A D M I N
topimage

2010-06

太陽の黙示録 建国編6巻&医龍23巻 - 2010.06.30 Wed

変換 ~ 098

太陽の黙示録 建国編6巻/かわぐちかいじ
前回登場した新キャラ3人の内のリョウとシゲルがメイン。
それに、独立を宣言し“南日本国”となった、
サウスエリアの独裁者とも言うべき
宗方操の思惑が絡んでくる。
リョウはノースエリアである意味で反骨のジャーナリストだったことを
再生特区の参謀である葛城亮に見込まれ、
サウスエリアに特派員として赴く。
そこでリョウは宗方に、柳舷一郎暗殺計画を告げられ、
メッセージを託され、更にシゲルが暗殺メンバーの1人と知る…。
 
メタンハイドレート関係の収入で強力な経済力と軍事力を手にした南。
だけど、弱者切り捨て政策による格差社会と深刻な食糧不足で、
その立場が強固とは言いがたい。
三国志風とは言っても、米・中と言う“外圧”があるから、
南も北も、そして再生特区も不安ばっかりなんだよね。
最終的には、3人が手を結ぶのかな?

政治バトルや人情話は相変わらず面白いんだけど、
昔に比べると物足りない。
“魔王”董堂卓也(董卓)がいた頃は、
毎回楽しみでしょうがなかったんだけどなあ。

にしても、宗方ってホント舷一郎をひれ伏させるのが好きだな。

「成功するかしないかは“運”だけではない。
その人間が命を懸けるか否か…それで、決まるのだ」

医龍23巻/乃木坂太郎
9階から飛び降りた国立の息子を受け止め、重体を負った朝田。
意識を失う寸前、伊集院に自分を切るよう伝える
拒絶する伊集院。
朝田の想いを理解し、伊集院を促すミキ。
内心では心臓を切ってみたいと思っていた伊集院は、
同じく朝田の心情を悟り、手術を引き受ける。
指名したメンバーは朝田抜きのバチスタチーム。
そして、第2助手に霧島軍司

反対する木原を見つめながら承諾する、軍司の表情がタマラン。
いつもながらの朝田ラブ&伊集院ラブも、切なげでいいね~。
私はそんな軍司にラブ。はいはいアッーアッー。

国立株はこれでもかというほど下がる一方。
初登場時が頂点だったな…。
そのかわりに、鬼頭と復活したバウマンがカッコよかった。
ゴンちゃんもいいキャラになったなあ。
こっちは、初登場時が嘘みたいに良キャラになってるわ。
クレメンスは完全に空気。悲惨。

かつて、朝田と国立が「ヒューマニズムでは続かない」「切るのが面白い」
と語っていたのが、ここでつながってきたんだねえ。

「――進めよ、どこまでも」
スポンサーサイト

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション 4点 - 2010.06.29 Tue

変換 ~ 097
ロシア首相の愛息と愛娘が博物館で、
遺伝子技術に基づくハイテク兵士 "NGU" に誘拐される大事件が発生。
しかも、その黒幕であるチェチェン民族主義の過激派トポフは、
チェルノブイリ原子力発電所を占拠し、
原子炉の爆破を盾に取ってパサラン地区の完全独立を要求してきた。
ロシア首相は米国の初期兵士開発プロジェクト"ユニソル"の科学者たちに協力を求める。
かくして4人のユニソルが復帰して解決に当たるが、
NGUの圧倒的な攻撃力の前には成す術もない。
 5人目のユニソルとして白羽の矢が立てられたのは
同プログラム最強の兵士だったリュック。
しかし人間性に目覚めた彼は沸き起こる凶暴性を抑えながら
苦しいリハビリを続けていた。
ユニソルへの復帰はリハビリの成果を無にすることに他ならない。
しかし事態はもはや予断を許さぬ局面に突入している。
米国の対策本部に拉致されたリュックは向精神薬を投与され、
能力の回復を強制される。
慈悲や良心を捨て去り、ユニソルとして覚醒するリュック。
さっそくチェルノブイリに送られた彼は、兵士たちを蹴散らし、
ゲリラ戦で敵の心臓部に迫る。
だが、そこには冷凍保存されていた同じユニソルで、
かつて死闘を演じたスコットが待ち受けていた。
トポフを抹殺して再び暴走を始めたスコットは、
原子炉の爆破スイッチをオンにしてしまう。
史上最大の大惨事まで、タイムリミットはわずか35分。
リュックはスコットとの因縁の対決に挑み、
さらにNGU最強の兵士と対峙する。
ハイレベルの肉弾バトル、決着はどうつけられるのか!?
(公式より)

ごめんなさい、徹頭徹尾B級だと思ってました。
いや、実際に低予算のDVDスルー作品なんだけど、
予想してたよりもずっと面白かったからさあ。

ユニソルは1作目以外は未視聴なんだけど、
これはその1作目の“正当な続編”ということなので、
まったく問題なく見れた。
でも、ユニソルのくせにリュックもスコットも老けまくってるのは
ツッコんじゃいけないんですよネ。

ストーリーは至ってシンプルなアクションものだけど、
ユニソル復帰を受け入れたリュックは、哀愁が感じられてよかった。

1作目でミンチになったスコットは、どうやって復活したのやら。
スコットを復活させた博士が、クローン羊云々言ってたんで、
そう云う事なんだろうか。
でも、また暴走って。
欠陥商品過ぎですよスコット。
相変わらずの狂気っぷりが健在でよかった。
ただ、惜しむらくは出番が少ない…。

新世代型の“NGU”役のアルロフスキーは、
ユニソルらしい冷徹ぶりが出てたね。 
台詞が少ないからボロが出なかったとも言うけど。
と言うか、台詞は全体的に少なかったな。
でもそれも、感情のないユニソルらしくていいけど。
しかし、パンフに書いてあった“格闘技界のカリスマ”って、
いつの話だよ
と言うか、カリスマだった時ってあったっけ

アクションは3人とも迫力&説得力あった。
特にアルロフスキーは、関節の取り合いがあったり
マウント取ってパウンドとかもあったし。
初期型ユニソル相手に、飛びつき腕十字みたいな形で倒して、
そのまま上に乗って両足で首を締めて殺すところは、
さすがサンビストと思わせる鮮やかさだった。
人質を救いに来た一般人兵士が、アルロフスキーに膝十字や
三角絞め狙った
のは笑った。
しかも、三角はスラム(パワーボム)で返されるし。

1番観たかった三竦みがなかったのは不満。
命令に忠実なNGUと狂いしスコットの悪役対決は、特に観たかった。
ラスボスが“あっち”だったのも残念。うーむ。

あの夏の子供たち 4点 - 2010.06.29 Tue

変換 ~ 097
パリの街を携帯電話を片手に足早で歩く、
映画プロデューサーのグレゴワール・カンヴェル。
映画製作会社ムーン・フィルムを経営する、
映画愛とユーモアに満ちた魅力ある彼は、
殺人的な仕事量さえも楽しんでいるかのようだった。
仕事にも情熱を注ぎながらも、
家に帰れば家族を愛する良き父親であるグレゴワールは、
週末は妻シルヴィアと3人の娘たちと共に
パリ近郊の別荘で過ごしていた。
思春期の長女クレマンス、父親譲りのユーモアを持つ
次女のヴァランティーヌ、末娘のビリー。
今週末も一家は幸せなときを過ごしていた。
週明け、グレゴワールは現像所への負債が
100万ユーロに上ったことを弁護士に忠告される。
さらに彼がプロデュースを務める
新作映画『サトゥルヌス』の撮影現場から、
スタッフが賃金未払いでストを起こすという電話が入る。
実は他に手がけた映画の興行不振で、
ムーン・フィルムの経営は悪化の一途をたどっており、
方々に負債や未払いが蓄積していた。
結局、『サトゥルヌス』のスタッフには小切手を2枚出し、
1枚はすぐに現金化しないように忠告する。
賃金を分割払いにするという苦肉の策だ。
そんな中でも、アルチュールという新人監督が持ち込んだ
『偶然の家族』の脚本に魅せられたグレゴワールは、
映画化の検討を進めていた。
(公式より)

チラシを読んだとき、父親の自殺で~と書いてあったので、
映画の冒頭でそうなるのかと思ってたら、中盤でようやく自殺
それまではグレゴールが主人公してたんで、意外な構成だった。

現代のフランスを舞台にする叙情的な作品て、
“光”を感じさせる風景がすごくいいんだよね。
この作品もご多分に漏れず、綺麗でございましたよ。

グレゴールが追いつめられてどんどんやつれていく様は、
かなり痛々しいんだけど、それでも家族や周囲に八つ当たりしない
普通ならキレるシーンがあってもおかしくないんだけど、
それだけ家族を愛してたんだろうなあ、と思ったね。

後半は妻のシルヴィアがムーン・フィルムを守ろうとする話と、
娘たち、特に長女のクレマンスが父の自殺とある事件の葛藤から、
立ち直ろうとする話がメイン。

ラストは、リアルだなあ、と。
まあ、ああ言う結末の方が説得力はあるんだろうけど、
もうちょっと、こう、ねえ…。

関係ないけど、この映画のパンフ、
えっらいペラッペラな紙使ってるんだけど。
速攻でグシャってなったわ。

ジョニー・マッド・ドッグ  4点 - 2010.06.29 Tue

変換 ~ 099
相次ぐ内戦で混乱するアフリカ。
そこには反政府軍を名乗り、虐殺・レイプ・強盗など暴虐の限りをつくして
人々を恐怖に陥れる少年兵のコマンド部隊があった。
“マッド・ドッグ”と呼ばれ、部隊のリーダーである15歳のジョニーは、
彼の右腕“ノー・グッド・アドヴァイス”ら荒くれ者たちを率いて、
ありあまるエネルギーを戦闘で爆発させていた。
彼らにとって戦場は遊び場。機関銃片手にゲームのごとく建物に侵入、
残酷な殺戮を繰り返しながら
大人さながらに隊長から受けた命令を遂行していく。
一方、ジョニーたちによる街への進攻で
追い詰められた13歳の少女ラオコレ。
彼女は戦争で足をなくし一人では歩けない父親に、
自分に構わず8歳の弟フォフォを連れて逃げろと言われ
家を追い出される。
ラオコレは逃げる途中、街中でジョニーの一団が
幼い少年を敵兵と見なし虐殺するのを目撃する。
更に、敵が近くにいないか調べるジョニーに
彼女と弟は見つかってしまう。
しかし何故か、ジョニーは彼女達に銃を向けずに逃してしまう。
ジョニーから逃れた彼女は弟をビルに隠し、
やはり心配で仕方なく父親を助けに家へ向かうのだが…。
(公式より)

本物の元少年兵をキャスティングしている上、
撮影場所もリベリアということもあって、ドキュメンタリーのような
リアリティがあった。
コカインなどで洗脳された少年兵達が、大人顔負け―というより、
ある意味で大人以上に、敵あるいは敵「らしき人間」を殺していく。

特別、ストーリーがあるわけじゃないんだよね。
ジョニーらのパートでは、ただひたすら敵を倒して侵攻するだけだし。
ただ、その描写がキツい。グロ自体はないけど。
女は犯して、怪しいやつは奪うか殺す(或いはその両方)。
各々好きな格好をして、ハイテンションで銃を撃ちまくるんで、
ホントにゲーム気分て感じ。
ただ、その中でも、わずかながら子供っぽさを見せる。
NGアドヴァイスは、かっぱらったブタを
自分になついてるから殺したくないって言ったり、
10歳そこそこのガキのバタフライは、
死んだ仲間を悼むかのように歌ったりする。
ジョニーにいたっては、ラオコレを見逃すしね。

ラオコレは強さと健気さを兼ねたヒロイン。
父や弟の為に、危険を顧みずに走り回る姿は、美しさすら感じた
自分の望まない結末になってもくじけず、
親を亡くしたちっちゃい女の子を洗ってやる思いやりは、心をうつね。

ラスト、戦争が終わって上官に好きにしろと言われて、
途方にくれるジョニー。
ちょっとだけ人間らしさをのぞかせるジョニーと再会するラオコレ。

綺麗に終わらないラストがまたキツい。
“ご想像にお任せします”だもんなあ。

マジかああああああああッ! - 2010.06.27 Sun

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0627&f=national_0627_044.shtml

ヒョードルがついに負けるとは…。
しかも相手がファブリシオって…。

いや、ファブリシオ自体は普通に強いんだけどさあ。
しっかし、よりによって地味ーなファブリシオとは。
まさに誰得。

試合観たら、スタンドのパンチでダウン取ってるんだよね。
で、追い打ちのパウンドカマそうとしたところを
三角取られて負けてもーた。
ファブリシオが速い&上手いってことなんだろうけど、
舐めてたのもあったのかな。
1分だもんなあ。

化け物級の肉体になった、アリスターとの試合が観たかった…。
て言うか、アリスターもショックなんじゃ

マイ・ブラザー - 2010.06.27 Sun

変換 ~ 098
サムは完璧だった。
アメフトのトップ選手だった学生時代にグレースと出会い、結婚。
今や、2人の小さな娘をもうけ、幸せな家庭を築く米軍大尉だ。
一方、サムの弟のトミーは、
銀行強盗での服役から出所したばかりの孤独な厄介者。
家族からも見放されているが、
そんなトミーと唯一腹を割って話ができるのが、兄のサムだった。
弟トミーが出所したのと入れ替わりに、
兄サムは戦地へと旅立っていった。
そして届いた兄の訃報。
家族が哀しみにくれる中、徐々にトミーが家族を支え始め、
そしてトミーとグレースは少しずつ、しかし確実に惹かれ合っていく。
そんなある日、死んだはずのサムが生還した。
全滅したと思われていた戦隊の中で、ただひとり生き残ったのだ。
しかし、戻ってきたサムはまるで別人のようになっていた。
この数ヶ月の間に起こったことを、決して話そうとせず、
ただ執拗にトミーとグレースの仲を疑い続けるサム。
いったいサムに何があったのか…。
そして娘の誕生日の夜、
サム、トミー、グレースの3人は思いは絡み合い、遂に事件が起こる…。

(公式より)

邦題が「マイ・ブラザー」、原題が「BROTHERS]だけど、
基本的には兄弟愛じゃなくて、夫婦愛だよね。
話としては、サムとグレース、グレースとトミーが中心で、
結局、サムが“告白”したのもトミーじゃなくグレースだし。
サムが変わった謎も、最後に明かされるのかと思ってたら、
途中で描写されてたんで、ちょっと拍子抜け。

とは言え、別に内容が悪いわけじゃないし、
出演者の演技なんてかなり良かった
アフガニスタンに行く前の、家族を愛する穏やかな性格のサム。
それが、帰ってきてからは狂気を纏ったかのよう。
笑顔でトミーとグレースの仲を疑う様は、かなり不気味。
まあ、あんな出来事を経験したら、と思うと…。

父親やグレースに嫌われいたトミーも、
サムの死後は徐々に周囲との軋轢を無くしていく。
子供たちと仲良く遊ぶシーンや、
銀行強盗した時に襲った行員に謝罪したことを
グレースに報告した所は、特に良かったね。

ナタリー・ポートマン演じるグレースは、“強い妻であり母”だったねえ。
実際にリサーチのために、兵士の妻に会ったりしたとか。
泣き崩れながらも、“勁(つよ)さ”が感じられた。

あとはなんと言っても、2人の娘たち。
特にお姉ちゃんの方は上手すぎる
喜怒哀楽の表情の変化が凄かった。
妹の誕生日に、すっかり大好きになった(逆にサムに懐かなくなった)
トミーおじさんが来るんだけど、
彼女連れだったので、嫉妬ですっかりふてくされて
ちょっとした嫌がらせをしてしまい、それにサムがキレてしまう。
その時、「ママはおじさんが好きなの!何度も寝たわ!」と、
サム以上にキレる
アレは凄かった。
と言うか、あんなちっちゃい子が、「寝た」とか言うか…。

好きなシーンは、妹のマギーは可愛くて誰からも愛されると、
自分と比較して悲しげになるんだけど、
お前のこともみんな愛してるよと、
トミーが優しく肩を抱きしめてやる所。
ここはちょっとジーンときた。
 
もう一押し足りないなあ、と感じられるのが残念。

おおきく振りかぶって 15巻 - 2010.06.23 Wed

変換 ~ 097

おおきく振りかぶって 15巻/ひぐちアサ
美丞戦がど~にも一向に高揚感が湧かなかったんだけど、
今回の試合後の描写―桐青の河合と倉田、呂佳と倉田の会話―はよかった。
河合と呂佳の対比は上手いね。
初戦敗退を引きずる呂佳、それを自分にダブらせる河合。
でも、「一生引きずる傷じゃない」と、前を向く。
河合は西浦戦から好きなキャラだったので、立ち直って良かったなあ。
呂佳はガキなのか大人なのか、よくわからん。
しかし、倉田は可哀相だ…。
フォローしてやってひぐちセンセ。

一方敗退した西浦は、早くも新人戦と秋に向けて始動。
まずは全員で自分の目標を発表しあって、
それをチームの目標に統一する。
すなわち、“甲子園優勝”!

モモカンの“花井コントロール”は、中々うまくいかんねえ。
本人は、あれでもしっかり考えてるんだけど。
ま、田島が良くも悪くもチートすぎるわな。

1番良かったのは、阿部と三橋の会話。
自分の非や約束を守れなかったことを詫びる阿部と、
しっかり自分の気持ちを伝える三橋。
なんかちょっと、ジーンときちゃったよ。
てか、三橋の笑顔に萌えてしまった…。
腐の方々が寄ってくる理由が、少しわかった気が。

クソ長かった割に大して面白くなかった美丞戦が終わって、
ようやく…と言うか、久しぶりに面白いと思えた。
でも次からは、更につまらない武蔵野か…。

「オレは」「阿部君に」「頼るばっかだった」
「オレ」「オレがんばるから」
「阿部君」「オレを頼ってくれ」
「わかった。力合わせて強くなろう!」

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)
(2010/06/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

ボーダー 3点 - 2010.06.22 Tue

変換 ~ 102
20年以上コンビを組んできた、NY市警のベテラン刑事、
タークとルースターは、共に社会の闇に潜む犯罪者を捕らえてきた。
お互いに全てを知り尽くしたパートナーとして、
固い絆で結ばれていた2人。
ある日、警察をあざ笑うような、連続殺人事件が起きる。
狙われたのは、一度は逮捕されながら、
証拠不十分で社会に放たれた悪人たち。
そして、捜査をしていくうちに、
全ての証拠がタークの犯行を示していた…。
汚名を晴らすため、捜査にのめり込む2人。
しかし、その先には、彼らの人生を大きく変える
驚愕の真実が待ち受けていた─。
(公式より)

“男たちのヒート祭り”と言う、
わかるようなわからんようなタイトルで、抱き合わせ販売的に
「ザ・エッグ」とセットで扱われてる本作。
変換 ~ 103
公式もセットなら、パンフもリバーシブル

デ・ニーロとアル・パチーノと言う、2人の超大物が「本格的」に共演する
初の作品にも関わらず、この扱い。
本国の評価は芳しくなかったらしいけど、
実際観てどうかな~っと思ってたら、私としても面白くなかった…。

話の骨子はともかく、登場人物たちの言動や
いくつかのシーンが、私には理解しづらかった。

被害者は、デ・ニーロ演じるタークが不起訴となったことを憤っていた
悪党連中ばかり。
挿入されるタークの犯罪告白ビデオ。
にもかかわらず、被害者が殺されるシーンでは犯人の顔映らない
「ザ・エッグ」同様、こっちも俺でも読めたわ。

タークの怪しげな素振り、タークの恋人で同僚のカレンも
証拠物件を調べたりと、怪しげな部分もあるけんだけどね。

もっと2人の名コンビ振りがあればまた違った印象を持てたんだろけど、
あんまりそう言うシーンがなかったのがねえ。

4年前、無罪になった犯人を憎むあまり不正を行ったターク。
タークに憧れ、タークのようになりたかったルースター。
こここそが“ボーダー”だったのは、悪くなかった(邦題だけど)。

ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ 3・5点 - 2010.06.22 Tue

変換 ~ 101
伝説の大泥棒・リプリーは、生涯最後の仕事として、
ロマノフ王朝の秘密ファベルジェの イースターエッグ強盗を計画。
相棒のガブリエルと共に、
厳戒態勢が敷かれている建物への 侵入に成功する。
だが、完璧だと思われた矢先、
彼らの計画は思わぬアクシデントによって 次々と狂い始める。
その背後には、N.Y.市警、FBI、
さらにはロシアン・マフィアの謀略が複雑に 絡み合っていた……。

(公式より)

このキャストなのに小規模公開で、まったく話題にもなってないので
なぜかと思っってwiki見たら、ビデオ映画だったそうな。納得。

内容は…うーむ…。
結構脚本が大ざっぱな感じがして、
途中まで何の高揚感もなく、ただただフツーに観てた
終盤のだましだまされの為だったのねー、とは一応納得したけど、
どうもなあ…。

バンデラス演じるガブリエルとも、大事な仕事なのに
なんかあっさり組んじゃうし。
あっさり組む理由は表面上も裏にもちゃんとあるんだけど、
なんかしっくりこないんだなあ。

進入不可能な金庫も、最初の声紋認証破りで萎えた
ギャグのつもりなのか?いらんわ

それと冒頭、リプリーが自分を“指した”相棒を
銃殺するシーンが有るんだけど、
その相棒の顔が一切映らないので、なんとなーく先が読めた。私でも
つーか、パンフのキャスト紹介でモロネタバレしてる…。
映画終わった後で読んで良かったよ。どあほう。

とは言え、そのだましだまされのラスト部分は中々楽しかったよ。
老獪なリプリーと若く野心的なガブリエルの騙し合いだけは。
ラストの爽快感はよかったので、ギリギリこの点数。

ホームレス・ワールドカップ 3・5点 - 2010.06.21 Mon

変換 ~ 099
人生で一度のチャンスをかけて、7人の選手が母国を代表した。
アフガニスタンの戦場地からナジブ、
ケニアのスラム街から来たアレックス、
アイルランドのダブリンの麻薬依存症者校正施設から
ダミアンとサイモン。
ノースキャロライナ、シャルロットのストリートからクレイグ。
スペイン、マドリードの収容施設からはヘスース。
ロシアの都市、サンクトペテルブルクで、
人目を忍んで生活する違法の移住者スラヴァ
。現状に問題を抱えた7人の選手たちがサッカーで生きる希望を見出し、
“ホームレス・ワールドカップ”のピッチでヒーローになることで、
それぞれの人生を切り開いていく。
(公式より)

ドキュメンタリー映画です。

パンフが2つ折りのペラい紙1枚
変換 ~ 100
内容も、映画館にあるチラシと、ほとんど変わらない。
無料(ただ)っぽく見えるだろ?これ、200円なんだぜ


…まあそれはそうとこのホームレス・ワールドカップ、
この映画で初めてその存在を知りましたよ。
サッカーファンには、お馴染みだったりするのかな?
03年から毎年介されていて、今年のブラジル大会で8回目、
この映画は06年の第4回の南アフリカ大会が舞台。
NIKEやUEFAが公式スポンサーだったり、
マンUやレアルが代表チームのトレーニングに協力
してるってのが凄い。

過去に参加者がプロやセミプロなったりしてるけど、
別にサクセスストーリーってわけではなく、
いろんな環境のホームレスの現実と、この大会を通じて
希望や人生を切り開くきっかけが得られるか、を描いている。

参加者の動機は、プロになりたい、更正したい、
自分の国の現状を知ってもらいたい、自分にも何か出来るはず、
と色々。
アフガニスタンのナジブが女性客とスキンシップを取るんだけど、
「自分の国でやったら消されちゃう」って言ってたのは印象的。
イスラムの国だからねえ…。
でもちゃっかり、パラグアイ人の彼女ができやがった。勝ち組。
アレックスはPKがヘッタクソで、いかついノムさんって感じの監督に
オマエは蹴るなって毎回言われてるのに蹴っては外しで、
最終的にはキレられると言う…。
ロシアの監督が太ったミルコ風
スペインのへスースは60過ぎのおじいちゃん。
若い頃2年ほどレアルでプレーしてたとのことで、
年に似合わぬプレーをしてて、ちょっとビックリ。
でも、味方GKにはボロカスに言われてて気の毒。
1番印象に残ったのは、アメリカ人のクレイグ。
その育ちのせいか、ひたすら攻撃的でピッチ上で問題起こしまくり。
でも徐々に学んで行き、試合でも活躍するようになり、
最後には2度と会いたくないと言っていた家族とも、
和解したらしいエピローグ。

7人6カ国にスポットを当て、
3チームがそれぞれのカテゴリーで優勝。
どういう基準で撮影対象を選んだのか知らないけど、
参加48カ国中3チームってのは、スゴイな。

でも、大会を通じて前向きになった者ばかりじゃない。
大会後、再び麻薬に手を出して死亡した者もいたりと、
“闇”の部分にも言及している。

あと、個人的にホームレスをイメージする、ドン底の悲惨さって部分が
この映画の中ではあんまり見えなかったかな。
国の違いかもしれないけど、ホームレスって感じがイマイチしなかった。

ちなみに試合形式は、4対4のミニサッカーで、4人が控え。
壁に囲まれたピッチで、狭いゴールとは言え、
あれじゃ点入りまくりじゃ…と思ってたけど、
強いチーム同士だと中々入らないんだよね。
のんびりボールこねてる暇が無いから、
スピーディーで面白いのかな?
でも、戦術とかは無さそうだ。

ナビゲーターはコリン・ファレル。
この半年で4回観てるのか。
クレイジー・ハートと連続なので、
スッゴイコリン・ファレルづいてるような。


クレイジー・ハート 4・5点 - 2010.06.21 Mon

変換 ~ 098
かつて一世を風靡した
“伝説のシンガーソングライター”、バッド・ブレイク。
現在57歳の彼は、孤独なドサ回りの歌手にまで落ちぶれていた。
そんなバッドとは対照的に、彼の弟子でもあったトミー・スウィートが、
今や若手トップシンガーとして人気を博しているのも、
彼の心を荒ませる原因なのかもしれない。
新曲を書けないスランプ状態のバッドは、
お気に入りのウィスキー“マクルーア”が手放せない
酒浸りの毎日を過ごしていた。
(公式より)

この手の“再生の物語”って、大好き。
バッド・ブレイク役のジェフ・ブリッジスが、オスカーを獲得した本作。

冒頭のボウリング場でのライブは、まさにドサ回りって感じ。
酒浸りで出ッ腹、リハもロクに行わずに
二日酔いでゲーゲーやりながらと言う、酷いライブ。
でも、次のライブ場所のサンタフェのバーで、
地元紙の記者でシングルマザーのジーンと出会って、
中々スッキリした様でライブを行うんだよね。

その後お互いに惹かれ合った2人はベッドを共にし、
ジーンの4歳の息子とも、すっかり打ち解ける。

んで、その次にはかつての弟子であるトミーの前座をやることに。
最初は渋るも結局は引き受けるバッド。
コリン・ファレル演じるトミーとバッドのセッションが、
これがまたカッコよかった。
普段とは違う、小ざっぱりとして黒のテンガロンハットと
ベストに身を包んだバッドは、シブかったな~。
トミーと決裂した原因がおぼろげにしか語られなかったので、、
トミーのバッドに対する持ち上げ様は、
単なる罪悪感から来るものなのかと最初は思ったんだけど、
ちゃんと敬愛してるみたいだったね。
トミーの出番はこことラストだけだったのが、ちょっと残念。
もっと2人のカラミが観たかったな。

ライブ前に自分のCDが、
マネージャーから会場で売るよう送られてきて、
「そんなもん送り返せ」って言うバッド。
でも、自分の出番が終わった後、
トミーにもう1度ステージで一緒にやってくれと
言われると、「俺はCDを売ってる」って返す。
ここに、そこはかとないバッドのプライドが見えて、良いシーンだった。

出番はトミー同様、少なかったけど、バッドのマネージャーもよかったね。
バッドにとっては口うるさいけど、
ドサ回りに落ちたバッドをそれでも見捨てず、
仕事を取ったりバッドの身を案じたりと、ギリギリのところで
バッドは周りに救われてる
んだな~と思った。

中盤で事故を起こして入院したバッドは、
医者に体がボロボロでこのままじゃ死ぬぞと言われる。
ネタバレになるけど、ぶっちゃけ「レスラー」エンドになるかと思った。
でも、そうはならずにホッとした。
“ハッピーエンド”と言えるかは微妙だけど、
安易なご都合主義にならずによかったと思う。
あれはあれで、“大人”な感じのエンドってとこかな。

いい映画でした。

http://www.youtube.com/watch?v=GkMDJuKeix0
おまけ。
2人のセッションシーン。
かっくいー。

海皇紀&QED&WJ  - 2010.06.20 Sun

変換 ~ 097

海皇紀44巻/川原正敏
トゥバン・サノオvs森守、
ファンvsクラッサ・ライ、
ヴェダイvsイベルグエン×2。
三元中継なので、ちと流れがブツ切れな感があるなあ。
トゥバンの戦いを集中的に読みたかったけど、
森守を操ってるメルダーザを救うのがキモなので、
これが後回しになるのは仕方ないか。
しかし相変わらず、マイアがウザい
頼むから、トゥバンの邪魔だけはするなよ…。
それにしても、やっぱりトゥバンには惚れるわ。かっくいー。

イベルグエンは出オチなくらい
その扱いがぞんざいになっていくと言うか。
“ジ”もショボイな…。

「本気」になったライは、戦い方が泥臭くていいな。
マウントの返し方がハンパない。

「今のオレは下人でも魔人でもねぇ…ただの
ギルス・ヴェダイだ!」

QED36巻/加藤元浩
理系&日常の謎系ミステリー最新巻。
変わらず安定した面白さなんだけど、
流石にマンネリ感も。

ただ、「黒金邸殺人事件」の方は、あんなうまく行くもんかね。
動機はちゃんと、伏線があって良。
大学の研究室ってのは、大変だねえ。

燈馬がある銀行家の後継者の見極めを依頼された「Q&A]は、
ゲストキャラそれぞれの視点がキーになっていて、、面白かった。
久しぶりに登場の優は、なんか顔が変わってたような。
可愛くなくなってたよ…。

「そろそろ、見返りをもらってもいいだろ?」

だぶるじぇい2巻/亜桜まる&野中英次
うう~ん、1巻の方が面白かったよ…。
伝統芸継承部より、
相良くんが部長の漫画に思い悩む話の方が面白いな。
お約束のロボットも出たし。
あ、でも1番笑ったのは、表紙の折り返しだな。
不満は、北条さんの出番が酷いくらいサッパリだったこと。
その代わり、2番目にお気に入りの真田さんの出番が増えていたけど。
困った感じの表情にちょっと萌え。

「たとえるとどのくらい大丈夫なのかな」
「あまり期待しすぎるのも、ダメなんじゃない?」
「そうそう、ベイスターズでいうと、
三浦が先発した時くらいの『大丈夫』じゃない?」
「また随分微妙だね」
「いや、そのぐらい微妙なのがいい」

B型H系 最終話 - 2010.06.18 Fri

ついに来てしまった最終話。
今回は、特別に3本立て。時間は同じだけど。
b型h系12 .flv_000052052
b型h系12 .flv_000743826
b型h系12 .flv_001294752
妙に大げさな感のあるサブタイだな…。
b型h系12 .flv_000271646
b型h系12 .flv_000721721
あと、なんか変なモブがいた。
上のは、どっかで観た記憶があるんだけど、思い出せない…。
下は、藤子不二雄と西岸良平だね。
変なところで遊ぶなw
b型h系12 .flv_000091258
b型h系12 .flv_000117826
そんでもって本編。
小須田は姉に、山田は妹に、それぞれHの手順を聞く
香月ねーちゃんはともかく、
千夏はビッチ設定がほとんど描かれてないので、
いまいちギャグにならなかったなあ。
b型h系12 .flv_000196405
朝6時に待ち合わせた2人。
いつもの如くテンパリながらも、ついに「Hしたい!」と言い切る。
…「小さくて早いの!」って、知ってるのか?w
b型h系12 .flv_000393018
AVの2人がわざとらしい棒読みでめっちゃ笑った。
b型h系12 .flv_000415415
AVに煽られて、すごいことになってる山田
b型h系12 .flv_000465674
Hのアドバイスをした時の香月ねーちゃんが、
普段と違ってかわいい声だったな~。
b型h系12 .flv_000540040
b型h系12 .flv_000624582
b型h系12 .flv_000632924
鬼印大活躍の末、ついにその時が…!
それを表すエロ神の動作が最高。
b型h系12 .flv_000648648
b型h系12 .flv_000655989
b型h系12 .flv_000682223
結局、回転ベッドの暴走により、あえなく失敗。
今時ねーだろ。
b型h系12 .flv_000790123
で、足を骨折して入院した小須田に、ナースプレイで山田は迫る。
b型h系12 .flv_000926717
b型h系12 .flv_000938980
b型h系12 .flv_000951576
「…触りたい!」
「これは治療行為です」と、小須田のチ◯ンコ聴診器を当てる。
鬼印と共に、エロ神も大活躍だなおい。
あ、かぐや消しだった。まあいいか。
b型h系12 .flv_000964130
「どうしたらいいかわかんない!教えて竹下!」
「知るかー!」
またもテンパり、竹下に救いを求めるも、一蹴
やっぱ竹下は、良いツッコミだわ。
…そして攻守逆転するんだけど、キリがないので泣く泣く割愛…。
b型h系12 .flv_001153736
b型h系12 .flv_001178469
b型h系12 .flv_001209250
最後にソープごっこ(違)。
「お客さん、こういうトコ初めて~?」
ノリノリである
b型h系12 .flv_001281947
オチは、のぼせてダウン
b型h系12 .flv_001386760
b型h系12 .flv_001428594
〆は、2りで初詣。
「何お願いしたの?」
「ば、ばかっ、そんなの…アンタと同じに決まってるじゃない!」

3つのエピソードは、原作ではバラバラなんだけど、
うまく繋げたな~。

全体の総括。
原作ファンとしても、大満足
中盤辺りでちょっと全体的におとなしくなったと言うか、
パワーダウンした感もあったけど、見事に立ち直って
終盤は笑いまくったw

序盤の原作カットしまくりは不満もあったけど、
結果としてそれがテンポの良さにつながって、
良作足りえたんだろうなあ。

中の人も、最初こそ「合わねーよw」だったけど、
まったく問題は無かったね。

下ネタやエロも、どうなることかと思ってたけど、
ずいぶん頑張ったなあ。
もっとヘタレるかと思ってたよ。
これもいい意味で裏切られた。
まさか、地上波でHシーンをやるとは。

声優さんをはじめ、スタッフ関係者、GJでございました。
あー、面白かった

GIANT KILLING 第11話 - 2010.06.16 Wed

さて、名古屋戦の続きをようやく。
ジャイキリ11 .mp4_000189606
本来の右ではなく左で起用され、思うようなプレーが出来ず
苛立つ板垣を諭す、名古屋・不破監督。
「私はお前の可能性を示しているんだ。
自分の活かし方を一つと思うな」
ジャイキリ11 .mp4_000272772
ジャイキリ11 .mp4_000313104
不破は、“プロフェッショナル”と言う言葉に、強いこだわりを持ち、
フロント・監督・選手がそれぞれの責任を全うすると言う考え。
一方のETU・永田会長は、それを“理想論の振りかざし”と非難する。
監督としての力量はともかく、上記の板垣への台詞も含めて、不破の方が正論 だよなあ。
金のないETUに対して、当時の不破はもっと金使えと言ってたんだろうと想像すると、
相性もあったんだろうとは思うけど。
顔やら声やら前歴やら、色々と小物っぽいけど、
その思考は正に“プロフェッショナル”
ジャイキリ11 .mp4_000391016
ゴールを狙うペペに、間一髪間に合った椿がヘディングでクリア。
ひとつひとつのプレーをスローにすることで、
試合に“間”を作るのは凄くいいと思うけど、
必要以上にスローを使いすぎな気も。
このシーンは、なんか不自然に感じた…。
ジャイキリ11 .mp4_000531406
藤澤さんのモノローグ、長ーい
なんで、こんなに長く感じるんだろ。
ジャイキリ11 .mp4_000639014
ゼウベルトのシュートを、世良が背中で止める。
…あれ?世良じゃねえ。椿やん
なんでここ変えたんだ…。
ジャイキリ11 .mp4_000720845
ジャイキリ11 .mp4_000729145
ブラジルトリオに讃えられる椿。
当然、言葉は通じない
ジャイキリ11 .mp4_000803053
ジャイキリ11 .mp4_000858108
黒田が板垣を抑えられた要因。
それは、かつて黒田が名古屋に在籍していたドミンゴに、やられていたことにあった。
いいようにやられまくったドミンゴを、徹底して研究した黒田。
そして、ドミンゴに憧れ、黒田曰く“劣化版ドミンゴ”となった板垣。
…それにしても、アニメのドミンゴも漫画に負けず劣らずな風貌で吹いたw
ジャイキリ11 .mp4_000926634
ハーフタイムでメロンパン食するペペ。
名古屋戦に入ってから、大分原作のギャグを拾うようになったな。
ジャイキリ11 .mp4_001050342
キャメラマン久堂さん。
チョイ役のくせに、このシーン、やけにカッコイイんですけど。
ジャイキリ11 .mp4_001287328
後半も、変わらず攻め込まれるETU。
が、またしても危機一髪の所で椿がクリア。
ジャイキリ11 .mp4_001364447
迷わず突っ走ることで、椿は集中力が増していく。
ここの演出は良かった。
ジャイキリ11 .mp4_001365115
「このスタジアムって、こういう感じだったけ…?」
椿覚醒クルー!?
ってところで次回へ。

スローがいいと言いつつ、多すぎるのもちょっと問題。
テンポが悪く感じる。
前回に比べると、イマイチですな。
あと藤澤女史、アニメではいらねえ気が

B型H系 第11話  - 2010.06.11 Fri

今回は、金城家クリスマスパーティー。
b型h系11.flv_000147648
その前に、お兄様浴場で思い悩む金城さん。
小便小僧みたいな金城兄の像に笑った。
アレも精巧に作られてるのだろうか。
b型h系11.flv_000201368
ヤリ部屋の存在を聞い、て盛り上がる山田と三郷。
そして、ドン引きする片瀬。
b型h系11.flv_000327410
屋敷の前に飾られる金城兄妹像。
原作より、自己顕示欲強いなw
b型h系11.flv_000378003
坂井も原作より可愛いなあ。
b型h系11.flv_000395729
竹下に声をかけるセレブの声って、竹下の彼氏の松尾の中の人か?w
b型h系11.flv_000415624
そして、イケメンセレブ眼中なしの宮野。
ブレザー姿がポイント。
b型h系11.flv_000636469
自分の肖像画にカメラを仕掛ける金城さん。
兄の部屋には配慮して、片目を隠してある
b型h系11.flv_000673339
ついに、「別室」にたどり着く2人。
コンドーさんを箱ごと装備
b型h系11.flv_000692108
b型h系11.flv_000696154
マグロ状態の小須田に、山田はやっぱりテンパる
b型h系11.flv_000725516
b型h系11.flv_000741658
ファスナーのシーンがしっかりあって、ちょっと驚いた。
股間がエロ神。面白すぎる。
b型h系11.flv_000797797
ここ、可愛いな~。
山田の反応が、実にイイ。
b型h系11.flv_000892975
b型h系11.flv_000913788
生生うるさいよ金城さん。
挙句に「生下さん」
b型h系11.flv_000965047
b型h系11.flv_000995786
b型h系11.flv_001029111
ぐおおお~っ、乳揉みまでやるとは、ス タ ッ フ G J !
b型h系11.flv_001065940
金城さんと竹下に踏み込まれて隠れる2人。
小須田の股間を見て、
「それにしても、こういう時って一瞬で縮むの?
人体の神秘ね」(笑)
b型h系11.flv_001202076
b型h系11.flv_001223389
お兄様部屋を宮野に見られて、あわれ気絶。
b型h系11.flv_001330746
結局Hは出来なかったものの、思い直してデートの約束。
で次回へ続く。

いや~、前回に続いて面白かったw
アニメオリジナル部分も、良く出来てたね。
しょっぱなから笑いまくったわ。
あと、今までで1番、山田が可愛かった
山田の中の人変更は、大正解だったか。

金城妹も、今回が1番可愛かった&面白かったな。
生生連呼は吹いたw

ここ2回が絶好調なだけに、次で最終回なのが残念すぎる。
もっとも、1クールだからこそ、このテンポでやれてるんだろうけど。

次回予告にびっくり。
ラブホにナースにお風呂って、
3本立てで原作6,7巻のおいしいとこ取りかw

http://www.s-manga.net/newcomic/index201007.html
嬉しいことに、原作8巻、早くも7月発売。
いつも1年に1冊ペースだったので、
アニメ効果なんだろうねえ。

My story~まだ見ぬ明日へ~ / THE CHERRY COKES(ジャイキリOP) - 2010.06.09 Wed

変換 ~ 007
 
めちゃくちゃ気に入ったので、買ってしまった。
よーく考えたら、アニソンCD買ったのって、生まれて初めてかも。
アルトネリコとか、ゲーム音楽なら買ったことあるんだけど。
まあ、所謂アニソンっぽさは無いけど、このGIANT KILLINGのために作ったそうなので、
アニソンのカテゴリーに入るんだろう。

んで、あらためてフルで聞いてみると、やっぱりイイね~
前奏の、バグパイプから惹かれますよ。
サビの

汗は裏切らないって くちびる噛み締め
何度も立ち上がり 大地を駆け抜ける
夢に終わりはないって 目を輝かせ<


って部分、もろ椿な感じ。

“GIANT KILLING ”もちゃんと歌詞に入ってて、とっても良かった。

ジャケット絵のはちょっと笑った。
だってサッカーなのに、どのキャラもやたら腕を伸ばしてるんだもん。
ガミさんの腕伸ばしはビミョーに不自然だし、
椿の手なんて、自己主張しすぎなデカさ。

My story ~まだ見ぬ明日へ~My story ~まだ見ぬ明日へ~
(2010/06/02)
THE CHERRY COKE$

商品詳細を見る

GIANT KILLING 第10話 - 2010.06.06 Sun

いよいよ名古屋戦開始。
ジャイキリ10 .flv_000385135
試合前、SBの2人にツッコミを入れる赤崎。
…あれ?ひょっとして、原作のギャグ顔って初めて?
ジャイキリ10 .flv_000455789
「死ぬ気で走るぞ!」
ジャイキリ10 .flv_000466966
名古屋の本拠地って、埼玉スタジアムなのね。
…と言っても、よくは知らないけど。
ジャイキリ10 .flv_000556389
ゼウベルトのモノローグが日本語になってる。
同時にポルトガル語も喋ってて、細かいな~。
ジャイキリ10 .flv_000654529
ジャイキリ10 .flv_000671212
ジャイキリ10 .flv_000664873
オフサイドをとられたペペの不満顔もちゃんと拾ってるねw
しかし、ゼウベルトもカルロスも、ボールさばきがカッコイイ
ジャイキリ10 .flv_000685685
松ちゃんのギャグ顔も初か。
ジャイキリ10 .flv_000935894
ジャイキリ10 .flv_000944444
犬猿の仲の板垣と黒田。
ETU一のDF杉江をペペに付け、
自分には黒田と言うシフトに苛立つ板垣。
逆にペペではなく板垣の相手をさせられて、大いに不満の黒田。
にしても、2人とも目つき悪すぎ
特に黒田はめっちゃ悪役顔。
ジャイキリ10 .flv_001084918
カルロスにジーノ、ペペに杉江がついているため、
板垣にボールを回して攻めようとするゼウベルト。
「フットボールが楽しいのは、どんどんボールが回る時だ!」
ジャイキリ10 .flv_001122205
ジャイキリ10 .flv_001199032
が、黒田は板垣の動きを読んで悉く抑える。
「テメエに俺は抜けねえ。眼中にねえんだよ!」
ジャイキリ10 .flv_001235110
「かかってこいや!」と吠える黒田。
黒田のところを心配していた松ちゃんだったけど、
過去の名古屋戦を調べていた達海は、
板垣に対する黒田の相性の良さに、逆に安心して観ていた。
世良が背中を痛めた所で次回へ続く。

ブラジルトリオのキャラ立ちもあって、非常に楽しく観れた。
黒田板垣の意地の張り合いもよかったね。
黒田の目付きの悪さは、原作以上だなw
あとやっぱり、なんと言ってもサッカーシーン
特にゼウベルトの動きがカッコよすぎ。
この調子で頼んまっせ~。

B型H系 第10話 - 2010.06.04 Fri

前回、デートの約束をした山田&小須田。
b型h系10.flv_000176676
b型h系10.flv_000190440
「いいのよ、早くても」
小須田が失敗した時のシミュレーション。
「始める前に終わっちゃったのね。気にしないで、よくあることよ。
…!それだけは了承できねー!」とノリツッコミ。
「入れる前に」はダメか。ちっ。

b型h系10.flv_000261761
原作では、市原さんに欲しいいものを訊かれて
座敷牢って答えるんだけど、NGワードなのか…。
勉強ンなったよ…。
b型h系10.flv_000280571
待ち合わせ場所に赴く小須田に、次々と襲いかかるアクシデント。
くそっ、不覚にもこんなので笑ったw
b型h系10.flv_000349557
周囲からは、おまけと目される小須田。
スペックの違いが如実に。泣ける。
b型h系10.flv_000423047
金城兄がヤリまくりなのを想像して、羨ましがる山田。
b型h系10.flv_000433516
「貴女に興味がある」「あたしはない」
即 答
b型h系10.flv_000475975
「童貞じゃなきゃ興味ない!」(意訳)と言われ、
「俺の価値そこ!?」
b型h系10.flv_000478436
が、実は金城兄も童貞だったとさ。
b型h系10.flv_000573656
「イケメンでチェリー」な金城兄に、理想の男を見る山田。
b型h系10.flv_000601601
「だが…テクニックは望めないのだな…」
今回は此処が1番の笑いどころだったな~w
b型h系10.flv_000801967
「経験のあるなし関係なく、小須田が大事」と
竹下に指摘され、山田ブレーカーが落ちる
ブレーカーがH型なのが、芸が細かいw
b型h系10.flv_001263595
山田から小須田を奪って、ゴミのように捨てようと画策する金城妹。
露出で誘惑しようとするんだけど、この構図、実にエロい
b型h系10.flv_001271603
b型h系10.flv_001273230
その場に現れた市原さん。
思わず固まる2人。
BGMも含めて、面白すぎる…。
b型h系10.flv_001282072
「誤解よ誤解。わたくしはただ、彼を誘惑しようと…」
「誤解!?」
何の誤解だ。
b型h系10.flv_001310475
b型h系10.flv_001322696
1人になった小須田の前に現れる山田。
「殺される!」
b型h系10.flv_001376500
「フラフラするな、アタシは途中なんだから!」
好きになる途中…で続く。

怒涛の展開がテンポよく進みまくって、
久しぶりに最初から最後まで笑いまくったw
やっぱ、BHはこのバカなノリがないとね~。
いっぱい出てきたデフォルメ顔が、ホントよかった。
金城妹も、ようやく本領発揮してきたね。

しっかし、気に入ったシーンをキャプしまくってたら、
異様なまでの数になってしまったので、泣く泣く削除。
ごめんよ宮野

次回のクリスマスパーティー、
あのシーンは果たしてあるのか…?

運命のボタン 3点 - 2010.06.02 Wed

変換 ~ 098
1976年12月16日、朝5時45分。
ヴァージニア州の郊外に暮らすルイス夫妻の玄関のベルが鳴る。
妻のノーマが出ると、玄関には誰もおらず、
真四角な箱だけが置かれていた。
ノーマが朝食の支度をする横で、夫のアーサーが箱を開けると、
中には赤いボタンが付いた奇妙な木製の装置が入っていた。
午後5時、再びルイス家の玄関のベルが鳴る。
ノーマがドアを開けると、長身の男が立っていた。
アーリントン・スチュワードと名乗った男は、驚くべき提案を話し始めた。
「ボタンを押せば二つのことが起きます。
その1.どこかであなたの知らない誰かが死にます。
その2.あなたは現金100万ドル(約1億円)を手にする」
条件は3つ。
その1、私の雇い主のことについて、一切情報提供しない。
その2、ご主人以外の誰にもこの提案を話してはいけない。
その3、期限は24時間。
明日5時に再度お伺いし、ボタン装置を回収します。
装置はリセットされ、このチャンスをまた別の方に提供します」
(公式より)

結局、悩んだ末ボタンを押してしまうノーマ。

どっかの大金持ちのゲームかなんかだと思ってたんだけど、
S F だ っ たとさ。
そりゃー宇宙人が出てきたら、なんでもありだわなー。

ボタンを押したら、その後更に重要な選択があるとか、
後出しジャンケンじゃあないですか。
鉄骨渡りで賞金渡さず、更に過酷な電流鉄骨渡りをさせる、
利根川並に酷い

つーかそれ以前に、“従業員”を使って2人を金銭的に追い詰めて
外堀を埋めにかかるってのは、卑怯すぎるわっ。
アレで人間を試すとかふざけんなぼけー。

ストーリーも途中途中でポンポン場面が変わったりして、
おまけに説明も全然ないんで、わかりづらいところが多々あったな。

ご都合主義で終わらなかったのはマシ…かな。
心理サスペンスを期待してたんだけどなあ。

シリアスな演技のジェームズ・マースデンは初めて観た。
結構よかったね。
キャメロン・ディアスは老けたな~
まあ「私の中のあなた」では、そこまで老けては見えなかったので、
たぶんメイクのせいなんだろうけど。
1976年の設定だしね。

セルフ 4巻 - 2010.06.02 Wed

変換 ~ 102

セルフ4巻/朔ユキ蔵
なんと一気に完結
そりゃねーわ…。

泉さんとラブホで一日体験清掃やったり、
宇多と相互オナニーやったりと、
相変わらずぶっ飛んでましたな。

乳首オナニーはめっちゃ笑った。
なにしろ、作者と担当の
「男の感じている描写など、誰が得をするのか?」と言う不安のため、
国木田を女体化させるもんだから。
ホントにバカ(褒め言葉)。

その後、勃起したちんこを電車のドアに挟んで
ケガをした国木田を待っていたのは、
精子が減って、女にモテなくなってしまったこと。
でもそれを知った国木田の反応が、「性器のドレイじゃなくなった」
と言って喜ぶのは、や。

そして宇多の見合いの席、ビルの屋上で見開きで全裸になる国木田。
このセンス、最高である。

しかし結局、誰ともくっつかなかったのは残念。
泉さんとはあるんじゃないかな~とは思ってたんだけど。
でも、この作品のテーマとしては、これが正解だあね。
ある意味で、すっごい綺麗に終わったし。
ラストの国木田の台詞なんて、この作品を象徴してる

泉さんは、最後まで素晴らしかった。
でも、黒い森(シュヴァルツヴァルト)はどうかと。
私は、あんまり重厚なのは好みじゃないんで。

書下ろしのおまけ漫画にびっくり。
先生、 男 か よ 

「オナニーして寝よう」

鴻池コレクション 扇絵名品展 - 2010.06.02 Wed

変換 ~ 099
変換 ~ 100
天王寺の大阪市立美術館に行ってきた。
ウダウダやってる間に最終日になってしまったけど、
まあ予想通り客は大していなかったので、快適に観れた。

内容は、これが見事なまでに扇絵一色で、想像してたよりよかった。
江戸琳派は酒井抱一の風神雷神絵、
英(はなぶさ)派は英一珪の一連の人物絵、
円山・四条派は川端玉章の牡丹絵が、特に印象に残った。

意外だったのは、浮世絵の扇絵があったこと。
これは初めて観たなあ。
肉筆で細かく描かれていて、これはかなり観応えがあったね。
北斎の作品まであったよ。
変換 ~ 101
気に入ったので、図録購入。

早速、仕事の役に立った

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (301)
映画 (350)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (207)
アニメ (105)
雑記 (162)
野球 (77)
ゲーム (25)
ドラマ (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード