサッサとやるのかと思ったら、
少しだけ話す時間があったのね…。
ぶっつけ本番が死ぬほど苦手な私は、当然のごとくロクに喋れず仕舞い…(泣)。
もーヤダ。
河内先生は、おしゃれでカッコイイ系の美人さんでしたよ。
こんな人が親父ギャグスキーとは…。
でも、大阪人らしいノリの良さは感じたので、そんな不思議でもないか。
変換 ~ 114
この時にもらった、記念のイラスト。
曲がってしまった…orz
変換 ~ 115
サインは表紙の裏に。
本名で書いて頂いたたので…。

しかし疲れた。
14時半から整列開始だったんで、その時間に行ったら、
整理券の番号が60以降は16時からと言われ、それまで待つことに。
更にサイン頂いたのが17時過ぎ。
もっと早く行くべきだった…。
経験ないとダメね。

んで3巻は、次巻にまたがる新章に突入。
ヒトに感染するインフルエンザウイルスの亜種が、とある研究所から紛失。
更に、「ウイルスを盗んだのはセルシアがいる研究所」と言う告発があり、
エイスは濡れ衣を晴らす&告発者=犯人を突き止めるため、
CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のトリニティ女史と共に、
ナオヤが行動することとなり、そこに、ヒカルの葛藤が絡む…と言った内容。
今のところは、自分の気持をもてあまし、素直になれないヒカルがメイン。
セルシアと一緒にナオヤの部屋に居候するヒカル。
それが、ナオヤの部屋を出ていくことになり、
ナオヤのそばを離れたくない、自分と違って可愛いセルシア、
これまで常に父親の新庄博士といることが好きだった自分、と、
心が抑えられずにぐちゃぐちゃになって終いには泣き出すヒカルが、
とっても可愛いですよ。
迎えに来たナオヤに対する態度(シャツ引っ張るトコとか)も、いいね。
子供時代のヒカルの新庄博士に対するセリフが笑える。

分類すれば、いわゆるツンデレキャラなヒカルさん。
でも、こうやって丁寧な内面描写がしっかりあるので、
そこらのやっすい大量生産的なツンデレと違って、魅力的だと思う。
2巻では、そこまで思わなかったんだけどね。
真理さん一択と言えなくなりそう…。

自分を差し置いてでもヒカルを案じるセルシアも、ホントいい子。
所長も、なんだかんだ言ってナオヤを信頼してるねえ。
新キャラのトリニティはドジっ娘属性。
ドジっ娘は嫌いだけど、巨乳なのは良し
ナオヤの活躍は、次にもちこしか。

真理さんの出番が少ないのが唯一の不満だがっ。

「――あら困った。
泣いてちゃナオヤくんが戻ってきちゃうわよ、ヒカル」
――ナオヤ
お願い
ごめんなさい
もう一度たすけて
ナオヤ…!

ゾンビランド 4・5点 - 2010.09.26 Sun

変換 ~ 102
ある日突然、それは起こった。
謎の新型ウィルスに感染した者がゾンビと化し、
生きた人間を次々と襲ってその肉を喰らい始めたのだ。
そのウィルスはバンデミック(爆発感染)を引き起こし、
猛烈な勢いで全世界へと広まっていった。
それから数ヶ月、地球上は人喰いゾンビで埋め尽くされ、
人類はほぼ絶滅状態となった。

大学生だったコロンバスは数少ない生き残りの1人だった。
臆病で胃腸が弱く、引きこもりで友達もいないネットゲームおたくで、
当然童貞の彼は、“ゾンビの世界で生き残るための32のルール”を作り、
それを慎重に実践して生き延びてきた。
彼は両親の住むコロンバス州オハイオへと向かう旅の途中、
屈強な腕力と抜群の射撃テクニックでゾ
ンビ地獄を生き延びてきたワイルドな男タラハシー
と出会い、彼の車に同乗させてもらう。
タラハシーは過去の辛い経験からゾンビを心底憎み、
ゾンビを退治することを楽しんでいた。
だが、同時に彼はそれ以上に、通りがかりのスーパーや雑貨店で
大好物のスポンジケーキ“トゥインキー” を
見つけだすことに命をかけていた。
2人は廃墟と化した大型スーパーで、迫りくるゾンビ軍団を倒しながら
“トゥインキー”を探す中、ウィチタとリトルロックという姉妹と出会う。
プロの詐欺師だった彼女たちは、
妹のリトルロックがゾンビに噛まれたと偽って
、一度はコロンバスとタラハシーの武器と車を奪い逃亡するが、
やがて安全のためにお互いの必要性を感じ、行動を共にすることになる。
(公式より)


公式を見ればわかるけど、ホラーではなくコメディです。
序盤にちょっとグロいシーンはあるけど、
それが苦手な人でもそこを乗り切れば問題なし。

この映画のゾンビは、とにかく元気に走り回る
それだけに、オープニングで人間を襲うシーンがスローモーションなのは
シュールで笑った。

主人公のコロンバスは、マイルールを作ってそれに従って生き延びるんだけど、
タラハシーや詐欺師姉妹と出会って、精神的に成長していく姿が描かれている。
ルールのひとつに“ヒーローになるな”って言うのがあるんだけど、
姉妹を救うべくあえてヒーローになる姿は、
ちょっと間抜けだけどカッコよかったよ。
タラハシーや姉妹にも過去があり、この4人が連れ立って旅する
ロードムービー的な作品でもあった。

終盤、姉妹はゾンビがいると分かっていても、
楽園を信じて遊園地へ2人だけで行く。
そこでのタフガイタラハシーの活躍は必見。
カッコ良すぎ。
ただ、拳銃だけで大量のゾンビを撃退ってのは、
さすがに無理があると思ったけど、突っ込むのは野暮か。
姉妹の詐欺における抜群のコンビネーションは面白い。
お姉ちゃんは時折、すごく色っぽい
妹役のアビーは相変わらずかわいいね。
子供特有の無邪気さと、小悪魔っぽさが巧かった。

カメオ出演のビル・マーレイのシーンが1番笑った
ドリフ的と言うか。
まあ、ストーリーにはまったく関係ないんだけど。
ここバッサリカットしてもOKなくらい。

亀田大毅vs坂田&DREAM16 - 2010.09.25 Sat

亀田次男vs坂田は…つ ま ら ん
どっちも元々、面白い試合するボクサーじゃないんで、
予想は付いてたけどさあ。
でも、次男はかなりマトモなボクサーになっててビックリ。
内藤戦は酷いなんてもんじゃなかったし、デンカオの時もクソだったのに。
まあ、あの時はデンカオも酷かったけど。
フィジカルでは優れているだけあって、
技術を覚えたら長男より強くなるんじゃないか。
イチイチアピールするのはウザい。
坂田は手数は多かったけど、全然効かしたパンチがなかったな。
出血のせいもあるかもわからんけど、スタミナも衰えた感じ。
次男とは相性も悪かったかな。
あと、実況は佐々木希に話振るな
いろんな意味でヤバい。

DREAM16
ハンセンvs所。
所はいい加減、クビでいいんじゃ
寝技であんなにあっさりやられたら、ダメじゃん。
ミノワマンvs石井。
ミノワが接待するかと思ったけど、ちゃんとやってたね。
石井はしょっちゅう、寝技に持ち込むんだけど、
結局、パターンがないから全然攻めきれない。
バック取ったらすぐ立たれるし。
つまんなかった。
石井の「炎のファイター」には吹いた。
桜庭vsメイヘム。
桜庭も頑張ってるんだけどねえ。
こんな簡単に決められるとは。
ただ、打撃でやられなかった分、
いつものような痛々しさは感じずに済んだ。
でも、いい加減限界じゃね?
高谷vsビービ。
おおうっ、お見事
ビービ相手に秒殺とは、やるなあ。
好きな選手じゃないけどね。
ムサシvs水野。
ライトヘビー級王者決定戦だけど、
ムサシの圧勝じゃん。
ま、こんなもんだろって感じ。
これ以降の試合はダイジェスト。
小見川は早い段階で1本勝ちしたんだから、ちゃんと放送してやれよ…。
もったいない。
宮田はリオンに勝ったか。意外。
ジャーマンカッコよかった
青木はチャンピオンなのに扱い悪いな。
グダグダだったのかな?

そんな感じ。
全体的にも面白くはなかった…。

海皇紀45巻&乱飛乱外8巻 - 2010.09.23 Thu

変換 ~ 112

海皇紀45巻/川原正敏
最終巻。
序盤でファンvsクラッサ・ライ決着。
確かに、ペテン師らしい勝ち方ではあったな。
ペテン師ペテン師うるさすぎだけど。
しっかし、マウント取られてるのに下からの打撃って、
どこの陸奥圓明流よ

トゥバンvs森守は…マイア邪魔すんな
トゥバンには、自力で本懐を成し遂げて欲しかったわ。
まあ、あそこで行動させないとヒロインとして何の役にも立ってないから、
仕方ないんだろうけどなあ。

女帝小物過ぎ
予想はしてたけど、予想が当たっても嬉しくない…。
アナハラムもヒデェ出オチ
最初はなかなか威厳あったのに、ファンに殴られて以降の小物さは…。
俺が神だ!俺が正義だ!もベタすぎ。

ヴェダイのメルダーザへの想いと、
ファンのマイアへの想いは、もっと掘り下げてくれんと
特にファンはマイアが好きとか、そんな描写あったか?って感じだし。
それでも、ちゃんとファンとアグナをくっつけたのは評価しよう。
それだけはGJだ
子供を見つめるアグナの表情は良かった。

後日譚に、各キャラの年老いた描写は蛇足だったと思う。
後日譚自体はいいんだけどね。
特にファンは、後ろ姿のままの方が絶対良かった
てか皆んな、シワ描いただけにしか見えん。

カザルの死に方はスゴイはた迷惑な気が
ないわー。

結局、影船はモスとルタ以外はカスみたいな扱いだったな。
そのモスも、メルダーザの著す「海皇紀」でゲイ扱いされてるし。

正直、だいぶ惰性で読んでたけど、とりあえずお疲れ
修羅の門楽しみにしてますよ。

「ええか…遺言じゃ…必ず守れ…よ」

乱飛乱外8巻/田中ほさな
お家再興を目指す少年・刀雷蔵と、それを助けるかがり・如火・姫丸の
3人の女忍びによる、なんちゃって戦国アクション漫画最新巻。
雷蔵が他家のお姫様と結婚してその勢力を使って
お家再興を果たそうとするも、悉く失敗。

前巻からは伊賀の次期頭領を決めるための儀式に参加することになり、
いよいよおろちとかがりによる最後の神体合勝負となる。
ここでかがりが勝つんだけど、ついに誤解が判明してしまう。
“神体合”は、好きな男に接吻され、
その男に見つめられると発動する術で、
かがりは出会ったときに雷蔵に接吻されたんだけどそれが誤解、
かがりの術が解けてしまい、
そこを怨敵・冠木星眼(かぶきせいがん)につけこまれ、
かがりが攫われてしまう…。

4巻辺りまでは面白かったんだけど、
海賊王女からはちょっとなーってな感じなのよね。
海賊王女のつなみ姫自体は、
4人のお姫様の中では1番の好みなんだけど。
黒髪ロングで巨乳のおねーさんとか、ドストライクすぎ
でも、その辺りから3人娘の空気化が進んでしまったのがね。
特に如火と姫丸の役立たずっぷりは、ホントひどい。
今回は4人の姫が勢ぞろいしたこともあってか、久々に面白かったけど、
相変わらず如火たちは出番が…
まあ、前巻のヒロインというべきおろちも空気化してるけど。
みずちは空気どころか出番すらないけど。
姫さまたちは、全員いいなあ。
かがりも加えてのハーレムエンドでもいいよ。

雷蔵のウジウジさはホントイラつくな。
同情すべき点もあるんだけど。
ラストでようやく一皮むけたかな?

雷蔵の持つ“隠切(おにきり)の太刀”に宿る神・修羅雪の絵が
スゴイキモく見える
他のキャラと比べて、なんか浮いてるんだよねー。

予告からして、次が最終巻かな。

「オレの心はもう折れないよ
かがりどのを取り戻すまでは――ね!」

海皇紀(45)<完> (講談社コミックス 月刊少年マガジン)海皇紀(45)<完> (講談社コミックス 月刊少年マガジン)
(2010/09/17)
川原 正敏

商品詳細を見る


乱飛乱外(8) (シリウスコミックス)乱飛乱外(8)(シリウスコミックス)
(2010/09/09)
田中 ほさな

商品詳細を見る

木塚引退 - 2010.09.21 Tue

http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20100921059.html
久しぶりの野球記事の更新がコレとは…。

横浜投手陣の中では、番長と並んで好きな選手でした。
ルーキーイヤーは鮮烈だったねえ。
サイドからの剛速球で相手打者をねじ伏せる姿が、かっこよかった。
かえすがえすも、2年目に森にぶっ壊されたのが痛かった…。
ケガで軟投派になってからは、気迫で抑えるって感じで、
これがまたかっこよかったよ。
抑えた時の、吠える姿がスゲー好き

07年に、大矢に酷使されたのも痛かったね。
右のワンポイントと言う、変則的な使われ方とは言え、
故障持ちで80試合近く登板させられたからね…。
いくらイニング数が少ないとはいっても、ありゃヒドイわ。

500試合登板も、惜しくもならず、か。
もう1度、あの穴掘りが見たかった…。
お疲れ様でした。
2軍コーチ頑張ってください。

…あ、佐伯さんはあんまり好きじゃないんで、別にどうでもいいっす。
現役続けるなら頑張ってネ。

つーかーれーたー  - 2010.09.19 Sun

行ってきました宮崎。
昨日帰宅して、今日は1日死んでました

変換 ~ 099

ヤシの木見ると、いかにも南の地って感じですね。
なんごくっ!みたいな。

まあ出張で行ったので、特に語ることはないんですが。
観光する暇なんてないしー。
日・月と連休なら、そのまま自腹切って泊まって
観光って手もあったんだけど、月曜仕事だし…。
泣きてー。

仕事は思いっきり計算外
詳しく語るのは差し障りがあるので言わないけど、
それさえなければおそらく3日で済んだ。
エアコンのない室内での仕事なので、この時期は軽く死ねる
それでも、私が行ったこの数日はマシらしかったそうだけど。

名物は1部食べてきた。
チキン南蛮で有名なおぐらは、ファミレスっぽい作り。
タルタルソースは私にはちょっと濃い目だったけど、
中々おいしかった。
居酒屋では地頭鶏(じこっと)と呼ばれる宮崎地鶏料理を。
あと、日向夏って言う夏みかんのジュースやサイダーも飲んだ。
グレープフルーツジュースより薄味な感じ。
肉巻きはまあまあ。

1番良かったのは、昼に行った「「Stessa&Orso」(ステッサ&オルソ)って言う、
フレンチやイタリアンが楽しめるビストロ。
変換 ~ 102
狭いけど、外観も中も小洒落た感じで、
私のようなヨゴレにはちと場違いな気はしましたが。
シェフのご主人もウェイトレスのお姉さん(奥さん?)もスッゴイ気さくで、
いい人でしたよ。お姉さん美人だし
変換 ~ 100
変換 ~ 101
上は宮崎牛を使ったトマトソースのちまきバーグ
ちまきって言うのはすね肉のことだそうな。
和風ソースもあり。
ライス・スープ・サラダ・デザート・ドリンクのセットで950円。
下はスパゲッティペスカトーレ750円。
あと、写真撮るの忘れたけど、仔羊のカレーも食べた。
ペスカトーレとカレーはそれぞれパスタと肉をタダで増量してもらった
なんていい人なんだっ。
近所なら絶対常連になってたなあ。
つーか、たった3回で常連顔になってた気が

お店も味も上品、でも敷居は低くて入りやすいです。
夜はバーになるらしく、そっちも行きたかったな…。
そんなわけで、近場の人にはオススメ。
場所はみやざき物産館のすぐ近く。

それにしても、東国原知事グッズってめちゃ多いのね
ちょっとビックリ。

九州行ってきます - 2010.09.13 Mon

扇子無くした…orz
数年来愛用してたやつだったので、ちょっとショック。
ちくしょー。

またも、全然感想書けねー。
暑さと眠さのせいで、頭が回らないんだよねえ。
漫画も小説も映画も、どんどん溜まってく一方だわ。
野球の感想めっきり書いてないのは、お察し下さい
愚痴しか出てきませんわ。

明日から、九州へ出張。
出張はたまーにしかないので、いい気分転換にはなるんだけど、
遠いのは移動だけで時間かかるし疲れるから嫌い。
まだ向こうも暑いだろうし。気が滅入るわー。
4,5日の予定だけど、さっさと終わらせて3日くらいで帰りたいなあ。

アマガミLove goes on!1巻&桜蘭高校ホスト部17巻 - 2010.09.08 Wed

変換 ~ 099

アマガミLove goes on!1巻/上乃龍也
東雲版はあんまり絵が好きじゃないので、
キミキスは買ってたけどアマガミはスルー。
対して、こっちの上乃版はいいね~。
これは私の好きな絵柄ですよ。

このLove goes on!は、1キャラ1巻っぽいね。
ちなみに、ゲームはプレイ済み。
アニメは1話も見てないけど…。
観る気満々だったのに、何故こうなった…。

漫画読んで思ったのは、かなり内容忘れてるなあ、と。
あとがきに、「どのイベントを描こうかと迷った」ってあったけど、
描かれた以外にどんなエピソードがあったか、本気で思い出せねえっす。
七咲は、森島先輩に次いでお気に入りなのに…。

漫画としては、出会いからエンディングまで
無難にまとめたんじゃないかな。
七咲のキャラもよく出てて、すごく可愛かったし。
漫画版の出会いはブランコの方なんだけど、
変態紳士が見えそうで見えない七咲のスカートを
下から仰ぎ見るシーン
の方が、めっちゃ好きなんだけどなあ。残念!

犬を追い払うシーンは、ベタ過ぎて萎えるな…。
その後のほっぺにチューは可愛いから許すが。
昼休みのテラスで堂々とキスしようとするのは、流石すぎる変態紳士。
橘さんのこう言うありえないところは、好きだな~。

ポンプ小屋でのキスは、いくらなんでもエロすぎでしょう。
P119とか、いいのかアレ。
いいぞもっとやれ

ラストのプールでのキスは、橘さんカッコよかった。
主人公ぽかったよ。
温泉の七咲がすっぱだかなのは、漫画ならではだね。

次のキャラも期待してます。

「それより先輩っ
そんな制服のままで…いったい何を考えてるんですか!?」
「七咲のことに決まってるだろ」

桜蘭高校ホスト部17巻/葉鳥ビスコ
次 巻 最 終 巻 と言うだけあって、
物語が収束していく展開の今巻。

鏡夜らに非難されてたけど、理事長の思惑は良かったと思うな。
情理両面で“策士”って感じで、カッコよかった。
鏡夜のとって1番大事なのは環だから、
鏡夜が理事長を非難するのは仕方ないことだけど。
結局、会長と理事長がお互いの気持を忖度出来なかったのがねえ。

今の絵で見るもっさりハルヒも、フツーに可愛いじゃあねーか
カサノバ君、そんなにショック受けることないだろ。
夢での告白シーンもまた可愛いんだよね。
覚めた時のショック込みで

ハルヒが高坂さんの言葉に惑わされず、
しっかり自分の考えを持っていたのは感心。
真に受けてこんがらがってグダグダ展開とか、
よくあるだけにホッとしましたよ。

ちょびっとだけ丸くなった会長と環のやりとりは、
なんかほっこりさせられたなあ。
会長にも会長なりの正義があったんだよね。

環のために、ホスト部だけでなく
多くの環ファンが力をあわせるシーンがGOOD!
ある意味、“ホスト部”らしいんじゃないかな。
お客様たちだけでなく、九瀬先輩なんかが助けに来たのもイイ。
れんげちゃんとのやりとりは笑った。

関係ないけど、サブキャラで1番好きなのはカサノバ君です。
目付きの悪さと純情っぷりのギャップが萌え。

早く最終回読みたいな~。
個人的には、スッパリ終わってくれて良かったと思う。
ハニー&モリーが卒業しても続くのは、ちょっと…と感じてたんで。

「たまには私達にも頼ってっていったでしょう?
それってね
私達の「家」の力もお忘れなくって意味なのよ?」

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉 - 2010.09.07 Tue

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る


大企業・宝生グループのお嬢様でありながら刑事となった麗子と、
今作の探偵役で執事兼運転手の影山が主人公の、推理短編集。

最初の発表から4ヶ月も待たされた本作なんだけど、
ちと期待ハズレだったかなあ…。

この作者特有の、
めちゃくちゃ人を選ぶギャグの数々が、なんか弱かったな~。
麗子のツッコミが弱いと言うか、単調なのよ。
上司の風祭警部のボケや影山の毒舌に対して、
大抵叫ぶだけってのがね。
もっとも、風祭のボケも正直微妙。
自分の妄想や思い込みで、あさっての方向へ推理するんだけど、
これがあんまり面白く無い
影山の嫌味皮肉毒舌は、悪くはないんだけど…悪くはないだけと言うか。
もっと、この人特有の脱力系ギャグが欲しかった。
前作烏賊川市シリーズの、「ここに死体を捨てないでください!」
爆笑しただけに、ハードル高くしすぎたかなあ…。
つまらないわけじゃないんだけどね。
クスクスとは笑うことは出来たし。

…推理小説なのに、何故、
漫才の感想みたいになってるんだ。なんでやねん!
ミステリーとしても、まあまあかな。
嫌々ながら麗子が事件の詳細を話し、
影山が慇懃無礼な態度で
安楽椅子探偵の如く謎を解
のが作品スタイル。
理詰めで1つ1つの出来事を検証していくので、
私のような残念頭にも納得しやすいね。
いつものように、ギャグシーンにもしっかり伏線が張られているのは、
相変わらず感心する。
あと、麗子が途中からメガネっ娘お嬢様に変身するのも感心。
や、やるじゃねえか東川。
1番面白かった短編は、「花嫁は密室の中でございます」。

「こんな簡単なこともお判りにならないなんて、
それでもお嬢様はプロも刑事でございますか。
正直、ズブの素人よりレベルが低くていらしゃいます」

小さな命が呼ぶとき 5点 - 2010.09.07 Tue

変換 ~ 103

オレゴン州ポートランドに住むエリート・ビジネスマン、
ジョン・クラウリーには、自らの命に代えてでも守りたいものがあった。
愛妻アイリーンとの間にもうけた8歳の娘メーガンと
6歳の息子パトリックが“ポンペ病”という難病に冒されてしまったのだ。
平均寿命9年とされるこの病気に治療薬はない。
残された時間は、あと1年-。
苦悩の日々の中で精神的に追いつめられていったジョンは、
ポンペ病の権威であるロバート・ストーンヒル博士の研究に
唯一の希望を見出し、ビジネス界でのキャリアを捨てることを決意。
そして二人はバイオ・テクノロジーのベンチャー企業を起し、
子供たちの小さな尊い命を救いうるただ一つの道、
すなわち自力で治療薬を開発するという
夢の実現に向かって突き進んでいく…。
(公式より)

観てる間、何回も泣いた
最初に泣いたのは、唯一健常な長男が自分のお小遣いを
治療費にと、父親のジョンに渡す超ベタなシーン
涙腺弱すぎ!

この映画は難病を題材にした感動モノだけど、
決してお涙頂戴ではなく、優れた社会派ドラマでもあると思う。
ベンチャー企業の立ち上げから、投資家や大企業相手の交渉、
実話ベースの物語なだけあって、そういう部分はリアリティがあったねえ。

ジョンとロバートの関係も、
決して熱い友情で結ばれているわけじゃない
子供を救うためなら手段を選ばないジョン。
“医者”ではなく“医学博士”であるロバートは、
あくまで自身の研究成果を実現させるために、ジョンと組む。
そのため、2人はことあるごとに対立するし。
この、お互いのエゴのぶつかり合いは良かったね~。
ジョンはとにかく自分の研究を信じて、絶対に譲らない偏屈な性格。
企業や投資家の意見や要望も聞かず、
そのためジョンは苦労を強いられる。
でもそのジョンが、ギリギリのところでは
ジョンの子供たちのために折れる
のが、泣ける。

笑いどころもそれなりにあり、ロバートが最初にジョンの家を訪れた時、
長女メーガンと競走するシーンは楽しかった。
息子2人はちょっと出番が少なかったけど、
メーガンは出番が多く、楽しくて可愛いキャラだったね。

ジョン役のブレンダン・フレイザーと、
ロバート役のハリソン・フォードの演技も、とても良かったよ。
何度も絶望しかけてのあのラストでまた泣けた。

しっかしまあ、年々涙もろくなるなあ…。

オールラウンダー廻4巻&未満れんあい4巻 - 2010.09.04 Sat

変換 ~ 106

オールラウンダー廻4巻/遠藤浩輝
アマ修斗関東選手権開始。
冒頭に出てきたマキの一家に笑った。
 
メグルとのスパーで右腕靱帯を痛めた、ジムメイトの勇大。
手負いでありながらも、準決勝まで勝ち進む。
次の相手はタカシ。
一方、補欠出場を果たしたメグルは、
1回戦を終了間際の腕十字で勝利。
2回戦の相手は、以前グラップリングルールで勝利した
柔術家の小笠原。
開始早々、メグルからテイクダウンを奪い、
ひたすら寝技地獄でメグルを追い詰める。

試合中の、一挙手一投足に対するモノローグが
やたらと多い
気がして、ちと欝陶しい感じ。

メグルと勇大の友情話はベタだな
悪くはないけどね。
1回戦の相手、大前田との試合は面白かった。
崖っぷちの状況にある大前田の背景も含めて、良かった。
メグルが腕十字を決めたシーンは、とてもかっこよかった!

しっかし、遠藤作品のくせにさわやかだなあ。

「せめて修斗だけでも…何か形を残してぇよ…」

未満れんあい4巻/高嶋ひろみ
『友達から』と、正式に付き合うこととなった
30男の黒瀬と13歳の小沢さん

端から見たら、相当アブない関係だけど、
微笑ましくって可愛いねえ。

黒瀬じゃなくても、小沢さんの笑顔には癒される。
ロリコンじゃないけど!

今回は、初デートに黒瀬の誕生日で↑になったかと思えば、
小沢さんがクラスメイトに告られて↓になったり。
それと、黒瀬が勤めるエロゲー会社の女社長と
ちょびっとだけいい感じになったり。
社長、巨乳のメガネ美女なんだけど、
黒瀬の大学時だからの先輩なんだよね。
…と言うことは、三十路であの格好…
いや、似合ってるからいいけどね。

それにしても、ともえちゃんは可愛いのお。
ロリコンじゃないけど!

「ずっと『何でわたしこんな所にいるんだろう』とか思って…
窓を見たら空がものすごく青くて…
黒瀬さんは今なにしてんだろうって思って…
……すごく…悲しかったです…」

オールラウンダー廻(4) (イブニングKC)オールラウンダー廻(4) (イブニングKC)
(2010/08/23)
遠藤 浩輝

商品詳細を見る


未満れんあい(4)ーアクションコミックス ((コミックハイ!))未満れんあい(4)ーアクションコミックス ((コミックハイ!))
(2010/08/10)
高嶋 ひろみ

商品詳細を見る

小鳥を愛した容疑者/大倉崇裕  - 2010.09.01 Wed

小鳥を愛した容疑者小鳥を愛した容疑者
(2010/07/29)
大倉 崇裕

商品詳細を見る


大倉崇裕の新作推理短編集。

元警視庁捜査一課の須藤友三警部補は、とある事件で負傷し、
現在は閑職である総務部総務課動植物管理係へ左遷されている。
設置されてから2年間、一切仕事がなかった動植物管理係に
唯一配属されているのが獣医師免許を持つ薄圭子(うすき・けいこ)巡査。
この凸凹コンビが、毎回動物に関わる事件を解決していくと言う内容。

事件捜査に関しては、ベテランならではの冴えを見せるが、
動物の知識はからっきしな須藤。
一方、ちょっとすっとぼけた感じで一般常識に欠けるきらいがあるも、
動物に対する愛と知識は一級品の薄。

捜査より動物第一の薄の言動が、いちいち楽しい。
でも、そんな薄が事件に関わった動物の様子や生態から、
真相に近づいていく所は、しっかりとしたミステリーになっているので、
推理モノ好きな人にも楽しめるのでは。

全体的に、いつもの大倉作品的コメディで、
私には非常に楽しめましたね。
毎回、冒頭でいろんな動物を預かる薄と須藤のやりとりや、
タクシーに乗った薄の制服姿を見た運転手の反応などの、
繰り返しギャグなんかはすごい好きなんだよね~。

薄のすっとぼけた感じなんかは、福家警部補に通じるものがあるけど、
計算も入ってるであろう福家警部補とは違って、こっちはだいぶ天然。
でもそれが結構、可愛らしかったりする。

シリーズ化希望。

「時間がないので、簡単に済ませるぞ。
かいつまんで言うとだな…」
「カイツマン?」
「人間の言葉も少し勉強しろ」
「すみません。イルカの言語でしたら、もう少し…」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (298)
映画 (349)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (206)
アニメ (103)
雑記 (160)
野球 (69)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード