FC2ブログ

ごった日記

Welcome to my blog

ザ・プレデター 2点

変換 ~ 411
元特殊部隊員で現在は傭兵の父親クインがメキシコで手に入れた謎の装置を、息子のローリーが箱の中から発見。
彼が起動させてしまったその装置は、地球にプレデターを呼び寄せるシグナルを発信するものだった…。
プレデターと接触したことで、事態を隠蔽しようとする政府の極秘機関に監禁されてしまったクイン。
彼はルーニーズと呼ばれるならず者の兵士たちと共に脱走し、
危機が迫っている息子と人類を救うために奮闘する!
再び人類の前に姿を現したプレデターは、ほかの種のDNAを利用し、遺伝子レベルでアップグレード。
より強く、賢くなっていた。
さらに、通常のプレデターをはるかに上回る圧倒的なパワーを秘めた、“アルティメット・プレデター”までもが突如出現!
人類はどのように立ち向かえばいいのか…!?
(公式より)

ネタバレ有り。

ハイ、クソ映画です

別にシリーズのファンでもないけど、どうしても“コレジャナイ感”がつきまとう。
ルーニーズのクソ寒いジョーク、政府機関の兵隊との人間同士の殺し合い、親子愛、
これら全部いらん。
ルーニーズが終始軽いノリでいるから、映画全体から緊張感が削がれてどことなくユルい感じが漂うのよ。
まあ、プレデターの正体とか能力は既に人口に膾炙しているから1作目のような緊張感を出すのは難しいとは思うけど、
自ら放棄してどうすんねんと。
主役のボイド・ホルブルックは、今回みたいな不良兵士役はハマってはいるんだけど、
だからと言って主役向きかと言われると、うーん。
観たいのはプレデターvs人間であって、人間vs人間のドンパチは興味ないし、
主人公やルーニーズたちの強さアピールにしてもあまりにも不十分。
強さといえば、戦闘ド素人のはずの女科学者がやたら銃の扱いに慣れて、
終盤なんか大活躍してたのは苦笑

親子愛みたいな湿っぽいのは求めてないし、そもそも息子がシナリオのためのご都合主義の存在になっているのがキツい
プレデターの装備をいじっていて、すぐにプレデター語を解読するとか、
冒頭である種の才能の持ち主という描写はなされてはいたとは言え、その後の展開も含めて脚本のための駒としか見えん。
ご都合主義といえば、政府側の黒人がやたらとプレデター事情に詳しいのなんてまさにご都合だったわ。

序盤の、ルーニーズの自己紹介はすごいヘタクソな映画を見ている気分になってヤベェと思ったよ。
さらに、研究所でとっ捕まえて眠らせたプレデターが起きだして、
「起きるぞ!抑えろ!」って抑えにかかったのはギャグかと思ったわ。
ロクな拘束してないんだからそら逃げられるわ!

肝心の、プレデターの強さ描写もパッとせんのよね。
先に現れた通称一号は大した見せ場もなくアルティメットに殺されちゃう。
そもそも、地球に来た目的が人類を助けるためなのに、ファーストコンタクトでぶっ殺すとかいう頭の悪さを披露
そんなに狩りが好きなのかお前は。
アルティメットも、デカイ以外従来のプレデターと能力的には大差ないから拍子抜け。
主人公と戦う時は、必ず投げ飛ばす様式美。おかげで助かったよ!
プレデターと言えば光学迷彩とサーモグラフィと言う2つの能力も、ほとんど使われなくてガッカリ。
サーモは多分1回だけ?しかも、ヘルメット着けてないアルティメットがやってた記憶が…。
プレデター犬はマジどうでもいい存在

政府側も、1&2の正統続編である以上プレデターの能力はある程度把握できているくせに、
何らの対策も取れてないのが酷い。
2の時は、最終的に上を行かれたとは言え対策取って追い詰めたというのに、
普通に銃ぶっぱなす以外はプレデターからせしめたプラズマキャノン使ったくらい。

シリーズ化のために仕方ないこととは言え、余計な後付設定とかいらんのよね。
素直に、狩りに来たプレデターと人間の戦いでいいのに。

ラストのアイアンマン・プレデターには唖然とした。悪い意味で
スポンサーサイト

MEG ザ・モンスター 2・5点

変換 ~ 412

大陸から200キロ離れた海洋研究施設から、潜水した探査船が未知の海溝を発見。
しかし、喜びもつかの間、船は未知の海域で消息を絶った。
潜水レスキューのプロ、ジョナス・テイラーは、救助に向かった先で、
生物学の常識を超えた“モンスター”=MEGと遭遇。
しかし、その恐怖は単なる始まりに過ぎなかった。
船を破壊し、研究施設を壊滅させたMEGは、陽光まばゆいビーチをも恐怖に陥れようとしている。
ジョナス率いる海洋エキスパート・チームは、この危機をどう乗り切るのか?
人類は、果たしてこの脅威から逃げ切ることができるのか⁉
(公式より)

ネタバレ有り。

声を大にして言いたい。
もっとド派手に食い散らかさんかい!

序盤は研究所のメンバー数人が相手のせいで、イマイチそのドデカイ図体がイマイチ活かせず、
後半、と言うか終盤にようやくビーチの海水浴客相手の踊り食いが楽しめるかと思いきや、
血しぶきがこれっぽっちも出ないので悲しいくらい地味

巨体すぎるから、ある程度は丸呑みするのはわかるけど、もっとがっついてくれんと。
大きなビーチボールみたいなやつの中に入って遊んでる兄ちゃんが、まるっと食われるんだろうなーと言う
誰でも思いつく予想は当たったけどわりとどうでもいい。
栓がポンッと飛び出たのはちょっと面白かった。

結局のところ、レーティングを気にしたせいでサメ映画にクセにグロが全然ないと言う致命的欠点
CGも途中で予算が尽きたのか、ステイサムが乗る潜水艇の背景がB級映画丸出しの安っぽい合成で、
せっかくの対決が午後ローみたいで笑えてしまった

鮫狩りメンバーのキャラの微妙さも残念。
ドクターとは速攻で和解、面白黒人枠のやつはギャグが寒い、イレズミ女は役に立ったっけ?な感じで、
ステイサムと中国ヒロイン以外はスゴイどうでもいい扱いだし、
所々で入るお涙頂戴シーンはウザすぎる。
ヒロインの親父が死ぬシーンで、唐突に『辛く当たってすまなかった』とか語りだしたのは吹いたわ。
そのセリフ言う場合は、現在進行形で仲が上手くいってないシーンを作るべきなのに、
思いっきり普通に接してたから適当もいい所。
適当といえば、メガロドンに付けたGPSが外れたけど何の意味もなかったな…。

ラスト、メガロドンの死体を無数のサメがやってきて食うんだけど、海水浴場であの数はイヤすぎる。
まあ、それを言ったらそもそもメガロドンのデカさで海水浴場で暴れられるのがおかしいんだけどw
どんでけ深くて危険なんだ中国の海水浴場。

ステイサム自体は悪くなかったけど、正直もっと肉弾戦を期待していたから、
そう言う意味でもやや残念。
と言うか、ステイサムが肉弾戦を挑むバカ映画でよかったんだよ!

キン肉マン64&鮫島、最後の十五日⑲&フラレガール①

変換 ~ 410

キン肉マン64/ゆでたまご
運命の四王子参戦!
ソルジャーが「存在そのものが例外」と言われているのは、
アタルだからなのか残虐の神に何か秘密があるのか。
そして、ビッグボディの横で『そそのかされた~』とか言うフェニックス最高

まあそれはともかく、偽物のくせにいつまで王子呼ばわりするんだ
4人の中では、マリポーサが1番マスクの間から素肌が見えてマスクマンらしくて好きだな。
ケブラーダを始めとしたルチャドールらしい飛び技の数々も、華麗でいい。
鉄柱との摩擦熱でモクテスマディフェンスを出したのは笑ったが
安すぎだろモクテスマディフェンス…。

ウルフの試合は全体的にはイマイチではあったが、
ラストの、死んだ4人のエールからの新技・不知火雲龍投げは良かった。

アリステラ、リーダーっぽくってカッケーなコイツ

「お前たちのは苦労をかける。だが、もうこれ以上の犠牲はいらぬ。
命令だ、いったんこの地は放棄する。
そしてヤツらを蹴散らし再びここに戻ってくるまで、これ以上誰ひとり欠けることは許さん!」

鮫島、最後の十五日⑲/佐藤タカヒロ
帯読むだけでクるわ…。

まさか、王虎→猛虎の順になるとはなあ。
自信を凡人と認め、ただひたすら努力を積み重ねる猛虎、それを支えるのは強烈なエゴイズムと言うのは盲点だった。
その内に宿す王虎もろとも鯉太郎を喰って、泡影を目指す姿は、なんだかんだ言って風格あるわ。
回想の虎城さんが綺麗になっててなんか笑える
更に、虎城弁をメモって必死に訳す猛虎もなんか面白い

鯉太郎は虎城さんも認める存在感を発し、立会で常が思わず『勝った』とつぶやくほどのブチカマシを見せる。
が、それが一切通じず立会を制されるとかとんでもねえな猛虎

来月、最終巻。

「ピンと空間を把握し、ピッと距離を掌握し、土俵を意識下でフッーっと捕らえることですな…」
「?」

フラレガール①/堤翔
ニックネーム愛人と呼ばれるほど色気ムンムンのJK赤坂響ちゃん
『君の色気は胸焼けする』を理由に彼氏にフラれ傷心中、朗らか純情少年な青山くんに告白され、
お試しで付き合うことに。

大人びた外見とは裏腹に、不器用で距離感をつかむのも苦手で、
その上失恋からのトラウマで恋に弱気になってる、そのギャップが可愛い。
巨乳でツリ目とか大好物…いや大好き
吐息がエロいとか天然なのもいいよね。
青山くんの、好きになったら一直線な所も主人公として好感持てる。
ただ、男で可愛い系の主人公ってなんかイマイチ苦手なので、今後どうなるか。

ここ最近、恋愛モノ読んでても全然キスシーン見せやがらねえから、
ガッツリむちゅーってしてくれたのは大いに評価したい


「キ、キスの練習も、私としてほしい…で、す」

嘘解きレトリック⑩&怪盗かまいたち&響⑩

変換 ~ 436

嘘解きレトリック⑩/都戸利津
読み始めたと思ったら完結で泣ける
史郎さん編のエピローグ、ここで左右馬と鹿乃子はお互いの気持ちを確かめ合う。
雪がちらつく寒空でありながら、心が温まって『冷えるねぇ』『冷えますね』と嘘をつく〆にこちらもほっこり。
左右馬に過去編は、鹿乃子とはまた別の意味で、真実を見抜く洞察力を周囲から厭われる姿と、
探偵を始めるきっかけが描かれる。
左右馬の、「鹿乃子の力は自分を信じてもらえる力」、『ホントのことを信じてもらえないのが面倒』、
というのはここから来てた
のね。
最終話では、鹿乃子は君ちゃんと和解と各キャラのその後。

最終巻らしく、すべて収まるところの収まって綺麗に語り終えたって感じでしたな。
ラストの、『嘘になることはありませんでした』はとーっても良かった
ひとつ難を言えば、告白(?)するのが鹿乃子の方ばっかな所やね。
こんな所まで不精でなくてもいいだろうに…。
それにしても、馨には報われて欲しかったw

「先生が好きです。大好きです。ずっとずっと好きです」
「僕も、鹿乃子くんが好きですよ。
ずっと、これからも、こうしてたくさんの『ホントウ』をつなげて、ずっと一緒に幸せでいましょう」

怪盗かまいたち/都戸利津
嘘解き最終巻と同時発売の短編集。
怪盗かまいたちは2作収録。
時代背景は嘘解きと同時期の昭和初年。
嘘解きもそうだけど、この「嘘をつかない怪盗かまいたち」のコンセプトも上手いな~。
特に1作目の予告状トリックはお見事
2作目は上手くお坊ちゃまを誘導していく手腕がいい。
そして、目的を果たしつつ標的となる人々の想いを掬い取るいい人。
1番驚いたのが、作者がミステリーに疎いということ
ガチガチのロジックではないとは言え、それでもよく描けるわ~。

残りの1編は現代モノの「初恋の肖像(ポートレート)」。
ヒロインのまいがめっちゃ好みでした。

響 小説家になる方法⑩/柳本光晴
響ちゃん大暴れの巻。っていつものことか
しかし流石と言うべきか、今回の相手は総理(候補)なだけあって、そう簡単に響に圧倒されなかった。
中々やるわこのおっさん。
それにしても響母、おっさんども見て『お友達が来てる』はねえだろ
マスコミに向けた落書きといい、マイペースすぎる。

響の正体が割れ、リカたちは卒業、新年度、新入生登場、響退学で行方不明と、
今後どうなるかと思いきや、あっさり帰還決定かよ。
しばらく、響抜きかあるいはこれで完結かと思ったわ。

それにしても、シローすっかり馴染んだというか飼いならされたというかw
タカヤ役が板についたな。

「目の前のあなたが読んでくれたなら、私の小説は
あなたのために書いたと思ってほしい。
感想も、あなたが感じたことがすべて。
私からつけ足すことも引くこともない」

9月予定いろいろ

9月鑑賞予定映画
輝ける人生
MEG ザ・モンスター
ブレス しあわせの呼吸
500ページの夢の束
判決、ふたつの希望
オーケストラ・クラス
ザ・プレデター
プーと大人になった僕
×響 HIBIKI
愛しのアイリーン
スカイスクレイパー
きみへの距離、1万キロ
最後のランナー
クワイエット・プレイス

響はまず観ねーわ
吉田恵輔作品のアイリーン、近年高評価な作品が続出するホラー映画のクワイエットプレイズは早よ観たい。
ジェイソン・ステイサムvs巨大サメと言う冗談みたいなMEGも意外なヒットでこれも楽しみ。
こう、全体的に見るとパッとしない月だけどどんなものかねえ。

9月購入予定コミック&小説
キン肉マン64
鮫島、最後の十五日⑲
パーフェクトワールド⑧
五等分の花嫁⑥
寄宿学校のジュリエット⑨
双亡亭壊すべし⑩
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜⑪
ベルセルク㊵

ドッペルゲンガーの銃/倉知淳
ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~/三上延

ベルセルクマジか
鮫島は、次が最終巻か…。

ビブリアは映画に合わせたのか知らんけど、新刊ようやくか。
映画?黒木華の時点で行く気しなかったけど特典の小冊子目当てに前売り買ったわ
それにしたって何故黒木華…。そら剛力よりマシだけどさあ。

あ、倉知淳この1年で3作目とか何があった
About this site
なんでもなごった煮の日記
About me
FC2ブログへようこそ!