FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

ビブリア古書堂の事件手帖 2点

20130327_gourikiayame_02.jpg

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。
店主の篠川栞子は極度の人見知りだが、ひとたび本を手にすると、
その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。
さらに彼女は優れた洞察力と推理力で、
五浦大輔が持ちこんだ夏目漱石の「それから」に記されたサインの真偽を解き明かし、
彼の祖母・絹子が50年前に“秘密の恋”をしていたと指摘する。
これが縁となり古書堂でで働き始めた大輔は、日に日に栞子に惹かれていく。
だが、過去の出来事から本が読めなくなった大輔は、
同業者の稲垣が本を介して栞子と心を通わせるのを複雑な想いで見守るしかなかった。
そんな中、謎の人物が栞子が大切に保管する太宰治の「晩年」を奪おうとしていた。
その正体を探り始めた二人は、「それから」に秘められた絹子の恋の行方と、
「晩年」に隠された秘密がつながっていることに気付く。
しかもその先には、大輔の人生を変える“ある真実”が待ち受けていた――。
(公式より)

ネタバレ有り。
※原作信者なのでそこの所差し引いてお読みください



終盤のカーチェイスだけは5点やってもいい
軽ワゴンとは言え車に乗ってるのにスクーターで追ってくる犯人にビビって逃げる上、人けのない海で行き止まり、
最後は徒歩で逃げるとか絵ヅラがギャグ過ぎて顔緩みっぱなしでしたわ。
成田凌がちょっとイっちゃったような表情をしながら、
ハーフのメットかぶって原付でスットロく追っかける様がまたシュールで笑いを誘う

作風的にこのシーンでスピード感を出そうとしてるんじゃないのはわかるけど、
その場合このカーチェイス自体がいらんのよね。
原作無視した晩年海にポイ捨てから逆算した結果とか?まさかな…。

と、終盤から言及してみましたが、前半は可も不可もない凡作と言った態で、
特別語ることもなし。
後半の放火以降はちょっと目も当てられない。
特に、
警察に連絡しろ!
携帯使え!
栞子さん前半2回推理しただけ!
大輔クソの役にも立たねえ!


このあたり、ホント観てて嫌になる。
こいつら1回も警察に通報しねえし、現代が舞台なのに携帯がびっくりするほど登場せず
原作1巻の志田と坂口夫妻のエピソードバッサリカットするから、
「それから」以外栞子さんの推理力の印象がだいぶ薄れる。
大輔に至っては、強引に晩年を預かったにもかかわらずその日のうちに奪われ
翌日栞子さんに報告しそれが偽物と知ると『俺を信用しなかったのか』とどのツラ下げてどの口でほざく
『自分には言う資格はないけど』…ってなら言うな
2時間で文庫1冊分の映画を作る場合、かなり圧縮せざるを得ないからそこは目をつぶるとしても、
晩年が偽物と知る件をシチュエーション変更してさらに前倒しにしたせいで、
大輔が思慮分別のない役立たずになってると言う…。

ラストも凄い。
海に追い詰められた2人!
スタンガンを持つ田中!
どうする大輔!原作と違って柔道経験なし!

正面から突っ込んでスタンガンを思いっきり喰らう
…そらそうなるわ!

栞子さんが本物の晩年を手放す経緯の改変も派手にひどい。
原作では、周囲の人間を欺いてまで隠した、何よりも大切な晩年を大輔に渡すことで信頼の証とした、
最高に栞子さんらしい、栞子さん萌えシーンだったのが、
バカ正直にスタンガン喰らって田中に首を絞められる大輔を助けるため、海へ捨てると言う、
本より人!と当たり前の行為をしただけ
例えばしのぶさんが相手なら晩年は預けないと思えるけど、目の前で首絞められてるなら捨てるだろうよー…。
大輔は大輔で、呆然とする田中を放って海へ飛び込み晩年を探すんだけど、
逆上した田中が栞子さんを襲うと言う想像はなかったのか

ラストで、大輔にクサイ台詞言わせるため、大輔に小説読ませると言うトドメまで刺す鉄壁の布陣
全盛期のJFK並みに隙がねえ。

そんな感じで、味も素っ気もない代物に成り下がってます。
もーキャストのルックスについてはむなしいだけなので何も言わーん

一方、大輔祖母と田中祖父の過去エピソードは悪くない
何故か1960年代よりさらにレトロに感じたけど(実際の所は知らん)。
田中祖父の東出は相変わらず台詞回しは下手なんだけど、醸し出す雰囲気は良かったね。
大輔祖母の夏帆も上手くマッチして昭和の人妻の匂いが感じられ、そら東出も手を出すわ
ただ、この過去編に尺を割きすぎで、そのせいで肝心の本編が割を食った感もあるので、
作品にとってプラスとも言い難いのよ

そんな原作信者の感想でございました。
スポンサーサイト

11月予定いろいろ

11月鑑賞予定映画
ビブリア古書堂の事件手帖
ヴェノム
ボヘミアン・ラプソディ
アンクル・ドリュー
ビリオネア・ボーイズ・クラブ
ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
ポリス・ストーリー REBORN
イット・カムズ・アット・ナイト
くるみ割り人形と秘密の王国
ヘレディタリー 継承
マダムのおかしな晩餐会
Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男
機動戦士ガンダムNT

ビブリアは本来なら確実にスルー案件なんだけど、特典目当てに前売り買ってしまったので鑑賞は決定。
ちなみに小説新刊は積みっぱなし。意味ねえ…。
ヴェノム・ボヘミアン・ドリューはめっちゃ楽しみ。
ボーダーラインは前作は最高。監督変わってどうなるか。
ポリスストーリーは変なオサレ感が微妙。
へレディタリーとマダム、トニ・コレットを立て続けに観るとかどんな月や
そして、どちらも面白そう。
ガンダムNTは、ユニコーンと違ってまーったく惹かれないけどどうしたものか。

11月購入予定コミック&小説
私の少年⑤
リクドウ⑱
源君物語⑭
フォーシーム⑯
昭和天皇物語③
ドリフターズ⑥

バーチャル人狼ゲーム 今夜僕は君を吊る/土橋真二郎
神様の御用人⑧/浅葉なつ
変幻/今野敏

漫画は6冊、少なくて嬉しい。
昭和天皇物語は、ようやく連載再開か。長かった。
土橋で人狼ゲームと言うと殺戮ゲームの館だけど、関係なさそうね。

11月購入予定エロゲ
ハロー・レディ! -Superior Entelecheia-
出たよ完全版商法
と言うものの、本編は、肝心の朔ルートやらずに放置してしまったから、いい機会かもしれんが…。
買うや買わざるや。

そしてボクは外道マンになる④&宇宙兄弟㉞&サトラレ①

変換 ~ 425

そしてボクは外道マンになる④/平松伸二
見事なまでの打ち切り
Tシャツの文字が「TSUZUKUKAMO」なのが哀愁を誘う。
あまりにもフィクションまみれな上、嫁とのエピソードは異様なまでに邪魔すぎたよ…。
間違いなく、ノイズにしかなってないもの。
まあ、かの名作まんが道ですら事実そのままではないし、編集者をヤクザのように描いたり
アシスタントへのムチャ振りと言った脚色なんかはいいんだけど、いくらなんでもムチャクチャすぎたな~。
この巻で言うと、通り魔との遭遇や松田さんのモデルになったおっさんとの出会いなんかは、もう無理ありすぎる。
読みたかったのは、ブラックエンジェルズ執筆当時のエピソードや、
それこそ平松先生なりの漫画家生活、まんが道だったのになあ。
「外道漫画家」と言う肩書き(?)を過剰に意識しすぎたというか、自分で勝手に振り回された感もある。

しかし、打ち切りに対して『自分の40年以上が否定された』って言ってるけど、
コレあくまでフィクションだらけのつまらなさを否定されただけな気が…。

宇宙兄弟㉞/小山宙哉
ベティの怪我まだ引っ張るの?
月の方もまたまたまたまたトラブルだし、この引き伸ばしっぷりはいい加減飽き飽きするわ。

と言うわけで他に書くことなし!

サトラレ 嘘つきたちの憂鬱①/佐藤マコト・伊鳴優子
サトラレ、正式名称・先天性R型脳梁変性症。
脳内の思考がダダ漏れになって周囲に知られてしまう特異体質。
サトラレはIQ160以上の天才で、国家の財産となるため、
サトラレを保護するサトラレ対策委員会に、陰から日向から常に守られている
JK・海崎千景は自覚していないサトラレで、思春期真っ只中の思考を撒き散らし、
性格的に内に溜め込むタイプなので、どうしても漏れる考えが攻撃的になりがち。
そんな千景が主人公であると同時に、サブタイにある「嘘つき」、
つまり千景を守るサトラレ対策委員会の4人の物語でもある


設定に関しては、いくらなんでも無理ありすぎる。
SNS全盛の時代で、イチ女子高生として生活する千景がサトラレであることを
本人に知られずに守られるとは到底思えん。

と言う、根本的な部分からあえて目を逸らせば、まあまあ面白い。
千景はひねくれてはいるしダダ漏れの内心では悪態つきまくり、たった2人の友達、
対策委員会のよっちんと香(こう)ちゃんにも中々本音は言えないけど、
よっちんの怪我を心配したり謝れない人間にはなりたくないとか言う、ちゃんとまっとうな部分はあったりする。
あと顔は可愛い。朝っぱらから教室で官能小説読む所も好き。
基本コメディだけど、よっちんたち対策委員会の、千景に近くなればなるほど千景に対し嘘が多くなる辛さ、
過酷さなんかをもっと描いてlくれるといいかも。

「まあいっか。よっちんが無事ならよかった」

search/サーチ 4・5点

変換 ~ 426
忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。
行方不明事件として捜査が始まる。
家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。
娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。
インスタグラム、フェイスブック、ツイッター…
そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、
自分の知らない娘の姿があった。


ネタバレ有り。

全く新しい映画体験さすがに大げさだな
無論、斬新で面白味のある絵作りではあるけどね。
PCなんてほぼネット専用の自分としては、ここまで色々できるのかーと思いながら観てた。
個人の電話番号を簡単に調べられたのは引いたわ。アメリカ自由すぎ。
娘の友人だと思ってデビッドが連絡とった女が『友達じゃないし』とか言っておきながら、
誘拐されたと知って『親友だったの…』と泣きじゃくる動画をアップしてたのは笑った
あるあるだよなー。

まあ、こういう作りにするために、正直無理ある設定多かったようにも思う。
警察とわざわざビデオチャット(フェイスタイム)で話す作品なんて、まず観た事ないし、
娘の知人とも一々ビデオチャットはないわー。
弟を怪しんで隠しカメラ仕込むとか、そこまでする必然性も感じなかったよ。

と思いつつも、父と娘の絆、現代におけるネットで繋がった人間関係と言う普遍的なテーマと、
何より二転三転するサスペンスフルな展開
は、
「全てPC画面で展開する映画」のやや強引さとツッコミどころのある演出と構成に目をつぶれほど、
かなり面白い内容でしたな

もちろん、このおかげで主人公が移動せずあらゆる調査ができるので、テンポは非常に良く、
ムダを削ぎ落せた利点もあったと思う。
映画館よりPCで観ると、もっと面白そう。

父デビッドが病死した嫁さんのことを一切口にしなくなった、
娘へのメッセージすら途中で消去して送るのをやめてしまうほど…と言う序盤のシーンが、
最終的にラストの伏線になるとは…。
あのメッセージと壁紙の変更は、ちょっと泣けたわ。

この映画のキャッチコピーにある「娘の闇」が、
友達がいない事とハッパキメてる事くらいだったのは誇大広告にも程がある

あと全然関係ないけど、f&c(エロゲ会社ではない)がウィル・ポールターに見えて仕方なかった

絢爛たるグランドセーヌ⑪&

変換 ~ 424

絢爛たるグランドセーヌ⑪/Cuvie
アンドレアにもう一度会いたいとまで言わせるとか、奏の人たらしぶりホント好き
さくらはさくらで、留学先のドイツで奏に心配されて思わず泣いたかと思えば、
地の負けず嫌いが出て自分から溶け込もうとするなど、奏の影響大。
母への依存も吹っ切れて、一皮むけそう。

YAGPの序章といった巻なのでコレといった展開はないものの、
ガレル先生の稽古で得た「音と一緒に踊る」を活かした描写が良かった
滝沢先生も言ってるけど、奏がニコルズ先生の所に行くの怖いなあ。
ガレル先生の方が安心して読めそうなのがなんとも。

ニコルズ先生は絵麻の踊りにピンと来なかったと言うが、本番どうなるか。

全然関係ないけど、52話とか57話の扉絵の奏、ラフな格好もよく似合うねえ。

「Gracias.」

TOUGH 龍を継ぐ者⑩/猿渡哲也
主人公空気すぎる
デブの倒し方も、なんの面白みもないワンパンとか。
尊鷹も最後に塊蒐拳こそ出したものの、それ以外は蹴り技ばっかで
ほぼ一方的にガルシアにやられたのはガッカリ。
そしてキー坊は結局、闇落ちしてなかったという。
まあ、あまりにも不自然な感があったからそこはいいんだけど、
おかげで弱き者が親バカになったり衰えには勝てねえとか言って自分より年上の尊鷹にガルシア退治を依頼したり、
マーさんがロリコンの変態野郎にされたりと、設定変更の被害者続出

キー坊が鬼龍さんを殺す前に米軍と組んでることになってたり、時系列までおかしくなってるがいつものことと諦めよう

しかし、ベスト8のゴミっぷりがまた中々。
瀬戸内若冲の語呂の良さは盛大に吹いた
こんなやつがベスト8とかどんだけ低レベルやねん。
バッキーも、どう考えても姫次の超劣化版。
龍星とか言う空気野郎の活躍や如何に。

「ガルシアを二度殺したるッ」

ベルセルク㊵/三浦建太郎
キャスカが目覚める。
蝕を思い出す。
以上


いや、まあ肝心要のキャスカの目覚めというイベントこなしたから話が進んだとは言えるけど、
その後場面転換して面白くもないグリフィス無双見せられるとか勘弁して欲しい。
ぶっちゃけ、今1番読みたいのは先が予想しづらいリッケルト一行だからなあ。

「ちょ、やばいわよシールケ!
あたし達はどうやら、ラスボスを目覚めさせてしまったようだわ!
あの女をほっといたら、あなたの立場が…!」
About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!