ごった日記

なんでもなごった煮の日記

因果 麻生俊平

因果―捜査班 (徳間文庫)(2010/02/05)麻生 俊平商品詳細を見る麻生俊平一般向け小説第2弾。以前感想を書いた、霧崎遼樹と同じラノベ出身作家。この人は「ザンヤルマの剣士」からのファン…と言うより信者なもんで、どうしても評価が甘くなる。…んだけど、ラノベ作品の場合「一般に行った方がいいんじゃね?」と思ってたけど、一般向けだと「やっぱラノベの方が…」と思ってしまう。霧崎よりはラノベ的なキャラ小説からは脱却できてる...

2010
28

ラブリーボーン 3・5点

私はスージー・サーモン大好きな家族と暮らす幸せな日々。でも…あの日。そう、1973年12月6日。私は14歳で殺された――。家族と一緒にいたい。大切な人にもう一度会いたい。私を殺した犯人を伝えたい。でも天国から私の想いは届かない…。そして、闇は残された家族へと迫る。触れることはできないけれど、きっと私にも何かできるはず…。私の声が聞こえるはず…。これは私が天国へ行ってからのお話。その想いはひとつになって、その愛は“...

2010
27

インビクタス 4・5点 

その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。それは、1995年のこと。マンデラはラグビーのワールドカップで、国の恥とまで言われた南ア代表チームを初出場初優勝へと導いた。そして、その勝利の瞬間、一国の歴史が永遠に変わってしまったのだ。いったい彼はどうやって、この偉業を成し遂げた...

2010
24

蓮丈那智フィールドファイル

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)(2003/01)北森 鴻商品詳細を見る触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉 (新潮文庫)(2005/07)北森 鴻商品詳細を見る写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)(2008/01/29)北森 鴻商品詳細を見る先日急逝された北森鴻氏の、蓮丈那智シリーズ3連発。 実のところ、北森さんの著作は今まで「屋上物語」しか読んだことがなかった。屋上物語自体は面白かったんだけど、な...

2010
21

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2009/12/04)岩崎 夏海商品詳細を見る巷で話題(らしい)の小説を、今さらながら購入。主人公の川島みなみがある事情から野球部のマネージャーとなり、甲子園を目指すわけなんだけど、そこでまずマネージャーの意味を調べるところから始める。そこで出会ったのが、P・F. ドラッカー著「マネジメント」。みなみはこれを指針に、野球部を立て直していく…。  ...

2010
20

感想溜まりまくり…

そんなわけで、サクサク行こう。うさぎドロップ7巻30男と6歳児の子育てストーリー。…のはずが、第2部ではキンクリ発動したかのように、10年後が舞台になってしまった。正直、2部になってからはこっちの望んでないドロドロ展開があって、あんまり面白くなかったんだけど、ようやくほのぼのな感じが出て楽しめた。今回はりんが母親とのことで悩んだりするのがメインの話。それにしても、この終わり方だと、りんがダイキチの事が女と...

2010
16

警視庁死番係

警視庁死番係 虚ろなる冤罪(えんざい) (徳間文庫)(2010/01/07)霧崎遼樹商品詳細を見るライトノベル出身の作家・霧崎遼樹の一般向け小説第2弾。前作は割と楽しめたんだけど…今回は、問題児ばかりが所属する、警視庁捜査一課強行犯第4班、通称“死番係”の面々が勢揃い。…が、キャラにばかり目が行き過ぎて、どいつもこいつも薄っぺらいんだよね。口調や呼び名で個性づけるなんて、悪い意味でラノベ的。台詞のやりとりも芝居がかって...

2010
09

パーフェクト・ゲッタウェイ 4・5点(ネタバレ有り)

 世界中の人々が憧れ愛する、地上の楽園ハワイ。その地で1組のカップルが殺された。テレビからは「犯人もカップルらしい」というニュースが流れる。時を同じくして、ハワイで観光を楽しんでいた3組のカップル。開放的な場所ゆえに心を許して共に行動していた6人だったが、ニュースを聞くやいなや不穏な空気が流れ始め、全員がこの中の誰かが犯人ではないかと疑い始める。犯人は誰なのか?そして殺人の目的は何なのか(公式より)コ...

2010
03