ごった日記

Welcome to my blog

鮫島、最後の十五日⑰&AIの遺電子 RED QUEEN①

変換 ~ 552

鮫島、最後の十五日⑰/佐藤タカヒロ
十二日目鮫島-王虎
2人が対峙する見開きからのこの演出は燃えたわ。
百雲がどうでも良くなったほどに
作中で虎城さんが言ってたように、所詮は「昔の王虎」でしかなかった百雲は、
あまり魅力はなかった。
かつての押し相撲を見せただけで手のひら返す観客の安さにも萎え萎え

それにしても、虎城さんのあのセリフをまさか王虎が言うとは…。
虎城さん同様、ちょっとウルッと来てしまった。
表紙といい、この巻はマジ王虎主人公。

そして、田上のいい人っぷりに癒される

「知らねーな…あのバカが破滅しよーが…。
それはアイツが選んだ生き様だ…。誰にも否定できるモノじゃねえだろ…」
「生き…様…?」
「ここにガッとあって誰も砕けねぇ…ドンとしたものだ…。
相撲の重さは己の生き様で決まる…そして、それを土俵でぶつけ合うのが力士だ…。
俺と鮫島は、それだけあればいい…」

AIの遺電子 RED QUEEN①/山田胡瓜
アフリカの紛争地帯を舞台に、須堂が母親のコピー人格を探す新章。
1話完結の短編で人間やヒューマノイド個々の問題がメインで描かれていた前作と違い、
今作は長編ストーリーで舞台も海外に広がり趣がまるで異なるので、少々違和感はありますな。
医者でなくなり、銃を手にした須堂の雰囲気も、ちょっと変わったように感じる。

AIの開発・進歩・発展が描かれる冒頭や、須堂とサラハの会話は、中々興味深い。
ただ、新章そのものは現時点では可も不可もなく、といったところかな。

「目を覚ませ兄弟!『線』を引け『線』を!
『同じ』と感じれば同情するし撃てなくなる。そりゃ人間として当然の心理だ。
だからこそ、人間は『差別』を発明したんだ。線を引いて相手と自分を離せ。
人種 身分 文化 思想…怒り 憎しみ 軽蔑 無関心…あらゆる感情あらゆる理屈で線を作れ」
スポンサーサイト

ボクシング世界戦 村田諒太vsエマヌエーレ・ブランダムラ&比嘉大吾vsクリストファー・ロサレス

比嘉はまさかの減量失敗で王座剥奪
まあ比嘉にはホントがっかり。
直近であった山中ネリ戦と同様のオチとは。
とは言え、元々減量苦ではあるのは知られていたし、この記事がガチなら会長の具志堅が最糞なんだろうけど。
ただ、長谷川穂積が言ってる悪意のあるなしは関係ないんだよね。
そんなこと言ったら、ネリカネロのドーピングだって悪意はなかったで通ってしまうんだから。
コイツらはメキシコの牛肉食ったせいだ!故意じゃない!で押し通そうとしやがった(と言うかネリは通した)からね。
ネリに重い処分を課しただけに、日本人だからといって、
また故意じゃないからといって甘い処分にしたらダブルスタンダードになるが、はたしてJBCはどこまでするか…。
個人的には、比嘉以上に具志堅の処分を重くして欲しいなあ。
こんなもん、ジムの会長によるパワハラと同義でしょうよ。

試合の方は、噛み合った打ち合いでなかなか面白かっただけに、
比嘉を応援できなかったのが残念。
ロサレスは特別強い印象はないけど、(比嘉の減量失敗があったとは言え)自身のリーチが生きないインファイトでも終始ペースを握っていたし、アグレッシブでなおかつ比嘉を思いやる好漢で中々に好印象でしたな。




村田?安定の塩
パンチのないかませ相手でも変わらぬしょっぱい姿勢はある意味感心します。
右の威力自体も相変わらず凄くはあるんだけど、あの異様な手数の少なさと単調さは眠気を誘う。

昭和天皇物語①②&将来的に死んでくれ①~③

変換 ~ 553

昭和天皇物語①②/能條純一
1巻出たら買おうと思ってたらいつの間にか2巻が出てた…。
近代史よく知らないんですが、だからこそ読んでみようかと言うことで。
能條純一も嫌いではないので。

これがなかなか面白い。
養育係の足立タカの就任から始まり、学習院院長・乃木希典、御学問所総裁・東郷平八郎、
御学問所の倫理・帝王学担当・杉原重剛、そしてもちろん、両親である大正天皇と貞明皇后

これら、のちの昭和天皇・裕仁を巡る周囲の人々がとにかく魅力的。
特に、この時代の軍人にありがちな、歴史と伝統を重視する一徹さを持ちながら、
裕仁が世界のどこへ出ても恥ずかしくないに高い教養を身につけさせるという、
御学問所の目的を徐々に理解していく柔軟さも持ち合わせる所や、
キャラに似合わず意外と表情豊かな東郷平八郎がいいですな。
開明的な雰囲気を漂わせ、漢らしい骨太さを感じさせる貞明皇后も好き

昭和天皇は、現時点では可も不可もなく、と言った所。
16歳になった裕仁の后候補に母が薩摩の出の久邇宮良子(くにのみやながこ)が上がり、
そこから長州の山県有朋を筆頭とした薩長の対立が鮮明になっていき、
ここから時代が動いていく感が伝わってくる流れがめっちゃ楽しみ。

「東郷…元帥、あなたは『覇道』と『王道』の違いをご存じか…?
『覇道』は武力による統治。『王道』は仁による統治。
日本の天皇は、この『王道』を征かねばならぬ。
高徳の君主は王道の必須」

将来的に死んでくれ①~③/長門知大
JK菱川俊が同じくJK刑部小槙に惚れてひたすら攻めまくるものれんに腕押し、
それでもめげずに小槙ちゃんに愛をアピールする日々を描く百合漫画

まあ百合とは言っても、基本ギャグ漫画であらゆる手練手管とシチュエーションを駆使して
小槙を攻略しようとして空回る俊、というのが毎回のスートーリーで小槙自体はそっちの気はないので、
百合らしい色っぽさは皆無。

好みで言えば、黒髪セミロングなクールビューティ小槙なんだけど、
この作品の魅力は間違いなく俊にあるのよね。
私は万札使って小槙を堕とそうとする手口にやられましたわ。
他にも、ホテルに誘うわヤらせてと迫るわ、更には小槙の弟の槙介(10歳)を篭絡するのに、
好きなだけおっぱい触ってとか言ったりと、結構ストレートな攻め方が笑える。
それでいて、小槙にたしなめられると素直に従うところもいいよね。
暴走しそうでしないギリギリのラインで止まるのが、ウザさを感じなくていい。

と言うわけで、以後も期待。
万札オチまたやってほしい…。

「おこがましいッ!!!」
「なに?おこがましい…?」
「プレゼントってのは喜んでもらうもの…。
つまり『プレゼントは私♡』とは、『私=喜び』ということ…。
『小槙ちゃんの喜び』なんて尊いものを得られるほど私は――私の魂は徳を積んでいない!!」

浮世絵師が描いた乱世&『レゴ®ブロック』で作った世界遺産展

変換 ~ DSC_0652変換 ~ 504

大阪城に行ってまいりました。
浮世絵の展覧会はよく行くけど、戦国乱世を特集するのは珍しく、初めて見るものも多くて面白かった。
私の好きな月岡芳年やその門人の山崎年信、あまり見たことない歌川芳虎が多いのも良かった。
おそらくは大阪城だからだろう、秀吉絡みの絵がメインって感じでしたな。
変換 ~ 501変換 ~ 502変換 ~ 503
変換 ~ DSC_0648変換 ~ DSC_0649変換 ~ DSC_0650
ついでに桜も見てきたけど、タイミングドンピシャ。
あと、天守閣前でやってたシンクロニシティと言うコンビの大道芸人につい見入ってしまったり。
ルービックキューブを使ったパフォーマンスはちょっとおどろき。

その後、心斎橋の大丸に行って、レゴブロックで作った世界遺産展に行ってきた。
変換 ~ 508変換 ~ 510変換 ~ 517
変換 ~ 519変換 ~ 521変換 ~ 523
変換 ~ 525変換 ~ 529変換 ~ 530
変換 ~ 531変換 ~ 537変換 ~ 543
これがまた凄くてねえ。
上から順に、ピサの斜塔・サグラダ・ファミリア・コロッセオ。
アクロポリス・ベネズエラのコロとその港・ブラジリア。
モン・サン=ミシェル・モアイ・シドニーのオペラハウス。
ピラミッド・琉球王国のグスク・アンコール。

全部で50作品もあり、壮観の一言。
予想通り親子連ればかりの中で、おっさん1人童心に帰って写真撮りまくり。うふふ。

4月予定いろいろ

4月鑑賞予定映画
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
ダンガル きっと、つよくなる
ワンダーストラック
リズと青い鳥
ラブレス
ベルリン・シンドローム
パシフィック・リム:アップライジング
女は二度決断する
さよなら、僕のマンハッタン
アンロック/陰謀のコード
ナチュラルウーマン
修道士は沈黙する
レディ・プレイヤー1
ピンカートンに会いにいく
君の名前で僕を呼んで
×ママレード・ボーイ
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

インフィニティ・ウォーが待ちきれません
今月コレ1本だけでもイイ!という程の期待感。
次点だと、ジュマンジ・ダンガル・女は二度決断するあたり。
ダンガルは主演がアミール・カーンというだけで楽しみ。
まあ、2年前の映画なんですけどね
オスカー受賞のナチュラルウーマンはやや落ち。
パシリムも、それほど楽しみでもないのよね。
アンロックは恵まれた豪華キャストからのクソ評価なのが判断を鈍らせる。
リズと青い鳥はたぶん観ないだろうな…。
ママレードボーイはアニメはリアルタイムで全話観たな~(原作は未読)。
実写も気にはなるんだけど、インフィニティ・ウォーと同日じゃ観に行けない!残念!

4月購入予定コミック
AIの遺電子 RED QUEEN①
鮫島、最後の十五日⑰
エルジェーベト①
パーフェクトワールド⑦
双亡亭壊すべし⑧
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜⑨
そしてボクは外道マンになる③
宇宙兄弟33
響〜小説家になる方法〜⑨
恋は雨上がりのように ⑩

鮫島とかぐや様がツートップかな。
雨上がりは完結かな?結局、1度も感想を書く事がなかった…w

4月観戦予定
4/29&30ナゴヤドーム
中日vs横浜DeNA

まだ未定だけど、さっさと決めないとGWなのでホテルが取れなくなりそう…。
去年は4月頭だったから、割とギリギリでも取れたんだけどねえ。
About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!