A D M I N
topimage

2017-07

鮫島、最後の十五日⑬&双亡亭壊すべし⑤&かぐや様は告らせたい⑥ - 2017.07.23 Sun

変換 ~ 101

鮫島、最後の十五日⑬/佐藤タカヒロ
泣けるぜ常
鯉もホントいい兄弟子になったわ。
そして鯉の次なる相手、毘沙門がまたウゼエ
かつての常に影響されて、「強い方が偉い」を地で行く態度は酷すぎ。
そのくせ番付上の王虎も内心では舐めてるし。
まあ精神的に未熟なガキって事なんだろうけど、ある意味宝玉光より不愉快だわ。
鯉には瞬殺して欲しかったけど、毘沙門の力を引き出すだけ引き出して完勝、
心をブチ折ると言うのもまあアリか。

角界の良心・百雲の変わりっぷりがなんとも笑える。
闇落ちしてがしゃどくろの羽織とか、遅れてきた中二病と言うか高校デビュー的と言うか

鯉と王虎のイチャイチャ(意訳)は、感慨深さを越えてニヤニヤしてしまうわ。
それにしても、2人の体格差が悲しい…。

「情熱よ…残酷を…超えろ…!!」

双亡亭壊すべし⑤/藤田和日郎
ついに明かされた青一の過去と双亡亭との因縁。
セリフカタカナヨミヅライ

変わって現在、双亡亭での攻防。
修験者・朽目vsパイロメアリーのばーさんに、鬼離田姉妹対決と、
ジュビロの能力バトルはやっぱ面白いわ。
凧葉がしゃがんでのんびりした口調で、余裕ぶっこいて語るシーンがなんかイラっとくる
紅のピンチの時のも似たようなことしてたけど、何なんだろうねこれ。

「〈双亡亭〉壊すべし!!!」

かぐや様は告らせたい⑥/赤坂アカ
もう全然駆け引きしてねーな
かぐやがアホの子すぎる。
そこ、最初からとか言わない
まあ、面白いから問題ないけど。

完全にアホになりきった会長の誕生日回と、
誕プレに扇子を使う会長を見て喜ぶかぐや、
そしてなによりお月見回とラスト回の「わがまま」なかぐやが素晴らしく可愛かったですな。
双六もギャグ回として笑えたし、悔し泣きする早坂ちゃんも可愛かったし、
石上回も面白く、ハズレなしな6巻。

「俺なら絶対、かぐやを手放したりしないのに」
「ふえっ」
スポンサーサイト

ベルセルク㊴&宇宙兄弟㉛&ダメな私に恋してくださいR② - 2017.07.02 Sun

変換 ~ 096

ベルセルク㊴/三浦建太郎
やっとこさっとこ妖精島に到着したガッツ一行。
花吹雪く王に出会い、キャスカの心を取り戻すため、
シールケとファルネーゼがキャスカの夢の中へ入り、キャスカの記憶をたどっていく。

今回はほぼギャグで、話もあんまり進んでない…。
魔術師連中や妖精たちはもちろん、妖精王までギャグかます軽い性格。
苦労の割に全く報われないマニ彦さんが笑える
洗濯石のモズグス様や1コマとは言えまさかの再登場のアドンにも笑った。
ミニキャスカ可愛い

蝕の一歩手前で終わちゃったけど、40巻でるのいつや…。

「色々と思い知らされる旅だった。
自分一人なら…自分の命だけなら、どうとでも雑に使えた。
どんなに擦り切れようが構やしなかった。
だが二人になると、剣が重くなった。
死ねない戦いに変わり、一人じゃ抱えきれなくなった。
自分の都合も流儀もかなぐり捨て、他人の力を借りて、
それでどうにか足を進められた。
礼を言わせてもらう」

宇宙兄弟㉛/小山宙哉
ヒビトは他のクルー候補と訓練しながら親交を深めていき、
試験官らにも認められ、ついにバックアップクルーに選ばれる。
一方ムッタも月のCMEのトラブルを乗り越える。

オリガ再登場!バヤイ。
出番ちょっとだけだったけど、やっぱええのうオリガ。
ヒビトパートは、ボルシュマン室長との会話が良かった。
『知ってはいるが知ったことではない』や『なんの含みもなく告げたビール』等、
やっぱ言葉使いが上手いねえ。

フィリップが宇宙飛行士目指したエピソードも良かったわ。
やたら騒がしいフィリップの為人ちょっと理解できた。

「ヒビトは…NASAをどう思ってんだ?
そう簡単に許せるもんじゃないだろ」
「…別になんとも思ってないよ。
フラれたからって、相手を嫌いにはならないだろ?
俺は今も、NASAを好きなままだよ。
ただ…諦めただけだ。
諦め切れないことのために、諦めることもあるんだよ」

ダメな私に恋してくださいR②/中原アヤ
100人いたら200人が予想できるお邪魔虫展開
主任の方に女の邪魔が入ってきたのは予想外だったけど。
プロポーズまでしといてクソどうでもいい展開しないでもらえませんかね…。

と言うわけで切ります
正直、続編自体蛇足だと思ってたから、惰性で買い続けるのもナンですし。

TOUGH 龍を継ぐ者⑤&金の彼女銀の彼女⑧ - 2017.06.26 Mon

変換 ~ 100

TOUGH 龍を継ぐ者⑤/猿渡哲也
今回の鬼龍さんはキー坊に46秒殺
この戦いの何が凄いって、キー坊と戦っている間はお馴染みの黒シャツだったのに、
ダウンシーンでは上半身裸という早業を披露したところ
さすが怪物を超えた怪物(他称)。さすが悪魔を超えた悪魔(自称)。

オトンもキー坊の幻突の一撃で倒され、龍星は鬼龍の遺伝的欠陥、
“バーストハート”によって短命であることを教えられる。
遺伝子まで欠陥付きだなんてどこまでもしょっぱい鬼龍さん♡

すっかり仲良くなった龍星と姫次にちょっと癒された。

次巻から、キー坊が悪に染まった理由が描かれる過去編に突入するわけだけど、
主人公が出ないままクソ長くなりそう

「心配すな、親父は殺さへんよ。
血の繋がりはのうてもワシの親や。
ワシがやった不始末の尻拭いをしてもらわなあかんねん」

金の彼女銀の彼女⑧/赤衣丸歩郎
登郎の母が登場し、母に気に入られるための英里華と銀香のドタバタ話と、
登郎と銀香のデート話の2エピソード。

ようやっと銀香が己の恋心を認めた8巻でございました。
おせーよという気もしないでもないけど、最近やや飽き気味だったので、
話が進んでくれるのは嬉しい。
と言いつつあんまり語ることがないのよねこの漫画。
英里華も銀香も可愛いし魅力あるけど、
一方を贔屓したいと思える“コレ”というものがないのが痛い。
メガネという強いパンチがあるバーヤの方が好きだったり(メガネスキー)
ちょいエロが売りの割りにイマイチエロスが感じられないのも残念である。

「そっちのティラノ様はお前のだ。
ここまで付き合ってもらって、サプライズも何もないからな!
ちょっと早いが、誕生日プレゼン――って何だお前、変な顔して?」
「…う…うるさい黙れ見るなバカー!!!」

推しが武道館いってくれたら死ぬ③&熊西美術部らふすけ先輩① - 2017.06.14 Wed

変換 ~ 096

推しが武道館いってくれたら死ぬ③/平尾アウリ
えりぴよが1、2巻に比べると、ちょっとおとなしすぎたかな、そのせいで笑いに関してはややパワーダウン。
初詣で自分より舞菜の幸せを願うなんて初歩過ぎて1えりぴよってトコだし、
スリーショットで舞菜と舞菜を選ぶのも予想通りすぎて3えりぴよ程度よ。
川で流されたのはせいぜい5えりぴよ。

まあそうは言っても、えりぴよやくまささんの、推しメンに対する愛は相変わらず素晴らしいものがありましたが。
バレンタインイベントのれおとくまささんのやりとり見てると、
この2人が主役コンビと勘違いしてしまいそう
のほどの、マジ理想的な関係。
えりぴよや舞菜への気遣いといい、くまささん好きだわー。
これでルックスが初期のちょっと可愛さを感じさせる小太りキャラだったらよかったのに…
と思ったけど、今の露骨なおっさん顔だからこそ、れおとの関係が映えるようにも思える
しかし、なんだったんだろうなこの顔の変遷。

それに比べてえりぴよは、あえて就職しないダメ人間ぷりとか色々と酷くてどうしようもねえ…(褒めてます)。
スマホにセリフを吹き込む物販で、オタクとしてじゃなく1人の人間として吹き込んでと言いながら、
『えりさん積んで』は思いっきりオタクとしてじゃねえかでもこのわけのわからなさがイイ。
舞菜の初前列が見られなかったのは同情する

舞菜は舞菜で、えりぴよへの対応に思い悩んだりお友達になりたがってる姿が微笑ましい。
えりぴよの後ろ姿を見つめるシーンは良かったなー。
サンタコスも可愛かった。

今回で、あやがグッと好きになったな。
アイドルとしてガツガツしてる上昇志向と、それでいて気遣いが出来るところに好感持てる。
ガッついてるところは優佳にも言えるけど、優佳は出番が少ないのがね。

YES/NOチャートは真妃。何故だ…まあルックスは好きだけど。

「れおちゃんは、僕がれおちゃんに夢見たことを全て叶えてくれる。
出てほしかったお祭りに出てくれたりとか、センターにもなってくれた。
それから、人気投票で1位」
「そこにね、全部くまささんがいるね」
「えっ」
「くまささんに次の夢は?」
「れおちゃんが武道館にいってくれること」
「一緒に行こうね」

熊西美術部らふすけ先輩①/おにお
何故かすっごいサンデー臭する表紙やね。
以前、別マガ読む機会があって、その時にちょっと面白かったので購入。

ひょんな事から美術部1年の江田のモデルになってしまった2年の嵐恵(あらし・めぐみ)。
下心一切に無し、純粋に先輩を描きたくて描く、生真面目かつやや天然系の江田と、
江田の視線を意識しすぎて恥ずかしさとむずがゆさを感じつつ、モデルに励む先輩

その2人の日常を描くゆるゆるちょいエロフェティッシュまんが。
ちょいエロと言ってもあくまで体のラインとか太ももの描写であって、
モデルのシーンでは下着を全く見せないこだわりはいいですな。

パッと見勝気でクール系の先輩だけど、むしろそんな表情を見せるシーンの方が少なく、
大半が恥ずかしがってばっかりで可愛い。
気合入れてカラダを磨くツンデレぶりもいい。
露出はないのに滲み出るエロスもなかなかのもの。
天然ボケの江田とのやり取りも悪くはない。
…が、コミック購読するほどかというとちょっと悩むパンチの弱さ
後半に出てきた、視姦されて発情する変態部長はストーリーを牽引できそうなパワフルさを感じましたが。

とりあえず、2巻も出たら買うけど、そこでどうなるかだな。

「……こんなに濃くねーし……」

中間管理録トネガワ⑤&AIの遺電子⑥ - 2017.06.09 Fri

変換 ~ 096

中間管理録トネガワ⑤/萩原天晴・三好智樹・橋本智広
よし、この巻で切ろう

この漫画、自由度が高すぎるとダメだな…。
初期の、会議室で黒服連中と馬鹿なやりとりしてるのが面白かったのに、
そこから外れて好きにやりすぎるとちっとも面白くない。
この巻でギリ笑えたのは競馬くらいで、しかも笑えたのが安岡杯だのアーネスエイジだのミココノチカラだの、
やっぱりパロディなんだよねえ。

そんなわけで、これにてトネガワ終了。
あ、ハンチョウは最初からつまんないので買いません

AIの遺電子⑥/山田胡瓜
毎度地味~に安定
安定しすぎてやや物足りない点もないではないけど、まあ面白いのは面白い。

今回のお気に入りは、ヒューマノイドの漫画家が悩みから脱毛症にかかる「漫画家」、
服飾デザイナーの人間と清掃人のヒューマノイドの「人間の仕事」、
須堂の患者が須堂の知人に記憶を改ざんされた「Post-truth」、
ある高校生が好きな子に告白したら、受験で自分よりいい点を取ったら…と言われ奮闘する「受験当日」、
表紙の2人がメインの「シャル・ウィ・ダンス?」。

「漫画家」は、ラストの牧野さんが良かったな。
「人間の仕事」は、人間がなくしてしまったヒューマノイドの感性と言う、逆説的な部分が面白い。
「Post-truth」はヒューマノイドならではの便利さとエグさ。
「受験当日」はなんかほっこり。米沢さんしたたかや
「シャル・ウィ・ダンス?」もオチが良かったな。

「彼らしさというのは、彼の中だけにあるわけではないんです。
家族、友人、家や街…ダンスのパートナー。
彼を取り巻くすべてのものが、彼らしさを作ります。
元に戻そうとするのではなく、みなさんらしくタクヤさんと付き合ってください。
みなさんの自然な振る舞いの中に、彼はいるはずですから」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

パウンだー 

Author:パウンだー 
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
展覧会・イベント  (32)
漫画 (291)
映画 (347)
格闘技  (31)
映画:評価 (34)
小説 (202)
アニメ (103)
雑記 (158)
野球 (68)
ゲーム (25)
ドラマ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード